生理後 ダイエット。 生理周期ダイエット方法!生理前の豆乳 生理後の運動で上手に痩せよう!

痩せ期を利用してラクに痩せよう♡ 生理後ダイエットのポイント

生理後 ダイエット

生理後のダイエットでは何キロ痩せるのが妥当? これは個人差があるでしょう。 基本的にある程度の脂肪がたまっており、太っているため痩せたほうが良いと指摘されている方は、この 1週間で3キロ程度は落としたいと考えるでしょうし、そこまで太っていない方は 1キロでも落ちたらベストなのではないでしょうか。 特に、内もも・上腕三頭筋・インナーマッスルなどは鍛えられていないことが多く脂肪がたまってセルライトになっていることも多々あるので、この部分を鍛えることでセルライト除去を目指すのも良いでしょう。 普段使わない筋肉は放置すると簡単に衰えていってしまうので、無酸素運動を行ってある程度の筋力は身につけるようにしましょう。 美しい体というのは極端に細い体ではなくある程度の筋力がある体なので、あまり使われない部位も鍛えたほうが良いでしょう。 生理後のいつからいつまでがダイエットに効果的? 生理後は痩せやすいと言われていますが、そのタイミングは生理終了から10日くらいまでとされております。 この時期はエストロゲンのみが増える時期なので効率的に痩せます。 10日を過ぎるとプロゲステロンが多く分泌されていくので栄養素と水分が溜め込みやすくなってしまうのです。 つまり、むくみや便秘が起きやすくなるということになります。 生理後がダイエットに成功しやすい理由は? 生理後にダイエットに成功しやすいという話がありますが、それはエストロゲンとプロゲステロンの作用によるところが大きいです。 まず、エストロゲンとは「卵胞ホルモン」とも呼ばれており、妊娠の準備のために卵巣や子宮の発達のサポートを行うものとなっております。 このホルモンが増えると食欲を抑えられるようになり、代謝効率が上昇して血管がコレステロールを溜まるのを予防してくれます。 また、 女性らしい体つきにもなりやすくなるでしょう。 効果的なダイエット方法は? 生理後のダイエットの基本は脂肪燃焼効率が上昇していることから、有酸素運動を行うこととなっております。 水泳・ジョギング・踏み台昇降運動など色々とありますが、何でも良いので 必ず毎日30分程度行うようにしましょう。 また、生理後のダイエットの効果を高めるために、 豆乳を生理が来る7~10日前から生理開始日まで飲むようにするというものもあります。 豆乳の効果で生理前の過剰摂取を抑えられるようになるので、生理後のダイエットも効果的となります。 生理後に体重を激減させるとリバウンドが怖い? 生理前から生理中はため込む時期になっているので痩せにくく、生理後は体内の老廃物を除外しようという働きが出始めるので痩せやすい状態になるのですが、ここで注意してもらいたい点があります。 生理が終わった後は痩せやすい状態になるのですが、また生理が近くなると太りやすい状態になるということです。 つまり、生理後にダイエットを開始して順調に体重を減らせたとしても生理が近づくにつれて効率が落ちます。 毎日体重を量っているとその変化が如実に感じられるので 痩せられない自分にいらいらしてついついやけ食いに走ってしまう可能性があるのです。 そうなると 太りやすい時期とやけ食いが重なりますので、一気にリバウンドします。 更に体重を激減させた方が、よりリバウンドしやすくなるでしょう。 総合的に考えるとリバウンドが怖いというよりも、生理の周期によって痩せやすい状態と痩せにくい状態がありますので、痩せにくい状態で挫折するとどうしても高確率で太ってしまうということです。 食事で意識すべき点は? 生理後のダイエットを本格的に行いたい方はある程度糖質を抑えたほうが良いでしょう。 