年金受給者 借金。 年金受給者が借金返済!借金があっても年金生活は認められる?

年金受給者がお金を借りる方法

年金受給者 借金

会社を退職して年金生活が始まり、老後が心配な人は多いのではないでしょうか。 病気の治療費や入院費、住宅のバリアフリー化など歳をとるほど高額なお金が必要になるシーンも増えてきます。 社員として働いていた時代に十分に貯金をしていなかった場合は、高額のお金が必要になっても支払えないことからキャッシングせざるを得ません。 しかし年金受給者は働いて収入を得ているわけではないため、金融機関の借入審査に通過できない実情があります。 年金を担保にする借り入れ方法や年金受給者を貸付対象としているカードローンなら、会社に所属していなくてもお金を借りられます。 ただし、いくつか満たすべき条件がありますので注意が必要です。 ここでは、 年金受給者がお金を借りる方法と 審査に通過できるカードローンについてわかりやすく解説していきます。 年金担保貸付制度(年金前借り制度)• 生活福祉資金貸付制度• カードローン 年金担保貸付制度と生活福祉資金貸付制度は、年金を担保として大変低金利に借りられる公的制度です。 しかし、公的融資は融資までに1. 5〜3ヶ月以上を要するネックがあります。 唯一、即日融資が可能なのは3つ目のカードローンです。 年金を担保にお金を借りられる年金担保融資制度って何? とは、独立行政法人の福祉医療機構がおこなっている 年金受給者向けの融資制度です。 年金以外にも収入がないとお金を借りられないと思うかもしれませんが、 国が認めた年金担保融資制度なら年金を担保にして融資を受けられます。 年金を担保にする=将来もらう年金を返済に充てることから、年金前借り制度とも言います。 ただし年金担保融資制度を受けるには条件があるため、注意してください。 次項で、この制度の特徴や審査について説明します。 (独立行政法人)福祉医療機構の年金担保融資制度について 年金担保融資制度は 介護用品の購入や医療費の支払い、冠婚葬祭、住宅の改修などの用途に使える制度です。 銀行や消費者金融よりも、 低金利で借りられます。 融資金額 10万円〜200万円(年間受給額の80%まで) 用途が生活必需品の購入であれば、80万円まで 融資利率 年2. 年金生活で、高金利によって膨れ上がった利息を返済していくのは大変です。 審査基準について解説しますので、消費者金融や銀行にいく前に年金担保融資制度の対象になるかどうかチェックしてみてください。 年金担保融資制度の審査基準とは? 年金担保融資制度の審査のひとつとして、 年金受給中であるかどうかが基準になります。 年金証書を持っており、年金をもらっていることが大前提です。 以下の年金証書を持っていないと、融資を受けることができません。 自宅に年金証書がきちんと保管されているか、確認してみてください。 生活保護を受けている人• 生活保護が終了後、5年間を経過していない場合• 特別支給の老齢厚生年金を受給していた人で、65歳時の年金決定手続期間中の人• 現状届、または定期報告書が未提出の人• 年金の支給が、全額停止されている人• 同一の年金で借入残高がある人(返済途中に追加借入はNG)• 反社会的勢力に該当している人、または関係を持っている人 当てはまっている人は、融資を受けられないため注意しましょう。 対象者がわかったあとは、年金担保融資制度の申し込み方法を説明します。 年金担保融資制度の申し込み方法は? 年金担保融資制度の申し込みは、 独立行政法人福祉医療機構代理店と表示してある金融機関でおこないます。 ゆうちょ銀行や農協、ろうきんでは取り扱っていません。 福祉医療機構で相談はできますが、申し込みの手続きは一切していないので気をつけましょう。 step 1相談 福祉医療機構年金貸付課または、対象の金融機関に相談します。 step 2申し込み手続き 取扱金融機関にて、申し込みの手続きをします。 