マスク 効果 論文。 飛沫感染、マスクの予防効果は?:朝日新聞デジタル

厚生労働省も布マスクには防御力がないと考えている。布マスクの洗い方やその効果、フィルターで強化する方法など。

マスク 効果 論文

医学論文は「マスク」はウイルス感染予防には無効と指摘。 街街にマスク着用の人々が往来しています。 ウイルスによる急性呼吸器疾患の感染予防になると思い込んでのことです。 しかし、医学的には有効な効果はないと各種の論文で報告されています。 医師が使用する サージカルマスク(手術マスク)着用でもウイルスによるアウトブレイク(院内感染)は防げない。 以下、医学データ紹介と補足の要約を記します。 注:文中の医療従事者とは、厚生省規定で、 (医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、歯科衛生士、診療放射線技師、歯科技工士、臨床検査技師、衛生検査技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、臨床工学技士、義肢装具士、救急救命士、言語聴覚士、管理栄養士または栄養士)。 8 Publised online:2018. 17 Download (244kb) はじめに インフルエンザ等の急性呼吸器疾患の感染予防として、医療機関や市井において日常的にマスクを着用している姿が多く見受けられます。 日常的なマスク着用が感染予防にどれだけ効果があるのか、現在までの マスク着用の有効性に関する報告等について述べます。 ——- 日常的な言葉に置き換えてみます。 ——- はじめに 新型コロナウイルスの流行にともない感染予防の目的で病院などの医療機関に勤務する人々や、一般の人々が街街でマスクを着用しています。 これらの人々のマスクが感染予防にどれだけの効果があるのかを報告します。 2009年新型インフルエンザ流行時期に行われたインフルエンザ等の急性呼吸器疾患の感染予防に関する医学データです。 ——— マスク着用単独での感染予防効果 インフルエンザ発症者がマスクを着用することで家庭内感染を防ぐことが可能であるか検討した調査が、2008~2009年のフランスにおけるインフルエンザ流行時期(フランスにおいてサーベイランスシステムに報告されるインフルエンザ様疾患の国内発生率が算出閾値を超えた期間)に行われました1)。 インフルエンザ診断テスト陽性となり、48時間症状が続いている患者のいる家族を対象として、マスク着用群とコントロール群に分け、マスク着用群では発症者が他の家族と同じ部屋や限られた空間(車の中など)にいる場合にマスクを着用することを5日間実施しました。 その結果、調査期間中に家族がインフルエンザ様症状を示した割合は、マスク着用群は16. 2%、コントロール群は15. 8%で有意差はなく、 マスク着用による感染予防効果は認められませんでした。 ----- 言葉を置き換えます。 ------ 研究はインフルエンザ診断テスト陽性者で48時間以上症状が続いている患者のいる家族を対象として行われました。 マスク着用群 マスク非着用群 この二つのグループに分けて実施されたのです。 どちらのグループにも感染者と日常生活を5日間共に暮らしてもらいました。 マスク着用グループは、感染者と同じ密閉空間(部屋やクルマの中)では必ずマスクを着けます。 その結果、調査期間中に家族がインフルエンザ症状を示した割合は、 マスク着用群は16. 2%、 マスク非着用群は15. 8% ほとんど差はなく、 マスク着用による感染予防効果は認められなかった。 ----- 日本での医療従事者対象「マスク効果」研究 日本において、 医療従事者を対象にマスク着用の有無による感染予防効果を調べた報告として、医療従事者32名をマスク着用群17名、非着用群15名に分けて77日間、咽頭痛、鼻水、咳など風邪症状を記録する調査が行われました2)。 調査期間中、マスク着用群は病院において業務中はサージカルマスクを着用し、非着用群は手術室での業務など仕事上の義務として着用が必要な場合を除き、マスクの着用は控えました。 結果として、マスク着用群では頭痛や気分が悪いと感じる傾向が示されましたが、風邪症状の重症度に有意な違いはなく、風邪症状を有した平均日数はマスク着用群が16. 6日、非着用群が14. 1日と統計的な有意差は見られなかったと報告されています。 ----- 言葉を置き換えます。 ----- 日本では医療機関に勤務する人(医者、看護師、従業員など)32名を対象に77日間、喉の痛み・鼻水・咳などの風邪症状を記録する調査が行われました。 マスク着用群17名 マスク非着用群15名 マスク着用グループ17名は病院内ではサージカルマスク(手術用医療マスク)を着用。 マスク非着用グループは手術室での仕事上の義務として着用が必要な場合を除きマスクは着用しなかった。 結果、頭痛や気分が悪いと感じる傾向を示したのはマスク着用グループの方が多かったが、大した差はなかった。 風邪症状が続いた日数は、 マスク着用群 16. 6日 マスク非着用群 14. 1日 統計的な意味のある差はなく、 マスク着用の効果は認められなかった。 ----- また、最近の国内での調査としては、サージカルマスクのインフルエンザ流行時の感染予防効果について、感染制御実践看護師の所属する施設を対象として2016~2017年流行時(2017年3月31日まで)を調査期間としたアンケート調査が実施されました3)。 111施設中71施設から回答があり、 調査期間中、アウトブレイクがあった施設は55施設で、調査では[1]サージカルマスク着用の病院規定の有無、[2]サージカルマスクの着用対象者、[3]サージカルマスク着用場面、[4]サージカルマスク着用の実施期間のそれぞれについてアウトブレイク発生状況の解析が行われました。 その結果、すべての項目においてアウトブレイク発生数との有意差は認められず、サージカルマスク着用を義務付けただけでは有効な予防効果はなかったと報告されており、多元的な対策効果を検討する必要があります。 ----- 言葉を置き換えます。 ----- また日本国内でウイルス感染者治療を行っている病院での アウトブレイク(院内感染)調査も行われています。 2016年~2017年の調査です。 調査対象111の病院の71病院から回答がありました。 院内感染があったのは55の病院です。 1・サージカルマスク(手術マスク)着用の病院規定の有無 2・サージカルマスク(手術マスク)の着用対象者 3・サージカルマスク(手術マスク)着用場面 4・サージカルマスク(手術マスク)着用の実施期間 4項目において院内感染発生状況の解析が行われました。 その結果、すべての項目において院内感染発生数とマスク着用の意味のある数字は認められなかった。 サージカルマスク(手術、医療用マスク)着用を義務付けただけでは有効な予防効果はなかった。 ----- 一方で、医療従事者がインフルエンザ感染予防を目的として、サージカルマスクとN95マスクの着用による効果の差を調べた報告もあります 4)。 カナダのオンタリオ州にある8つの3次ケア病院の救急、内科、小児科の看護師446名が参加し、調査期間中、発熱患者への対応時に予めフィットテスト済みのN95マスクまたはサージカルマスクを着用する群に分けてインフルエンザ予防効果を確認しました。 その結果、N95マスク群で48名(22. 9%)、サージカルマスク群で50名(23. 6%)のインフルエンザ感染が生じ、 マスクの種類による感染予防効果の差はみられなかったと報告されています。 ----- カナダのオンタリオ州にある8つの3次ケア(重症~危篤 救命救急センター)病院の救急、内科、小児科の看護師446名が参加した調査があります。 発熱感染者への対応の際の「マスクの種類による感染予防効果」を調べました。 ・フィットテスト(顔の形状に合わせる)を済ませたN95マスク群 注:N95マスク・・NIOSH(米国労働安全衛生研究所)規格に合格したマスクです。 日本の厚生労働省では、SARS(重症急性呼吸器症候群)、MERS(中東呼吸器症候群)、新型インフルエンザや結核菌の対策指定品の一つとしています。 ・サージカルマスク(手術マスク)着用群 その結果、N95マスク群で48名(22. 9%)、サージカルマスク群で50名(23. 6%)のインフルエンザ感染が生じました。 マスク着用の有無だけではなく、マスクの種類による感染予防効果の差もみられなかった。 まとめ 現時点ではマスク着用単独およびマスクの種類による予防効果は明確ではなく、差は認められていません。 ----- マスク着用に関する医学論文は延々とあります。 yoshida-pharm. ----- WHO(世界保険機関)が「マスク不要」と説いて、「手洗いは有効」としている根拠がわかると思います。 ただし、水や石鹸使用で手を洗ってもコロナウイルスは洗い流されるだけで死滅はしません。 現状、厄介なウイルスです。 エチルアルコール、次亜塩素酸ナトリウムで死滅します。

