日本 和装 無料 からくり。 日本和装ホールディングス(日本和装)【2499】株の基本情報|株探(かぶたん)

日本和装、元社長が1億円超を私的流用 ロールスロイスの維持費・引っ越し代に使用 (1/3)

日本 和装 無料 からくり

帯セミナー前 よく行く呉服屋さんで 「帯セミナーでとなみの織り元にいく」 といったら顔なじみの店員さんに 「え!? あの『美しいきもの』とかに載ってる?!すごいじゃないですか!!」 といわれました。 ちなみにその呉服屋さんでは今「となみの帯」は扱っていないとのこと。 そこのチーフという人がいうには 「昔一回だけみたけどね~ となみの帯はぜんぜん市場にでないよ。 」といっていました。 同じ事を日本和装の先生もいっていましたね。 そして昔一回見ただけの となみの帯のお値段は 「90万くらいだったかな~」とのこと。 生徒10人揃ったところで日本和装の担当のおねえさんから切符を渡されました。 そして、電車にのって40分。 駅を降りてさらタクシーに乗り換えて・・・・ やってきました。 帯セミナー会場「となみ織物」 ここで振り替えの生徒さん2人と合流です。 そして、 セミナー会場となる部屋へ到着。 そこには大量の帯。 なかなか圧巻です。 その帯たちに囲まれるようにおかれている座卓に全員座って帯びセミナーがはじまりました。 内容は 帯の産地について 帯の種類について 帯の今のものと昔のものとの違いについて 帯のできる工程について お昼休憩はさんで午後からは いよいよ、コーディネイトのお勉強です。 ここで「好きな帯をひとつ持ってください」といわれます。 みんなの前で「となみ」の人が 「この帯を今使うのはみなさん抵抗あるでしょう~」 と、40年前のとなみの帯を見せてくれました。 うすいピンク地に抽象的な花玉がらで赤青オレンジの色がアクセントの帯。 コーディネイトの勉強ならばその帯にあう着物も教えて欲しいものです。 ) 「だけど、ほら、(一番ちかくの生徒の帯を合わせて)これなら町を歩けるでしょう」 なんてことから始まって、 イロイロお話がありましたが要するに 「今の帯は昔のものより長く作ってあってやわらかいし締めやすいし、デザインも裏表使えたり、お太鼓の柄をずらせたり、いろんな着物に合うようにできているのです。 だからとっても使い勝手がよいですよ。 (だから今日は帯を買って帰ってね)」 と、いうことらしいです。 そしてあとは、自由に帯をみて帯締め帯揚げを自分で合わせてみましょう、となりました。 私にも「(手に持ってる帯をみて)それは新作なんですよ。 本当にまだどこにも出てないものですよ」ととなみのお兄さんが話しかけてこられました。 だけどずっと座っているのにも飽きて 「ほかの帯もみてきます~」とその場を離れたらあとは違う社員さんに声を掛けられたりもしましたけど、結構好き勝手に動き回れました。 もし、参加人数が半分とかだったら生徒一人に二・三人で囲んでたかも・・・という雰囲気も感じられましたけどね。 そういえば一番最初、そのとき手に持ってた帯を買う前提でお兄さんは話しかけてきて、けっこうカンにさわりましたよ~ それにこのお兄さん、私が一目ぼれした鼻緒ともう一つもちょっといいな~、なんて言ったら、 「じゃあ、二つとも買っちゃえばいいじゃないですか。 二つで たったの9万円ですよ。 そして似たようなことをいわれますね~。 帯のお値段は25万から40万くらい。 これなら正絹証紙の貼られた帯としては安くもなく高くも無い値段でないかと思います。 「ここは織り元だからこの値段(やすい値段)なんですよ。 小売店に並んでいたらこんなにいっぱい選べないし、この2倍から3倍の値段でしか買えません。 」 と、言われましたよ。 まあどんな商品もピンキリなので一概には言えないのかも知れませんが、「となみの帯」だけがそんなに飛びぬけて高い値段がつくものなのか疑問です。 さらに追記(11月16日) 気づかれた方もいるもしれませんが、 一部文章をあまり意味もなく(笑)隠しています。 反転すると文字が出てきます。

