ジブリ 声優 下手。 思い出のマーニー(映画)の声優の評判や評価は?ジブリの俳優起用の理由も

【なぜ庵野秀明?】風立ちぬの声優が下手すぎてひどいのは理由があった!

ジブリ 声優 下手

アニメ映画【未来のミライ声優・キャスト一覧】 キャラクター 声優 主人公 くんちゃん 本名は太田訓(くん)。 甘えん坊で電車が大好き。 妹が生まれ愛情が奪われることに戸惑っている。 上白石萌歌(もか) 『東宝「シンデレラ」オーディション』に応募し、 当時史上最年少の10歳で44,120人の中からグランプリに選ばれる。 映画『羊と鋼の森』、大河ドラマ『いだてん』に出演。 声優は『未来のミライ』で初挑戦。 くんちゃんの妹 ミライちゃん 未来から来たくんちゃんの妹。 庭に突然あらわれ、くんちゃんを冒険に導く。 本渡楓 (幼少期) 声優アワードにおいて、新人女優賞を受賞した人気声優。 赤ちゃんの産声を演じるのが得意としている。 黒木華 (青年期) 映画『舟を編む』、『小さいおうち』、ドラマ『重版出来! 』など人気作品に多く出演する女優。 細田作品には、『おおかみこどもの雨と雪』の雪役、『バケモノの子』の一郎彦役を務める。 おとうさん くんちゃんの父親で、フリーの建築家。 仕事と育児を両立しようとするが、失敗ばかり。 抱っこが苦手。 星野源 多数のヒット曲を生み出すミュージシャンであり俳優。 おかあさん くんちゃんの母親。 家事と子育てに大忙しで片付けは苦手だが、常にベストを尽くそうとする努力家。 麻生久美子 テレビドラマ『時効警察』で注目され人気女優となる。 マンガ好き。 『バケモノの子』では九太の母を演じるなど、細田作品に多く出演し、近年は 原恵一監督の『バースデー・ワンダーランド』にも出演している。 太田家のペット ゆっこ オスのミニチュアダックスフント。 くんちゃんのおかあさんがペットショップで一目惚れし、くんちゃんが生まれる前から飼われている。 吉原光夫 俳優、演出家で、以前は劇団四季に所属していた。 日本公演の 歴代最年少の32歳という若さで、「レ・ミゼラブル」の主役であるジャン・バルジャンに大抜擢。 『美女と野獣』の実写版では、ガストン役の吹き替えを担当している。 謎の男 自分はかつて王子だったと語る奇妙な男。 愛情を欲しがっている。 実は飼い犬のゆっこ?! くんちゃんの祖母 ばあば 二人目を出産するお母さんのために、くんちゃんとゆっこの面倒を見ている。 宮崎美子 数多くのドラマ・映画に出演するベテラン女優。 クイズ番組での活躍でも知られている。 くんちゃんの祖父 じいじ ひなまつりの日にくんちゃんに会いにくる。 役所広司 映画『うなぎ』でカンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞、近年は『バベル』、『SAYURI』など海外進出もしている名俳優。 細田監督作品『バケモノの子』では熊徹役も務めている。 くんちゃんの曽祖父 青年 時空の旅先で出逢った青年で、足を引きずって歩く。 父親の面影を残し、くんちゃんに大きな影響力を持つ。 福山雅治 多数のヒット曲を生み出すミュージシャンであり、国民的人気の俳優。 声優初挑戦は、『ドラえもん』で福山雅秋役。 イケボとして知られている。 くんちゃんの母 少女 くんちゃんが、時空の旅で出会う、部屋を散らかすのが好きな少女。 