関数電卓 対数 底。 図解 逆引き解説

今度こそ分かる、対数関数(log関数)

関数電卓 対数 底

こうした法則を指数法則といいますが、指数法則は指数関数を勉強するうえで必要になる公式です。 指数法則の公式 aとbは0より大きいとする。 mとnは任意の実数で、整数とはかぎらない。 かけ算が足し算、割り算が引き算になっていることに注意しましょう。 「aのm乗」のn乗はaのmn乗です。 べき乗のべき乗は、べきのかけ算になります。 指数法則の例 上の指数法則が正しいことを具体的に確かめてみましょう。 まずは指数の足し算から。 2の肩に乗っている数はそれぞれ3と4で、128は2の7乗です。 2の肩に乗っている数はそれぞれ8と3で、64は2の5乗です。 5は8-3です。 もともとの数の割り算は、指数では引き算になることがわかります。 対数法則 aは0より大きく1でない実数。 xとyは0より大きい任意の実数。 これは二つの対数法則から証明される。 証明 となり、両辺を log b で割って となる。 ぜひご覧ください。

次の

図解 逆引き解説

関数電卓 対数 底

ネイピア数(ネイピアすう、: Napier's constant)はの一つであり、 の底である。 ネーピア数とも表記する。 記号として通常は が用いられる。 71828 18284 59045 23536 02874 71352 … と続くである。 ネピアの定数、ネピア数とも呼ばれる。 も参照。 なお、コンピュータにおけるでは、e または E がネイピア数ではなく、の底であるを示すので注意が必要である。 歴史 [ ] ネイピア数の近似値と言えるものが記された最も古い文献は、、によって発表された対数の研究の付録に収録されていた表である。 その表自体はによって書かれたとされている。 これは e に等しくなる。 この数に初めて定数記号を割り当てたのはだとされている。 1690年と1691年の宛ての手紙の中で、記号 b を用いた。 レオンハルト・オイラーは、1727年からこの数を表すのに記号 e を使い始め、オイラーによる1736年の『力学』がネイピア数を e で表した最初の出版物となった。 その後しばらくは c によってこの数を表す流儀もあったが、やがて e が標準的な記号として受け入れられるようになった。 この対数をという。 収束数列による定義 以下の式の右辺は、ヤコブ・ベルヌーイによって、の計算との関連で言及されたものである。 オイラーは、導関数が元の関数と等しいの底が、この式の右辺によって求まることを示した。 ここで n はだが、 n をとして変動させた場合も上の式は同じ値に収束する。 指数関数や自然対数をネイピア数 e により定義する場合、これらの式によりネイピア数を定義することは、となってしまう。 そのためにネイピア数 e を用いない指数関数・対数関数の定義として以下に示すようなものがある。 ネイピア数を定義するために用いられる指数関数や対数関数の性質・公式を挙げる。 e は無理数である(、オイラー、1744年)だけでなくでもある(、1873年)。 714…, … などは e の近似値である。 表記 [ ] ネイピア数 e をととのどちらで表記するかは、国や分野によって異なる。 、 、 などは、 e のような定数は立体で表記することを定めている。 値 [ ] 小数点以下1000桁までの値を示す。 71828 18284 59045 23536 02874 71352 66249 77572 47093 69995 95749 66967 62772 40766 30353 54759 45713 82178 52516 64274 27466 39193 20030 59921 81741 35966 29043 57290 03342 95260 59563 07381 32328 62794 34907 63233 82988 07531 95251 01901 15738 34187 93070 21540 89149 93488 41675 09244 76146 06680 82264 80016 84774 11853 74234 54424 37107 53907 77449 92069 55170 27618 38606 26133 13845 83000 75204 49338 26560 29760 67371 13200 70932 87091 27443 74704 72306 96977 20931 01416 92836 81902 55151 08657 46377 21112 52389 78442 50569 53696 77078 54499 69967 94686 44549 05987 93163 68892 30098 79312 77361 78215 42499 92295 76351 48220 82698 95193 66803 31825 28869 39849 64651 05820 93923 98294 88793 32036 25094 43117 30123 81970 68416 14039 70198 37679 32068 32823 76464 80429 53118 02328 78250 98194 55815 30175 67173 61332 06981 12509 96181 88159 30416 90351 59888 85193 45807 27386 67385 89422 87922 84998 92086 80582 57492 79610 48419 84443 63463 24496 84875 60233 62482 70419 78623 20900 21609 90235 30436 99418 49146 31409 34317 38143 64054 62531 52096 18369 08887 07016 76839 64243 78140 59271 45635 49061 30310 72085 10383 75051 01157 47704 17189 86106 87396 96552 12671 54688 95703 50354 … の数列 脚注 [ ] [].

