引越し 費用 相場。 引越し費用の料金相場を調べる

単身の引越し費用相場はどれくらい?コツを抑えて安く済ませよう

引越し 費用 相場

マンションなどの賃貸に必要な「退去費用」とは? 退去費用とは、いわゆる「原状回復費用」のことです。 一般的に原状回復とは、「借りたときの状態に戻す」ことであり、それにかかる費用が原状回復費用になります。 具体的には、以下のような項目が原状回復費用になります。 変色したクロスの貼り換え費用• フローリングに付いた傷の補修費用• ドアや窓の補修費用• 水回り設備の交換や補修費用• 室内のクリーニング費用 このような項目の中で、借主が支払うべき部分と貸主が支払うべき部分に分け、貸主は借主が支払うべき部分を徴収します。 ただ、後述しますが 一般的な原状回復の定義と、退去費用に関しての原状回復は定義が異なる点は注意しましょう。 退去費用の相場は? 次に退去費用の相場金額を含めた以下の点を解説していきます。 退去費用の相場金額• 敷金の取り扱いについて 2. 退去費用の相場金額 さて、結論から言うと退去費用の相場金額はデータではありません。 ただ、リクルート住まいカンパニーの「引越しに関する実態把握調査」によると、敷金を返還する金額、および敷金を返還せずさらに追加で退去費用を請求した金額は以下の通りです。 1 敷金を返還する金額 間取り 返金された平均額 ワンルーム 約29,000円 1K 約37,000円 1DK 約41,000円 1LDK 約67,000円 2K 約34,000円 2DK 約49,000円 2LDK 約66,000円 3LDK 約81,000円 そもそも敷金は退去費用、もしくは家賃を滞納したときのために、借主から預かっておくお金です。 そのため、家賃の滞納がない場合には、その金額は退去費用に充てられます。 上記のように、広さによって退去費用は異なります。 従って、上記のように返還される敷金も変わってくるというわけです。 敷金を返還した人の割合は31. 5%であり、敷金の平均返還金額は53,882円でした。 2 追加で徴収された金額 間取り 追加で支払った平均額 ワンルーム 約69,000円 1K 約77,000円 1DK 約91,000円 1LDK 約126,000円 2K 約92,000円 2DK 約117,000円 2LDK 約148,000円 3LDK 約169,000円 前項のように、敷金を返還した人の割合は31. 5%なので、 逆に言うと68. 5%の人には敷金を返還しなかったということです。 つまり、 預かっている敷金は全て退去費用に充てたということになります。 さらに、その敷金だけでは退去費用に足りなかったので、上記のように平均で120,730円を追加徴収したというかたちです。 敷金の取り扱いについて 一般的に部屋を貸すときには、敷金・礼金・仲介手数料を徴収します。 ただ、部屋を貸しやすくするためには、これらの負担を借主には求めない例もあり、敷金に関しても預からないケースもあります。 敷金を預からないということは、退去費用に充てる金額を預かっていないということです。 そのため、 退去費用で借主に請求する分を敷金から賄うことはできずに、全額借主に請求するということになります。 このリスクとしては、借主が支払わないときです。 敷金を預かっていれば「返還しない」ことで退去費用を徴収できますが、敷金を預かっていなければ支払ってもらうしかありません。 そのため、借主が納得せずに支払わないケースなどは、トラブルに発展するケースもあるのです。 退去費用に含まれる「ハウスクリーニング代」とは? 次に、退去費用に含まれる「ハウスクリーニング」について、以下の点を解説します。 ハウスクリーニングの定義は• ハウスクリーニングにかかる費用の相場 3. ハウスクリーニングの定義は ハウスクリーニングの定義は、一般的には「専門業者による住宅の清掃サービス」です。 つまり、貸主自身で清掃作業するのではなく、専門の業者に単発で清掃を依頼することがハウスクリーニングであり、その費用がハウスクリーニング代です。 具体的に、ハウスクリーニングは以下のような清掃内容になります。 エアコン清掃• 床の清掃• ワックス掛け• 汚れた壁紙クロスの清掃や張り替え• キッチン、バス、トイレなど水回りの清掃• ベランダ清掃 ハウスクリーニングをどこまで行うかは貸主によって異なります。 次項で解説しますが、ハウスクリーニングの範囲を広げるほど費用は高くなりますが、きちんとハウスクリーニングしないと次の借主が付きにくいです。 その辺りを、築年数や借主の志向性、そしてハウスクリーニング代を天秤にかけて判断しなければいけません。 