扁桃腺の腫れ 食事。 風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

扁桃腺に効く食べ物とは?よくない食べ物もチェック!

扁桃腺の腫れ 食事

この時期、夏風邪と間違えやすいのが「扁桃炎」です。 熱が出たり、のどの痛みがあり、夏風邪だと思い市販の風邪薬を飲んでも、治りが悪い、こうした場合、のどの入り口付近の扁桃が炎症を起こした「扁桃炎」かもしれません。 また、扁桃炎は、慢性化し何度も繰り返す人もいます。 悪化すると、うみが広がり手術が必要になったり、腎炎などの引き金になったりすることもあります。 軽く見ないで早めの治療が大切です。 そこで、7月1日(月)、松井宏夫の「日本全国8時です」(TBSラジオ、月曜あさ8時~)で、扁桃炎について取り上げました。 扁桃の場所ですが、口を大きく開いて舌をやや下げるようにした状態でのぞきこんでみると、のどの奥の左右にぷっくりと膨らんでいる部分があります。 これが一般的にいわれる扁桃で、医学的には口蓋扁桃(こうがいへんとう)と呼ばれます。 人間の体には「免疫」と言う働きがあります。 外から異物が入ってきたときに、すかさず、それを攻撃して排除してしまいます。 体外からの入り口の鼻や口で免疫機能を持っているのが口蓋扁桃なのです。 そのため、扁桃の表面にたくさんの凸凹があります。 これは、のどにやってくるウイルスや細菌をなるべく多くくっつけるためですが、細菌やウイルスの巣になりやすいという面ももっています。 疲れやストレスなどで抵抗力が弱ると感染を広げ、炎症を引き起こしてしまいます。 これが「扁桃炎」です。 昔は扁桃のことを「扁桃腺」と呼びました。 「腺」というのは、リンパ腺とか甲状腺とかの「腺」で、体に不要なものを排出したり、必要なものを取り込んだりする働きがあります。 ところが扁桃は、扁桃腺と呼ばれていましたが、実際には「腺」ではなかったんです。 そのため、近年では、扁桃腺ではなく、扁桃と呼ぶのが正しい呼び方となっています。 原因となる細菌は、溶連菌や黄色ブドウ球菌、肺炎球菌、梅毒、淋菌などさまざまです。 またウイルスでは、インフルエンザウイルス、アデノウイルスなどが原因で発症することもあります。 ただ、いずれの細菌やウイルスも強いものではないので、通常は感染しても身体の免疫力で減少・除去されてしまうことがほとんどですが、免疫力が低下していると発症してしまいます。 扁桃は、まさに防衛の最前線なのです。 両方の扁桃が腫れることもありますし、片方だけのこともあります。 また息苦しくなったり、ものを飲み込みづらくなったりします。 食事ができない、あるいは水も飲めないほどの痛みがあります。 さらに、38度以上の発熱、寒気や震え、首のリンパ節のはれ、身体のだるさ、頭痛、関節痛などがあります。 症状が進むと首が腫れてきて、口も開けにくくなります。 ここが大きなポイントです。 ただ、症状だけでは判断しづらい場合もありますので、耳鼻咽喉科で早急にのどを診てもらうことをおすすめします。 問診と視診で、まず診断がつきます。 その扁桃炎は、人にうつると思っている人もいます。 でも、それはありません。 さきほどもお話したように、免疫力の低下が引き金になって発症します。 ですので、免疫力がある健康な人が、扁桃炎にかかっている患者さんと接しても、まず、扁桃炎がうつることはありません。 一方、細菌性の場合は主に抗菌薬も用いられます。 具体的にはペニシリン、セフェム系抗生剤で、食事が取れるのであれば、抗菌薬等の内服でも治療可能ですが、食事が取れない場合は、入院の上、抗菌薬の点滴をします。 それは、扁桃炎が慢性化した慢性扁桃炎の場合です。 慢性扁桃炎は、扁桃炎を何度も繰り返すもので3つあります。 「慢性単純性扁桃炎」、「習慣性扁桃炎」、「扁桃病巣感染症」の3つです。 慢性単純性扁桃炎は大人が多く、子供は少ないです。 急性扁桃炎から移行する場合と、喫煙・飲酒・化学物質の吸入などが原因となる場合があります。 一方、習慣性扁桃炎は、1年に4回以上、2年に5~6回以上の急性扁桃炎を繰り返すものです。 扁桃の深いところに炎症の病巣ができてしまい、刺激を受けることで、炎症が繰り返しおきます。 症状は、急性扁桃炎と同じで、高熱、強い痛み、そして膿などです。 習慣性扁桃炎の原因は、幾つかありますが、副鼻腔炎など鼻の空気の通りが悪くなり、口呼吸をするようになると、細菌やウイルスが直接、扁桃に届くようになり、発症を繰り返すことなどがあります。 その他、体質などの影響もあり、苦しんでいる方も多いです。 最後の扁桃病巣感染症は、扁桃から離れた皮膚、関節、腎臓に疾患が引き起こされる状態です。 日本の基準では、小児においては感染症が1年で4~5回以上、または2年で5~6回以上ある場合に手術の必要性があるとしています。 また、抗菌薬による治療を行っても改善しない重度の急性扁桃炎や、扁桃の肥大による閉塞で睡眠障害が起こる場合などにも手術が検討されます。 手術時間は30分から1時間程度ですが、手術の検査のために、2日ほど、術後に5日から6日ほどの入院が必要です。 手術後に入院が必要な理由は、切除部分を切ったままの状態にしておかないといけないので、出血することがあるなど、注意しなければならないことがあるためです。 ただ、一般的にはその心配はありません。 影響が出る方も稀にいますが、多くは免疫力が落ちることはないとされています。 手術で摘出する扁桃は、主に口蓋扁桃です。 その他にも、扁桃は周辺に多くありますので免疫力が極端に落ちることはありません。 十分な睡眠を取り、食事もきちっととり、規則正しい生活です。 無理はしない。 特に糖尿病など全身疾患のある人は、より注意して体力の温存に努めましょう。