雑賀サクラ 子役として活躍するルーマニアと日本のハーフモデル・女優。 未来のくんちゃん 男子高校生 くんちゃんが、時空の旅先であるJR根岸線磯子駅の待合室で出逢う、ぶっきらぼうな話し方をする男子高校生。 近年は歌手活動もしている。 東京駅のロボット くんちゃんが時空の旅で出会う東京駅の遺失物受付センターのロボット。 神田松之丞 落語芸術協会に所属する新進気鋭の人気講談師。 2019年には花形演芸大賞金賞受賞。 今回の細田守監督作品 『未来のミライ』でもメインキャラクターのほとんどが、 声優さんではなく女優さんや俳優さんです。 しかし、一部からは「違和感がある」、「下手」、「プロ声優が良かった」などと言われています。 それは一体なぜなのか、調べてみました。 俳優・女優は声だけの演技は声優より劣る?! 映像の世界で活躍する俳優さん達は、表情、体の動きなどトータルで演技することに慣れています。 ですので、 いざ声だけの演技をするとプロの声優さんよりは、どうしても物足りなく感じてしまい、「棒読み」、「下手」などと言われてしまうようです。 また単純に、マイクなどの機材に慣れないせいもありますし、海外と違って日本は、興行収入が少ないため、 有名人を使い宣伝することが多いこともあります。 上白石萌歌の声が、くんちゃん(4歳)の声に聞こえない 『未来のミライ』で評価が分かれたのが、くんちゃんを演じた上白石萌歌さんの声です。 映画を見た人からは 、「上白石萌歌の声が4歳の男の子の声に聞こえない。 」という意見が多くありました。 感情もとても上手に表現されていて素晴らしかったのですが、4歳の男の子に当てはめてしまうと違和感を感じてしまった方が多いようです。 当初は、『未来のミライ』のくんちゃん役を6歳から10歳くらいの男の子の中から選ぶ予定でした。 上白石さんのセリフは、少しわざとらしい部分もありますが、泣き声は、4歳の男の子が本当に泣いているように聞こえました。 星野源と福山雅治はハマリ役! 本業の声優でないとアレコレ言われてしまいますが、今回の声優でピッタリはまっていたのは、 気の弱そうなお父さんを優しい声で演じた 星野源さんと、カッコイイ青年を演じた 福山雅治さんではないでしょうか。 得に福山さんは、 イケボ(イケメンボイス)として声優向きの声ですが、今回の役がばっちりハマったおかげで、本業の俳優が悔しがるほど良い出来でした。 新しい魅力を発見できたということで、星野&福山ファンは必見です! 細田監督はプロの声優は上手すぎるから起用しない プロの声優を起用すれば、批判も出ないとは思うのですが、なぜ細田監督はプロの声優をあまり使用しないのでしょうか。 それは 「プロ声優がうますぎるから。 」とのことです。 細田監督が、キャスティングする時に重要視しているのは、 その人が持つ雰囲気や極端に言うと顔が似ているということです。 キャラクターが本当に喋っているように感じて欲しいということなんでしょうか。 上白石萌歌さんの4歳の子供の泣き声なんかは、まさにそうですよね。 プロの声優さんは確かに上手ですが、アニメチックになりすぎるので、素人っぽさのあるキャラクターに似た俳優さんを起用するのも分かる気がします。 今回の映画『未来のミライ』の地上波を見逃してしまった方は、 無料で動画視聴する方法がありますので、以下の記事をご覧ください。

