名古屋 市 西区 主婦 殺害 事件。 愛知県名古屋市 西区における主婦被害殺人事件

愛知県名古屋市 西区における主婦被害殺人事件

名古屋 市 西区 主婦 殺害 事件

未解決事件ファイル 名古屋市西区主婦殺害事件 1999年11月 1999年11月13日午後2時ごろ、愛知県名古屋市西区稲生町にある3階建てアパートの2階の自室で、高羽奈美子さん(当時32歳)が死んでいるのをアパートに住人に柿を配っていたこのアパートの大家が発見した。 発見時、高羽さんはうつぶせの状態で、口の周りから血が出ており、その横の椅子には、息子の航平くん(当時2歳)が泣かずに座っていたという。 この時、玄関のドアに鍵はかかっていなかった。 高羽さんには鋭利な刃物で首などを数か所刺され、手には犯人の攻撃を防ごうとした時についたとみられる傷があった。 司法解剖の結果、死因は出血死で、死亡推定時刻は13日正午から午後1時ごろとされた。 凶器は見つかっていない。 高羽さんは掃除の途中だったらしく、玄関先の廊下には掃除機が出しっぱなしになっており、居間はテレビがつけっぱなしのままだった。 食卓に見慣れない飲みかけの訪問販売で手に入る乳酸飲料が残されていた。 この飲み物は付属しているストローが使われておらず、穴を開けて直接飲まれていた。 さらに一度飲んだものの一部が玄関で吐き出されていた。 この乳酸飲料は高羽さんの家では購入する習慣がなかったため、犯人が持ち込んだものとみられている。 この乳酸飲料は製造番号から販売エリアが現場から東南に20~30キロ離れた西三河地区で売られたものであるとわかった。 事件当日、夫の悟さん(当時43歳)は朝から出勤。 午前9時30分に宅配便が荷物を届けに高羽さん宅を訪れたが不在であった。 午前11時10分に航平くんを連れて病院に現れ、午前11時50分ごろに自宅に戻ったとみられている。 午後1時ごろ、高羽さんの家から「ドスン」という音がするのをアパートのほかの住人が聞いている。 犯人は格闘したときに自らも傷を負っているとみられ、洗面所で血を洗い流したり、止血しようとしたりした跡があった。 その後は殺害後に玄関にしばらくたたずんでいたともみられ、乳酸飲料が吐き出された脇には、犯人のものとみられるB型の血痕とサイズが24センチの韓国製ウォーキングシューズの足跡があった。 血液のDNA型鑑定から犯人は女であることもわかった。 犯人の血痕はアパートから周辺の路地をジグザクに縫うように巡り、現場から30メートル離れた公園脇の階段まで続いていた。 公園内をうろついたような形跡があるが、ここで血痕も足取りも途絶えている。 公園脇は車を停めておいても目立たない場所で、誰かが車で迎えにきたか、あらかじめ車を停めておいて逃走したとみられている。 【犯人像】 ・年齢40~55歳くらい(当時) ・血液型B型 ・左右どちらかの手にケガをしていた.

次の

名古屋西区主婦殺人事件、今夜もTVでやってましたね。ふと思ったので...

