アバウト タイム。 韓国ドラマ

アバウトタイム~止めたい時間~(韓国) 全話あらすじと感想 視聴率 キャストと相関図

アバウト タイム

アバウトタイム 愛おしい時間 のあらすじ アバウトタイムのあらすじは、以下の通り。 Wikipediaからの引用。 ティム・レイク(ドーナル・グリーソン)はイギリスのコーンウォールに住む若い青年である。 父(ビル・ナイ)、母(リンゼイ・ダンカン)、いつも上の空の叔父デズモンド(リチャード・コーデリー)、自由奔放な妹キット・カット(キャサリン)(リディア・ウィルソン)と暮らす。 21才になった時、父から一族の男にはタイムトラベルの能力があると言われる。 ただし過去に訪れた場所に行く事しかできない。 金や名声のために能力を使うなと忠告され、恋愛のために使おうとティムは思う。 その夏、キット・カットの友達のシャーロット(マーゴット・ロビー)が夏休みを過ごしに来る。 ティムはすぐに恋に落ち、最後の日に告白する。 シャーロットは最後の日まで待つべきではなかったと言い、もっと早く告白してくれていたら付き合ったかもしれないと言う。 ティムは時間をさかのぼり、夏休みの途中でシャーロットに告白する。 だがシャーロットは、最後の日まで待てばつきあう気になるかもしれないと言う。 ティムはシャーロットにその気がない事を知り、時間旅行をしても気が変わることはないと悟る。 夏が過ぎ、ティムはロンドンに出て弁護士を目指す。 父の知り合いで人間嫌いの脚本家ハリー(トム・ホランダー)の家に住む。 暗闇を売り物にするレストランで出版社で働くアメリカ人女性のメアリー(レイチェル・マクアダムス)に出会う。 二人はレストランの暗闇でいちゃつきあった後、メアリーが電話番号を教える。 ティムが帰ると、俳優が山場でセリフを忘れたために劇の初演がうまくいかなかったハリーは落ち込んでいる。 ティムは過去に戻って劇を成功させる。 ティムは携帯電話にメアリーの番号が入っていないことに気付く。 ハリーを助けにタイムトラベルをしたため、メアリーと出会わない道を選んでしまったことを知る。 メアリーがケイト・モスのファンであったことを思い出し、ケイト・モスの展示会に行ってメアリーと再会する。 だがメアリーには恋人がいることを知り、二人が知り合ったパーティーのことを聞き出してその時と場所に戻り、二人が出会う前にメアリーを連れ出す。 二人の仲は深まり、ティムはメアリーと一緒に暮らし始める。 ティムはシャーロットと再会し、今度はシャーロットから誘われる。 ティムは断り、メアリーを愛していることに気付き、プロポーズして受け入れられる。 二人の間には娘ポージーが生まれる。 だがキットは不運に見舞われ、恋愛も仕事も上手くいかずポージーの一歳の誕生日に酒酔い運転で事故を起こす。 キットは怪我をするが回復する。 ティムはキットの人生に干渉することにし、過去に戻ってキットがボーイフレンドのジミーに出会わないよう計らう。 だが現在に戻るとポージーは生まれておらず代わりに息子がいる。 子供が生まれる前にタイムトラベルをするとその子は生まれないことになると父が言う。 ポージーが生まれる前に起きたことはもう変えることはできず、ティムは結果を受け入れないといけないと言う。 ティムはキットの過去を変えたことを取り消してポージーを再び得て、メアリーと共に現在でキットの人生を手助けしようとする。 キットはティムの友人のジェイと付き合い始め、子供が出来る。 ティムとメアリーには男の子ジェフが生まれる。 