次の

ジブリは何故タレント声優ばっか起用するのか

ジブリ 声優 下手

プロの声優がいないから違和感を感じる ジブリは古い作品を除くと、 プロの声優を全然起用しないことで有名です。 プロの声優はあくまで演技をしているだけで、それでは 人間っぽさ・リアルさがなくなるからだそうです。 確かにアニメには、振り返るときに「んっ」とか声を発したり、現実ではあり得ないリアクション・声のトーンが使われます。 「風立ちぬ」に至っても同じくプロの声優が起用されていないがために、「あれ?なんか声優下手くそじゃね?」という感想が出やすいのです。 2:堀越二郎の声優は庵野監督(素人声優) 堀越二郎の声優・庵野秀明監督は 素人 恐らくですが、世間の言う「声優が下手くそ」という感想はもはや「堀越二郎の声が棒読みすぎて酷い」という意味だと思いますw 有名な話なのでご存知の方の方が多いかとは思いますが・・・まず堀越二郎の声優は、あのエヴァンゲリヲンでお馴染みの庵野秀明監督であり、言ってしまえば 演技を知らないズブの素人です。 そりゃ確かに、 ズブの素人が映画に出て人から金を取るってんですから、怒る人がいるのもまぁ100歩譲ったらわからなくはないですw 元々庵野監督はスタジオジブリのアニメータとして過ごした時期があり、その期間を経て宮崎駿監督と師弟のような関係になりました。 初めて庵野監督が宮崎駿監督のもとにやってきた時、「まるでテロリストのような雰囲気だった」と語っているのが有名な話ですw 両監督の関係は今の今までずっと長く続いており、それが庵野監督起用の一因にもなったんですね。 ここで出てくる 「え?どうして庵野監督なの?いくらなんでも、まだマシな人いたでしょ。 もしかしてただのコネ?おふざけ?」って疑問ですよね。 3:堀越二郎=庵野秀明監督 宮崎駿監督が 「堀越二郎は庵野監督のようだと解釈したから」だそうです。 これは「宮崎駿監督の感覚で似てる感じ」というわけではなく、実際とても似ているそうなんです。 堀越二郎モデルとなった史実上の堀越二郎氏に関する過去の文献や、堀越二郎氏の親族の話を聞いたところ、 「感情を表に表すことが少なく、ボソボソと棒読みのように話す人物だった。 」とのこと。 それにプラスして、堀越二郎の「非人間的な天才感」を出すためには、声を演じる本人にも同じ雰囲気がなくてはいけないという理由もありました。 で、声優を選定しているときに鈴木プロデューサーが「庵野はどうですかね?」という鶴の一声を発します。 まぁそれもそうです。 だって実際に人の声で作られた音なんですからね。 この庵野秀明監督の起用を 「ただの宮崎駿監督 老害 による自己満足」と評価する人もいれば、 「宮崎駿監督・ジブリ作品だからこその演出だなぁ」と評価する人もいます。 確かに見る人によって印象がかわりますよねぇ。 これも「ジブリ」というブランドの効果なんでしょうか。 僕も、もし仮に「風立ちぬ」がジブリじゃなくて、まったく知らない人が作った映画だったら「いやいや、今時消費者のニーズに応えない映画を作るとかただの自己満足じゃんwオ〇ニー乙www」と思わない自信がありません。 ブランドの力を垣間見ました。 切実に。

