神奈川 選挙 区 候補 者。 神奈川県知事選挙 2019 立候補予定者アンケート

神奈川県知事・県議会議員選挙 候補者情報

神奈川 選挙 区 候補 者

選挙の種類により供託金が異なります。 立候補の届け出では、町村の議会議員選挙を除くすべての選挙において、候補者ごとに一定額の現金または国債証書を、法務局に預け、その証明書を提出しなければなりません。 これを「供託」といいます。 供託は、当選を争う意思のない人が売名などの理由で無責任に立候補することを防ぐための制度です。 ですからその候補者や政党等の得票数が規定の数に達しなかった場合や、候補者が立候補を辞退した場合には、供託されたお金や国債証書は全額 衆議院、参議院の比例代表選挙では全額または一定の額 没収され、国や都道府県、市区町村に納められます。 衆議院比例代表選挙の当選人の決定 1 選挙区 ブロック ことに各政党等の得票数に比例して、その当選人の数が決まります。 2 政党等が届け出た候補者名簿には、各候補者の「当選人となるべき順位」が記載されているので、その順に当選人が決まります。 2 その政党等の候補者の内から、候補者の得票の多い順に当選人が決まります。 得票数が同じ者の間の順位を決める必要があるときは、選挙長が選挙会でくじを行います。 1 まず各政党の得票数を1、2、3…と、名簿登載者数までの整数で割っていきます。 2 得られた商〔割った答え〕が表のように出てきます。 その大きい数値から順に数えて選挙すべき議員の数 この場合は6 までを選びます。 この選ばれた商がいくつあるかがその政党に配分される当選人の数になります。 立候補届が受理された時から、投票日前日までです。 この期間中も、選挙カーなどでの連呼行為や街頭演説は午前8時から午後8時までの間に行うこととされています。 届出が受理される前の選挙運動は事前運動といわれ、禁止されています。 また投票日の選挙運動が禁止されていることにも注意してください。 また、投票の依頼と認められる行為。 次のような選挙運動は禁止されています。 候補者はもちろん、選挙運動の責任者などが処罰された場合は当選が無効になることもあります。 また、特定の候補者名や政党名あるいは演説会の開催について言い歩くこともできません。 ただし、お茶や通常用いられる程度のお茶菓子や果物は除かれています。 また、選挙運動員に渡す一定の数の弁当は提供することができます。

次の

神奈川 候補者

神奈川 選挙 区 候補 者

区域 [ ]• 歴史 [ ] 時代には、栄区がに、鎌倉市・逗子市・三浦郡がに属した。 (平成6年)の設置後は、3期以上連続で小選挙区で当選した議員が出ておらず、また立候補者の顔ぶれの変遷も激しい。 特定のや人物が特に強さを持っていないの多い地域とされる。 (平成8年)のでは、候補乱立の中でのが初当選した。 (平成12年)のでは、のが初当選し、前職の飯島はもしなかった。 (平成15年)のも大石が制したが、(平成17年)のでは逆にの中で自民党の新人が初当選し、大石は比例復活できなかった。 (平成21年)のでは、大石がとなっていたため、民主党候補の後任を巡って対立が生じた。 当時、選出のであった民主党のは、以前に在籍した時代に第4区から立候補した経験を持っていたため、参議院からの鞍替え立候補を望んだが却下され、民主党は新人の(元長)を同区の候補として公認した。 この処置を受けて浅尾は民主党を離党し、新たに設立されたの候補として立候補した。 このため、民主党支持層は分裂状態に陥ったが、折柄のも手伝って長島が初当選し、浅尾は比例復活で当選した。 (平成24年)のでは、民主党の新人や京都から国替えした自民党元職のを破り、浅尾が初めて小選挙区での議席を獲得した(山本は比例復活で当選)。 (平成26年)、みんなの党代表であったが会長からの8億円借り入れ事件で代表を辞任したため、浅尾がみんなの党の後継代表となった。 しかし、前代表の渡辺と党所属議員との対立や、離党者が相次ぐなど、党内の混乱は収まらなかった。 同年11月にされるとみんなの党の分裂は決定的となり、浅尾はみんなの党を解党した。 直後の同年12月に行われたでは、で立候補した浅尾が前回より票差を縮めたものの当選し、自民党の山本が再び比例復活した。 その後浅尾は自民会派へ参加しており、事実上党所属議員が二人いることになった。 (平成29年)のに際して浅尾はに自民党へと入党して党籍を得たが、公認されたのは山本であり、浅尾は無所属のままで出馬することとなった。 その争いへは元神奈川県議の早稲田夕季、は風間法子(いずれも新人)を擁立する乱戦となった。 結果として浅尾と山本の保守分裂を尻目に候補を取り下げるなど事実上の協力を得た早稲田が抜け出し、初当選。 山本は比例で復活したが、無所属出馬であった浅尾はそのまま議席を失う結果となった。 小選挙区選出議員 [ ] 選挙名 年 当選者 党派 大石尚子 民主党 自由民主党 民主党 浅尾慶一郎 選挙結果 [ ].

次の

神奈川 候補者

神奈川 選挙 区 候補 者

「経済」「96条」で見解二分 「復興順調」はゼロ 7月21日投開票の予定で日程調整が進む参議院選挙。 タウンニュース社は6月10日時点で、神奈川選挙区(定数4)から立候補の意向を示している11人に独自アンケートを行った。 調査は6月11日から17日にかけて実施し、11人全員から回答を得た。 「憲法96条の改正」についても賛成5人・反対6人で賛否が割れた。 一方で来年4月の「消費増税」に賛成は1人のみ。 「東日本大震災の復興について」は9人が「順調ではない」(2人はどちらともいえない)という認識を示した。 各氏の重点政策 各予定者が記述式で答えた最重点政策は次の通り。 民主党の現職、牧山弘恵氏(48)は子育てや国民の健康と福祉など、命を守るための諸施策を掲げる。 自由民主党の新人で歯科医の島村大氏(52)は予防医療を盛り込んだ国民皆保険制度の作り直しを訴える。 公明党の新人で弁護士の佐々木さやか氏(32)は、基本法による防災・減災の推進などをめざす。 みんなの党の新人で前神奈川県知事の松沢成文氏(55)は、受動喫煙防止法の制定を掲げる。 日本共産党の元職、畑野君枝氏(56)は消費増税の中止や雇用の拡大、社会保障の充実などをめざす。 みどりの風の新人で、前開成町長の露木順一氏(57)は卒原発や女性の社会的、政治的参画を訴える。 社会民主党の新人で元藤沢市議の木村栄子氏(65)は、改憲の阻止や暮らしと雇用の再建をめざす。 日本維新の会の現職、水戸将史氏(50)は、経済政策を掲げ、民間の競争力強化による成長路線を唱える。 幸福実現党の新人、及川幸久氏(53)は、憲法9条の改正、教科書検定の近隣諸国条項の撤廃を訴える。 無所属で新人の笹谷広治氏(77)は、大統領制の導入や脱政党、消費税から主要食品の除外を掲げる。 維新政党・新風の新人、溝口敏盛氏(66)は、自主憲法の制定や経済大国・道義大国をめざす。

次の