炭 カナ ss。 まとめサイト

鬼滅の刃のカナヲは炭治郎を好きで恋愛中?可愛いシーンまとめ!

炭 カナ ss

蝶の誘惑 今日は、封じ込められるだろうか、欲望を。 今日は、勝るだろうか、理性の方が。 長男だから、平気なんだ。 いつだって、なんだって乗り越えてきた。 足音よりも先に迫り来る甘い匂いに気づいた炭治郎は、拳を握って襖の向こうの待ち人を見遣った。 戸が開く音と同時に、カナヲの笑みだけが瞳に映る。 頷く炭治郎は、穏やかな視線を向けた。 中に、どうぞ。 その合図を貰ったカナヲは、そろりと部屋に入って、音を立て無いようにゆっくりと襖を閉めた。 窓側に背を預けた炭治郎に近づいて、隣に腰を下ろしたカナヲの声はいつも以上に甘かった。 「炭治郎、会いたかった」 「俺も……」 「嬉しい。 夜になると炭治郎に会いたい気持ちが強くなる。 どうしてだろ?」 「人恋しくなるからじゃないかな」 どきりと心音が高鳴るが、普段通りに答えた。 「そう。 人……炭治郎が恋しくなるからなのね」 しっとりした声音で紡ぐ様は、知らぬ人のようだった。 男心を擽る表情と言葉に唇を噛み締めた。 カナヲは随分と変わってしまった。 口角を吊り上げるその表情は、人形のように感情を持ち合わせていない笑みではなかった。 目元には温もりが乗り、言葉以上に気持ちを伝えてくる。 カナヲそのものを表すような繊細で柔らかな匂いには、無機質めいたものは混じっていなかった。 時に、女性らしく艶めかしさも孕んでいた。 感情を表すようになった。 心の声を隠さなくなった。 炭治郎は素直にそれが嬉しかったが、悩ましくもあった。 無邪気にぶつけてくる言葉には、目眩のしそうなものも含まれていたからだ。 いや、ほとんどがその類のものだった。 だから、彼女が来る少し前に平静を保てるように念じるのだ。 長男だから、と。 白地の浴衣に映えるのは薄紫の蝶の柄。 小ぶりで遠慮がちに添えられた所が、カナヲらしかった。 とてもよく似合っているが、普段と少しばかり違う所があった。 珍しく大きめに開いた胸元に視線が移ると炭治郎は、目を逸らした。 少しの肌の露出に動揺するなんて、修行が足りないと宇髄あたりに叱られそうだ。 「炭治郎、どうして目を逸らしたの?」 すかさず問いかけるが、その声音に揶揄はなかった。 何故、胸元を見て、激しく顔を背けたのかを知りたかった。 一寸、口を噤んでいたが、純粋なカナヲの視線に耐えきれずに炭治郎はぽつりと答える。 「カナヲの肌を見ていたら、胸が苦しくなったからだよ」 「どうして苦しいの?」 カナヲには恋する男子の動揺や困惑などはさっぱり分からなかった。 嫌な所があるのならば、一刻も早く改めないといけない。 そういう気持ちがあったので、眉を寄せて再度問いかけた。 「触れたくなるからだよ」 真っ直ぐ過ぎる視線に嘘はつけない。 そもそも心を偽るのは嫌だ。 力を込めたので、声がいつもより低かったかもしれない。 カナヲは吃驚して目を見開いた。 炭治郎は、自分の低い声に驚いたものと思っていたが、そういう訳ではなかった。 炭治郎になら、どんなに触れられても不快になる事なんてないのに。 どうして、遠慮するのだろうと。 不思議で仕方がなかった。 声音が一段低くなったと同時に、表情が変わった事にも驚いた。 優しいままだが、知らない面を見せられた。 深入りしては駄目だと言いたげな、独特の表情。 けれど、初めて見るその顔が嬉しかった。 困ったように眉を下げていた炭治郎に、彼が拒むその先を知りたいとカナヲは手を伸ばした。 炭治郎の厚みのある手に指を絡めて、頬に招く。 闘いによって傷ついた指先が愛しくて仕方なかった。 乾いた傷が癒えるように撫でた後、胸元に触れさせた。 「苦しくなるくらいなら触って。 炭治郎なら嫌じゃないの。 暖かくて大きな手、好き」 「駄目なんだ。 もっと苦しくなる」 「どうして?」 「どうしても」 分からないと、眉を寄せた。 「炭治郎が苦しいのは、いや」 肌を見せなければ、苦しまない。 