次の

会社概要|【受講料無料】きもの着付け教室の日本和装

日本 和装 無料 からくり

日本和装の良い又は悪い口コミを読むと多くは講師についてですね。 よい講師にあたったという良い口コミも、よく考えてみると、受講者の中に講師の販売のノルマが達成できるような高額購入者がいて、その他の受講者は購入を強要されず買わずに済んだ。 悪い口コミは、購入を迫られたり、購入しないとなると講師の態度が豹変し無視されいやな思い出となった。 結果、講師によって様々という評価になっていますが、ここは販売の仕組みがおかしい。 日本和装は、着付け教室ではなくて呉服販売業です。 着付けを教える目的で着付け教室をやっていない。 単に客集めです。 講師は営業ノルマを達成できれば気分もいいので良い先生を演じられるけど、達成できなければプレッシャーで機嫌も悪くなり受講者に購入をせまるということになるのではないですか。 着付け教室(実質無料じゃないのに無料と謳う)などとということばに惑わされないようにしたいです。 実際に通ってみた体感としては、他の方も書いてるみたいに「講師・教室による」って感じかなというところが私は大きいです。 途中で引っ越しを挟んだという事もあり、一度途中でやめて、また通いました。 2か所の教室を受講しましたが、確かに最初の方の教室では腑に落ちない場面もあったかなという。 と言っても質が悪いというよりは私とは馬が合わないかな、という具合で。 受講人数が多いというのも関係してたのかな?皆さん個々に習ってる感じでしたが。 最初から着物、小物を持ち込んでたのですが、特に何を言われるってこともなくまぁ習うだけだしこのくらいドライな方が…と個人的には感じました。 ただ二つ目の教室はアットホームな感じで、講師の方も柔らかい物腰の方で、少人数の教室ということもあり和気藹々と、という雰囲気でした。 一つ目の教室では何も言われなかった着物もちょっと褒めてもらえたりしてちょっと嬉しくてみたいなこともありました。 教室が変わるだけで雰囲気ってこうも違うんだな、というのは実感しましたね。 販売会は、目の肥やし。 着物も帯も当然良いものがそろっています。 潤沢な予算があれば奮発して一式そろえたい!と思いますが…。 私は購入しなかったけれど、あまり態度が変わられたとかは感じなかったですね。 まあ、私が鈍感だっただけかもしれませんが…。 私は日本和装に二回通わせていただきました。 一回目は10年程前で、その時は雰囲気のやさしい先生でメンバーにも恵まれて 講師の先生をみんなで囲んでわいわいと楽しかったです。 教室が終了してもみんなで集まったり、講師の先生とは今でも年賀状を出したり。 メンバーのお二方がかなりの金額で購入した事もあり 他の方々に対して買わないから態度が変わる事もなく 今となっては良い思い出です。 しかし今年10年ぶりに新たに通い始めたところは 講師の印象が最初からあまり良くなかったです。 何かと何かを比較して片方をけなす、と言うタイプの方で、段々嫌気がさしました。 またこうあるべき!と言うのが強いのか、「今はこういうのは着ない」 「普通はこうするべき」「こんな色おかしいでしょ」「目立ちたいの?」とか。 生徒の持ち物や好みは、自分とあわない場合はとことんけなし 生徒たちは押し黙るだけで、いつもシーンとしておりました。 一番着物を購入しそうな人にはぴったりくっついて 「これがあなたには似合うから私が選んであげる」 「私の着物素敵でしょ。 こういうのがあなたにも似合うから」と。 あからさますぎて、引きました。 購入しない生徒(私含む)に対しては、質問しても無視など とことん冷たかったです。 講師の方によって全然違うと思います。 祖母の着物をたくさん譲り受けたので、着れるようになれたらいいな、と思い通い始めました。 しかし私の通っていた教室の先生は、いわゆる「きもの警察」を絵に書いたような人、といいましょうか。 「あれがダメ」「これがダメ」「今どきはこういうのは着ない」という調子で…。 着物雑誌に載っている一般の方のスナップ写真を見ながらも「この人のはコレがだめ」「この人のコーディネートはおかしい」「こんな着物、演歌歌手じゃないんだから 笑 」と批判ばかりでした。 