ウン こ 白い。 ウンベラータの病気を防ぐポイントとは?

観葉植物に白い粉や綿が!?原因と対処法は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

ウン こ 白い

ゴールデンウィークも済んだのに気温が低くて朝の通勤時には自転車で風を切って走ると寒く感じました それでも昼頃には気温も少し上昇して堤防や河川敷の散歩には丁度良く思えました~^^ 連休中に色々な所に出掛けて花達と出会い写真も沢山撮りました 今日は全く別の科の花ですが白い花を2種載せる事にしました・・・・・ ヒメウツギは各務原市の河川環境楽園の木曽川水園で写したものでハクウンボクは岐阜市内の長良公園で写したものです~^^ 1. 『姫空木(ヒメウツギ)』 ユキノシタ科ウツギ属の落葉低木です 学名はDeutzia gracilisと言います~ 国内では本州(関東地方以西)から四国と九州に分布しています・・・・・ 山地の岩壁などに生える事が多く高さは1メート程になります 葉は披針形から楕円形で互生し『ウツギ』に比べて星状毛が少ないのが特徴になります 5月~6月ごろに芳香のある白い花を咲かせるので庭園等に植栽される事の多い樹木です~^^ 2. 何となく優しい花に思えますね~^^ 6. 『白雲木(ハクウンボク)』 エゴノキ科エゴノキ属の落葉高木です 学名はStyrax obassiaと言います~ 北海道から九州と朝鮮半島や中国に分布する落葉高木で花期は5~6月頃で総状花序に白い花を咲かせます・・・・・ 庭木や公園木として植栽される事の多い樹木です・・・・・^^ 10. 何も書かなければ初めに載せたヒメウツギからハクウンボクに変わったと気が付かない人もいるのではないでしょうか~?^^ 良く見ればシベの形も花も違いますし特に葉は全く別物ですね・・・・・ でも同じものに見えてしまうのは『慣れ』からなんでしょうが事件などで目撃者の情報がバラバラなのも頭の中で他のものとの『刷り込み記憶』が現れるからなんです~ 11. 実際にはエゴノキ科なのでエゴノキの花に少し似ていますね・・・・・ 花の大きさはこちらの方が少し大きいです~^^ 12. エゴノキの別名はチシャノキと言いますがハクウンボクの別名は『オオバジシャ』と言います これは葉が大きく丸いのでそう言われます~^^ 14. 青空に白い花と緑の葉っぱ・・・・・^^ 18. 5-5. 6) (ZUIKO DIGITAL 40-150 1:4-5. 6) (ZUIKO DIGITAL 70-300 1:4-5. 6) (OptioRZ10).

次の

樹木図鑑(ハクウンボク)

ウン こ 白い

今年の6月頃からウンベラータを育てています。 最近、土の中に白い虫がたくさん動いているのを見つけ、どうにか退治したいと考えています。 白い虫は、1~2ミリくらいで小さなダニのようなものです。 特に水をあげると土の上にたくさん湧いて出てきます。 どのように対処したらよいのか詳しい方に是非ご教授いただきたく、お願い致します。 生育環境ですが、高さ100cmくらいで、買った当時の黒いビニールポットを付けたまま、大きめの陶器鉢に入れています。 購入した後、観葉植物用の腐葉土を少し足したりしました。 南側のリビング側の明るいところに置いて、夏は、ほとんど毎日の水やりと週一回程度の液体肥料(ハイポネックス)を水で薄めてあげていました。 最近は、水は3日に一回くらいで、肥料はあげていません。 常に土に湿り気がある状態でした。 虫を見つけてからは、水をあげていませんので、今は土の表面が乾き気味です。 10月中旬までは、葉もイキイキとしていましたが、最近はしんなりし始め、下の大きな葉が少し黄色く枯れ始めました。 虫について: 土が培養土ということで、有機質の肥糧など入っていたのでしょう。 それに卵が付着していたのか、後から産卵されたのかはわかりませんが。 その植木鉢がすっぽり入る様なバケツありますか?バケツに水を張って、 鉢ごと暫く浸けておきます。 虫は溺死します。 植替えについて:これは上記の殺虫を行ってからです。 購入時のビニールポットは破り捨てて(鋏カット)陶器製の植木鉢だけで 育てます。 今の時季は植替えはタブーですが、ビニールポットを切り捨てたら、根鉢 を崩さずに陶器鉢へ入れてください。 隙間には腐葉土や赤玉土を入れます。 グラグラさせずピシッと土を固定し ます。 陶器鉢とは直径は?ウンンベラータ1m程度のものなら、7~8号以上は 大きくしない事です。 (1号は3㎝目安)植替え後は水をたっぷり与え その後は、定期的な水やりではなく、土が乾いた時にあげるようにします。 鉢土が常時湿気があるというのはまずいですね。 根腐れも疑いましたが、 水を与えても葉がどんどん落ちていく様なら、、、それらしくも。 この時季の根腐れは致命傷になる場合が多いです。 この状態で観ていくより方法は無いと思います。