年金を受け取る口座が取扱金融機関のものではない場合は、受け取り口座を変更する必要があります。 step 3審査 福祉医療機構で審査をおこないます。 審査は、4〜5週間程度。 step 4融資決定 審査が通ると、取扱金融機関から電話で連絡があり、融資開始日などの説明をされます。 step 5融資開始 開始日に指定口座に入金され、融資が始まります。 step 6返済 年金支給機関から、福祉医療機構に年金が支払われます。 そこから返済額分を差し引き、残額が指定口座に振り込まれます。 年金が振り込まれることで自動的に返済となり、自分で返済の手続きをする必要がないのは嬉しいですね。 途中で死亡したら連帯保証人が肩代わりすることになる 融資を受けている間に死亡してしまったら、 連帯保証人が代わりに返済します。 連帯保証人をつけていない場合は、 公益財団法人年金融資福祉サービスという信用保証機関が支払ってくれます。 この財団法人に肩代わりしてもらうには、保証料の支払いが必要です。 保証料は、年金担保融資制度の貸付利率と同じ年2. 信用保証機関への申し込み用紙は、金融機関に用意されています。 年金担保融資制度の手続きのときに、一緒におこなうとスムーズに申し込めます。。 年金担保融資制度は令和4年3月末で廃止予定 年金担保融資制度は、 令和4年3月末で申し込みを終了することが決まりました。 年金担保貸付制度は、平成22年12月の閣議決定において廃止することが決定されました。 その後、閣議決定を踏まえて、平成23年12月及び平成26年12月の2回にわたり、制度の見直しを行い、事業規模の縮減等が行われ、このたび、「平成34年3月末を目途に新規貸付を終了する」との方針を決定しました。 引用元: 令和4年3月末までは、今までどおり利用できます。 令和4年3月末時点で返済額が残っていても、繰り上げて返済する必要はないので安心してください。 年金担保融資制度の廃止が決定して今後の生活が不安になる人も多いと思いますが、代替案があります。 地域の自立相談支援機関に相談にいくと、それぞれの状況にあった支援をしてもらえます。 () より低金利で借りれるのは生活福祉資金貸付制度 生活福祉資金貸付制度は、 65歳以上の高齢者や低所得者が融資を受けられる制度です。 通常では各都道府県または市区町村の社会福祉協議会が窓口となりますが、 ハローワークでも融資の相談を受け付けています。 生活福祉資金貸付制度には、総合支援資金・福祉資金・教育支援資金・不動産担保型生活資金の4つの種類があります。 高齢者向けの福祉資金を利用すれば、緊急の医療費や介護用品の購入費用などの借り入れが可能です。 連帯保証人をつければ無利子なうえに つけられない場合でも年1. 5%とかなり低いため、無理のない返済ができます。 これほどの低金利で借りられるところは、なかなかありません。 より低金利で借りたい人は、生活福祉資金貸付制度を利用してみてはいかがでしょうか。 下記の記事では、生活福祉資金貸付制度の詳細を記載してありますので合わせてご覧ください。 生活苦に陥っている人は生活保護を利用しよう 生活保護制度とは、 生活に困窮している人に対して状況に応じた保護をすることで健康で文化的な生活ができるように支援をする制度です。 地域の福祉事務所が相談や申請を受け付けています。 現在の収入と厚生労働省が定める最低生活費を比べて、最低生活費から収入を差し引いた金額が支給されるのが生活保護費です。 年金をもらえなかったり、支給額があまりにも少なかったりする 高齢者でも生活保護を受けることができます。 高齢者の生活保護費の基準例 東京都区部等 地方群部等 高齢者単身世帯(68歳) 78,470円 64,420円 高齢者夫婦世帯(68歳と65歳) 118,880円 98,660円 年金だけでは生活が苦しい、お金を借りることもできないと悩んでいる人は福祉事務所に相談してみてください。 