シフト自由 アルバイト。 シフト自由・自己申告のアルバイト・バイト求人特集

シフト自由なアルバイト★働きやすさ重視~主婦歓迎!子育てとバイトの両立OK

シフト自由 アルバイト

副業OKの新着バイト• 副業バイト人気の検索条件• 副業を探している方は、時間が取れてこそ初めて活動も可能になります。 そんな副業のアルバイトは、自分に合うシフトで入れるバイト先を探すことが、長く続けるためにも大切になります。 週末しか自分の時間を作れない方や、土日に家でゴロゴロするのが苦手な方には、「土日のみ」の副業バイトを、短時間しか時間がとれない方は「1日4時間以下」の副業バイトがオススメです! 副業バイト人気の職種• 特に「レストラン・居酒屋・カフェ・ファーストフード等の飲食関係」「コンビニ・スーパー・小売店等の販売職」は人気の副業アルバイト。 シフトが多様で自分の都合に合わせてシフト組みがしやすい点、店舗数が多いため働きやすい場所でみつけられる点が人気の秘密のようです。 学校や部活の合間で働ける短時間バイトでお小遣いを稼ごう。 短時間でも高時給でしっかり高収入。 未経験歓迎の求人も豊富。 店舗数が多く自宅近くで探すことも!早朝、昼、深夜と都合にあわせて働こう。 高収入が魅力。 飲食店の搬入や清掃などコツコツ働けるお仕事が中心!• 人気のオフィスワーク特集。 一般事務からコールセンターまで幅広く掲載!• アパレル、携帯ショップ、家電などの販売バイトを特集!未経験歓迎求人もチェック。 2日のみの激短から長期まで、週末だけのバイトを探そう。 繁忙期にはサクッと一気に稼げる引越し・事務所移転系バイト。 激短1日~長期もOK!• 食事つき、出会いも豊富で「接客」を通じて学ぶことも。 仲間が多くて楽しい居酒屋バイト! 『副業』『Wワーク』のアルバイト体験談• 自分のペースで働けるアルバイトが見つかりました 30代、会社員、女性 普段の生活費以外に家族旅行や外食など、生活にちょっとしたうるおいを足したいと思ったのが、副業を探したきっかけでした。 朝から昼過ぎまでは、時短勤務の事務職として働いているので、できれば夕方の空いている時間帯に働けるアルバイトを、と探していたときに利用したのがシフトワークスでした。 自分が働きたい時間帯や曜日を指定して、条件に合うアルバイト情報を探せるところが良かったですね。 週2日、3時間から働ける仕分けのバイトがあったので、ちょうどいいと思って応募してみたところ、すぐ採用担当者から電話がきました。 本業のお仕事があることにも理解いただき、自分と同じくダブルワークをしている仲間も多かったので、とても働きやすい環境だと思っています!アルバイトの内容も、仕分けのお仕事って単純作業に近いので、すぐに覚えることができ、楽しく働いています。 副業のバイトも同じ職種で見つけました 20代、学生、男性 大学のゼミの仲間たちと一緒に卒業旅行としてヨーロッパ一周を計画していて、その資金調達のためにもう一つアルバイトを増やしたいと思いました。 普段は学校の近くのステーキチェーン店で授業が終わった後に働いています。 Wワークのアルバイトを探した条件は大きく二つあります。 一つ目は、週末に働けること。 二つ目は地元で働けること、でした。 平日はほとんどの時間、大学周辺にいるので、週末は地元でのんびりしながら、空いた時間に働きたい!と思ったからです。 スマホで検索していたところ、たまたま自宅から歩いて10分ほどのファミレスの求人があったので、応募しました。 同じ飲食店の接客業で家からも近かったので、採用されて本当にうれしかったです。 働いてもうすぐ3ヶ月になるのですが、平日のバイト経験を活かせたおかげで最近は新人さんのアドバイザーもしています。 新人ですけど、頼られる先輩を目指して頑張っています!• 収入を増やして、自己投資したい 40代、主婦、女性 メインでは、ドラックストアで販売員としてパートのお仕事をしています。 子ども達も大きくなって育児や家事に割く時間も減って来たので、自分に使える時間をもっと有効活用したい、と思って掛け持ちできるアルバイトを探しました。 パートのお仕事をしているので、シフト調節がうまくできるか心配でしたが、シフトワークスでは夕方のみ、1日3時間、と細かいシフト条件で検索できて、自分に合う仕事情報を見つけやすかったです。 掛け持ちアルバイトとして駅前のファーストフード店で働いていますが、メインのお仕事と勤務時間帯が違うので、シフトで悩むこともなく、快適に働いています。 いまのお仕事は新メニューが出たりすると、いち早く知ることができるので、子ども達に教えてあげたりして、会話も弾みますね。 