次の

対数とは何なのかとその公式・メリットについて。対数をとるとはどういう意味か?|アタリマエ!

関数電卓 対数 底

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年12月) 対数(たいすう、: logarithm)とは、ある数 x を数 b の b p として表した場合の p である。 この p は「底を b とする x の 対数(: logarithm of x to base b; base b logarithm of x)」と呼ばれ、通常は log b x と書き表される。 また、対数 log b x に対する x は ()(しんすう、: antilogarithm)と呼ばれる。 数 x に対応する対数を与えるを考えることができ、そのような関数を対数関数と呼ぶ。 対数関数は通常 log と表される。 通常の対数 log b x は真数 x, 底 b をとして定義されるが、実数の対数からの類推により、やなどの様々な数に対してその対数が定義されている。 これらの条件を満たす対数は、ある x と b の組に対してただ一つに定まる。 実数の対数関数 log b x は b x のである。 この性質はしばしば対数関数のとして用いられるが、歴史的には対数の出現の方が指数関数よりも先である。 定義 [ ] 一般にはでも定義されるが、その解説はの項目にゆずる。 この p を x の a を底とする対数として定義する。 x に対して a を底とする対数を log a x と表わせば、上記の方程式を満たす p は以下のように書き換えることができる。 特殊な底 [ ] 1 以外の正の実数であれば底に何を用いてもよいが、分野によって慣例的によく用いられる底があり、底が省略されることも多い。 log x のように底が省略されている場合は、前後の文脈や扱われている分野によって底がいくつであるかを判断する。 は、に 1000 未満の整数について8桁、には1~2万と9万~10万の整数についての14桁の常用対数表を出版した。 他の対数と区別するために、"Log" のように大文字を用いたり、"lg" という記号を用いることがある では "lg" となっている。 "lg" はの表記でもしばしば使用される(後述)。 の名前がとられているが、ネイピア自身が計算に用いた定義は現在の自然対数とは異なる(後述)。 微積分などの計算が簡単になるため、数学などの理論分野で用いられることが多い。 他の対数と区別するために "ln" という記号を用いることがある。 他の対数と区別するために "lb" という記号を用いることがある。 またでは" lg n"と表記されることがよくある。 歴史 [ ] 「」も参照 対数の概念は、末に()や()によって考案され、便利な計算法として広まった。 天文学や航海学では膨大な数値計算がすでに必要とされており、三角関数表についてはのころから存在していたとされ 、は三角関数表を応用して掛け算を足し算に変換して計算する手法を使用していた。 ネイピアは、20年かけて対数表を作成しに発表した。 は対数の値を長さに換算した目盛りを持つ物差しを利用し、以上の計算手順を簡単に行えるようにしたを発明した。 対数は煩雑な計算にかける労力を大幅に減らし、による天体の軌道計算をはじめとして、その後のの急激な発展を支えた。 対数表の近似精度を高めることはネイピア以降もしばしば行われ、産業政策にも利用された。 1790年にフランスで が失業中の理髪師たちを集めて雇用し計算させたのをはじめに、のへの挑戦(1827年)や20世紀初頭アメリカ・におけるの実施する対数表プロジェクト において精度向上の試みが行われた。 的に変化する量を対数に変換してみると、などの綺麗な性質が浮かび上がる。 これらの例の他にも対数はいろいろな場面であらわれ、単なる「簡便な計算法」以上の意味を持つことも多い。 そのため対数は、詳しく研究されてきた関数の一つでもある。 オリジナルの定義 [ ] ネイピアらが示した対数の定義は現在用いられているものとは異なっていた。 この p のことを ネイピアの対数(: Napierian logarithm)という。 ネイピアは、1594年に対数の概念に到達し、この定義を用いて20年間計算を続け、7 桁の数の対数表を完成させてに発表した。 ビュルギもまた対数の発見者であるが、ビュルギが用いた定義はネイピアのものとはわずかに異なっている。 この p のことを ビュルギの対数という。 ビュルギは、ネイピアよりも早く1588年に対数の概念を発見したが、まで公表しなかったため、対数の発見者としてはネイピアが称えられることが多い。 