65歳〜70歳未満であること• 年金以外の収入がある この2つの条件を満たしていれば、利用できる金融機関の幅がグッと広がります。 年齢制限をクリアしていても、収入が年金のみだと融資は認められません。 アルバイトをしていれば、消費者金融や銀行での即日融資が可能です。 年金受給者でも、お金を借りられる金融機関を紹介していきます。 満70歳まで即日で借りられるレイクALSA レイクALSAは、年金受給者でも 満70歳まで借りられます。 限度額 500万円 金利 4. 新生フィナンシャルで初めてご契約いただいた方のみ対象となります。 初回契約の翌日から無利息期間が適用されます。 無利息期間超過後は通常金利が適用されます。 60日間無利息はWeb申し込みの方が対象となります。 無利息期間は契約額が1〜200万円の方を対象としています。 30日間、60日間、180日間の無利息サービスは併用できません。 上限が69歳までのところが多いなか、 70歳まで融資を受けられるのがレイクALSAの最大のメリットです。 即日融資に対応しており、最短60分で融資を受けられます。 初めての利用で借入額が5万円以内なら、180日間利息が0円なのも嬉しいですね。 満69歳の年金受給者がお金を借りられるのはプロミス プロミスは、年金受給者でも 70歳までなら借り入れが可能です。 限度額 500万円 金利 4. 最短即日で借りられるため、今すぐお金が必要な人に便利なカードローンです。 アイフルなら69歳まで融資可能 アイフルでは、69歳以下で年金以外にも収入があればお金を借りることができます。 限度額 800万円 金利 3. より早くお金を借りたい人は、アイフルのカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。 800万円まで借りられるのはアコム アイフルと同様に、69歳以下かつ仕事をしている人がアコムの融資の条件になります。 限度額 800万円 金利 3. 超高齢者でもOK!78歳まで借りられるベルーナノーティス 通販販売で有名なベルーナグループのカードローン「ベルーナノーティス」。 ベルーナノーティスは、 78歳まで借りられるので超高齢者でもOKです。 限度額 1〜300万円 金利 4. さらに初めてなら、14日間の無利息サービスも付いてきます。 23現在ベルーナノーティスは貸付に消極的な印象があります。 三井住友銀行は他の銀行よりも審査が早い 上記の消費者金融と同じように、三井住友銀行のカードローンも69歳までの年金受給者なら契約ができます。 年金以外の収入があることも条件です。 限度額 800万円 金利 4. 少しでも低金利で借りたい人は、三井住友銀行のカードローンを利用してみてはいかがでしょうか。 ゆうちょ銀行の「自動貸付け」なら年金受給者でも借り入れOK ゆうちょ銀行には、定額貯金や国債を担保にしてお金を借りる自動貸付けという制度があります。 限度額 200〜300万円 金利 約定利率+0. 年齢制限がなく、担保さえあれば年金受給者でも融資を受けることができます。 ゆうちょ銀行の自動貸付けについて詳しく知りたい人は、下記の記事も合わせてご覧ください。 管理人の意見 国が認めた年金担保融資制度を使えば、 年金受給者でも低金利でお金を借りることができます。 しかし支給日に年金が振り込まれても、 返済分を自動で差し引かれた金額しか受け取れません。 せっかく借りれても後日受け取る年金が少なければ、生活に困ってしまいますよね。 そんな時 アルバイトをしていれば、消費者金融や銀行でも即日で融資を受けられます。 年金生活だからといって、諦めることはありません。 ぜひ一度、近くの金融機関に足を運んでみてはいかがでしょうか。 借入先を絞り込み条件で探す.

次の

年金受給者でもカードローンで借入れできる!審査落ちしない申し込み先の選び方を解説!