目標としていた貯金額に達したら、次は最初の目標だった資格の勉強に励みたいと思っています。 副業にオススメの職業紹介 「副業・WワークOKのアルバイト・バイト」にはどんなお仕事があるの? 自分のライフスタイルに合わせて、現状の収入よりもう少し収入を増やしたいときに探すことが多い「副業、WワークOK」のアルバイトには一般的に在宅しながら進められるライティング、データ入力といった事務系のお仕事、ファミレスやコンビニなどの深夜勤務、物流品を仕分けたり、運搬する軽作業系の短時間勤務などがあります。 また単発的に働けるお仕事として、イベントスタッフ、ティッシュ配り、チラシのポスティング、飲み物などの試食販売などのバイトもあります。 最近は、モニターのアルバイトのようにサービスを体験して、代価としてポイントをもらう、といったアルバイトも人気があります。 スキルを活かせる事務系の副業アルバイト データ入力など副業を考えている場合は、普段からオフィス系のソフトを使った経験があることが望ましいです。 事務職のお仕事が人気が高く、応募者も多く集まるため、応募のときは、具体的にできることをアピールした方がいいです。 同じ事務職でもライティングの場合は、パソコンを利用して文字を入力できる、といった基本的操作ができれば問題ありません。 多くの場合、自身が書いた文字数に応じて報酬が支払われるので、文章を書くことが好きな人に向いているでしょう。 ただし、いつまでに提出してください、と締め切り日が設定されていることも多いので、要求される文字数と内容、納品期限をよく確認することをおすすめします。 ダブルワーク初心者も挑戦しやすい、軽作業系 物流関連の商品を扱うことが多い軽作業系のアルバイト。 特に倉庫内軽作業の場合、大きな倉庫などで注文書に書かれたとおりに商品を集めていくピッキングから、商品の検品、仕分け、梱包、発送など、作業内容が細かく分かれていることも特徴です。 作業をはじめるにあたり、特別に要求されるスキルがないため、気軽に始められるという点が最大の魅力です。 扱う商品によっては重量のあるものを運搬することも発生するため、自分の体力に見合う現場を見つけることが、長続きするコツといえます。 小売業のセールシーズンになると、人員拡大のために求人募集も多くなります。 春・夏・冬のセールシーズンの約1~2ヶ月前から募集がはじまるケースが多いので、この時期に探すことをおすすめします。 Wワークや副業におすすめの条件が多いコンビニバイト アルバイトを探すときに気になることは時給、通勤のしやすさ、シフト、ではないでしょうか。 コンビニエンスストアは利用者の便宜を考慮して、駅の近くや学校の近くなどアクセスしやすい立地にあることが多いです。 また、地域にいくつもの店舗が展開されている場合が多いので、条件さえマッチすればご自身の住居周辺でお仕事を見つけることも可能です。 また、幅広いシフトがあることも魅力的な点です。 24時間営業の業態をとっていることが多いので、募集するシフトが数時間ことに分けられていることも多いです。 土日だけ、深夜の時間帯だけ、早朝の時間帯だけ、と自分の条件に合う勤務時間帯を見つけやすいバイトです。 単発のイベント・サンプリング・調査系バイトで副業 1日だけ、週1日だけ、と働く期間が短いことが特徴です。 そのため、毎月の収入を定期的に増やしたい方にも、旅行や支払いなど急な出費のために、お金を貯めたい方にもおすすめのアルバイトです。 スーパーなどで、おすすめの商品を調理して販売する試食販売から自転車に乗って広告ビラやチラシをマンションなどの郵便受けに直接投函していくポスティング、大きな駅周辺でよく見かける椅子に座って通行人数を数える交通量調査のアルバイトなどがあります。 中でも人気なのは、駅前や人の多い繁華街などでよく見かける「ティッシュ配り」です。 広告がついたティッシュを配るバイトは、他の配布物よりも比較的受け取ってもらえる傾向があるので、短時間で作業を終えられることが可能です。 1日数時間から働ける、など空いた時間を有効活用しやすいところも人気の要因です。 いろんな体験ができるモニターで副業 モニターのアルバイトには、どんなお仕事があるのでしょうか。 シフトワークスに掲載されている求人情報をもとに調べた結果、エステ施術や脱毛施術を体験してサービスをチェックする来店調査、最新コスメなど製品の使用感レポート、PCや携帯、スマートフォンを利用した簡単なアンケートに回答するモニターのお仕事が半数以上でした。 自分のスケジュールに合わせて仕事をしながらサービスを受けられる点が魅力のモニターのお仕事ですが、モニターの内容によっては報酬がポイントで支払われる場合もありますので、すぐに収入をアップさせたい!