ハウスクリーニングにかかる費用の相場 ハウスクリーニングにかかる費用相場は以下の通りです。 ㎡(平米) 金額 ~30㎡未満 15,000円~30,000円 30㎡~50㎡未満 30,000円~50,000円 50㎡以上~ 50,000円~ ハウスクリーニング代の注意点としては以下になります。 業者によって価格が異なること• 時期によって価格が異なること• スケールメリットがある 1 業者によって価格が異なること まず、ハウスクリーニング業者はたくさんあり、業者ごとで価格が異なります。 もちろん、 安ければ良いというわけではなく、ハウスクリーニングの質が重要です。 複数の物件を所有しているのであれば、複数の業者に見積もりを取った後に、いくつかの業者にハウスクリーニングを依頼しましょう。 そこで 業者の質を比較し、費用対効果の高い業者を見つけると、今後の賃貸経営でプラスになります。 2 時期によって価格が異なること また、ハウスクリーニング業者は賃貸の退去が多い時期に需要が増します。 そのため、 3月や9月などの転勤が決まり退去が多い時期には、ハウスクリーニング代は上がる可能性があります。 上記のハウスクリーニング代はあくまで参考金額として頭に入れておき、時期によっては増額すると考えておきましょう。 1部屋であればさほど問題ありませんが、たくさんの物件を所有している場合は大きな金額になる可能性もあります。 3 スケールメリットがある 業者にハウスクリーニングを依頼するときは、 スケールメリットを利用できます。 要は、 複数の部屋のハウスクリーニングを同時に依頼することで、ハウスクリーニング代の単価を下げることができるのです。 そのため、たとえばマンション経営をしており、同時期に複数部屋で退去が発生したとします。 その場合は、ハウスクリーニングの日にちを同日して、同じハウスクリーニング業者に依頼した方が、結果的に金額は安くなる場合が多いです。 退去費用に含まれる「原状回復費用」とは? さて、上述したように退去費用と原状回復費用は同義でありますが、 原状回復する際の責任の所在が貸主・借主のどちらにあるかで費用負担が変わります。 というのも、原状回復はガイドラインに定められており、それに従って貸主・借主どちらの負担になるかは決まるからです。 つまり、そのガイドラインの内容を理解しておかないと、原状回復費用が自分の負担になるかどうかが分からないということです。 ここでは、ガイドラインに定義されている「原状回復」と、原状回復にかかる費用相場について解説していきます。 原状回復:「賃借人の居住、使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失、善管注意義務違反、その他通常の使用を超えるような使用による損耗・毀損を復旧すること」 この定義において気を付けるべき点は以下です。 一般的な原状回復の定義とは異なる• しかし、ガイドラインに明示してある原状回復の定義は、借りたときの状態に戻すのではなく「通常の使用を超える範囲の損耗や毀損の復旧」です。 つまり、 借りた当初の状態に戻す必要はなく、簡単に言うと「経年劣化」している部分は借主が負担する必要はないということです。 2 通常使用の意味 また、ここで言う「通常使用」とは明確に定義するのが困難です。 後ほど具体例を基に解説しますが、普通に生活する上で付いた傷や汚れなどは原状回復に当てはまらないので、借主が負担する必要はありません。 このように、ガイドラインが制定されたことで、借主が負担する原状回復費用の項目は減りました。 逆に言うと、貸主が「物件を貸したときの状態に戻したい」と思うのであれば、貸主自身が負担する金額が高くなったということです。 原状回復の補修にかかる費用の相場 原状回復の補修や汚れの除去は具体的に以下の項目があり、費用相場も以下の通りになります。 業者や職人の人件費によって金額は異なる• 補修箇所によって金額は異なる 1 業者や職人の人件費によって金額は異なる まず、業者によって補修費用や除去費用が異なりますし、特に職人を呼ぶ必要がある補修費用は時期によって金額は大きく異なります。 というのも、 職人は人材不足なので需要が高い時期であれば人件費が高くなり、それが補修費用にダイレクトに反映するからです。 ちなみに、 需要が高い時期というのは、マンション建設が多い時期などになるので、明確に「〇月が需要が高い」とは明言できません。 2 補修箇所によって金額は異なる また、たとえば床材の張り替えにしても、ひとつの部屋の床材を張り替えるのか、複数の部屋の床材を張り替えるのかで金額は異なります。 