年金受給者 借金

金融機関を利用してお金を借りる 年金受給者が金融機関を利用してお金を借りる方法は以下のとおりです。 銀行カードローンを利用する• 消費者金融を利用する• 不動産担保ローンを利用する 銀行カードローンを利用する 結論から言うと、年金受給者でも銀行カードローンで借り入れを行う事は可能です。 ただし、原則として申込者の年齢が70歳未満であることなおかつ年金以外の収入があることが条件となります。 一般的に銀行や消費者金融といった金融機関ではでは、年金受給者はカードローン審査の際に通りにくいとされています。 その理由は、「年金受給者は高齢者なので病気による入院や死亡といった事態に見舞われるリスクが高い」「年金以外に収入が無いと、急な出費が発生して経済的余裕が無くなった際にきちんと返済してもらえないのでは?」など返済能力に問題があると金融業者側が考えているからです。 一方、これら2つの条件さえクリアできていれば、年金受給者であっても銀行カードローンから融資を受けられる可能性は十分にあります。 また、年金を「安定した収入」とみなしてくれるみずほ銀行カードローンや福岡銀行や但馬銀行といった地方銀行のカードローンであれば、年金以外の収入がない場合であっても貸審査を通過することは可能なのです。 銀行カードローンには申し込みに年齢制限がある 銀行カードローンにおける「申し込み可能年齢の上限」は、銀行ごとに多少違いはありますが「65歳~69歳」の範囲で設定されているケースがほとんどとなっています。 70歳以上で申し込み可能な銀行カードローンを探すのは困難です。 現在、年金を受給しており、銀行カードローンの利用を検討している方は、70歳になる前までに申し込みを行うようにしましょう。 年金以外の収入の有無 「年金以外の収入の有無」は借り手の返済能力そのものに関わる、カードローン審査においても非常に重視されるポイントです。 年金以外にも定期的に得ている収入があれば、審査の通りやすさ以外にも融資限度額の面で優遇してもらえます。 銀行カードローンへの申し込みを検討していて、審査に通るかどうかに不安のある年金受給者の方は、シルバー人材センターなどで副収入を得られる環境を整えてから申し込みを行ってみてはいかがでしょうか。 外部リンク:「」 大手消費者金融では年金の他に収入があれば利用可能 年金受給者が消費者金融を利用する場合には、銀行カードローンと同じように年金のみの収入の方は消費者金融カードローンの審査を通過することは基本的に不可能です。 くわえて大手消費者金融である・・等では銀行カードローンと同様に「20~65歳」の方を貸し出し対象としており、この年齢制限をクリアできる年金受給者の方はおられると思います。 しかし、大手消費者金融カードローンでは「年金以外に安定した」を契約の条件としているのです(消費者金融カードローン会社は、年金を「安定した収入」と見なしていないため)。 そのため、年金のみで生活している方が消費者金融をお金を借りたい場合には、年金を収入とみなしている中小消費者金融のまたは年金のみの収入で申し込み可能なみずほ銀行カードローンや地方銀行カードローンの借り入れを検討するようにしましょう。 すぐにお金が必要で、年金以外にパートや内職などで安定した収入があるのであれば、即日融資可能な大手消費者金融に申し込みをして審査に通る可能性が高いです。 詳しくは、のページに書かれていたので即日融資で消費者金融からお金を借りたい方は参考にすると良いでしょう。 不動産担保ローンを利用すれば年金だけの収入でもお金を借りることができる 年金受給者の方が金融機関を利用してお金を借りる手段として「不動産担保ローン」というものがあります。 不動産担保ローンとは、SBIエステートファイナンスやや住友SBIネット銀行・関西アーバン銀行などが提供しているローン商品で、所有している自宅やマンションなどの不動産を担保にして借入れを行う金融商品のことです。 不動産担保ローンの利用限度額の上限は、不動産価格の7割程度です。 