口 の 中 に 白い でき もの。 【赤ちゃん】口の中に起きる病気がヤバい件~この白いものは何?~

口の中の粘膜に白い筋 白板症かも! |いしはた歯科クリニック

口 の 中 に 白い でき もの

カテゴリー:• こんにちは! いしはた歯科クリニック院長の石幡一樹です。 今日の久喜は曇り時々雨です。 明日は家族で知樹くんの誕生日祝いで富士急ハイランドのトーマスランドに行くので天気が晴れてくれるといいのですが。 今回は 口の中の頬粘膜の内側に白い筋のようなものがある場合疑われる疾患、白板症について書きます。 世界保健機関(WHO)によれば「ほかのいかなる疾患とも見なされない白色が優勢な口腔粘膜の病変」とされています。 男性は女性の2倍と多く、年齢では50〜70代に多い病気です。 部位では歯肉、舌、頬粘膜に多くみられます。 原因は何か 原因としては、 喫煙、過度なブラッシングによる擦過刺激、合わなくなった不良補綴物や充填物、う蝕などの長期刺激があげられますが、原因不明なものも少なくありません。 症状の現れ方 粘膜の一部がさまざまな程度の白色になり 白斑型 、表面は平滑なものや、皺状のものもあります。 白色の程度も高度になり、いぼ状に隆起してくるもの(疣型)もあります。 また、隆起はしないで、赤い部分(紅斑)が混在してくるもの(紅斑混在型)もあります。 白斑のみでは痛むことはありませんが、紅斑が混在するものでは痛みを伴うようになります。 長期に経過すると、白板症からがんが発生することもあります。 これまでの日本の報告では、長期経過で白板症の4〜8%程度に悪性化がみられています。 検査と診断 生検(組織の一部を切除して行う組織学的検査)により正確な診断が可能です。 生検により、初期のがんや、白板症に類似した扁平苔癬、乳頭腫などとの区別が可能です。 また、白板症の悪性潜在能(がんになりやすいか)の診断もできます。 治療の方法 病変を切除するのが最も確実な治療法です。 しかし、広範囲の 病変では切除すると機能障害が出ること、白板症は一生もっていてもがんにならなければ、治療の必要は必ずしもないこと、また、白板症からがんになっても経過観察を定期的に行えば、極めて早期に対処することも可能であることから、以上を総合して患者さんにすべての可能性を話し、その上で、生検や切除を決めます。 白板症に気づいたらどうする 口のなかに、白色あるいは白色と赤色の混在する病変を見つけたら、歯科医に相談しましょう。 気づいて2週間くらいは経過をみてもよいですが、それ以上続いているようであれば、歯科医院あるいは病院の口腔外科を受診するのがよいでしょう。 必要に応じて適切な病院を紹介してくれます。 上記に白板症についてまとめました。 白板症は癌化するのが怖いので、口の中の粘膜にぼこぼこや白斑、赤斑があった場合ほおっておくのは絶対にやめましょう。 医療法人社団樹伸会 いしはた歯科クリニック 理事長 石幡一樹.

次の

口の中の粘膜に白い筋 白板症かも! |いしはた歯科クリニック

口 の 中 に 白い でき もの

リンク 口の中の病気? 口の中に、いつしか知らないうちに湯葉のような膜ができる。 これはもしかしたら、口の中の何らかの病気?かと思いました。 でも毎日、歯を磨いてるし口の中の病気に思いあたるふしがありません。 口の中に膜はできるけど、特に痛みなどはありませんでした。 白い膜の解決ヒント記事 ふと気が付くと、口の中に白い膜ができていて、その原因が分からず悩んでいました。 そこで、ネット検索していたら、ある女性の記事が載っていて自分の症状と同じだったので参考になりました。 その記事では、 歯磨き粉のある成分が白い膜をつくる原因ではないかといっていました。 この情報は大変役に立ちました。 (リンク貼りたかったのですが、もうこの記事分かりません。 すいません。 そして、その原因が歯磨き粉?と始めは半信半疑でした。 なぜなら、ふつう歯磨き粉は、口の中をきれいにするもの。 その歯磨き粉が、口の中に膜ができる原因になるの?と思いました。 でも、ヒントになった記事は一理あります。 半信半疑でしたが、歯磨き粉を変えてみることにしました。 今まで使っていた安い歯磨き粉から、少し高めの歯磨き粉に変えてみました。 そうしたら、今まで口の中にできる白い膜ができなくなりました。 参考になった記事に書いてあったことは本当でした。 歯磨き粉のある成分に、口の中が反応して膜ができるというものでした。 スポンサーリンク 口の中に膜ができる原因 口の中に膜ができる原因をまとめてみると・・・ ・原因は 歯磨き粉の中に入っている何らかの成分が口の中で化学反応を起こして膜ができる。 ・いつ、何故、口の中に膜ができたのか分からなかったが、 実は歯磨き粉と歯磨きが原因だった。 その中に一部の人だけですが白い膜ができやすくなる成分が入っているのも事実です。 私は素人なので、その成分を特定することはできませんが・・。 これは世の中に金属アレルギーの人がいるように、(私は金属アレルギーではないけど)そのような感じと似ているのかなと思います。 -PR- 白い膜ができる人の割合 このような症状がでる人は稀で少ないようです。 友達に聞いてみましたがこのような症状はでないと言っていました。 ただ、口の中に痛みも違和感も感じない。 ただ、白い膜ができるだけ・・ そういう方は、おそらく、今使っている歯磨き粉が原因の可能性が高いです。 そのような場合は、歯医者さんに行っても意味がありません。 歯医者さんに行っても、白い膜は治りません。 このようなときは、歯医者さんにはいかず、まず歯磨き粉を高いものに変えてみる、クリ〇カに変えてみることをオススメします。 なお、口の中の病気かなと感じる方は、歯医者さんに行って診察してもらうのがよいかと思います。 個人的な意見 私が感じた、口の中の白い膜に関する個人的な意見を上げてみます。 ・安い歯磨き粉を使うとこの症状がでやすい ・一部のちょっと高い歯磨き粉を使うと膜ができにくいものがある ・このような症状の人はオーガニック歯磨き粉がよいらしい 口の中の白い膜の対応策 口の中の白い膜の対応策として、お口に膜ができる成分が入っていない歯磨き粉を使うのが基本と考えます。 その1: オーガニック歯磨き粉を使う その2: 少し高い歯磨き粉を使う スポンサーリンク スポンサーリンク 対応策をした個人的な感想 口の中の白い膜の対応策をした、個人的な感想を以下にあげてみます。 それ以外のものは何とも言えません。 今は口の中に粘膜ができなくなり気にならなくなりました。 ・このような症状がでる方は、少し高めの歯磨き粉をいろいろ試しに使ってみて、自分に合う、膜ができない歯磨き粉を探してみればよいと思います。 (きっと自分に合う歯磨き粉があるはずです) スポンサーリンク 舌や歯に関するオススメ記事 舌苔が舌にこびりついて、舌が白くなり口臭がきついときがあります。 今回の口の中の問題と違いますが、これはこれで問題です。 この舌が白くなり、舌苔が舌につきやすい問題と、その解決法をまとめた記事を書きました。 こちらもお口の中のトラブルについて参考になる記事です。