カナヲは、楽になってもらいたい一心で、炭治郎の胸に飛び込んだ。 後先を考える余裕が無かった。 指先の温もりが引いたかと思ったが、カナヲに強く抱きしめられることによって熱は各々に拡がっていく。 「カナヲ」 黙ったままだとしてはいけないことをしてしまいそうなので、声を出すことによって理性を繋いだ。 頑張れ、炭治郎。 「苦しそうな顔してる」 まだどこか苦しそうに見えた。 どうすれば炭治郎の苦しみが消えるのか、カナヲなりに一生懸命考えた。 力加減が足りなかったかもしれない。 ぎゅうっと力を込めて抱きついた。 こんなものでは駄目なのだろうと、眉を下げて見上げた。 「まだ苦しい?どうしたら楽になるんだろう」 カナヲの声を遠くで聞いた。 近くで聞こえたのは、ぶちんと理性が千切れる音だった。 カナヲってこんなに華奢だったのか。 こんなにも柔らかったのか。 声も、匂いも、紛れも無い女の人だった。 ずっと前から知っていたけど。 己の腕に抱き寄せて、額に唇を寄せた。 そして鼻先へ唇を落とす。 次は---。 「炭治郎」 か細い声に我に返ったものの、力を緩めるだけで、抱きしめたままだった。 「嫌だった?」 「嫌じゃない。 ぎゅうってされるの嬉しい。 ……口づけはどきどきする」 胸板に擦り寄るカナヲは、額に手を置いて数秒前の触れ合いを懐かしむ。 炭治郎の返答がないのでそろりと見上げると寂しそうに笑っていた。 「ごめん」 「どうして謝るの?」 「ごめん」 先ずは、飛び散った理性を手繰り寄せて。 炭治郎は兎に角謝った。 純粋に触れ合うカナヲとは違い、昂りに急かされるままに抱きしめたことを。 熱に浮かされて、唇を柔らかい肌に這わせてしまったことを。 嫁入り前の女の子になんてことをしてしまったのだと、誠心誠意を込めて詫びた。 恋心を抱いているとはいえ、同意を得ぬままにしてはいけないことだ。 雄の部分に牛耳られた己を恥じた。 「ごめんは、いらない」 カナヲの唇が触れたのは、一瞬の事だった。 あざの部分だろう。 炭治郎は、言いようのない悦びに支配されていることを知った。 「ねえ、炭治郎も口づけにはどきどきした?」 「そうだね」 苦しみは薄れていないようだ。 ならば、甘い高鳴りで覆ってしまえばいいのではないか。 返答に安堵したカナヲは、そう考えた。 「じゃあ、もう一回する」 カナヲが口づけに選んだ場所は頬だった。 同じように、鼻先にも。 二人とも、煩いくらいに心音が鳴っていた。 「……、炭治郎は、もうしてくれないの?」 カナヲの吐息がかかる。 唇が触れ合いそうな距離感。 この状態で、理性を飼い慣らす事は、矢張り無理だった。 炭治郎の指先は、カナヲの色づく唇をなぞっていた。 触れ合いたい気持ちの方が大きい。 もういいんじゃないか、一月も、心の声を無視し続けてきたんだ。 これ以上封じ込めようとすると凄まじい反動に後悔することになる。 「どこにしたらいい?」 暗がりが強くて、カナヲの表情を上手く捉えることが出来なかった。 自分はどんな顔で彼女を見ているのだろう。 彼女の目にはどう映っているのだろう。 いつもの炭治郎なのか、それとも、炭治郎自身も知らない誰かなのか。 それは分からなかった。 「唇に欲しい」 カナヲは、炭治郎に選択を委ねなかった。 自らの意思で求めた。 見当のつかない行為をしようとしているが、本能はこの先の行方を知っていた。 指先は僅かに震えていて、伴う緊張にカナヲの声は揺らいでいた。 『炭治郎の好きなところにして』 そう言うと思っていた。 予想外の発言に、手放したなけなしの理性の代わりに、欲情が顔を覗かせる。 炭治郎はいよいよ駄目になりそうだった。 カナヲに全神経を集中させているからだろう。 酔ってしまいそうな程、匂いが強くなっていく。 肌に染み込んでくるのを感じた。 長男だけど、今宵は頑張れそうになかった。 着物に止まっているはずの蝶が、月明かりによってきらきらと輝き、二人が動くと共に舞っていた。 「もっとして。 炭治郎がいい」 炭治郎は、肌を重ねながら、この先も誘われるのは自分だけであることを願った。