次の

(2ページ目)帰国の3人感染 新型肺炎“マスクで感染予防”は正しい?――医師がツッコむ「6つの誤解」

マスク 効果 論文

マスクが最も効果を発揮するのは咳やくしゃみのある人がマスクをつけた場合です。 風邪やインフルエンザ患者は1回の咳で約10万個、1回のくしゃみで約200万個のウイルスを放出すると言われています。 そこで、患者がマスクをつけることでこれらを含んだしぶきによる周囲の汚染を減少させることができるのです。 風邪やインフルエンザに罹らないためにマスクをつけても、その効果は限定的とされています。 なぜなら、顔とマスクとの間に隙間があり、ウイルスを含んだ飛沫の吸入を100%防ぐことはできません。 また、ウイルス自体の粒子径は0. 1~0. さらに、環境や衣類に付着したウイルスが手によって呼吸器に運ばれ感染する場合もあり、マスクだけで風邪やインフルエンザのウイルスを確実に遮断することはできません。 ただし、風邪やインフルエンザ患者の近くで看病するなど咳やくしゃみのしぶきを直接浴びる可能性がある場合には予防効果があると考えられます。 マスクの正しい使用方法 マスクの効果を得るためには正しくつける必要があります。 また、顔との隙間がないように顔にフィットするサイズ・形のマスクを選択し、必要に応じてゴムを結ぶなど顔にフィットさせる工夫をします。 【正しいマスクの装着方法】• 鼻と口の両方を確実に覆います。 ゴムひもを耳にかけます。 フィットするように調節します。 【効果のないマスク装着の例】 【しぶきをあびた時の安全なマスクの外し方】 マスクの表面には、風邪やインフルエンザなどのウイルスがついている可能性があります。 そこで、マスクの表面には触らず、耳の付近のゴムをつかみ外しましょう。 外したら直ちにゴミ箱に捨て、手を洗います。 診療科のご案内 内科系診療部• 外科系診療部• 周産期母子医療センター 周産期科• 救命救急センター• 中央診療部• その他• 診療サポートチーム•

次の

No.102 【ウイルス感染対策】手洗い・うがい・マスクは効果あるのか?