ここで大切になることが、糖質が高い=良くないではないということです。 大切なのはGI値が高い糖質高めのものは自重するというところにあります。 GI値が高いものは食べた後にインシュリンがたくさん分泌されるようになるので糖が吸収されやすくなり、太りやすくなってしまうのです。 そのため、本格的に生理後にダイエットを行う方は、 GI値をチェックして低めの食べ物を摂取するようにしましょう。 例えば、白米は玄米に変えるとか、パンもライ麦パンに変えるといった方法が有効でしょう。 糖質やカロリーといった値はどれだけ含まれているのか成分表から読み解くことができますが、GI値は記載されていないのでインターネットなどで調べることになるかと思います。 Sponsored Link おすすめの運動は? 生理後のダイエットはエストロゲンの作用によって基礎代謝が上昇しているので運動を行うことが大切になります。 無酸素運動は筋肉が付くということでいろんな方から嫌われがちですが、成長ホルモンを促して効率よく痩せられる利点を考えれば全く無駄ではありませんし、むしろ日常的に使わない筋肉を鍛えるためには重要な要素となっているので、二の腕といった部分も鍛えられるといいでしょう。 また、有酸素運動も種類はたくさんあるのですが、できれば10日間毎日行って頂きたいので室内でできるものも用意しておいた方が良いです。 器具を使ったものも色々とあるのですが、お金をかけたくないという方は 踏み台昇降運動をチャレンジしてみるとよいでしょう。 専用の台が無くても新聞紙などで簡単に代用品を用意することができるので、実質0円でできると思います。 断食がより効果的? 生理後に断食をすることで高確率で痩せられるという意見もいくつかありますが、 個人的には断食のような極端に栄養素を摂取しない方法はおすすめできないと考えております。 酵素ドリンクのようなものを使ってダイエットをする方法も確かにありますが、断食をして痩せたとしても普段の食事に戻ると一瞬で戻ってしまうので意味が薄いのです。 あくまで、無駄な贅肉を減らして必要な筋肉を取り戻すことを目標として、 できる限り運動主体のダイエットを実行するようにしてください。 健康的なダイエットの方法とは? 健康的なダイエットの考え方の基本は運動を行い食事はバランス良く腹7~8分目で留めておくといったものです。 摂取カロリーを減らすよりも消費カロリーを増やすことに比重をおくと良いでしょう。 とは言え、肥満の方は摂取カロリーを減らす必要があると思います。 しかし、働き盛りの女性は自分で好きなことをできる時間というのは圧倒的に少ないので、消費カロリーを増やすことがなかなかできないのではないでしょうか。 極論を行ってしまえば、毎日水泳を2時間するといった消費カロリーを劇的に増やす生活をすれば痩せることは可能ですが、そのようなことは不可能でしょう。 不労所得で生活が成り立つ方ならできるでしょうが、一般の人では難しいところがあります。 そのため、 意識改革として普段の運動量を少しでも増やす生活を心がけましょう。 例えば、 一駅分だけ歩くとか、バスや電車で移動中にちょっとしたトレーニングをするとかちょっとしたことでもよいので消費カロリーを増やしましょう。 生理後のダイエットにつきましては、次のサイトも参考にしてみて下さい。 マイナビウーマン 最後に 以上、いかがだったでしょうか。 今回は生理後のダイエット方法についてお伝えさせて頂きました。 生理後のダイエットは確かに効果的ではありますが無理をしてよいというわけではありません。 現代人は忙しすぎるので、摂取カロリーを減らしたいと考えてしまいがちですが、その結果、極端に痩せてしまう人が非常に多いので、健康的に痩せたいという方は食事はバランス良く摂り、無酸素運動や有酸素運動をする時間を少しでももうけましょう。