次の

メアリと魔女の花が「声優が下手」「パクリでジブリ全部乗せ」でもやっぱり見てしまう

ジブリ 声優 下手

Contents• 耳をすませばの声優の父(お父さん役)と声優一覧をチェック 今ではすっかり有名になった「高橋一生」が声優を務めていることで、再注目されている『耳をすませば』。 『耳をすませば』は1995年に公開され、読書好きな中学3年生の月島雫と、彼女に想いを寄せ、バイオリン職人をめざす少年・天沢聖司の甘酸っぱい恋の物語です。 ヒロインの月島雫役は声優の「本名陽子」、天沢聖司役を俳優の「高橋一生」が務めているのをはじめ、以下のキャスティングとなっています。 月島雫/本名陽子 天沢聖司 /高橋一生 月島靖也(雫の父親)/立花隆 月島朝子(雫の母親)/室井滋 月島汐(雫の姉)/山下容莉枝 バロン/露口茂 西司朗(地球屋主人)/小林桂樹 高坂先生 /高山みなみ 原田夕子 /佳山麻衣子 ナオ/千葉舞 南/井上直久 北/鈴木敏夫 杉村/中島義実 絹代/飯塚雅弓 原田夕子の父親/中村晴彦 数学の教師/笛吹雅子 職員室の先生/岸部シロー テレビの野球中継の実況アナウンサー/小川光明 テレビの野球中継の解説者/江川卓 そんな中、ヒロインの月島雫のお父さん役にも注目が集まっています! お父さん役を務めたのは「立花隆」さんという方。 実はこの方、声優ではありません。 naver. 1940年長崎生まれで、64年に東大仏文科を卒業しています。 さらに同年には文藝春秋に入社。 66年に退社し、67年に東大哲学科に学士入学。 在学中から評論活動に入り、政治、社会、科学と幅広い分野で執筆活動をしているという、経歴をお持ちの方です。 スタジオジブリのスタッフ全員を集めた勉強会に講師として参加したことが縁で、ジブリから『耳をすませば』の出演オファーがあったそうです。 第一声を聞いたとき、宮崎駿監督は大喜びしたという話もあるそうですよ。 耳をすませばの声優のお父さん役「立花隆」はジャーナリストで作家! 東大を卒業し、文藝春秋に入社という華麗な経歴の立花隆さんは、ジャーナリストでノンフィクション作家です。 取材力と並外れた読書量から「知の巨人」ともいわれているのです。 耳をすませばの声優のお父さん役は下手と賛否両論だった!? 『耳をすませば』を見た人たちの間では、このお父さん役が、 棒読み・下手すぎではないか?という評価もあります。 「プロの声優さんを使ってほしい」「もう少し上手に演じてほしい」という否定的な意見もあれば、「自然体でいい」「素朴でしみじみとした雰囲気が出ている」という肯定的な意見もあり、賛否両論となっています。 『耳をすませば』に限らず、ジブリ作品は、プロの声優さんでない方の起用も多いので、このような賛否両論は良く聞きますよね。 耳をすませばの声優のお父さん役が棒読みだったワケ あの棒読み、下手さには、ちゃんと理由があったそうです。 それは、 自然さやリアリティ感を出すためだそう。 ジブリの作品は、他のアニメとは違った雰囲気がありますよね。 人々の生活感をリアルに丁寧に描いていることもその一つです。 そのような生活感を大切にしていることや、アニメの時代背景的にも一昔前の「これぞ日本のお父さん!」といった感じの雰囲気を出したかったという理由があるそうです。 また、スタジオジブリの鈴木氏は起用の理由について 「(声優として)上手い下手は関係なくて、とにかく茨城県・水戸の言葉で訛りがほしかった」とも語っています。 鈍りも起用理由だったのですね。 普通のアニメの感覚で見てしまうと、最初は棒読みに違和感を感じてしまいますが、だんだんと作品に引き込まれていく内に、違和感がなくなっていくことが多い印象ですが、皆さんはどうですか? 耳をすませば以外にも、ジブリ作品は声優でない人が多い ジブリ作品はプロ声優をあまり使わないことでも有名ですよね。 特に、1990年代以降の作品では、主役や主役級キャラクターの声は、テレビドラマなどで、有名な女優・俳優を多く起用する傾向が顕著となっています。 ジブリ側は、自然さや『耳をすませば』のように作品の時代背景や、土地柄に合った訛りなどを求めているようですが、視聴者の間では毎回、議論になるところですよね。 耳をすませばの声優以外にも、愛すべき「棒読みお父さん」が!? 『耳をすませば』以外にも、ジブリ作品において、主人公の「お父さん役」は、特に棒読みだと感じる人が多いようです。 しかし、少し下手なくらいが、味があって良いと、この「棒読みお父さん」たちには、ファンが多いのも事実。 そんな愛すべき「棒読みお父さん」たちをご紹介。 「となりのトトロ」 草壁タツオ(糸井重里) 「崖の上のポニョ」で、かつては人間でしたが、その破壊性に愛想を尽かし、現在は海の眷属として生きる魔法使いという、ポニョのお父さんです。 演じているのは、 所ジョージさん。 オファーを受けての出演だそうです。 ご本人曰く、行き当たりばったりのようなところが、役柄と似ている!?とのことです。 ほぼ、所ジョージさんの声そのままということで、演技について、ネットでも話題になりました。 ジブリ側のオファー理由について、調べてみましたが、詳しい情報はありませんでしたが、所さんのキャラクターイメージが役柄に合っていた?ということかもしれませんね。 立花さんをはじめ、ジブリ作品のお父さん役は、俳優さん以外にもあらゆる業界の方が務めていて、それぞれ味のあるお父さんを演じています。 声変わり前という、超貴重な時代の高橋一生さん!萌えます。 笑 最後までご覧いただき、ありがとうございました!.

次の