床材を張り替えるときは、部屋の端から床を剥がしていき、該当の床材までたどり着いて床材を張り替えるからです。 つまり、ひとつの部屋の方が張り替える手間が省けるというわけです。 たとえば小規模の張り替えだったとしても、 複数の部屋に分かれれば時間がかかり、その分人件費が上乗せされるというわけです。 借主が負担すべき費用は? さて、上述したように原状回復の定義的には、借主は通常使用していれば費用負担はありません。 ここでは、通常使用の定義が曖昧なため、以下の項目で具体的に借主が負担すべきケースを解説していきます。 壁や床の水漏れが原因の腐食• クロスの傷や落書き• フローリング、畳、カーペットの傷や汚れ• タバコのヤニ汚れや臭い、焦げ跡• ドア、障子、網戸の傷や破損 5. 壁や床の水漏れが原因の腐食 壁や床の水漏れに関しては、たとえば 以下のような項目は借主に費用を請求できます。 エアコンの排水ホースの不備による漏水による腐食• 洗濯機の給水ホースの不備による漏水による腐食 エアコンを借主が設置したのであれば、その設備不良は借主の責任になります。 また、洗濯機は通常は借主が設置するので、その設備不良での漏水も借主の負担です。 クロスの傷や落書き クロスの傷や落書きに関しては、たとえば以下のような項目は借主に費用を請求できます。 子供がクロスに落書きしたことによる汚れの除去• 明らかに過失によってできた傷 このような傷や汚れに関しても借主に費用を請求できます。 明らかに過失によってできた傷とは、たとえば家具を運んでいるときにクロスに擦ってしまったときにできた傷などです。 フローリング、畳、カーペットの傷や汚れ フローリング、畳、カーペットの傷や汚れに関しては、たとえば以下のような項目は借主に費用を請求できます。 重いものを誤って落としたことでできた傷やへこみ• 畳に飲みものをこぼしたことでできたシミや汚れ 上記のようなことは通常使用とは言わずに、借主の過失による傷や汚れになります。 タバコのヤニ汚れや臭い、焦げ跡 タバコのヤニ汚れや臭い、焦げ跡に関しては、そのままの意味です。 タバコは「通常使用」とは言わずに、借主の都合によるものです。 そのため、タバコによってクロスに臭いが付けば、クロスの貼り換え費用は借主が負担することになります。 また、タバコの火の不始末によりフローリングに焦げ跡ができれば、そのフローリングの補修や交換費用も借主の負担です。 ドア、障子、網戸の傷や破損 ドア、障子、網戸の傷や破損に関しては、 明らかに経年劣化でない場合は借主の負担です。 たとえば、築年数が経過しており、網戸が自然に剥がれしまえば、「通常使用」の範囲として借主は負担しなくて良いもしれません。 ただ、明らかに過失により穴が開いていたり、ドアの枠部分が破損していたりする場合は、借主の費用負担になります。 オーナー負担になる借主に請求できない費用は? 前項とは逆に、オーナーの費用負担になるケースを、以下の具体例で解説していきます。 壁に空いた画鋲の穴• 家電の裏の壁に付いた黒いシミ• フローリング・畳・壁紙の日焼け• 家具の設置跡やへこみ 6. 壁に空いた画鋲の穴 壁に空いた画鋲の穴は貸主負担です。 ただし、以下のような穴の場合は借主負担になるケースもあります。 太いネジを埋め込んだことによる大きな穴• 何度も画鋲を刺したことで広がった穴 要は、「壁にカレンダーを掛ける」「時計を掛ける」などは、生活する上で通常使用と認められます。 だからこそ、貸主負担になるというわけです。 しかし、 上述したような穴は通常使用の範囲を超えていると見なされるため、借主負担になるケースがあるということです。 家電の裏の壁に付いた黒いシミ 冷蔵庫など長期間同じ場所に置いていると、その家電の裏側のクロスが黒ずむ場合があります。 しかし、それは「通常使用」の範囲ですので、クロス張り替えやクリーニング費用は貸主の負担となります。 フローリング・畳・壁紙の日焼け 太陽光によって、フローリングや畳・クロスは日焼けすることがあります。 しかし、この日焼けは普通に住んでいても起こり得ることですので、通常使用の範囲内と見なされます。 そのため、 日焼けに伴うクロスやフローリングの張り替え費用は貸主負担です。 家具の設置跡やへこみ 家具を置いていれば、そこで設置跡やへこみができる場合があります。 しかし、設置跡やへこみは普通に生活していても起こり得ることですので、通常使用の範囲内です。 そのため、フローリングがへこんだことによる補修や交換費用は、貸主の負担になるというわけです。 契約内容で注意したい特約 さて、退去費用に関して、相場や借主・貸主の負担範囲が分かったと思います。 