マスク 効果 論文

先に結論を述べておくと、今や 無症状感染者も出ており、三次感染、四次感染と感染ルートが追えない状況を考えれば、自分は感染してないという保証は何もありません。 したがって、 マスクは拡散予防のためにも必須です。 今回は コロナウィルス COVID-19 に関する最新情報とマスクは必要なのかに関して議論をまとめました。 帰国者受け入れ先探し困難も難しい状況になっています。 クルーズ船に乗っていた香港の男性がに感染していた問題で、現段階で乗船者のうち60名以上からの陽性反応があったと発表されました。 うち邦人は21人という割合になっています。 検査が終わった方の中で名の方の陽性が確認されています。 また、クルーズ船で コロナウィルスに感染している人の8割が60歳以上であることがわかっています。 日本の府県別のコロナウィルス感染マップはこちらで確認できます。 新型コロナウィルスの症状 主には「 肺炎」で、「 発熱と咳」の症状がでます。 その他、 下痢や息切れなどの症状もあるようです。 また、倦怠感が長く続くのも特徴です。 また、このウィルスは人から人への感染があることと、一部の報道では 抗体ができず何度も発症を繰り返す可能性があると言われています。 目安として 「37. その際には他人にうつさない為にも 必ずマスクをしてくださいね。 さらに怖いのが、コロナウィルスに感染した人の中でも 無症状の人もいるようです。 その為、本来コロナウィルスに掛かった場合は隔離しなければならないですが、無症状のまま帰宅し、発症したケースが確認されています。 「37. 新型コロナウィルスの潜伏期間 新型コロナウィルスの潜伏期間は 平均5日前後で、「最長24日」との発表もありました。 ウィルスの中では長いので、注意が必要です。 新型コロナウィルスの感染力 新型コロナウィルスの感染力はインフルエンザとほぼ同じ程度の感染力と考えてよいです。 感染者1人当たり1. 4人から2. 5人以上にうつす可能性があります。 インフルエンザは毎年1000万人ほど感染者がいますので、無視できない数字です。 コロナウィルスに有効なワクチンはあるの? 【肺炎 ワクチン開発に18カ月】 WHOのテドロス事務局長はスイス・で開いた記者会見で、へのワクチン開発に18カ月を要するとの見通しを示した。 WHOはを「COVID-19」と。 — ニュース YahooNewsTopics 現状では、 コロナウィルスに正式に有効とされるワクチンはありません。 ただし、WHOの最新の発表で ワクチンの開発に18ヵ月かかると発表しました。 1週間で万単位で感染者が増えている中国を例にとると1年も待っていられないというのが皆の正直な感想かと思います。 とはいえ、少しでも早くワクチンの開発に力を入れてもらいたいものです。 リンク からのコロナウィルスに関する注意喚起 からも下記のように注意喚起がなされています。 国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の 咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。 対策に努めていただくようお願いいたします。 また、の受診にあっては、の滞在歴があることまたはに滞在歴がある方としたことを事前に申し出てください。 【多くの方が集まるイベントや行事等の参加・開催について】 〇多くの方が集まるイベントや行事等に参加される場合も、お一人お一人が咳エチケットや頻繁な手洗いなどの実施を心がけていただくとともに、イベントや行事等を主催する側においても、会場の入り口にアルコール消毒液を設置するなど、可能な範囲での対応を検討いただけますようお願いいたします。 からの注意喚起の内容としては、特に 咳や発熱のある方に対してマスクの着用を推奨しています。 さらに、「手洗い」も大切だと記載されていますね。 基本的には他のと対策方法は変わりません。 マスクは本当に必要か?不要か? マスクは効果があると考える人の意見 ・ウイルスが含まれた飛沫を直接吸い込むか飛沫により飛び散ったウイルスが手に付着し、その手で顔などの粘膜を触ることで感染すると考えられるために、マスクを付けることで、 ウィルスを吸い込むことを防ぐことが可能 なので効果はある。 ・使い捨てマスク サージカルマスク はウイルス自体をシャットアウトすることはできないが、 飛沫は粒が大きいため通さない。 ・マスクをしていると顔を簡単に触らなくなるので、手についたウイルスが鼻や口に入りにくい。 ・「他人にうつさない」という意味ではマスクは一定の効果はあると専門家も話しているため、 拡散予防のために必要。 ・花粉の大きさはマスクの目の大きさより大きいので花粉症には間違いなくマスクの効果がある。 ・(WHO)発行の感染予防マニュアルには「マスクによる上気道感染の予防効果にははっきりとしたがない」と書かれているため、効果として疑問がある。 ・マスクをしていても鼻が出ていたり、あごにかけているだけだったりと間違った使い方をしていると予防効果は薄い。 ・マスクの上に付着した場合はウィルスが残るので、仮に効果があってもその後に手につく可能性がありそう。 ・マスクの隙間に対して、ウィルスの大きさは小さい ・マスクの上に付着した場合は手に着く可能性がありそう 専門家による様々なマスク論争 ・マスク着用だけでは上気道感染の予防効果は低いので、マスクの効果には疑問が残る。 ・2010年に出たWHOのウイルス拡散予防の資料によると、インフルエンザウイルスが手に触れると、5分以内にその感染力が100分の1から1000分の1と、大きく減ることがわかっています。 つまり、マスクの表面についたウィルスに関しては、 仮に付着しても時間とともに大幅に感染力が弱まることが科学的に証明されています。 ・くしゃみの飛散をある程度防げるので、他人に対してウイルスをまき散らす機会が減る「 他人に風邪をうつしにくくなる」という意味で有効的である。 ・上気道感染の予防には効果が低い ・マスクが仮に表面に付着しても5分で感染力が1000分の1まで下がる ・他人にうつしにくくなる 拡散予防 の研究グループがマスク着用の有効性に関して発表 通常の「かぜ」のに感染した患者が、一般的に使われる使い捨てのマスクをすると、ウイルスはマスクの外に出なかった と実験結果をなどのグループが発表しました。 でも、 患者がマスクをすることで感染拡大のスピードを抑えられる可能性を示唆しています。 実際カやWHOでは当初、マスクはあまり重要ではないという立場だったのが、最近になってマスクの着用を国民に義務づけるなど一定の効果を認めています。 カのCDCもマスク不要という従来の見解を修正 カの=は、「対策でマスクは不要という従来の見解を修正し、着用を勧める」新たな指針を発表しています。 では、急激な感染拡大の要因に無症状の人からのウイルスの広がりがあるとして、多くの人がマスクやスカーフで口を覆うことで拡散を防ぎ、拡大の勢いを抑える効果をねらっています。 ニューヨークを中心にカで急激な感染拡大が生じた原因としては、やはりイタリア同様にマスクをする習慣が無かったことも一つに挙げられます。 カのCDCもマスク着用を正式に勧めている マスク論争の現状での結論 マスクに関する効果の有効性に関して、 科学的が少ないのが現状ですが、での発表にもある通り、近年その効果の有効性に関しても認められつつあります。 も「 他人にうつさない 拡散予防 」ために必要であると述べていることや、 直接顔を手で触らないという意味、飛沫による粒の予防、喉の乾燥を防ぐという観点からマスクには一定の効果があると考えています。 一般的に使われる使い捨てマスクは 拡散予防ついて一定の効果が認められるという研究発表も徐々に出てきているので、全く無駄ということは無く、やはり付けたほうが良いと言えます。 マスクがウィルスを外に出さないという研究結果を正しいとすれば、 マスクを付ける人が増えれば増えるほどその拡散予防効果が増すといえます。 私たちがマスク以外で予防にするべきことは? 「手」を介した感染が、一番多い感染パターン! ・鼻をかむ ・鼻を手でこする ・くしゃみ ・咳を手で覆う ・痒くて目をこする このような行為でウイルスが手にたくさん付着します。 この手で、電車の吊革、手すり、ドアノブに触れると、そこにウイルスが付着します。 そこを別の人が触れ、その手で鼻や口のまわりを無意識に触れることで感染が起こります。 コロナウィルスは「ウイルス」であるためアルコールが弱点! ウイルスはのあるウイルス(ウイルス)と、のないウイルス(ノンウイルス)に分けられます。 ウイルスは、 アルコール消毒剤によりダメージを受けやすいのに対し、ノンウイルスは、 アルコール消毒剤が一般的に効きにくい傾向にあります。 代表的なウィルス インフルエンザウイルス ウイルス 風疹ウイルス B型や ウイルス これらのウィルスには アルコール消毒が有効だと科学的にも証明されているので、しっかり活用していきましょう。 手など皮膚の消毒を行う場合には、 消毒用アルコール(70%)を、物の表面の消毒には(0. 1%)が有効であることが分かっています。 「手」の消毒には消毒用アルコール(70%)が有効 「物の表面」の消毒には(0. 1%)が有効 コロナウィルスの予防法に関しては下記でも紹介しています。 うがいも科学的に効果があるというデータあり! うがいの効果に関しては科学的に実験データが残っており、効果があると証明されています。 「水道水」でうがいをした群のみ、対照群と比べて、 上気道感染を起こす率が約3割減少しました。 また、「ヨード水」でうがいをした群では対照群と有意な差がなかったようです。 うがいをすれば上気道感染を起こす率が約3割減少! まとめ 今やコロナウィルスは無症状の感染者もいるような状況かつ感染力がやMERSと比べても高いことから、お互いの拡散予防のためにマスクは必須だと考えます。 これだけ全国的に広がっており、三次感染、四次感染と感染ルートが追えなくなってきているので、自分だけは大丈夫だというという過信はやめましょう。 ・マスクは咳や発熱などの症状が出ている人は必ず必要。 ・症状が無い健康な人はマスクを付けることで手で顔を触らない予防やに対しては一定の効果はありそうなので、適度に活用しましょう。 ・アルコール消毒は科学的に効果があることが証明されている。 ・うがいについても科学的に効果がある。 ただし、「水道水」と「ヨード水」の有意差はない。 redo5151.

次の