ライジング福岡。 ライジングゼファー福岡

株式会社ライジングプロジェクト

ライジング福岡

本日2020年1月27日、ライジングゼファー福岡の経営方針発表会を行いました。 150名を超える参加者の前で、経営に関する中長期計画や新たな経営理念を発表することができ、ひとまずホッとしています。 ライジングゼファーの現状 昨年11月、ライジングゼファー福岡のしてから、関係者にヒアリングすると共に、12月7日・8日のホームゲームを視察し、に参加。 チーム状況も厳しい中でしたが、お越しいただいた熱いブースターの方々と直接お話でき、有意義な時間を過ごせました。 今のライジングゼファーは、自分が千葉ジェッツに関わり始めたころと似ているところがあると感じていました。 みんな精一杯努力しているのに、その努力がなかなか結果に結びつかない。 そういう チグハグになっている部分を組み立て直し、良い循環が生まれる状態にするのが私の仕事です。 私は以前福岡に住んでいたことがありますので、 福岡という土地のポテンシャルの高さは肌で理解しています。 福岡は市町村別の人口ランキング5位、都道府県別のGDP9位、バスケットボール競技者登録数8位など、欲しい数字は軒並み10位以内。 にもかかわらず、 チーム成績でいえば30位台。 クラブ売上高でいえば20位台なのです。 もちろん、人がたくさんいてお金が動いている大都市だからスポーツクラブも成功する、という簡単な話ではありません。 福岡と比較して小さな都市でも、観客数を増やし、売上高を伸ばしているクラブはあります。 しかし、福岡は先日のバスケットボール全国高校選手権(ウインターカップ)で 史上初の県勢決勝が実現するなど、中高年代のバスケ熱は相当のものがあり、 "バスケ王国福岡"の熱がBリーグまで伝わってきていないという現状をこのままにしていいわけがないのです。 ライジングゼファーを、福岡のクラブとして誇れる規模にまで大きくする。 これはクラブにとって義務や責任に近い目標です。 真の"オール福岡"実現へ向けて 「 バスケ王国福岡の威信にかけて、オール福岡で日本一になる」これが新たな経営理念です。 さらに" 福岡プライド"という合言葉を設定しましたが、威勢のいい言葉だけで終わらないよう、しっかりと地に足をつけて前進していかなくてはいけません。 前述したように、福岡という土地には大きなポテンシャルがあります。 しっかりとやるべきことをやり、ステークホルダーが一丸となり、 福岡にとってなくてはならない存在になる。 そのために何をすればいいのか? いま何をするべきなのか? 常に貪欲に、問いかけ続けます。 アドバイザー就任にあたり、ライジングゼファー発足以来の様々な関係者にヒアリングを重ねてきました。 今までのクラブ経営で誰が悪かったという犯人探しをしたいわけではありません。 過去に学び、未来に活かすためです。 もちろんクラブ経営において良かった部分もたくさんありました。 そこは今後も活かしていくべきです。 大きく変えなければいけないと感じたのは、 信頼を得ること。 言葉だけでなく、行動で示す。 行動だけでなく、説明を尽くす。 マンパワーが足りていなかったり、様々な要因で得られなかった信頼を取り戻していくことが 真の"オール福岡"実現に向けて欠かせないことです。 オーナーが頻繁に変わってしまう今までの体制から、地元経済界中心の安定した体制へ。 地元企業に株主となっていただき、地元出身経営者が長期的に運営していくことで、その姿勢を示す。 そして、会社の方向性をしっかりと定め、安定した財務基盤を築き、チーム理念に基づいた文化を浸透させていきます。 ライジングゼファーが達さねばいけない目標 まずクラブとして目指さなければいけない具体的目標は、 B2リーグで昇格争いに絡む目安となる売上高4億5千万円(現状からプラス1億5千万円)です。 その次に、 B1リーグ定着の目安となる売上高6億円が目標となります。 それぞれ今季売上見込みの1. 5倍、2倍と簡単な数字ではありませんが、売上高を伸ばすことでチーム人件費を増やすことができ、それがそのままチーム成績に繋がる傾向があるのがいまのBリーグ。 もちろん現場の選手・コーチ陣は最大限努力していますが、 相手チームも当然同じだけの努力をして挑んでくるわけで、クラブの経営努力によって差をつける(または差を詰める)ことが必要です。 こういった売上高目標を2020-2021シーズン(来シーズン)、2021-22シーズン(2シーズン後)で達成し、2022-2023シーズン(3シーズン後)にはB1で戦う。 そして 2024-2025シーズンからB1優勝争いに参戦していくというのが現在の計画です。 何度も言いますが、簡単な話ではありません。 ですが、現在の経営陣も私も "できる"と思っているからの目標です。 メインのホームアリーナである照葉周辺も、今後急速に開発・発展していきます。 ライジングゼファーも同様に発展し、日本バスケ界のトップに近づけると信じています。 必ず良い結果を出しますので、ライジングブースターのみなさん、共に戦ってください。 よろしくお願いします。