また、先生は「自分のサイズに合ったやつじゃなきゃダメ」「お母さんやおばあさんから譲り受けたものはダメ」というのもずっと言っていました。 確かに、身長があまりにも違っていたらそうでしょうけど、身長や身幅がそんなに変わらないのならいいのでは?と思ってしまいましたが、どうなんでしょう?着物レンタルのお店とか普通に皆さん綺麗に着てるし…。 結果的に言うと、私の持っていった祖母の着物も「サイズが合ってない」「今どきこういうのは着ない」「古臭い」と色々言われました。 特に、最初に持っていった襦袢が今では使われない素材のもの モスリン? だったこともあり、「古着屋に持っていったら? 笑 200円くらいにはなるんじゃない? 笑 」と言われました。 今では着ないものだからかもしれませんが、祖母から譲り受けた大切なものをそんなふうに言われて、不快でした。 また、皆さんが言われている「販売会」は、その当日に私が都合が悪くなったので行っていませんが、その旨をメールで先生に連絡したら、まさかの返信なし。 販売会に来ない人はどうでもいいんだな、と透けて見えたような気がしました。 ただ、教え方は分かりやすかったと思います。 最初に買わされた小物類も、初心者には扱いやすくて便利だと思いました。 なので先生にもよるとは思いますが、日本和装は「着物を譲り受けたから着れるようになりたい」という人には全くオススメできませんが、「自分の着物を持ちたい。 着れるようになりたい」人で且つ金銭的に余裕がある人には良いんじゃないかな、と思います。 持っている着物をけなすのは失礼ですね。 手早く購入させるための作戦なのではないでしょうか。 笑 私は着物でお出かけするようになって10年くらいですが、着物のサイズと古い着物について思っていることをお伝えしたいと思います。 着物のサイズについて 着物のサイズはお洋服と違って確かに融通が利きます。 大切なのは裄で、身丈は腰ひもの位置を上下することで調節できますし、身幅も合わせる位置をうまく調節すればそれほど気にしなくても大丈夫です。 しかし、着付けをこれから学ぼうという方にとって、こうした加減をしながら着付けをするのは大変な労力なのではないでしょうか。 まずは着付けの練習と割り切り、サイズを調整しながらきれいに着ることはその後の課題ということになると思います。 着付けができるようになってから、少しでも着付け時間を短縮するために、洗い張りをして自分サイズに仕立て直すのもいいですよ。 古い着物について 私個人的には、時代劇が好きなので、古い着物が大好きです。 古い着物の方が概して職人の技が高度ですし、生地ももちろん日本製(最近は中国の絹がとても多い)、縫製も丁寧です。 それに、結構アンティーク着物の人気ありますよ。 つまり、好みの問題なのではないでしょうか。 他人の着物が古いとか恥ずかしいなどと言う人は、人間性に問題があると感じます。 着物であれ、洋服であれ、他人のものを批判するのは品性を疑います。 私は、着付けはネットの動画で覚えました。 譲り受けた着物を活用するなら、親切な和裁士さんやしみ抜きや洗い張りのうまい悉皆やさんとお付き合いした方がいいですよ。 頑張ってくださいね。 私が通ったのは5年ほど前ですが、いまだにこんな商売をやってるのかと呆れてしまいます。 私もでしたが利益追求の講師に当たると最悪です。 着付けの時間そっちのけで自分の着物の自慢話が多い上に、生徒の持ってる着物の悪口はかなり酷かったです。 旅館の仲居さん、昔の芸者さん、妖怪、古くさい、そんな着物来たら家族が恥をかくetc皆さん散々な言われようでした。 親の形見など大事な物もあるのに、古い着物を散々否定していました。 なのに販売会では「これは貴方の娘や孫の代まで着れるわよ」とか勧めるので「10数年もしたら時代に合わなくなりますよね」と返してやりました。 とにかく利益のために平気で生徒の心を傷つけるやり方にうんざりして、辞めてしまいました。 着物を着れるようになる事が目的の方は、別をお勧めします。