ティムは父が末期の癌を患い、タイムトラベルでは救えないことを知る。 父は病気のことを以前から知っており、家族と一緒に過ごすためにタイムトラベルを繰り返していた。 父は毎日を二度過ごせと言う。 最初は普通に過ごし、二度目も同じように過ごせと言う。 最初は緊張や不安のために世界の素晴らしさに気付かないが、二度目には楽しめると言う。 ティムはこの忠告に従い、父親に会いたくなると過去に戻ることにする。 メアリーは三人目の子供が欲しいと言う。 子供が産まれたら過去に戻って父に会えなくなるためにティムは気乗りしない。 だが9カ月間に何度も父を訪ねて過去に戻った後、もう会えないと告げる。 二人は一緒にティムの幼い頃に戻って、浜辺で遊んだことを思い出し、涙と共に別れる。 メアリーは娘のジョーを産み、ティムは二度と父に会えないことを知る。 毎日を二度過ごしてみた後、ティムは毎日を一度だけ過ごし、二度目であるかのように楽しんだ方がよいと思い始める。 アバウトタイムの監督はリチャード・カーティス アバウトタイムの監督はリチャード・カーティス。 監督のリチャード・カーティスにとって本作が『ラブ・アクチュアリー』(2003年)『パイレーツ・ロック』(2009年)に続く長編3作目となり、この作品を最後に監督を引退すると本人が表明している。 アバウトタイムのキャスト アバウトタイムのキャストは次の通り。 ティム — ドーナル・グリーソン(亀田佳明) メアリー — レイチェル・マクアダムス(渋谷はるか) ティムの父 — ビル・ナイ(伊藤和晃) キット・カット — リディア・ウィルソン(英語版)(堀井千砂): ティムの妹 ティムの母 — リンゼイ・ダンカン(高島雅羅) デズモンド叔父 — リチャード・コーデリー(英語版)(金子由之) ローリー — ジョシュア・マクガイア(英語版): ティムの親友 ハリー- トム・ホランダー(丸山壮史): ティムの父の知り合いでティムの家主、脚本家 シャーロット- マーゴット・ロビー(甲斐田裕子): キット・カットの友人 ジェイ — ウィル・メリック(英語版): ティムの友人 ジョアンナ — ヴァネッサ・カービー: メアリーの友人 ジミー — トム・ヒューズ(英語版): キット・カットのボーイフレンド タイムトラベルの謎とティムの家族、名言 映画の最初に、主人公のティムから家族の紹介のナレーションがあり。 この時からなんでこの家、経済的に困っていないのか不思議だった。 ティムは21才になった時に、父親から、自分の一族の男子だけ、自分の過去についてのみタイムトラベルを行う能力があることを知らされる。 タイムトラベルで自分の過去だけは変えられる。 普通なら、お金持ちになることを探そうとするけれど、父親は「それは止めとけ」と諭される。 数代前のご先祖はお金のことで失敗したとか。 金を求めることでは幸せになれないって事は、ある意味、名言、格言。 キットカットは誰? キットカットがキーポイント。 それでティムは「愛」を探しにロンドンに旅立ちます。 旅立ちの日に、父親と妹のキットカットに見送られて車で家を出ます。 父親はピースの人差し指と中指を立ててバイバイしたのに対して、別れを惜しむキットカットがフ〇ックユーと中指を立ててティムを見送るのが印象的。 このシーンは面白かった。 ティムにとってもキットカットにとってもお互いが大切な兄妹なんですね。 とにかく、ティム、父親、キットカット、そして叔父であるデズモンドの人間関係が微妙。 