次の

ライジングゼファー福岡 経営方針発表会を終えて|島田慎二|note

ライジング福岡

ライジングゼファーフクオカ(株) 餃子計画は5億円超を投入か 他方、今回のリーグ脱退危機をめぐっては、ゼファー球団のメインスポンサーであった(株)餃子計画(大阪市淀川区)が、「はしごを外したのではないか」という噂も囁かれていた。 今回の一連の出来事について同社からは、「代表の専権事項なのでわからない」と回答があった。 同社に近い関係者に取材を申し込んだところ、匿名を条件に電話取材に応じた。 関係者の見解は以下の通りだ。 「餃子計画が、ライジングゼファーフクオカさんのメインスポンサーであったことは事実です。 現在は保有していた株を譲渡し、ゼファーさんとの関係はなくなりました。 ゼファーとの関係は、2018年(平成30年)にゼファーの神田社長が、以前より昵懇であった餃子計画の西研悟代表にゼファーへの出資・スポンサードを打診し、西代表が快諾したことが始まりです。 神田社長がゼファー球団社長に就任時は、餃子計画が80%の株式を保有し、残りを神田社長がもちました。 その後、福岡の地場企業などへ保有株を売却し、最終的に餃子計画の持ち株比率は49%となりました。 そして、年間スポンサード契約の約定の金額は、12カ月分割で支払う約束でしたが、ゼファー球団の資金繰りが厳しいということで、19年2月までに残りを一括で支払ったといいます。 株式以外にもさまざまな名目でゼファー球団へ資金を投入したということです」(「餃子計画」関係者) 続けて関係者は次のように語る。 「株取得含め、餃子計画がゼファーへ投入した資金は5億円を超えています。 今年2月に神田社長は、前述した通り年間契約の残りを一括で支払ってもらうことを依頼しました。 それでもまだ資金が不足するので、別途追加で餃子計画側に資金援助を申し出ました。 しかし、同社は神田社長の申し出を断りました。 これまで神田社長のバスケットボールで福岡を盛り上げようとする姿勢に賛同してスポンサードを快諾したにも関わらず、残念ながら地元福岡での評価は芳しくなかったのです。 具体的な事象についてはコメントを控えますが、神田社長の経営者としての才覚に疑問符が付きました。 餃子計画が追加援助を断ったことでゼファー球団の窮地に手を差し伸べられなかったことに対しては、地元福岡県民に対して申し訳ない気持ちでいっぱいだ、とのことです」。 取材で判明したことは、ゼファー球団のメインスポンサーであった餃子計画が資金援助を断ったのが事実である一方で、それまでに相応の資金を投入していたことだ。 同社が断った理由は、神田社長の経営マネジメント能力に疑義が生じたこと。 つまり、事業計画に沿った営業を実践することができずに、球団経営の収支のバランスが崩れてしまったことがゼファー球団の資金ショートの最大の原因である。 「理由は不明ですが、球団としての年間売上高を当初は4億円前後に設定していたのですが、後に5億3,000万円に上方修正しました。 その修正した計画に達成することができなかったことで、資金繰りに苦しんだということです」(前出関係者)。 加えて、餃子計画は保有していたゼファー球団の株を譲渡した。 つまり株を売却し、売却した資金はゼファー球団の救済に充てるという内容の約定をゼファー球団とBリーグからの依頼で了承したという。 ゼファー球団へ以上の内容および関連する事項について質問状を送っているが、5月7日現在、明確な回答はない。 (つづく) 【河原 清明】 <COMPANY INFORMATION> 代 表:神田康範 所在地:福岡市博多区比恵町16-26 設 立:2007年5月 資本金:4,800万円 TEL:092-409-4887 URL:.

次の

株式会社ライジングプロジェクト

ライジング福岡

デッドスペースを有効活用しませんか? 店内に空きスペースがあれば、そのスペースを有効活用しませんか? 当社が無料で最適なゲーム機をお貸しします。 ご来店されるお客様へ もうひとつのサービスとして手軽に収益のあがるアミューズメントコーナーをご検討ください。 貴店に最適な機種を弊社の経験豊かなスタッフが厳選いたします。 年齢や地域などによりお客様の好みは様々です。 パチンコ・パチスロ業界との繋がりを最大限に生かし、最新の情報を元に運営してまいります。 エンドユーザーの「遊びたい」の気持ちを最優先し、本気で「遊び」をクリエイトします。 「また遊びたい」と思わせる演出と環境造り、リピーターを増やし、活気のあるアミューズメントコーナーを 創造いたします。 IT事業 以前は集合教育や外部の講師によるFace-To-Faceの教育が盛んに行われていました。 しかしながら、そういった教育手段はひとりあたりの単価が高くなるため、全社員に平等にということがなかなかできません。 選ばれた人にだけ与えられる特権という扱いになりがちです。 当然のことながら、全社員が平等に教育の機会を得て、全社的な教育効果を出すことも大変重要なことです。 また、コンプライアンス対策やJ-SOX法対応などで、全社的に均一な教育を実施しなければならないという使命が企業には課せられます。 その後、世の中のIT化が進み、eラーニングを利用すれば全社員に均一な内容の教育を行うことができようになりました。 ここ数年、eラーニングを利用される企業が急激に増えている背景にはこういったこともあるのではないでしょうか。

次の