名古屋 市 西区 主婦 殺害 事件

20年間、現場の部屋を借り続けている夫 突然奪われた家族の日常 1999年11月13日、名古屋市西区稲生町(いのうちょう)のアパートで高羽奈美子(たかば・なみこ)さん当時32歳が何者かに刃物で刺され殺害されました。 現場には犯人のものと見られるB型の血液が残され、目撃証言などから警察は当時40代くらいの女が犯人とみて、延べおよそ7万人を投入し捜査してきました。 遺された家族はその後引っ越しましたが、奈美子さんの夫の高羽悟(さとる)さん(63)は20年経った今も、現場となった部屋を月5万円で借り続けています。 当時のまま残る現場の部屋 玄関には犯人のものと思われる血の痕が生々しく残っています。 高羽さんは「逮捕への手がかりになるかもしれない」という思いを込めて、部屋を残しているのです。 今も残る犯人の血の痕 高羽悟さん(63): 「これは航平(長男)のおもちゃ。 このあたりが奈美子の料理本です。 料理は自分で得意と言っていただけあって、『またきょう同じおかずか』というのは全く無かったです」 この部屋には忌まわしい記憶とともに家族の思い出も残っているのです。 職場の上司と部下だった高羽さんと奈美子さん。 結婚生活はわずか4年でした。 わずか4年の結婚生活 当時を物語る夫の「手帳」 今回初めて見せてもらった高羽さんの手帳 高羽悟さん: 「これが私の会社の手帳ですね。 ただ、事件の年の手帳がどこかにいってしまったので約17年分」 今回、高羽さんの手帳を初めて見せてもらいました。 高羽さんは事件の2か月後には仕事に復帰していましたが、その合間に事件のあった名古屋市西区稲生町のアパートへ何度も通っています。 高羽悟さん(63): 「一週間に2、3度寄ったりして、『片づけないと』と思って、『きょうはここから片付けよう』と思って手にとると、片付けられなくて、ため息ついて、一時間ぐらいいて、『また今度にしよう』と元に戻して部屋を出て、仕事に向って…」 昼食をコンビニで買い、部屋で一人食べていたこともあるという 当時2歳だった長男は来年、社会人に 奈美子さんは手作りの離乳食を心がけていた 事件当時2歳だった長男の航平さんは2年後に幼稚園に入園しました。 高羽さんはお遊戯会や参観日などに積極的に参加し父親として出来ることはしてきました。 息子の成長を見られなかった奈美子さん。 2年間だけ綴られた育児日記は、息子と過ごした喜びであふれていました。 奈美子さんは母親としての喜びも奪われた 母親のいない子育て。 思い悩むこともあったという高羽さん。 高羽悟さん(63): 「(息子の面倒を見ていた自分の)母親が泣いて帰ってきたことがありました。 近所の人と世間話をしていた時に『母親のいない子は非行に走りやすい』と言われたみたいで。 泣きながら帰ってきた時の母親を見て、こちらまで泣けましたので…。 絶対そういうことは無いように、と思っていました。 」 小学生になると航平さんは父親とともに事件の情報提供を求めるビラ配りに参加。 実は母親が殺害された時、2歳だった航平さんは母親の遺体のすぐそばで発見されました。 ビラ配りを手伝う航平さん(画像は当時12歳) 高羽悟さん: 「航平は(テーブルの)ここか、ここに、座っていた」 航平さん: Q当時の記憶はある? 「全くない」 当時の記憶は全く無い航平さん。 犯人に対しては… 航平さん: 「母親に対する記憶が一切ないので、憎しみは強くない。 もし自分がそれ(真実)を知って、記憶が戻ったりすると怖いというのはある。 今から記憶を背負っていくのは重すぎる。 」 長男・航平さんは今年で22歳、大学4年生になりました。 来年4月からは新社会人、東京で一人暮らしです。 今は友人たちと最後の学生生活を謳歌しているようですが… 航平さん: 「多分、母親が生きていたらむちゃくちゃ怒られていると思う。 これだけ好き勝手遊んでばかりだと怒られるんじゃないかな。 『ちゃんと立派な大人になります』って言いたい」 22歳になった長男・航平さん。 来年からは社会人 元捜査員の「執念」 当時の手帳には刑事の名前が まだ見ぬ犯人を追い続けてきた高羽さん。 手帳には事件解決のため共に戦ってきた捜査員の名前も記されています。 元愛知県警捜査一課の岡部栄徳さん(61)は去年の3月に退職するまで未解決事件を扱う特命捜査係の班長として7年間この事件を捜査してきました。 『特命捜査係』として去年3月まで捜査してきた元捜査員 元愛知県警捜査一課 岡部栄徳さん: 「高羽さんがいまだにこの部屋を借りている思いを考えると、一日も早く犯人を捕まえて見合った刑罰を受けて欲しい」 捜査の重要なカギとなったのが… 元愛知県警捜査一課 岡部栄徳さん: 「ポツ、ポツという状態ですね。 何メートルかおいて一滴、また何メートルかおいて一滴というように」 遺された家族はその後現場のアパートからおよそ500メートルに渡って残されていたという犯人の血の痕です。 足取りを掴むための重要な手がかりでしたが突然、途絶えていました。 引っ越しましたが、奈美子さんの夫の高羽悟(さとる)さん(63)は20年経った今も、現場となった部屋を月5万円で借り続けています。 元愛知県警捜査一課 岡部栄徳さん: 「一番単純に考えると、犯人がうまく止血した。 落ちていた袋、新たなタオルを駆使して止血した。 犯人が巧みに人通りの少ないところを利用して逃げている、というのが一番難しい。 『逃げ得』『やり得』というのはありえない。 どこかで結末をつけて終わらせてほしい。 」 県警は「どんな些細な情報でも寄せて欲しい」と話している.

次の

名古屋市連続通り魔殺傷事件

名古屋 市 西区 主婦 殺害 事件

「西大曽根」のバス停 2003年 3月30日 - 名古屋市北区の路上で、の女性A(当時22歳)がの女X(当時38歳)にで刺される。 このときAはXに「ニシオオゾネ(西大曽根? )は、どこですか? 」という意味不明な質問をされて注意を引きつけられたときに刺されたという。 Aは自力でまで逃げ帰ったが、の刺し傷が15センチも達していたことから、翌4月1日にで死亡した。 4月1日 - 名古屋市千種区でXが女性B(当時22歳)を襲い、を奪って逃走。 Bは傷は負ったが、命には別状無かった。 深夜 - Xが事件でされる。 翌日、でBのバッグが発見され、2件の通り魔事件を自供。 ・殺人未遂容疑で再逮捕。 - でXにのが下された。 弁護側・側共にせず、刑は確定した。 犯人像 [ ]• 幼い頃に父母が離婚して極貧生活を送った経験から、金銭への執着と他人の幸福に対する嫉妬が異常だったという。 取調べにおいても、「自分のイライラした気持ちがすっきりすると思った。 相手が自分より幸せそうなら誰でもよかった」と述べている。 父親は離婚後に占い師になって繁盛していたが、父親の新しい愛人とは不仲になり、8月に愛人のを焼き払うという暴挙に出た。 これが原因で父親とも不仲になり、毎月30万円を仕送りする代わりに、一切の関わりを禁じられた。 父親から関係を断ち切られた頃からに変調を来たし出したとされ、用も無いのにで徘徊し、さらにこのときにひらひらした服を着て目立ったことから、近所から「ひらひらさん」と呼ばれたという。 後日の家宅捜索での映ったビデオなどがされており、「人を殺してみたい」という妄想に取り付かれたという。 ではの犯行当時の精神状態が争われたが、で問題ないという結果が出た。 出典 [ ] [].

次の