互いに大切な家族として認識している。 タイムトラベルのパラドックス ロンドンで弁護士事務所に勤め、暗闇バー?でメアリーと出会い結婚。 子供を授かるけれど、ティムは父親から、子供が生まれた時場合、子供が生まれるよりも前にタイムトラベルして、自分の過去を変えてしまうと、その子供は生まれず、別の人格の子供が生まれてしまうっていうパラドックスみたいなのを教えられる。 つまり、一度子供が生まれると、それ以前の過去に戻って過去を変えてはいけないって事ですね。 で、ティムとメアリーの間に2人の子供が生まれた後に、父親が末期がんになってしまう。 ところが、末期がんで父親が死んでも、ティムはタイムトラベルの能力で父親と何度も会うことが出来るんですね。 ある意味、死を克服している。 父と会えなくなる?矛盾? ところが、メアリーは3人目の子供が欲しいって言います。 3人目の子供が生まれると、過去の自分にタイムトラベルして父親と会うことが出来ないことを意味する。 悩むティム。 うーん、3人目の子供って本当に要るんだろうか? しかし、メアリーの要望を受け入れ、3人目の子供を授かる決意をし、3人目が生まれる前に、過去の自分にタイムトラベルして、もう父親に会えないことを告げる。 父もそれを理解して、最後の子供時代のティムに戻り、最後の父子の時間を過ごす。 これは、実はメアリーと出会う前の過去だし、子供が生まれるより前にタイムトラベル出来ないってことと矛盾する気もするね。 これは大いなる疑問だけど、まぁこの映画のストーリーには大差がないのでスルー。 ただ、父親は、未来を変えないように、ひっそりと時間を過ごそうと提案して、よく遊びにいった浜辺で父子の時間を過ごします。 これ、キットカットが生まれる前にタイムトラベルしたので、子供が生まれるより前にタイムトラベルしてはいけないこととちょっと矛盾するけど、この映画の場合、いいだろ。 まとめ ラスト 二度と父がいたころまでタイムトラベルして父と会えないことになったティムは、その後、ティムは毎日を1回過ごして、2回目であるかのように受け入れる方が楽しいことを知る。 なんか時間の大切さと家族の絆を教えてくれるような、ほのぼのとした映画ですかね。 タイムトラベルネタの映画はよくあるけれど、この映画の場合、自分の過去にしか行けないってところが新しいかな。 確か、スティーブン・ホーキンス博士は、タイムトラベルで過去に行くことは不可能とか言っていたような。 タイムトラベルで過去に行くのは時間順序保護仮説に無理だとか。 現実的に、過去に行くってのは理論上はやっぱり無理なのかな。 ちなみに、俺の父は88才で去年亡くなったけど、プラントの建設か何かの仕事をしていて、俺が子供のころから海外出張が多く、あまり触れ合いはなかった。 ただ、俺の父の場合、晩年は海外旅行やスキューバダイビングを楽しみ、楽しい人生だったんじゃないかなってのを思い出した。 ザ・ラッキエスト アバウト・タイム・ヴァージョン 2. ハウ・ロング・ウィル・アイ・ラヴ・ユー 3. ミッド・エア 4. アット・ザ・リヴァー 5. フライデイ・アイム・イン・ラヴ 6. バック・トゥ・ブラック 7. ゴールド・イン・ゼム・ヒルズ 8. アバウト・タイム・テーマ 9. イントゥ・マイ・アームズ 我が腕の中へ 10. イル・モンド 11. ゴールボーン・ロード 12. プッシュ・ザ・ボタン 13. オール・ザ・シングス・シー・セッド 14. ホエン・アイ・フォール・イン・ラヴ 15. 鏡の中の鏡 16.