と思っている方は事前に支払われる報酬の種類に関して確認を行うことをおすすめします。 ポイント制のお仕事に応募している方の多くはスマートフォンのゲームやコンテンツの買物代にあてていることが多いようです。 副業のアルバイト、ここに注意しましょう!• ポイント1Wワーク探しにおいて重要なポイントは、求人を出しているお店側と本人の希望条件を明確にすることです。 特に本業として会社などで働いている方は、自身の仕事スケジュールと体力をよく考えて希望を伝えた方がいいでしょう。 朝から夕方まで働く会社員の場合、深夜や早朝の時間帯に数時間だけ働けると思うことが多いですが、長時間勤務で仕事の疲れがたまることにつながりかねません。 土日祝日を利用して週2~3回働いた方が現実的な仕事の探し方といえます。 普段しているアルバイトがある方でもう一つのアルバイトを探している場合は比較的自身でシフトを調節しやすい環境であると思います。 両方の仕事において重なることがないようにする、突発的にバイトの勤務時間が伸びることも考慮して、勤務曜日をずらす、勤務時間帯の間隔に余裕を持たせる、などの工夫をすると無理のない範囲内で働けると思います。 その点を念頭において、面接では自分が働ける時間帯、都合がつけられない時間帯を明確に伝えましょう。 スケジュールを明確にしておくと、アルバイト先で急な欠員が出たときやシフトを調節するときに、入れる日と入れない日をお店側でも把握できるため、スケジュールを決めやすくなります。 ポイント2面接における発言に注意しましょう。 ダブルワークのアルバイト・バイトをしようとする理由として、一番多いのは収入を増やしたいからだと思います。 ですが、志望動機として、収入を増やしたいと話すことはあまりおすすめしません。 いま現在の仕事では満足できる報酬を得ていないのですか?とネガティブな質問を面接官から引き出しやすくなるからです。 本業の収入が安くて生活が苦しい・・・など、一見正直に聞こえる理由は、聞く人によっては本業の悪口につながる発言と捉えられます。 悪口は、うちでも働いたら不満を多くのもつのでは?早く辞めてしまうのでは?と面接官に不安要素を与えかねません。 面接のときは、増えた分の収入で自身がしたいことを伝える、またはいま自分が行っている仕事で頑張っている部分をアピールすることで良い印象を与えるようにしましょう。 副業でいろんなお仕事を経験してみたい、空いた時間を有効に使いたい、仕事で身につけたスキルをもっと活用させたいなど、前向きな理由を話すことで、好印象を与えましょう。 アルバイトをもう一つ増やしてWワークをしている方 アルバイト先の所得合計を確認しましょう。 掛け持ちのバイトをしている場合、働いている勤務先からそれぞれ源泉徴収として給与から税金を引かれていることがあります。 しかし、ご自身が課税対象かどうかは、各勤務先の所得を合算してみないとわかりません。 合算した給与所得が年間103万円以下であった場合、給与から天引きされている源泉徴収金から過払い分として、税金が還付されることがあります。 ただし、ご自身が申告をしない限り、払いすぎた税金は戻りません。 毎月の給与明細や、年末にアルバイト先からもらえる源泉徴収表から給与所得を計算して、1年間の所得が103万円を下回る場合は、しっかり確定申告を行い、還付金をもらいましょう。 本業は会社員で、副業のアルバイトをしている方 会社員は副業収入が20万円以下か以上かを確認しましょう。 本業で得ている給与所得が定まっている会社員の方で、本業以外で得た収入が20万を超えた場合は、別途、確定申告を行わなければなりません。 年末になると、勤め先で年末調整が行われると思いますが、本業の就業先からはアルバイト先の収入までは計算に入れていないからです。 また、副業のアルバイト先から給与所得として報酬を得ている場合は、合計金額が20万円以下であっても確定申告をした方が望ましいです。 給与所得の場合、源泉徴収されているので、実際に支払うべき税額より多めに徴収されていることが多く、申告を行うことによって、払いすぎた分の還付を受けることが可能になります。 ご自身が頑張って得た収入なので、かしこく税金対策をして損をしないように気をつけましょう。 興味のある特集をみて、自分にピッタリのアルバイトを探してみましょう。 副業でのアルバイトを検討している方は、空き時間をうまく活用することが大切です。 お住まいの場所・最寄り駅・希望の職種・時給・こだわり条件などを組み合わせて、無理をせずに働けるアルバイトを選びましょう!.