冪の表記 [ ] において例えば sin x 2 の意味で sin 2 x と書くのと同様に、対数関数に対しても、2 以上の整数 n に対して log n x という表記が使われることがある。 計算 [ ] 対数により、の計算を、より簡単なの計算に置き換えることができる。 いくつかの例外を除き、有限の手順では対数の値を厳密に求めることはできないため、対数の計算にはを用いる。 予め定めた近似の精度に応じてが決定される。 対数の近似計算は計算量が多く高コストであるため、対数を含んだ計算には基本的に数表が用いられる。 この対数値を列挙した数表を 対数表という。 対数表には限られた数しか値が載っていないため、対数表から対数値を参照する場合にはしばしばが用いられる。 2つのの x, y の積を求めたいとする。 対数表を参照するなどして x を p に、 y を q に変換する。 これが求める積 xy である。 具体例 [ ] を用いて積を求める例を示す。 56 常用対数表より log 103. 5378 , log 104. 6590 これより log 103. 1968 に近い真数を探すと 0. 7 これより、3. 精度が必要な場合は有効数字の大きな対数表を用いる必要がある。 一般に対数は無限小数の形で求められ、対数表の値は近似値である。 対数の性質 [ ] 以下の節において、 a, b は 1 ではない正の実数、 x, y は正の実数、 p は実数、 ln x はを表す。 積の対数は(底が等しい)対数の和に等しい。 これを 底の変換という。 これにより、特定の底・任意の真数での対数が分かる場合に、それらの値から任意の底での対数を得ることができる。 対数の値の大きさに関する性質 [ ] 底の値によらず、真数が 1 のとき対数は 0 である。 解析学における公式 [ ] に関する公式• (pH)• (p K a)• 注釈 [ ]• Apostol, T. 1976. Introduction to Analytic Number Theory. Undergraduate Texts in Mathematics. New York: Springer-Verlag. 1913-1. History of the exponential and logarithmic concepts. American Mathematical Monthly. 5-14. 1913-2. History of the exponential and logarithmic concepts. American Mathematical Monthly. 35-47. 1913-3. History of the exponential and logarithmic concepts. American Mathematical Monthly. 75-84. 1913-4. History of the exponential and logarithmic concepts. American Mathematical Monthly. 107-117. 1913-5. History of the exponential and logarithmic concepts. American Mathematical Monthly. 148-151. 1913-6. History of the exponential and logarithmic concepts. American Mathematical Monthly. 173-182. 1913-7. History of the exponential and logarithmic concepts. American Mathematical Monthly. 205-210. O'Connor, John J. ; Robertson, Edmund F. 2001-9 , , School of Mathematics and Statistics University of St Andrews, Scotland , 2015年12月4日閲覧。 熊倉, 啓之「中学との接続を重視した高等学校の幾何教育に関する研究(第3次): 三角比の指導に焦点を当てて」『静岡大学教育学部研究報告(教科教育学篇)』第38号、2007年3月、 pp. 35—50、 :。 伊達, 文治「」『』第30号、上越教育大学数学教室、2015年、 pp. 13—22。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (英語)• Hazewinkel, Michiel, ed. 2001 , , , Springer,。

次の