次に、借主が知っておくべき以下の特約について解説していきます。 原状回復特約• 敷引き特約 ただし、はじめに言っておくと、特約の内容があまりにも借主に不利な契約であれば無効になる可能性が高いです。 原状回復特約 原状回復特約とは、 賃貸借契約書と一緒に結ぶ特約で、ある程度の原状回復費用を入居者に負担させるという内容です。 ただ、特約を結ぶときに どの部分をいくら借主に負担してもらうかを、具体的に明示する必要があります。 一般的には、「クリーニング費用」として部屋の広さに応じて費用を定めておくケースが負いです。 敷引き特約 そもそも敷引きとは、敷金の中から原状回復費用を一定金額差し引くことです。 たとえば、特約で「敷引き1ヶ月」と契約書に記載する場合は、退去時に敷金から家賃1ヶ月分の金額が差し引くということです。 この特約によって、前項と同じく契約時に原状回復費用の徴収額を決めておくということになります。 まとめ 退去費用は貸主が負担する項目は意外と多いので、その金額によってはマンション経営が悪化する可能性があります。 仮に、その点が懸念となりマンションの売却を検討しているのであれば、イエウールを利用して査定してみましょう。 イエウールは簡単な入力作業で、最大6社まで同時に査定依頼できる一括査定サービスです。 一括査定サービスの中ではトップクラスの1,400社が参画しているという特徴があるので、高く売却してくれる不動産会社を見つけやすいでしょう。

次の

東京

引越し 費用 相場

引越しの準備をする上でやはり気になるのが見積もり費用に関することだと思います。 実際にも下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないかと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお伝えします。 一点、本題に行く前にとても重要なことをお伝えさせてください。 「引越しは必ず正しい方法で引越し見積りを行ってください」 何をいきなり言っているんだと思う方も多いと思いますが、理由はいたってシンプルで誤った依頼方法をしてしまうと 「引越しの費用がとても高くなるから」です。 こちらの記事では「引越しの見積り」に関する全てのことをお伝えすると共に、「正しい引越し見積りの方法」もお伝えしますので是非参考にしてみてください。 見積り方法によって引越し費用は半額以下に 本題と少しずれていますが、大変重要なことを最初にお伝えさせてください。 引越しをする場合に 必ず必要になるのが見積り依頼になります。 ただこの見積り依頼、正しい方法で行うと下記の口コミのように費用が2倍以上安くなります。 😨 引越業者はいくつか比較をすると安くなるイメージです。 以前一人暮し近所での引越でしたが、6万の見積が他者さんで3万になりました。 — さおりん saly77 逆に 間違った方法だと知らずのうちに高額な費用を支払うことになります。 では正しい見積り依頼方法とはどのようなものなのでしょうか? いきなり結論をお伝えしますが、 「引越業者に直接 見積りをとってはいけません。 必ず見積りサイトを使いましょう。 」 理由はいたってシンプルで、 費用が格段に安くなるからです。 驚きかも知れませんが、実は引越し費用の全てが引越業者の言い値で決まっています。 そんな引越し費用を安くするためには、引越業者との比較・交渉が必要です。 比較・交渉には、必ず その他の引越業者の安い見積もりが必要になります。 安い見積もりがあれば「サカイさんの見積もりは5万円ですけど、アートさんは4万円にできませんか?」と交渉することができるのです。 ちなみに安い見積りを取るための方法は2020年03月時点で下記2つが考えられ、あなたの要望に会う方を選ぶようにしましょう。 引越しをする際にとても大切になるのが、見積りになります。 ただその引越しの見積りに対して下記のようなお悩みをお持ちの方も多いのではないと思います。 こちらの記事では引越しの見積りに関する下記の内容をお... では本題である引越し費用に関する内容を下記にお伝えします。 引越し見積もり費用の平均相場はいくら? こちらでは引越費用の平均相場を紹介します。 是非参考にしていただき、あなたが実際にもらった見積りの目安にしていただければと思います。 引越し見積もり費用の確認方法 まず引越し費用の相場と言っても、それぞれに置かれている状況によって費用は大きく異なります。 下記3つの要素によって大きく変わります。 距離 ではそれぞれの詳細を簡単に説明します。 