次の

生理後のダイエットに成功した人の食事・運動法を大公開!何キロ痩せた?

生理後 ダイエット

女性の痩せ期は生理後?生理の期間とは まずは痩せ期と言われる生理後。 女性の生理周期について、簡単に説明していきます。 生理というと、月経期間だけを意識する女性も多いかもしれませんが、女性の体は1ヶ月で4回、変化しているのです。 まずは月経期。 女性にとって一番意識する、経血が出る時期ですね。 それから、卵胞期、排卵期、黄体期というのがあります。 ダイエットに効果的と言われているのは、月経期のあと。 卵胞期と呼ばれる生理後の約1週間がダイエットに向いていると言われています。 つまり、卵胞期が女性の痩せ期になるのです。 痩せ期は生理後1週間!痩せる時期として効果的な理由 生理が終わったあとが痩せ期として女性にはおすすめと言われますが、その理由は何があるのでしょうか? 生理後1週間が痩せ期と言われる理由としては、女性ホルモンのエストロゲンの分泌が増えるためです。 エストロゲンはダイエットの味方、女性の体を健康的に整える働きがあると言われています。 エストロゲンの分泌は、次の排卵期まで。 なので、生理後の1週間がダイエットには向いている、おすすめの痩せ期となるのです。 この1週間の間に食事内容を整えたり、運動をしたりすることで、1ヶ月でマイナス3キロ体重を落とすこともできると言われています。 やみくもに毎日ダイエットするよりも、痩せ期を利用して、上手く体重を落とすようにしていきたいですね。 痩せ期の反対、痩せにくい時期、ダイエットが成功しづらい時期は生理前 生理後が痩せ期だとしたら、痩せにくい時期は生理前になります。 よく、「生理前だからイライラする」「生理前はご飯を食べ過ぎる」といったことはありませんか?生理前に精神的にも、体調面でも不調になるのはよくあること。 生理前の黄体期と呼ばれる時期には、プロゲステロンというものが多く分泌されるからと言われています。 妊娠や出産の関係のあるホルモンなので、多く分泌されるのは仕方ないこと。 この痩せにくい時期にダイエットしても、成功しづらいでしょう。 生理前の黄体期には無理にダイエットせず、気持ちを落ち着けさせる、リラックスするなど、自分を労わるようにするといいでしょう。 無理に食欲を抑えようとすると、かえってストレスが溜まることもあります。 また、むくみやすい時期でもあるので、痩せにくい時期だと理解して、生理前には無理なダイエットを控えるようにしましょう。 痩せることに関係ある、女性ホルモン「エストロゲン」と「プロゲステロン」 ここで、痩せ期に関係ある「エストロゲン」と痩せにくい時期に関係ある「プロゲステロン」について、改めて紹介です。 痩せ期に関係ある「エストロゲン」 痩せ期である卵胞期には、女性ホルモンのエストロゲンが多く分泌されるようになると紹介しました。 エストロゲンは、女性を綺麗にするホルモンとも言われています。 生理が終わったあとに、肌が綺麗になった、髪がつやつやになったという経験はありませんか?これは、エストロゲンが関係しているものです。 内臓脂肪が溜まっていくのを抑えるという働きもあり、水分や老廃物が体の外に排出されていくでしょう。 体のむくみも解消されていくため、ダイエットをしていくと効果が実感しやすくなります。 イライラする時期も過ぎているため、食事制限や運動といったダイエットにも精力的に励むことができるでしょう。 痩せにくい時期に関係ある「プロゲステロン」 痩せにくい時期である黄体期には、女性ホルモンのプロゲステロンが分泌されるようになっています。 プロゲステロンは妊娠や出産に関係のあるホルモンで、受精卵を育てる準備のために子宮内の調子を整える働きがあります。 そのため、なかなか排便されない、体がむくみやすい、ご飯をたくさん食べたくなるなどといった、ダイエットとは反対の反応が多くなることも。 ダイエットしても体は排出ではなく、溜め込む時期に入っているため、なかなか痩せにくいのです。 また、イライラしやすくなる時期でもあります。 ダイエットしても効果がない、痩せる気がしないといったとき、イライラしてしまうかもしれません。 落ち着くまで、ダイエットを休む、自分の体の調子を整えるといった方向にシフトチェンジするのもいいでしょう。 痩せ期である生理後にダイエットして-3kgを目指す! それでは、痩せ期である生理後1週間を利用してダイエットするには、どうしたらいいのでしょうか?ダイエット方法は主に2つ。 食事内容を見直すか、運動をするか。 どちらも効果を実感しやすい時期になるので、とにかく1週間、黄体期に入る前に実践してみましょう。 生理後のダイエット!食事内容を見直す 生理後の1週間で食事内容を見直して、-3kgを目指しましょう。 今、食事方法を見直すダイエットは色々ありますよね。 カロリー制限だけでなく、炭水化物抜きダイエット、糖質制限ダイエット、バターコーヒーダイエット、朝食置き換えダイエットなど。 ダイエット方法は自分がやりやすい方法を取るのがいいでしょう。 ただ、食事制限をしつつ、運動もするなら糖質を過剰にカットするのはNGです。 糖質は体のエネルギー源になります。 エネルギーがなくなって動けない…ということにならないよう、やりすぎダイエットにならないように注意してくださいね。 生理後のダイエットで-3kg!運動をする 生理後のダイエットで-3kgを目指すなら、運動を取り入れるのもいいでしょう。 運動は痩せるだけでなく、自分の体の調子を整えるのにも適しています。 痩せ期に運動量を増やすことで、体のシェイプアップを目指すことができます。 筋肉量を増やすと、基礎代謝のアップも期待できます。 生理後は痩せやすい時期。 体重を減らすためだけでなく、継続的に体が痩せやすい体質になるよう筋肉をつけていくのもいいでしょう。 そのときは、食事制限で糖質量を減らしすぎないように注意してください。 糖質は体のエネルギーになります。 まとめ 生理後1週間が女性にとっての痩せ期、ダイエットがしやすい時期と言われています。 女性にとって、切っても切り離せないものになっているのが、生理でしょう。 その生理周期を把握して、痩せ期はいつか?痩せにくい時期はいつか?というのをチェックしましょう。 ダイエットしている方はぜひ、痩せ期を利用して体重を落とすようにしてみてくださいね。 いつもより、効果が感じやすいかもしれません。