そのため、担保にする不動産の価値が高いほど、不動産担保ローンの限度額は高く設定でき、より多くの金額を借りることが可能です。 もし、借り入れを返済できなくなった場合には、担保に不動産を売却し、借入金の返済に充てるので、消費者金融や銀行カードローンのように借金が残ることはありません。 ただし、不動産を売却を売り払うことで住む場所を失ったり、不動産価値の変動により、将来の売却価格より少ない金額しか借りられない場合もあるので、不動産担保ローンを利用する際には、取扱をしている金融機関に事前に相談するようにしましょう。 公的機関からお金を借りる 年金受給者の借り入れが最も借り入れやすい方法が、金融機関以外からお金を借り入れるケースです。 金融機関以外を利用したお金の借り入れ方法を、以下でいくつか見てみましょう。 年金担保貸付制度を利用する• 生活福祉資金貸付制度を利用する 年金担保貸付制度を利用する 「」とは、独立行政法人「」が実施する公的融資制度のことです。 年金を担保としてお金を借りることのできる唯一の制度でもあります。 年金担保貸付制度の概要は以下の通りです。 制度を利用可能な方 公的年金(国民年金・厚生年金等)を受給している人 利率(金利) 2. 8%(平成30年10月現在) 融資可能額 10~200万円の範囲かつ、一年間に受給する年金額の0. 8倍以内かつ返済金額の15倍以内 ちなみに、年金担保貸付制度を生活資金(保健・医療、介護・福祉、住宅改修、冠婚葬祭、生活必需物品の購入)の借り入れ目的で利用する場合、10万円~200万円の範囲内(1万円単位。 ただし、資金使途が「生活必需物品の購入」の場合は、10万円~80万円の範囲内となります。 ) なお、利用限度額の上限は1年間に受給している年金額をもとに計算されます。 年金担保貸付制度の利用限度額を知りたい場合には、にて貸付限度額の計算が可能です。 年金担保貸付制度の申し込みは、年金を受け取っている銀行・信用金庫等の店舗で受け付けています。 また、同制度への申し込みの際には連帯保証人(年収750万円以上 三親等以内)が必要となる点に注意が必要です。 なお、連帯保証人をたてる以外に信用保証機関による、信用保証制度(保証料が必要)を利用する方法も有ります(公益財団法人年金融資福祉サービス協会が保証します。 この年金担保貸付制度は平成34年3月末を以て新規申し込みの受付を終了することが決定しています。 福祉医療機構側は新規貸付終了に伴う代替措置があると説明していますが、年金担保貸付制度の利用を検討されている方は、新規申し込みの終了期限に十分注意しましょう。 そのため、年金担保貸付制度を利用する場合には、早めに申し込みをするようにしましょう。 生活福祉資金貸付制度を利用する 年金受給者がお金を借りられる可能性のある制度としては、「生活福祉資金貸付制度」があります。 とは、所得の少ない世帯や、障害者・要介護者がいる世帯の経済的自立を支援するための貸付制度です。 生活福祉資金貸付制度では、具体的な利用目的がある場合に、対応する資金の貸付を行います。 福祉貸付の特性上、個人信用情報機関でに載っている人や、過去に自己破産、債務整理をした人でも貸付を受けられる可能性はあります。 生活保護受給者で生活福祉資金貸付制度を利用できるのは基本的に以下の条件に当てはまる人です。 全額生活保護を受けている世帯ではなく、収入がありつつ生活費の足りない分だけ生活保護を受けている世帯• 返済は生活保護費以外の収入で行うことができる• 福祉事務所が借り入れの必要性を認めている 生活福祉資金の返済は生活保護費以外の収入でまかなう必要があるため、全額生活保護で生活している受給者は基本的に貸付の対象外になります。 ただし、全額生活保護を受けている人も、事情や用途によっては生活福祉資金を借りられる場合があります。 生活福祉資金の融資を受けたい場合には、福祉事務所の担当ケースワーカーに相談してみましょう。 関連項目:「」 家族や友人からお金を借りる 家族や友人といった個人と直接交渉しお金を貸してもらう方法を利用する際の最大のメリットは、審査や本人確認書類の提出といった、銀行や消費者金融金融機関から借り入れを行う際に必要なあらゆる手続き省略できる点です。 