人数:一人暮らし・単身・2人・家族 人数によって引越し費用は大きく異なります。 引越しでは主に単身・2人・2人以上の家族で計算されるのがほとんどです。 時期:繁忙期・通常期 引越しには繁忙期と通常期があり、費用も大きく異なります。 新生活の時期である3月と4月が繁忙期で、その他5月から2月までが通常期になります。 距離:県内・都内・市内・県外・長距離・近距離 距離に関しては上記のようにいろんな呼び方があります。 ただ一般的には「何km以上〜何km以内」と具体的な距離換算で行われます。 上記3つの要素ごとに、利用者の口コミを参照にして引越し料金の相場をみていきましょう。 どのように調べるかと言いますと、実際に引越しをした人が費用等を直接書き込める下記サイトの平均値を参考にします。 合計で 口コミ件数は1万以上あるので信頼はできると言えそうです。 ただ引越し費用はその他にかかります。 例えば敷金や礼金、今住んでいる部屋のクリーニング代等です。 最後に引越し全体で一体いくらくらいかかるのか目安をご紹介します。 引越し全体にかかる費用はいくら? 引越業者に払うだけの費用がもちろん全てではありません。 まずはどのような費用が別途かかるのか、見ていきましょう。 引越し代以外にかかる費用の一覧 費用の分野 詳細 引越し作業 引越し料金 スタッフへのお礼金 物件の撤去 クリーニング費用 解約までの家賃 新物件の契約 前家賃 敷金 礼金 仲介手数料 火災保険料 カギの交換料金 一番上記に記載してある「引越し料金」は、実際の引越業者に支払う費用になります。 実はそれ以外にも上記のように費用を払う必要がございます。 では具体的にいくらくらい払えばいいか目安が欲しいですよね。 下記に人数(単身・2人・2人以上の家族)ごとにかかる費用の目安を記載しましたのでご覧くださいませ。 引越し全体にかかる費用の目安表:単身・2人・家族 どのように調べるかと言いますと、先ほどと同様の下記サイトの平均値を参考にします。 費用の分野 詳細 単身 2人 家族 引越し作業 引越し料金 ー ー ー 作業員へのお礼金 1,000円 2,000円 3,000円 物件の撤去 クリーニング費用 20,000円 25,000円 30,000円 解約までの家賃 30,000円 40,000円 60,000円 新物件の契約 前家賃 50,000円 70,000円 100,000円 敷金 50,000円 70,000円 100,000円 礼金 50,000円 70,000円 100,000円 仲介手数料 50,000円 70,000円 100,000円 火災保険料 15,000円 15,000円 20,000円 カギの交換料金 20,000円 20,000円 30,000円 口コミを参考にしたあくまでも参考値として目安にしていただければと思います。 ただ引越し費用の他に上記のような費用も多くかかることを理解して、引越しの準備を進めていきましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 こちらの記事では引越しの見積もり費用に関して、あなたが疑問にお持ちでなるであろうものをご紹介してきました。 最後に重要な点を強調させていただきます。 「引越業者に直接 見積りをとってはいけません」 理由はいたってシンプルで、 見積もり費用が高くなるからです。 少なからず敷金や礼金等でたくさんお金がかかる引越しなので、引越しの料金だけはなるべく安く済ませましょう。 費用を安く引越しを行うためには、その他の引越業者との比較・交渉が必要です。 そのためには、 その他引越業者の見積りが必要不可欠になります。 見積りを取るためには2020年03月時点で下記2つが考えられ、あなたの要望に会う方を選ぶようにしましょう。

次の

【半額にも!】サカイ引越センターの料金・費用は高い?気になる相場と安くする方法

引越し 費用 相場

単身 (荷物小) 単身 (荷物大) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 52,210 円 平均 75,761 円 平均 99,206 円 平均 124,872 円 平均 156,449 円 平均 211,717 円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 42,496 円 平均 58,981 円 平均 78,374 円 平均 99,966 円 平均 122,343 円 平均 149,220 円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 