次の

お口の中にできた固いコブってどんなもの?治療は必要?

口 の 中 に 白い でき もの

「白いものの正体」 喉の奥の白いものには種類がありますので、それらを挙げた上で原因についてご説明いたします。 膿栓 臭い玉 まず、上に挙げた 膿栓 のうせん ですが、 リンパ球や、白血球と細菌の死骸などに加えて、食べ物のカスなどが塊となったものです。 けっこうな悪臭がすることから、 臭い玉とも呼ばれていますね。 膿栓は扁桃腺 口蓋扁桃 がまだ大きなこどもや、大人でも風邪などをひいている最中や治った後などに多く見られますが、人によっては喉の形状が原因で普段から膿栓がたまりやすい場合があります。 いずれにしても、膿栓自体は自然に出来るものであり、出来ても健康には問題のないものです。 白苔 はくたい 白苔は、白い粉や膜のようなものが喉の広い範囲につくものです。 急性扁桃炎の時に多く見られ、その部分が炎症を起こし化膿したもので、 喉の膿と思ってかまいません。 扁桃の粘膜の組織繊維が死滅したもので出来ており、その内部ではリンパ球や白血球が外敵である細菌などと戦っている最中で、決着のついていない状態です。 口内炎 口内炎は、舌や口内に出来ることが多いですが、喉にもできることがあります。 また、喉に出来た口内炎は、色が白いことが多いそうです。 喉の口内炎についてはこちらの記事をご参考下さい。 口腔内の左右にある扁桃腺の周囲には複数の穴があり、その穴に膿栓が出来ます。 なぜなら、扁桃腺は免疫機能に関しての働きがあり、呼吸や食事の際に入ってくる様々な細菌やウイルスと戦っているのです。 したがって、 風邪などで炎症を起こした後は膿栓が出来やすくなります。 また、 ドライマウスの人も口内が乾燥しているため出来やすいと言われています。 2、白苔ができる原因 白苔の原因で最も多いのは、 扁桃炎によるものです。 扁桃炎の原因となる細菌には スポンサードリンク 「治療法について」 1、膿栓の治療 膿栓は健康に被害はないので、基本的には自然に取れるまで放っておくのが1番です。 どうしても取りたいときは、自分でやるのではなく 耳鼻咽喉科に相談してみるといいでしょう。 綿棒や手で直接取ろうとすると、口腔内の粘膜を傷付けてしまい、炎症を起こしさらなる膿栓の原因を作ることにもなりかねません。 予防法としては、口の中を清潔にしておくことが大切です。 虫歯を放置しておいても、膿栓が出来やすくなるそうなので注意しましょう。 特に、風邪の度に膿栓が出来る人などは、普段から喉の奥の清潔を心掛けることが、大切な予防法になります。 2、白苔の治療 上に挙げた四種類の菌は細菌なので、 抗生物質剤の投与が有効です。 痛みが酷い場合や、できものが広範囲の場合、明らかに膿んでいる場合などは、我慢せずに早目に病院を受診しましょう。 喉が炎症を起こす事を、大雑把には扁桃炎と呼びますが、中には慢性化するものがあります。 炎症を悪化させたり、繰り返させないようにしっかり治療することが大切です。 白い出来物がまだ小さかったり、痛みが全くないなど初期の場合は、 ハチミツや大根など殺菌作用のあるものを食べたり、イソジンなどの手軽に手に入る薬での除菌でも効果が期待できます。 「まとめ」 喉の白いできものは、細菌による感染性の炎症や、疲労などによって免疫力が落ちた時に、常在菌として保菌していた細菌が過剰に増えるのが原因と考えられます。 痛みや熱を伴ったり、白い出来物が広範囲の場合はそれだけ炎症も重いと言えます。 症状が重い場合、不安な場合は早めに 耳鼻咽喉科を受診し、再発防止のためにもしっかり治療しましょう。 関連記事としてこちらもご参考ください。

次の