お金を借りる相手との信頼関係さえ成立していれば、相談を持ち掛けたその日にお金を工面してもらうことも可能でしょう。 ただし、個人間のお金の貸し借りだからと言って返済の約束そのものを曖昧にすることは絶対に避けるべきです。 個人間でのお金の貸し借りが返済期日や返済額を巡って裁判沙汰のトラブルへと発展するケースも多く見受けられるからです。 こうした事態を避けるためにも、個人間でお金の貸し借りをする際には「借用書」を作成しておくことを推奨します。 貸し手と借り手の間で借入額や返済期限、返済額に対する共同認識をまとめた借用書を作成しておけば、仮に返済トラブルが発生した場合でもスムーズな解決が望めるでしょう。 また、個人間でのお金のやり取りにおけるトラブルを避けたいのであれば、弁護士や司法書士に依頼して「公正証書」を作成しておくと尚良いでしょう。 「公正証書」は法的効力を有しているので、貸し手側はこれを根拠として返済不履行時には借り手の財産を差し押さえることも可能となります。 年金受給者がお金を借りる場合には悪徳業者に注意する お金を借りたい年金受給者は、悪徳金融業者や恰好のターゲットです。 なぜなら、年金受給者は、必ず年金という収入が確実に入ってくるためです。 悪徳業者はそのお金を狙っています。 よくある手口としては「年金担保融資だから年金の受取口座が必要になる」と融資の際に言われます。 「返済金を差し引いたお金を振り込む」などと言われますが、基本的には様々な理由をつけてお金が返ってくることはありません。 最悪の場合には、一生年金を取り上げられたままになります。 また、ヤミ金(闇金融)は、年金受給者に、「年金のみのでも100%融資!」などと言葉巧みに勧誘して、10日に1割~3割といった法外な利息を請求します。 もし、返済が滞った場合には、貸金業法の規制を無視した、早朝や夜間に催促の電話や自宅を訪問する、親戚や友人などに取り立てにいくなど違法な取り立てを行います。 もし、悪徳金融業者やヤミ金(闇金融)を利用してしまった場合には、警察または法律のの専門家である弁護士に相談するようにしましょう。 年金受給者が借金を返せなくなった場合の対処法 さて、ここまで年金受給者がお金を借りる方法に関して解説してきました。 最後に、病気や入院による医療費の増大等で、年金受給者がカードローンから借り入れたお金の返済が不可能となった場合に取るべき解決策についてもご紹介しておきたいと思います。 「年金受給者でも任意整理や個人再生といった救済措置を利用可能なのか?」、「借金の返済が不可能になった場合、年金も差し押さえの対象となるのか?」といった疑問に対して考えてみましょう。 年金は差し押さえの対象となるのか 結論から申し上げると、公的年金として受け取ったお金は「場合によっては」差し押さえの対象となり得ます。 公的年金は法律上「差押禁止財産」に該当します。 「差押禁止財産」とはその名の通り、差し押さえの対象とすることを禁止された財産であり、「差押禁止財産であることが外見上明白であるもの」を差し押さえた場合、その差し押さえ自体が無効となるのです。 ただし、この「外見上明白であるもの」という点が非常に大きなポイントです。 年金は年金受給者の口座に振り込まれた時点で「預金債権」と呼ばれる性質のものに変化します。 この「預金債権」はもはや「年金の受給権」とは全くの別物であり、「差押禁止財産」に該当しません。 つまり、年金は「年金受給者の口座に振り込まれた時点」で「差し押さえの対象」となるのです。 裁判所に対して行われる。 裁判所は、「預貯金の残額が年金の受給額と一致するか」「受給金の差押を行う事が受給者の生活を困難なものにするか」といった基準を参考として、変更申し立てを認めるかどうかを決定する。 また、公的年金以外の年金(個人年金など)は差し押さえの対象となる点も押さえておきましょう 年金受給者が借金を返せない場合には債務整理を行うことはできる 年金受給者で借金の返済が困難になった方が、任意整理や自己破産・個人再生といった債務整理を利用することは可能なのかについてご紹介します。 