次の

おすすめのシフトが自由なバイト10選【融通きくバイト・大学生】

シフト自由 アルバイト

スポンサーリンク 大学生におすすめのシフトが自由なバイト8選【融通きくバイト】 バイト名 おすすめの理由 好きな時間に働ける 営業時間が長い シフト提出が1週間毎 バイトさんとシフト交換 自己申告制 深夜も営業 シフト交換が可能 単発バイト 1. Uber Eats 時給800円〜 仕事内容 料理の注文をアプリ経由で受け、それを依頼主に届けるお仕事。 移動はバイク、自転車、車から選べますが、首都圏での移動のためバイクが最も効率よく稼げる手段になります。 月30万円以上稼ぐ人もいますが、慣れるまでは最低賃金を割る人もいます。 効率よく稼ぐためにお昼時や夕飯時、配達しやすい注文を受けるなどのコツが必要です。 スポーツクラブ 仕事内容と概要 スポーツジムは、お年寄りや主婦、学生さんや会社帰り等、幅広い年代の方のライフスタイルに合わせられるように 朝早くから夜遅くまで営業しているスポーツクラブがほとんどなのでシフトが自由なバイトだと言えます。 また、スポーツクラブで夕方以降にアルバイトをしているスタッフのほとんどが学生のため、テスト期間の休みやサークル活動での休みにも対応できるようなシステムになっています。 スタッフ同士も年齢が近く、学生同士という境遇も似ているため、急なシフト変更にも代わりに入りあったりと協力し合えます。 22時以降は通常の時給から少し割り増しになったり、年が近いスタッフ同士で夜ご飯を食べに行ったりという交流もあり、アルバイトする側にとってのメリットもたくさんあります。 スポンサーリンク 3. マクドナルド 仕事内容と概要 マクドナルドは誰もが知ってる大手チェーン店で、全国各地に多数ありますので学校や住んでいるところの近く等でも探しやすいと思いますので、学校終わりでもすぐ行けるのが良いところです。 シフトは1週間ごとの提出です。 急な用事がない限りは次の週の予定は基本把握していると思いますので、シフトを入れやすく、予定も組みやすいです。 また、学生が多いアルバイトですので、テスト期間中などの融通はすぐ通りますので勉強に集中することが出来ます。 時間も1日2〜3時間ぐらいの短時間からと気軽に始めることが出来ますので学生の本業である勉強にもそれほど支障が出ないと思います。 私が学生時代にマクドナルドでアルバイトをしている時、3日前の急な用事でしたがお願いすると同僚の方が快く変わってくれました。 この様にシフトも時間も同僚も学生に優しいアルバイトだと思います。 飲食店 仕事内容と概要 飲食店では、多くの大学生が働いているため、シフトを自由に組むことができ、テスト期間なども考慮して貰いやすいです。 大学生が多くいることで人が足りなくなりがちなテスト期間なども、大学によって微妙に期間がずれるため無理にテスト期間にシフトを入れる必要はありません。 またお店にもよりますが、飲食店でのアルバイトは長くて1ヶ月、短いところだと1週間という短い範囲でシフトの提出ができるので自分の予定とうまく調整しながら働くことが可能です。 シフトを入れた時に自分の予定が被ってしまった場合や、体調不良でバイトに行けなくなったという場合でも、同年代の大学生が多いのでシフトを代わって貰いやすいという利点もあります。 カラオケバイト 仕事内容と概要 カラオケ店のフロアスタッフは365日稼げて、シフトの時間も夜遅くまで組めるので大学生には最適です。 授業終わりに働けるし、朝早くから起きて出勤しなくて良いので学生の生活スタイルに合っていると思います。 実際に働いてみた感想は、勤務しているフロアスタッフは大学生が多くみんな授業や課題で忙しくない限りシフトの変更が可能でした。 なので、急遽シフトの変更をしたいときにでもスタッフ間同士でやり取りをして、シフト変更出来たので良かったです。 もしも、働いているスタッフが正社員の人たちが多い職場であれば、シフト変更もしにくい雰囲気だと思うので、シフト変更に融通が効く職場を希望するのであれば同じような学生が多く働いているところが良いと思います。 コールセンター 仕事内容と概要 24時間のコールセンターでは多数のコミュニケーターが在籍しているため、基本的に自由なシフト組みが可能です。 私がコールセンターのコミュニケーターとしてアルバイトをしていた頃は交代制で希望を出していたので、仲間感での争いなどが起こったことはなく、 楽しく勤務できました。 対面する接客業と違って電話のみでお客様とコミュニケーションを取るので気が楽ですし、困ったときは受電していない仲間にヘルプを頼むこともできます。 人が多い分、わからない所は気軽に共有でき、仲間で解決策を出し合って進むので協調性も育まれます。 時給も約1000円~1400円と高く、24時間のコールセンターであれば深夜帯の勤務の場合、時給がプラスされる仕組みのコールセンターも存在しますよ。 シフトが自由な理由• 従業員が多いため、シフトが被ることが少ない.