次の

からくり人形に見る日本人とロボットの関わり

日本 和装 無料 からくり

日本和装の無料教室へ行き始めたのですが、何も買わなかったのか、着られるからなのか、なんか放置なのです。 帯の結び方ばっかしで、他の生徒さん見ると、シワまるけ、垂れ下がってるし...... いくら川島でも長さが足りない、と言われました 普通にデパートで仕立てた正規品です。 なんか変じゃないですか? ここで買えってこと? なんか他の人より、来るなオーラ全開と受け取れるよ、言われちゃった 買わなさそうだから、冷たいの? どの位和服持ってるの? とも聞かれたかな.... ここはファッションショーに来てるのではない、とも言われたっけ.... 止めたほうがいいのでしょうか。 補足もう少し、カッコよく着れたら..... と思いまして。 お下がりでない川島織物で着付けのお稽古って… 持ってる着物も日本和装で売ろうとしている物より上だし、 沢山持ってる人には売るに売れない。 先生たちの反感買っちゃっているのでは? その教室は、初心者に無料で教える代わりに 広く着物を持っていなくて買う方を募集しています。 貴方は全くメリットないけど、やめろとは言えず、放置する。 営利団体なので当たり前かもしれません。 少し教室の選び方が違うような… 先生もそれなりの技術を持っていても、本当に『無料』では 上級テクニックは伝授して頂けません。 いごこちが悪いのは、相手が悪いのではなくて 貴方にその場所が合っていないのです。 優雅にお稽古したいなら、別の教室を選ぶべきです。 そういう・お話は、良くお聞きしますね。 さてさて。 貴方様の立ち位置が、書かれていないので。 ちと、お答えしづらいのですけれど…。 まあ、名古屋という事で。 ほら、義務感が…(笑 すみません) えっと。 例えば。 着物に、ご興味を持ち始め。 本等で、独学で、なんとか頑張って着れる様になった。 (アドバイスや・ダメだしが、欲しい) 中日文化センターや・NHKカルチャーセンターは、知っている。 着物の購入費で、予算的に、もう厳しい…。 (別に、恥ずかしい事ではないですよ。 お支払いに責任を持つ。 1番良いのは、マンツーマンの・単発の教室、なんでしょうけれど。 ごめんね。 私は、名古屋では、今されている処を知らないのです。 お値打ちに…でしたら。 そうですねえ。 宜しければ。 私が、今、教えてもらっている処とか、如何でしょうか? (私は、髪を教えて頂いています) 1回、1,200円。 (当日、最初に払います。 勿論、参加されなければ、お支払いは、ありません。 ただ、事前に、連絡はしてね) ネックの一つは、ここは、月1回だと言う事なんです。 公民館で、皆様で、教わるので(先生は、お二人)。 放置はないけれど。 私だけ〜(笑)は、無理ですよ。 ) 着物の趣味も、レベルも、年齢もect. 皆様、ばらばらなんですね。 (追記:このHPのメールは、PCでは、エラーになります。 何故かは、婆では、解らないの。 ごめん。 スマフォ等だったら、大丈夫のようです。 今、先生と連絡が付かないので。 連絡付いて、OKでしたら。 Gメール載せますね。 (こちらは、PCで繋がります) あと。 要らぬ事で、ごめんね。 着付けに拠らず、学ぶって。 「その単位時間・そのチャンス」に、欲かきますと。 自分の感受性を最大限に上げて、受け取っておくんです。 そして。 後から、何度も・何度も。 私がお世話になった先生は 局内でも有力者らしく、買え買えオーラたっぷりの方でした。 私は年収以上の金額を買いましたので、かわいがっていただきましたが、買わなかった人は どんどん消えていきましたよ。 そういう所は嫌でしたが、とても綺麗に着ている方でしたので、終了後 彼女の出身校へ行きました。 説明会でお名前を出したら、紹介入学と言うことで、教材購入用の商品券を結構な額 頂きました。 やはり お金を取る学校は きちんと教えてくれますので、ゆとりがおありなら その方が宜しいのではないでしょうか? もちろん一年目に全部は教えてもらえませんから、きれいに自装・他装できるには 週一回で 最低2年はかかります。 無料着付け教室は、先生のレベルも考え方もいろいろのようです。 別に買わなくていい、という感じで普通に教えてくれる先生もいたようですが、無料と言うことは呉服屋さんのマージンで経営しているんでしょうから、買って貰わないと先生の講師料も会場代も出ない、というのが本当のところでしょう。 ですので多分、「買わなくていいよ」という先生は長くはいられないだろうと思います。 それと、無料ですから着られない人をとりあえず着られるようにする、完全に初心者向けのようです。 着物教室に10年くらい通った方で行った方がいましたが、その方は人によって着方は違うことがあるから参考になる、ちょっとしたコツとか使えることもあるし、と言ってましたが、講師の方からすると普通に着られるなら教えることはない、という感じになのではないでしょうか。 自分で着られない人を着られるようにして、普段着る小紋や紬とそれに合う帯を買ってもらい、それで教室経営していくということだろうと思いますので。 お下がりがたくさんあって買わないという人ももちろんいるでしょうから、着られないならちゃんと教えるだろうと思いますが。 一通り着られて、もう少しきれいに着たいというなら、普通の着物教室の初心者コースの次くらいに編入するとか、個人で教えている方に習うとかする方がよいと思います。 補足を受けて 着れるし、着物持ってるから買わないだろうと思われてれるのでしょう。 着れない振りしたり、お下がりばかり持って行って結局買えって言われても最後に買わなきゃいいんだから少し遊んでもいいかも(笑) 余り素晴らしい織もとのを持って行くとしわになって使う時皺皺になっちゃうよ~ 練習は普段着が良いよ。 年齢が分らないから何とも言えないけれど、お金がない、主人が、母がと色々名前を使えば? 多だってやっぱりそういうところに気をっ使いますね。 すごいね。 そんなこと言われるんだ(笑) 今学校でも先生のいじめが問題になっているけど、やっぱ買わないオーラが強いと風当たり凄いですね。 でも着れるのに通ってるの?.

次の