債務整理の制度には一切の年齢制限・資格制限がありません。 またこれらの債務整理手続きを行う上で、利用者が年金受給者であるか否かは関係ありません。 従って、年金受給者でもこれらの債務整理を行う事は可能です。 また、先ほどご説明した通り年金自体は「差押禁止財産」なので、債務整理を行ったからと言って年金が受給出来なくなったり、年金支給額が減らされる、といったこともありません。 ただし、任意整理を利用する際には1つ、注意すべきべきポイントがあります。 それは、任意整理には「返済可能額」が存在し、現在抱えている借金の総額次第では任意整理を用いた借金の関西が難しい、という点です。 任意整理は、借金の元本部分のみを最大5年間(60回払い)の分割返済で返していく、という債権者側との和解手続きです。 従って、月々の返済に回せるお金が借金総額の60分の1以下である場合、任意整理による借金問題の解決が困難となる、というワケです。 また、法律上年金は「収入」に該当するので、年金受給者は「小規模個人再生」と「給与所得者等再生」の2つの個人再生のどちらでも利用することが可能となっています。 消費者金融や銀行などの金融機関などからお金を借りる時には、運転免許証や本人確認書類などの書類が必要になりますが、必要な書類は借りる相手先や契約条件によって様々です。 それぞれどのよ…• 「自己破産経験者融資歓迎!」「ブラックリスト入りの方にも融資検討します」 カードローンでの借り入れ経験者であれば、どこかで見覚えのあるフレーズかと思います。 しかし実際には、大手カー…• 生活保護は、経済的に困窮している人に対して、国や自治体が健康で文化的な最低限度の生活を保障する制度です。 しかし、生活保護受給者でも「お金が入った財布を落としてしまった」「家電が壊…• 出産や病気、身内の不幸、子供の進学と、急にまとまった額のお金が必要になる時があると思います。 急な出費に困った際に、会社からお金を借りられる制度があることをご存じでしょうか。 会社…• 銀行では、住宅ローンやカードローン、フリーローンなどさまざまな種類のローンを取り扱っています。 ここでは、銀行でお金をかりる場合には、どのようなローン商品を選んだらいいのでしょうか….

次の

年金受給者で個人再生することは可能?

年金受給者 借金

障害者手帳で借金の免除は可能? うつ病など精神障害があると障害者手帳をもらって、そこでいろいろな優遇措置を受けられますし、借金返済も免除されるのではないかと期待する方もいらっしゃいます。 実際、障害者手帳を持っている場合、• 福祉用具の貸与• 医療サービスの助成• 交通費・公共料金の免除や割引• 税金 国税・地方税 の減免• NHK受信料の免除• JR運賃の割引 などの優遇措置を受けることはが能です。 けれども、障害者手帳の優遇措置の中に 借金返済が免除されるという項目は入っていません。 ですから、たとえ障害者であったとしても、原則として借金は自力で返済しなければならないのです。 ここら辺は、残念ながら、かなりシビアなんですね。 障害者が借金問題を解決する2つの方法 障害者の中には、知的障害者であったり、総合失調症などの障害がひどかったりして、借金の返済をしたくても厳しい方も当然いらっしゃるかと思います。 もし、自力返済が難しい場合、障害者の方が 借金問題を解決する方法は大きく分けて2つがあります。 それは、• 自己破産をして借金を免除してもらう• 障害年金も含めた収入で借金を返済していく という方法です。 障害者が自己破産をする時のおすすめの相談先 もし、障害者で返済能力がないと裁判所から認められた場合は、自己破産で借金を免除してもらうことも可能です。 しかし、自己破産を弁護士を通じて行うと 弁護士費用が数十万円掛かってしまうというデメリットがあります。 そんな時にお勧めの相談先は法テラスです。 法テラスに相談すれば、無料相談が出来るだけでなく、 弁護士費用を立て替えてもらったり、生活保護を受ける場合は免除してもらったりすることも可能だからです。 