次の

風邪だけじゃない「扁桃腺が腫れる原因」4つ。口臭がきつくなってない?

扁桃腺の腫れ 食事

スポンサーリンク 扁桃腺炎になった時は食べ物や飲み物を飲み込む際にのどに痛みが出ます。 その他の症状としては喉の痛み、発熱、膿が広範囲に付着する、頭痛、倦怠感、寒気、リンパ節の腫れなどが挙げられます。 その症状は風邪と似ているため勘違いしてしまうこともあります。 扁桃腺炎になる原因は 細菌やウイルスによるものが多いです。 通常であれば扁桃腺が免疫機能の役割をしており、細菌やウイルスを身体の中に入れないように守っています。 しかしストレスやたばこ、疲れなどによる生活習慣の乱れ、風邪などによって免疫機能が低下してしまい細菌が増殖することによって炎症を起こします。 人によっては痰が出る人もいますので、それについて詳しくお話していきましょう。 痰というのは肺や気管支、期間から分泌される粘液であり、通常時においても常に生成されているものです。 普段は分泌の量も少ないため、そのまま胃へと流れていきます。 色によっても異なりますは、この病気の場合は黄色っぽい色をしていることが多いです。 スポンサーリンク それは体内でウイルスや細菌と戦っているからです。 膿や白血球、血などが含まれており、これらを絡ませて外へ出てくるのが「痰」です。 原因がウイルスの場合は透明に近い色の場合もあります。 このようなことから身体の防衛反応によって起こっていることが分かります。 扁桃腺炎の治療法は抗生物質によって行われます。 細菌を殺菌し、炎症を鎮めてくれる 抗生物質による薬物療法がほとんどです。 では治りかけの際に出るというのはどのようなことが考えられるのでしょうか。 風邪の場合、咳が出ますが痰がでるようになったら治りかけているというサインになり、特に黄色の場合は治る直前とも言われています。 扁桃腺炎は風邪がきっかけとなって起こりこともありますので風邪が治ってきていると考えられます。 このようにさまざまなことが考えられますのでおかしいと感じたら再度病院を受診してみましょう。 他にも考えられる病気はいくつかありますので注意しましょう。 スポンサーリンク.