次の

《新着あり》シフト自由(自己申告制)のバイト・アルバイト・パート求人情報

シフト自由 アルバイト

「勤務時間の希望を聞いてくれるバイトが嬉しい」 バイトは一人1つとは限りません。 稼ぎたい分だけバイトを掛け持ちすることができます。 しかし、バイトの掛け持ちをしすぎて体調を崩してしまうということもあるので、自分の体力をきちんと考えてバイトをするようにしましょう。 こうした複数のバイトをしたり学生さん、子育て中のママさんにとって時間というのは非常に大切な事です。 その為、時間に束縛されないでバイトがしたいと思っているはずです。 毎日のスケジュールの調整もあるので、好きな時間に出勤、凄くメリットが高いと思います。 そんなときにシフト自由なバイトをすることによって、時間を有効的に活用する事ができます。 シフト自由なバイトは、自分の都合に合わせてシフトを組み合わせる事ができるので、一日や一週間のスケジュールをあわせながら働くことができます。 それに、子育てをしているママさんにとって子供の送り迎えや授業参観など様々な行事があると思います。 そんなときにシフト自由なを活用する事によって子育てとバイトを両立させることができます。 少し疲れたな・・・というときにはバイトを入れないで一日休息をする日として使うこともできるのでプライベートな時間もしっかりと確保することができます。 私は大学生のころアミューズメント施設で働いていました。 シフト自由制のメリットは、学業との両立がしやすい点です。 希望を出せば必ず休みを取れたためテスト期間や資格試験前は非常に助かりました。 デメリットは、希望額を稼げるとは限らない点です。 シフト自由制の場合、企業は皆の休みの希望を尊重し、かつ1日に決まった人数を確保しなければなりません。 すると必然的にバイトの在籍人数が増え、バイトの人数が増えれば一人あたりの勤務日が減ってしまいます。 さらにバイト同士で休みの希望がかぶった場合、希望勤務日も被ってしまいます。 一日に働ける人数は決まっているため、希望勤務日が被ればその分働ける日数も少なくなります。 したがって、シフト自由の職場でたくさん稼ぎたければ、人手が不足しがちな日(皆が休みを入れたがる日)に働けるようにしておく、たくさん稼ぎたい旨をあらかじめ伝えておく、ダブルワークをする、などの工夫が必要です。 4 学生には都合がいい 3. 00 ひとみさん(フリーター)の口コミ, 2014-03-12 07:57:00 シフト制にもいろいろな形態や職場があると思いますが、私が働いていた職場について書きます。 大学1年生のときからファーストフード店でアルバイトをしていたことがあります。 好きな曜日・時間に入れるところが魅力でした。 2~3時間から働けたので、主に授業の前、昼休み、授業がない時間、放課後などに働いていました。 テスト期間やレポート提出前もちゃんとお休みをいただけるので、大学生だった私には働きやすかったです。 