47,698 円 平均 64,493 円 平均 89,964 円 平均 112,434 円 平均 143,856 円 平均 192,766 円 ~200km未満 同一地方程度 平均 51,419 円 平均 82,816 円 平均 116,164 円 平均 146,649 円 平均 178,904 円 平均 252,965 円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 59,989 円 平均 98,207 円 平均 153,954 円 平均 195,514 円 平均 243,687 円 平均 347,415 円 500km以上 遠距離地方程度 平均 69,406 円 平均 120,496 円 平均 212,637 円 平均 275,409 円 平均 310,461 円 平均 374,965 円 また、アート引越センター塚本斉さんによると、繁忙期の中でも特に料金が高くなる時期があるとのことです。 「引越し料金が高くなっている3月と4月は1年で最も引越しの依頼が集中する時期です。 でもたとえば、3月のなかでも上旬と下旬ではご提示できる引越し料金は異なります。 3~4月は繁忙期ですが、その中でも最も引越しが集中する時期は、3月下旬~4月上旬にかけてです」(塚本さん、以下同) 繁忙期に引越しを予定している人も、3月中旬までや、4月中旬以降に引っ越すことで、一番費用が高い時期を避けることができます。 単身 (荷物小) 単身 (荷物大) 2人家族 3人家族 4人家族 5人家族以上 全平均 平均 44,358 円 平均 57,503 円 平均 75,151 円 平均 93,485 円 平均 116,447 円 平均 165,171 円 ~15km未満 同市区町村程度 平均 36,609 円 平均 48,514 円 平均 65,379 円 平均 80,743 円 平均 100,097 円 平均 143,342 円 ~50km未満 同都道府県程度 平均 38,730 円 平均 50,077 円 平均 71,478 円 平均 90,917 円 平均 118,388 円 平均 156,573 円 ~200km未満 同一地方程度 平均 46,950 円 平均 65,166 円 平均 88,235 円 平均 105,027 円 平均 134,730 円 平均 189,609 円 ~500km未満 近隣地方程度 平均 56,149 円 平均 81,866 円 平均 111,441 円 平均 147,811 円 平均 180,431 円 平均 230,000 円 500km以上 遠距離地方程度 平均 65,776 円 平均 100,545 円 平均 157,987 円 平均 198,821 円 平均 240,697 円 平均 341,262 円 単身引越しの場合、繁忙期であれば、4万円~6万円、通常期であれば、3万円~5万円が相場と言えそうです。 また、 3人世帯が同一県内に引越した場合(50km未満)、繁忙期であれば、平均相場は11万円程度、通常期であれば8万円程度です。 これに加え、新しい住居の契約時の初期費用には、以下のようなものがあります。 1.礼金 礼金とは、住宅を借りる際に貸主(大家さんなど)に渡す費用のことを指します。 一般的に賃料の1~2カ月分が相場となっていますが、礼金を必要としない場合もあります。 退居時に返還はされません。 2.敷金 敷金とは、補修費用や家賃が支払われなかったときのために、貸主が借主から預かっておく費用のことを言います。 一般的に賃料の1~2カ月分が相場となっていますが、敷金を必要としないケースもあります。 敷金は礼金とは異なり、入居している間に賃料の滞納や補修費用が発生しなければ、退居時に返還されます。 3.前家賃 契約時に賃料の翌月分を前払いするケースが多くなっています。 例えば、3月に契約、4月からの入居が決まっている場合、契約時に4月分の家賃を前払いします。 また、4月の中旬からの入居が決まっている場合は、4月分の家賃(日割り計算)にプラスして5月分の家賃を払うことが一般的です。 4.仲介手数料 不動産会社を介して住居を探す場合は、月額賃料の0. 5カ月分~1カ月分の範囲内で仲介手数料が必要となることが多いです。 しかし、賃貸借契約とは別なので、自分で火災保険を選ぶことも可能です。 保険料や保険の適用範囲などを丁寧に確認し、自分にあった保険を選ぶのがいいでしょう。 上記のような費用を全て含むと、相場としては 賃料の4カ月分~6カ月分と考えることができそうです。 