次の

扁桃腺炎で苦痛な時におすすめな食べ物や飲み物と工夫

扁桃腺の腫れ 食事

私は、扁桃腺切除の手術日が決まっても腫れていて手術できないほど酷い扁桃腺炎を度々繰り返していましたが、手術しなくても腫れなくなりました。 いま4年ぶりに扁桃腺が腫れたのですが、4年も腫れなかったのは凄いことなので、やったことや心掛けたことを書きます。 扁桃腺は生活を見直せば腫れなくなる 私は月に1~2回も扁桃が腫れていて、窒息の危険があるときは救急に行ったりと、いろんな病院へ掛かっていました。 そして どこの医師にも口を揃えて言われたことが、 「大人になって扁桃腺が腫れるのは、 ストレスや疲労、寝不足で免疫力や体力が低下している為なので、 生活を見直せば腫れなくなる。 」 でした。 確かに、 寝不足が当たり前で、忙しいので食事も栄養バランスが悪く、常に風邪を引いている人がいる会社で。。。 でも仕事をする為には、 身体の悲鳴を聞くよりも、扁桃腺があっては困るという思考になっていました。 そして、 頻繁に扁桃腺が腫れるようになり、 飲む抗生物質が効かなくなって、毎回、点滴で抗生剤を入れて治療を受けるようになってしまったので手術することになったのですが、 手術日にも腫れていて 腫れていると、 出血が多いのと予後も悪くなるのでできないとのことで、2度も手術が延期になり そうこうしているうちに 骨折して仕事を辞めて、全く扁桃腺が腫れなくなりました。 3日前に、4年ぶりに腫れるまで、自分がそんなに酷い扁桃腺炎だったことを忘れていたくらいです。 ということは、 やっぱり医師の言う通り 扁桃腺が腫れるということは身体の悲鳴なので、 厄介払いするように手術で切除するよりも身体を労われば腫れなくなるんですね。 そこで、 私が扁桃腺の腫れが酷い時に痛みを早く取る為にしたことや食事などを書いていきます。 腫れて痛い時の治し方と食事 既に菌が増殖してしまって腫れているので、 イソジンなどの薄め液では殺菌効果があまり感じられませんし早くは治りません。 なので や で 直接濃い殺菌剤を塗ると、殺菌効果が高まり、痺れる感じで痛みも弱まりました。 耳鼻科の治療のようにぐいぐい塗ると粘膜が取れてかえって痛いですよね;; なので、そっと全体に塗って下さい。 そして、 消炎と痛み止めの作用のあるロキソニンなどを服用して、しっかり睡眠をとって身体を休めても どんどん腫れて行く場合は、抗生剤投与が一番早く治るので病院へ行くしかないですが 自宅での初期治療で回復に向かう場合も多々ありました。 痛みで食事が出来ない時は 栄養ドリンクを飲みたいところですが、栄養ドリンクは喉が痛い時はすごく浸みます。 なので カロリーメイト缶のカフェオレ味が喉に浸みなくて、栄養バランスが取れるので食事代わりにしていました。 ダイエット用のプロテインを牛乳に溶かしても栄養がありますし飲みやすいです。 腫れている時は 喉が狭くなっているのと粘膜が膿んでドロドロなので、 固形物を食べると傷つくので流動食が良いですが、 熱いものと甘いものは浸みて痛いので、 おかゆの温度や 痛み止めが効いている時に硬いものや甘いものを食べないように気を付けたほうが良いです。 私も、仕事だから仕方がないと思ってその環境が当たり前になっていましたが、 今思うと、菌に思えて気持ち悪いです。 例えば ・「熱があるのに来ましたー!」「インフルエンザでした。 」「朝、倒れたんです。 」と、体調悪いのに出社すると偉いと思っている人が多く居ました; うつるから来んじゃねーと言う派は私を含めて3人しかいませんでした。 ・常に咳が出ていて、咳が出ているのが当たり前の人が多い ・タンが絡んでいるのが当たり前の人が多い ・ツバ飛ばして喋る人と会話しなくてはならない ツバは目に見えないしぶきとなって、ウィルスや菌があれば同時にまき散らしています。 目に入った時は失明するかと思いました。 と言えずに飲んでしまった時がありました。 そして、扁桃腺が腫れてしまう事も良くありました。 でも、自分のペットボトルだって菌の増殖が凄いと知ってからは全力できっぱりと断るようになりました。 歯周病菌も虫歯もうつってなると知ってからは絶対に飲みません。 なので、扁桃腺が腫れて困っている人は絶対に回し飲みもダメです。 私が月に2回も腫れて手術もできない状態になったときに 医者もあきれて 「あなたはいったい何をしているんですか?こんなに腫れる人は見たことない、どんな仕事なの?抗生物質が効かないまでなるなんて命に関わっているんですよ!!」 と言われ、 なんか凄く白い眼だしなんでこんなこと聞くの?と思って調べたら性病でも扁桃腺炎が起こるからなんですね。 なんか、その言葉もあって 職場=ばい菌みたいな意識が芽生えてきて 冷静に考えて見れば 考えている生活レベル維持のために居る職場でストレスでしかなく、 扁桃腺が頻繁に腫れるという悪循環は、 扁桃腺が悪いんじゃなくて環境が悪い。 と気づけたのです。 確かに、 人との接触って気を付けたほうが良いと思います。 ある人と付き合い出してから体調が悪いとか 虫歯が出来始めたとかも、ほんとによくある話で。 川村隆一さんが喉の為に、綺麗な奥様とキスもしないというのも頷けます。 増して、扁桃腺が腫れやすい人が頻繁に腫れだすと命に関わるんですから。 パートナーによって腫れだしたなら検査してもらって除菌をしてもらった方が良いです。 扁桃腺が腫れる人にとって、扁桃腺は厄介者だけど 実際には、身体の悲鳴を伝えてくれる良い者で。 扁桃腺が腫れるのは 菌に触れているか、無理をしているからです。 私は、いっそ 仕事も付き合いも辞めて自分を大事にして運も金運も良くなりました。 自分に我慢を強いていることが 全てを悪くしていると気が付きました^^ 扁桃腺が腫れる人は 腫れて仕事出来なくて困るとかよりも 自分を大切にすることを先ずは考えてみてください。

次の