次の

生理中ダイエットを成功させる方法!痩せる食事&エクササイズ [女性の健康] All About

生理後 ダイエット

いよいよ12月に入り、今年も残すところあとわずか……。 寒さと気ぜわしさで、心も体もガチガチになっていませんか? 第23回の今日は、体をのびのびと広げることで、足のむくみや冷えまで緩和する「ピラミッドのポーズ」を紹介します。 その名の通り、開脚しながら前屈を行い、ピラミッドのような三角形をつくることで、日ごろあまり使わない、足の裏側の筋肉を伸ばします。 このストレッチ効果によって、滞りやすい血液やリンパの流れを促進し、足のむくみや冷えの緩和にも効果を発揮! また、ポーズの仕上げに両手を組み、頭上に引き上げることで肩甲骨まわりがほぐれ、肩こりのケアにも役立ちます。 心地よい刺激を楽しみながら、深い呼吸と一緒に、寒さと疲れで縮こまった体を大きく広げるようなイメージでポーズを行いましょう。 両手を腰に置き、背筋を伸ばしつつ、両足の裏をしっかりと床に根付かせる。 (2)背筋をまっすぐに保ったまま、息を吐きながら、腰の辺りから上半身を前に倒す。 (3)足裏で床を踏みしめ、座骨を天井に持ち上げながら頭頂は床の方向に。 頭の重さを感じながら、首の力を抜く。 (4)両手を背中で組み、肩甲骨を寄せながら天井方向に引き上げる。 このままの姿勢で3~5呼吸キープ。 ポーズを解くときは、両手を腰に戻し、頭が最後に持ち上がるようにゆっくりと上体を戻して、ひと息リラックス。 かかとから親指の付け根まで均等に、足の裏全体で床を踏みしめましょう。 年の瀬の慌ただしい時期だからこそ、ヨガでメンテナンスを行いながら、心機一転、新しい年を向かえる準備をはじめましょう! (監修・文:村上華子、撮影:masaco).

次の