賃料や敷金・礼金の設定によって大きく変わるため、住居を決める際には必ずあらかじめ計算をしてみるようにしましょう。 平日と土日の引越し料金の差は756円なので、ほぼないと言っていいでしょう。 家族の引越し料金は平日117,944円に対して、土日117,659円となっています。 こちらも平日と土日の引越し料金の差額は285円で、単身者よりさらに少なく、平日と土日の差はほとんどありません。 結果だけみると単身者は祝日の引越し料金が一番高く、家族は一番安いのですが、祝日はそもそも日数が少ないため、引越し料金の相場を見るうえでは、あまり参考にならないかもしれません。 時間帯別の引越し費用相場 引越し時間帯別の費用は、曜日別の費用よりも大きく変わる傾向にあります。 単身者の引越しの場合、一番安い7時以前と一番高い8時ごろの平均金額の差は33,101円です。 家族・カップルの引越し料金では、一番安い19時以降と一番高い7時以前の平均金額の差は83,781円もあることがわかりました。 基本運賃 引越しの距離や作業時間によって決まる料金です。 見積もり書に必要な項目などのモデルとなる約款を国土交通省が定めています。 実 費 引越し作業員の人件費や、ダンボール箱などの梱包資材費、高速道路を利用した場合の交通費などです。 付帯サービス エアコンの取り外し・取り付け費用、ピアノや乗用車など特殊な荷物の運送料、ハウスクリーニング、不用品処分など様々なサービスが提供されています。 引越し費用の安い時期・高い時期 引越しが集中する繁忙期は、3~4月と言われています。 この時期は、学生であれば「入学」「卒業」、社会人であれば「就職」「転勤」と、新しい生活を始める人が多い時期です。 反対に、繁忙期である3~4月を除いた期間のことは「通常期」と言われています。 繁忙期と通常期の引越し料金相場について、もっと詳細に月別のデータを見てみましょう。 右記は荷物が少なめの単身者の月別の引越し料金相場データです。 最も引越し料金が高いのは3月、次いで4月ということで繁忙期が高いという結果になっています。 次に、家族の引越し料金を見てみましょう。 右記は4人家族の月別の引越し料金相場データです。 単身者のデータと同様、3月と4月が最も引越し料金が高いのですが、通常期との差が単身者より大きいのが特徴です。 家族の引越しの場合、休みを合わせる必要があるうえ、子どもの学校などの事情により、3月と4月の繁忙期に引越しが集中する傾向があるのかもしれません。 引越し費用を安くするポイント 引越しの費用を安く抑えるためにできる工夫を紹介します。 ここまで解説したとおり、トラックを使う分、見積もり料金も上がってしまいます。 そのため、大きめの家具は思い切ってリサイクルに出すなどして、新しいものを購入してもよいかもしれません。 もちろん全てを新調するとなると引越し費用はかさんでしまいますが、「持っていくより買ったほうが得!」と判断できるモノに出合えたなら購入を検討してみては?もちろん、新たに購入したものは新居への配送をお願いしておきましょう。 なかでも午前中が人気とのことです。 年度末になると進学や就職、転勤などで引越しをする人が増え、スケジュールを押さえるのにもひと苦労。 午前中が人気な理由は、時間を「〇時から」と指定できることと、その日のうちに引越しを終えて落ち着きたいという人が多いためです。 こうした条件で引越し業者にお願いすると、同じような条件を希望する人はたくさんいるため、引越し料金の交渉は難しくなってしまいます。 そこで、「平日でもいい」「時間は何時でもOK」など、希望の日程に幅をもたせるようにしましょう。 そうすることで引越し業者側もスケジュールを取りやすく、ほかに同じ時間を希望する人がいなければ引越し料金の交渉をすることも無理ではありません。 自分のスケジュールを考えながら、「譲れるポイント」を探し、引越し業者に相談してみるのがおすすめです。 Q2運搬中の事故で荷物が破損した場合、補償はしてもらえますか? A運送を請け負う引越し業者は、お客様の大切な荷物を守るために保険に加入しているため、多くの場合補償を受けることができます。 ただし、保険では補償できないものもあります。 【補償に限度額があるもの】 ・貨紙幣・有価証券(金・銀・白金類の地金を含む)…1梱包当たり10万円まで ・貴金属、宝玉および宝石、宝飾品(時計、アクセサリー類を含む)、書画、骨董、彫刻物およびその他の美術品…1個または1組当たり10万円まで 上記は、たとえ10万円を超える金額であっても10万円までの補償。 現金や貴重品、美術品は運搬できないとしている引越し業者も多いことから、これらのものを梱包するのは避けましょう。

次の