次の

【鬼滅の刃】栗花落カナヲは炭治郎の好みのタイプ!?魅力が分かる6つの知識!【鬼滅の刃】

炭 カナ ss

【鬼滅の刃】今後のヒロイン枠?栗花落カナヲとは 【鬼滅】「継子ってのは柱が育てる隊士だよ」 最終選抜試験の時にもいたカナヲだけど、その時から蝶とは仲良しだった。 ということは試験以前から既にしのぶさんの下についていたことは間違いないだろう。 もうひとり、女性の隊士がいますよね…そう、カナヲちゃんが師事する胡蝶しのぶ!彼女はスカートタイプではなく袴タイプ…。 なぜ、違いがあるのかというと、これは 縫製係の前田まさおによる独断によるもので、女性隊士らには元の隊服にアレンジを施したものを支給しているそう。 ちなみにしのぶは被害を受ける前に前田まさおを制裁。 ほんの一握りの隊士が選ばれる、将来が有望すぎると太鼓判を押されたようなもの!カナヲちゃん、流石です! 同期の中では岩柱の悲鳴嶼行冥の継子、玄弥などもいますね。 事後処理を行う為の部隊で、蜘蛛鬼家族こと那田蜘蛛山編にて登場し、 この時初めてカナヲちゃんは禰豆子と接触しました。 その後、炭治郎・善逸・伊之助も全集中の呼吸・常中を習得し、 カナヲちゃんに少し追いついたかな?と、いう感じで世話になっていた蝶屋敷を出て行った3人。 栗花落カナヲの魅力4:指示された事以外出来ない!?困った時は… 本日WJ21・22合併号発売! 『鬼滅の刃』第107話、掲載中です。 今号の「鬼殺隊報」では鬼殺隊の新情報が!! 柱になれる基準は?継子はどうしたらなれるの?などなど、 気になるその答えはぜひ本誌にて! そして今週のアイコンは…自分の心の声を大切に。 何事も難なくこなすカナヲちゃんですが、それは指示を受けた時だけであり、 指示されたこと以外は全く行動に移せないのです。 これは社会人だったらかなり致命的な部分ですよー! カナヲちゃんがこうなってしまった理由は後述するとして…自分で道を決められない、 そんな困った時にとる行動がありました。 銅貨を投げて出た裏と表に考えを委ねるというもの。 某顔が2つある人と同じ手法ですね!いつもの穏やかなカナヲちゃんも良いですが…どうしよう~とちょっと困り顔のカナヲちゃんも可愛いです。 ずっと困らせたい。 彼らも回復して屋敷を去る時がやってきました。 以前描かれた4コマでは、弟達に好みの女性を分かりやすく伝えようとした結果、 鈴蘭や柴犬みたいな人という、配慮が裏目に出た混乱するような回答をしています。 ちなみに鈴蘭の花言葉は 「再び幸せが訪れる」「清楚」「謙遜」などなど…日本人に馴染み深い犬種、柴犬は小柄な身ながら 勇敢・忍耐強く家族を大切にする性格。 ただ、炭治郎が柴犬の性格を知っているとは考えにくいので、 コロコロとして小柄で可愛い…というように伝えたかったのかもしれませんね!この女性のタイプを聞いた時、妹の禰豆子を連想しましたが、 カナヲちゃんが登場し段々とどんな少女なのかが分かってきた時、これもフラグなのでは…?と、感じたのですがいかがでしょう? 今後、2人がどのように成長していくか楽しみすぎる! 栗花落カナヲの魅力6:親に売られた過去を持ちカナヲを買ったのが胡蝶姉妹 胡蝶カナエCV茅野愛衣以外考えられなくなった —? ムルフ? 単行本に収録された番外編を見ると… 幼い頃は食べるものにも苦労する極貧生活を送り、両親には名前も付けてもらえず最後には人勾引に売られてしまうという中々ハードモードな出自。 その後、人勾引に連れられている途中に胡蝶姉妹に出逢い、人勾引から強奪する形で引き取られました。 いや~良かった良かった!そして、 栗花落カナヲという名を与えられ大事に大事に育てられ、鬼殺隊の剣士に成長。 こういった過去の境遇から 精神をギリギリまで擦り減らした結果、感情の起伏や人との交流などが必要最低限のものとなり、言われた事以外の事ができなくなってしまったんですね。 いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ』と、将来を見通すような言葉をかけていました。 注目の女性剣士、栗花落カナヲの刃が光る瞬間を早く見たいですね! 関連記事をご紹介!.

次の

鬼滅の刃のカナヲは炭治郎を好きで恋愛中?可愛いシーンまとめ!

炭 カナ ss

下記クリックで好きな項目に移動• 『鬼滅の刃』原作での炭治郎・カナヲの関係 はじめて会話をするシーン 引用元:『鬼滅の刃』単行本より 那田蜘蛛山で戦った後、炭治郎たちはリハビリのために「蝶屋敷」で訓練をします。 ここで炭治郎は、はじめてカナヲと会話をしました。 きっかけは炭治郎の応援 カナヲは優秀な隊士ですが、 自分で意思決定することができず感情も表に出さない性格です。 というのも、幼い頃に虐待された経験から考えることを放棄してしまったのです。 そのため、指示されていないことはコイントスで決定。 炭治郎に話しかけられた時も、会話をするかどうかコイントスで決めていました。 その様子を見た 炭治郎は、カナヲが心のままに生きられるように励まします。 「頑張れ!人は心が原動力だから心はどこまでも強くなれる!」と真っすぐな言葉で応援してくれたのです。 その後で自分の行動に「!?」となるあたり、もうカナヲちゃんは本当に可愛い。 自分意思でアオイ・なほを助ける 音柱・宇髄天元は、吉原を調査するために女性隊士を連れて行こうとします。 その時、宇髄天元に無理やり連れ去られそうになったのは、 アオイとなほ(カナヲと同じく胡蝶しのぶの継子)でした。 アオイは助けを求めますが、カナヲは動くことができません。 そもそも宇髄天元は上官であり柱の1人。 鬼殺隊の一員として、助けることはできないのですが… この時、カナヲは 炭治郎の「心のままに」という言葉を思い出します。 引用元:『鬼滅の刃』単行本より そして カナヲは目をぎゅっと閉じたまま、アオイの手となほの服を掴んだのです。

次の