友達と遊ぶときや何か用事が入ったときにも、前もってスケジュール提出をしておけばよかったので気楽でした。 長い期間働くとだんだんと曜日と時間帯が決まってきたり、安定したスケジュールを提出したほうがシフトを組む上司には助かるのはあるようです。 人が少ないときには「入って」と言われたり、人が多いと希望の日・時間に働けなかったりすることもありました。 ガチガチに固定されるとか、強制されるとか、全く希望通りにならないということはなかったので、困ることはありませんでした。 同じ職場・シフト制でも、男女、幅広い年齢層と様々な立場の方が一緒に働いていたので、おもしろかったです。 働き方も、いろいろです。 7 アルバイト同士自由にシフトを組めるので便利。 00 カズさん(営業)の口コミ, 2015-07-01 10:53:00 大手飲食店でアルバイトをしていました。 そこは、基本的には責任者はグループ(地区担当)しかいなく、基本的にはアルバイトの方のみでシフトをファックスで送信して責任者が調節して送られてきます。 1週間ごとのシフトなので急な用事にも比較的対応できました。 どうしても外せない用事があれば、アルバイト同士連絡を取り調節もできるので、便利でした。 逆にシフトは人が入っている状況を見て自分で人員を考えてシフトに入れる日を記載していくので、何も考えない方がいるとシフトの入り方にばらつきが目立ってしまうのが難点です。 稼ぐには、もってこいの職場だったと思います。 8 自由にシフトを組める職場は便利 4. 00 イッシーさん(飲食業)の口コミ, 2015-07-01 11:16:00 焼鳥店で夕方から深夜までの時間バイトしてました。 まかない付きで、マスターの目が行き届くから酔っ払い相手でも安心だし、 楽しい常連さんも多く働き易かったです。 バイトの人数が少なかったので曜日を決めて回してましたが、都合が悪ければバイト同士で自由に 連絡とって交代していいので楽でした。 だれも都合がつかない時でもどうしてもダメならお休み出来ますが、かなり迷惑をかけるので後で相当謝る 覚悟がないと出来ませんでした。 10 肉体労働だけれど 0. 00 きんたんさんの口コミ, 2015-07-05 00:01:00 ポスティングの仕事で、週に2回、自分の決められた地域のポストに配るのですが、まず、配る物を取りに行き、自宅で、ポストサイズに折りたたむので、結構時間と体力が疲れます。 また、天気が悪かったり、階段が急だったり、犬がいたり、色々と大変な事もありますが、知らない人とも挨拶したり、お話しをする事もあり、楽しい事もあり、月に何回か、指定された名前のポストに入れる作業もあり、それは1枚いくらプラスとかになるので、給料アップになり嬉しいです。 週に4回くらいでも何万かもらえ、他の曜日は自由なので良い仕事だと思います。 22 気が楽です 4. 00 ポチさん(コールセンター勤務)の口コミ, 2015-11-23 21:32:00.

次の