次の

白い便が数日続くのは、胆道がんなどのサインかも

ウン こ 白い

ウンベラータって病気や害虫の被害にあいやすいの? ウンベラータに合わない環境で育てていると、葉っぱが黄色く変色して枯れることがあります。 ただ、もともとウンベラータは「病気や害虫(病害虫)」の被害にあいやすいわけではありません。 「常に土が湿っている状態」など、悪い栽培環境が原因となって病害虫を引き寄せるのです。 病原菌や害虫をひきつけやすいウンベラータの栽培環境って? 「病原菌や害虫」が寄ってきやすい環境といわれてもピンときませんよね。 ウンベラータを育てていて注意したい栽培環境は2つ。 1つはさきほども紹介した「常に土が湿っている状態」、もう1つが「日当たりや風通しの悪い環境」です。 それぞれの栽培環境でかかりやすい病気やよってきやすい害虫について、対処法や予防策をご紹介します。 環境別に見たウンベラータに寄る害虫やかかりやすい病気の対処法は? ウンベラータが病害虫の被害にあうと、葉に穴が空いたり、白い点が現れたりといった症状がでてきます。 これらは早めに発見すれば被害を最小限に抑えられ、予防策も打っておけるので異常はないか観察するようにしましょう。 次に3つの環境で寄ってくる害虫や病気と、その対処法についてご説明します。 湿気が高いと寄ってくる「アブラムシ」「カイガラムシ」「コナカイガラムシ」 梅雨などそもそも湿っぽい時期、風通しが悪く湿気が高くなる置き場所などでは、「アブラムシ」「カイガラムシ」「コナカイガラムシ」という害虫がよってきます。 葉がベタベタしてきたらアブラムシやカイガラムシたちの仕業かもしれません。 幼虫なら、殺虫剤をまいて退治できます。 カイガラムシは成虫になると殻にこもって殺虫剤が効かなくなるので、使い捨ての歯ブラシなどでこすり落としましょう。 発生したら一斉に退治することがポイントです。 アブラムシやカイガラムシを放置していると発生する「すす病」 枝や葉がすすで覆われたように黒く変色する病気がすす病です。 アブラムシやカイガラムシの排泄物にひかれて菌が寄ってきます。 すす病になるとただ見た目が悪くなるだけでなく、光合成ができなくなってウンベラータが衰弱しやすくなります。 すす病にかかっている部分を見つけたら、殺虫殺菌剤を散布するのと、近くにアブラムシやカイガラムシがいないか確認し、それらも退治しましょう。 乾燥した葉っぱによってくる「ハダニ」 乾燥した環境を好んで寄ってくるのがハダニという害虫です。 ウンベラータの葉や茎に住みつき、養分を吸って葉を弱らせます。 ハダニは体長2〜3mmで、葉の裏などに小さな白い無数の斑点や、かすり傷を見つけたらハダニの被害かもしれません。 被害を見つけたら、殺虫剤を散布して退治してください。 ハダニは水分が苦手で、霧吹きを定期的に吹きかけておけば予防になります。 被害がすすんだ葉っぱはその部分だけ切り取るか、見た目が悪くなるなら葉が生えている元から切って処分してください。 ウンベラータが病気や害虫にやられた…何かできることはある? ウンベラータに被害を及ぼす害虫や病気があることはわかっていても、その被害にあうことはあります。 困るのは、なんの病気になったのか、なんの害虫なのかわからないときです。 そんなときでも大切なのは、できるだけ早く対処すること。 被害にあったパターンを、害虫が「大量発生した場合」と「少量だけ発生していた」2つのパターンに分けて、被害にあった際にできることをご説明します。 害虫が少量発生した場合 予防のかいなく害虫や病気の被害にあって気づくのが遅れた場合、まず被害にあった部分を切り取って、病気にかかって落ちた葉を回収しましょう。 被害が進行した部分が回復することはほぼありません。 二次被害や他の植物への感染を防ぐための行動が大切です。 その後、殺虫剤などで予防をしながら、早期発見するために、毎日ウンベラータの葉や土を観察する習慣をつけましょう。 害虫が大量発生した場合 害虫が大量発生した場合は被害にあった部位を処理するだけでなく、スプレータイプや液体タイプの殺虫殺菌剤か、殺虫剤で鉢をまるごと殺菌します。 鉢全体にスプレーを吹きかけ、液体タイプの殺虫剤を薄めたバケツの中に植木鉢を沈め、害虫を退治するのと合わせて土全体も殺菌してください。 鉢をバケツから取り出して水をきり、さらに錠剤や粒タイプの殺虫剤をまいて予防に努めます。 もしこのあと枯れてしまったのであれば、残念ですがウンベラータを処分するしかありません。

次の