ただ、弁護士事務所でも、無料相談を行っていて、かつ費用の分割払いにも応じているところは多いです。 ですから、出来るだけ早く、弁護士に相談したい方は、最初から直接、弁護士に無料相談するのも良いでしょう。 障害年金も含めた収入で借金返済をする もし、収入がまったくないのであれば、自己破産をして、借金をすべて免除してもらってから、生活保護を受けるのも一つの選択肢です。 しかし、障害年金をもらえるのであれば、 そのお金で借金返済をしながら、生活を立て直していけるかもしれません。 障害年金で借金を返済しても大丈夫? 障害年金でもらったお金を、借金返済に回すと問題になるのではないかと心配する方もいらっしゃいますが、 実際は、何の心配もいりません。 障害年金とは、厚生年金や国民年金の被保険者である人が、障害者の等級に応じて、お金を支給してもらえることが出来る制度ですよね。 国民年金加入者は、等級が1・2級であれば障害基礎年金を受給することが出来ます。 厚生年金加入者は、等級が1・2級であれば障害基礎年金+障害厚生年金を受給し、3級であれば障害厚生年金を受給出来ますし、1~3級以外であれば障害手当金を受給します。 時々、障害年金と生活保護のシステムを同じように捉えてしまう人がいらっしゃいます。 確かに、生活保護の申請をする場合は、 生活保護費を借金返済に回すことは原則として出来ないため、事前に自己破産などの手続きを行う必要性が出て来ます。 しかし、障害年金は、 借金返済中の方でも申請をすることは可能ですし、障害年金を受給できるようになった後も、そのお金を借金返済に回してもまったく問題ないのです。 自己破産以外の方法でも解決は可能 もちろん、自己破産をして、その後は、障害年金で生活をしていくのも一つの方法です。 ただ、障害年金でもらえる金額や現在の収入によっては、• 債務整理で借金の返済額を減らす• その後、障害年金のお金を借金返済に充てる という方法でも解決することも可能です。 自己破産は債務整理の中の一つの手続きとなりますが、債務整理には、自己破産以外にも• 任意整理:将来利息をカットして、残債を3年~5年で分割返済する• 個人再生:住宅ローン以外の借金を約5分の1に減額 最低弁済額は100万円以上 して、残債を原則3年で分割返済 などの手続きがあるからです。 もし、安定した収入があれば、任意整理や個人再生での解決も可能ですし、 障害年金を安定した収入の中に含まれます。 ですから、自己破産以外の方法で借金をより確実に返済していきたい方は、その方法が可能かどうか、以下の方法で無料診断を受けてみてはいかがでしょうか。 障害年金は差し押さえの対象になる? 既に障害年金をもらっている人の中には、債務整理をすると、障害年金の受給資格がなくなってしまうのではと心配する方もいらっしゃいます。 しかし、 債務整理を行っても障害年金がもらえなくなることは絶対ありません。 仮に自己破産をしても、自己破産後に受給する障害年金が差し押さえの対象になることはないので、その点ではご安心下さい。 ただ、障害年金をこれから申請しようとする方が、自己破産をする場合、 支給のタイミングが早すぎると、預金口座に入金されたお金が、管財人の管理下に入って、差し押さえにあうリスクがありますので、その点はご注意下さい。 ですから、自己破産の検討をしている方は、 自己破産の開始決定後、また可能であれば免責決定後に、障害年金を申請されるのが望ましいと言えます。 まとめ 障害者の方は、障害者手帳をもらって優遇措置を受けたり、障害年金を支給してもらったりすることが可能ですが、 借金自体が免除されることはありません。 ただ、自己破産を行えば、借金を免除してもらうことは可能です。 また、障害者の方でも、 障害年金も含めて安定した収入が見込めるのであれば、自己破産以外の方法で解決出来るかもしれません ですから、借金の返済が出来ずに悩んでいる障害者の方は、気軽に弁護士や司法書士に相談してみて下さい。 カテゴリー• 115• 187•

次の