次の

アバウト・タイム 愛おしい時間について : 作品情報

アバウト タイム

解説 「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディ。 イギリス南西部に住む青年ティムは自分に自信がなく、ずっと恋人ができずにいた。 21歳の誕生日に、一家に生まれた男たちにはタイムトラベル能力があることを父親から知らされたティムは、恋人を得るためタイムトラベルを繰り返すようになり、やがて魅力的な女性メアリーと出会う。 しかし、タイムトラベルが引き起こした不運によって、その出会いがなかったことになってしまい、再び時間をやり直したティムはなんとか彼女の愛を勝ち取るが……。 主人公ティム役は「ハリー・ポッターと死の秘宝」「アンナ・カレーニナ」のドーナル・グリーソン、ヒロインのメアリー役にレイチェル・マクアダムス、ティムの父親役にビル・ナイ。 2013年製作/124分/G/イギリス 原題:About Time 配給:シンカ、パルコ スタッフ・キャスト 日常の中でふと、この映画について思い出すことがある。 自由な時間が無限にある若い頃には気づかなかったかもしれないが、大人になって、歳を重ねて、自分がもう後戻りはできないのだなあとつくづく感じる瞬間に、「時間」や「人生」について描いたこの物語の優しさと切なさがぎゅっと胸を締め付けるのだ。 主人公は代々、タイムスリップする能力を有している。 が、どれだけ行使しようとも、決して完璧な人生が送れるわけではなく、むしろ大切なのは、誰か大切な人と共にある「ありふれた時間」ということに気がつくのだ。 かくも登場人物が何ひとつ特別な何かを成し遂げるわけではないからこそ、観る者はそこに映画と現実の隔たりを感じることなく、彼らに深く共感せずにいられなくなる。 ささやかだけれど、ここにリチャード・カーティスが「最後の監督作」として描きたかった境地があるのだろう。 自分を見失いかけた時、そっと寄り添ってくれる名作である。 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

アバウトタイム~止めたい時間~(韓国) 全話あらすじと感想 視聴率 キャストと相関図

アバウト タイム

財閥御曹司のドハは、成長環境と辛い初恋が原因で不安障がいを患っていた。 友達で精神科専門医のソンビンは、ドハに持続的な相談治療を勧めるが、順調に進まない。 一方、ミカは7歳の頃から人の寿命が見えるようになった。 運命は変えられると最初は助けようとしたが、寿命時計が変わることがないことを知っている。 ふと突然、自分の腕に寿命時計が刻まれているのを発見する。 彼女に残された時間は100日余り。 最後の人生後悔なく生きようと孤軍奮闘している。 二人の出会いはドハが病院を出て行こうとしていたとき、ミカと最悪の出会いを果たす。 ミュージカルのオーディションで音楽監督のジェユに感情がこもってないと酷評されたミカは、なんとしてもミュージカルに受かるため、偶然会場に来ていたドハにキスをする。 初対面で無礼なミカをドハはもう関わることはないと突き放すが、中国・海南で二度目の再会を果たし、ドハは自分の人生にズカズカと入ってくるミカが次第に気になるように。。。 そして、ミカがドハの手を握った瞬間、ミカの寿命時計が止まった。 ドハとミカの不思議な時間が始まった。 日本語字幕放送・全22話 イ・ドハ 33歳 MK文化カンパニー 代表理事 イ・サンユン 「」「」「2度目の二十歳」「」 建設事業を拠点に、病院やホテル、文化事業にまで手を伸ばしているMKグループの三男。 がさつで短気のドハは全般性不安障害の患者。 ドハが不安障害を患うようになったのは環境的要因もあったが、初恋の女性との別れが一番の原因であった。 ドハが戦略結婚の相手として選んだ財閥の一人娘スボンと結婚しようと努力していた時、突然彼の人生に飛び込んだ彼女、ミカ。 愛などもう二度としないと心に決めていた臆病者ドハの人生がミカで色づき始めた。 チェ・ミカ 31歳 アンサンブル専門ミュージカル俳優 イ・ソンギョン 「」「ドクターズ~恋する気持ち」「恋はチーズ・イン・ザ・トラップ」 まだ7歳の頃、祖母が車に引かれるのを目撃した時、初めて人の寿命時計が見えるようになった。 あの日以来ミカはすべての人々の寿命時計が見えるようになったのだが、身体にカチカチ流れるその時計が、人の寿命を意味することをミカはしばらくした後に気づいた。 時計の存在を受け入れた後のミカの人生は180度変わった。 誰にも言えない秘密を抱えて激情の思春期を送った少女は大人に成長した。 いつもと変わりのない毎日を送っていたミカは、自分の手首に寿命の時計が刻まれたことを発見する。 寿命時計が変わることがないことを知っているミカは、残りの人生を思いっきり生きようとしていた。 ところが、偶然ミカの人生に登場してきたドハ、彼の手を握った瞬間、ミカの寿命時間が止まったのであった。 この高貴な名前のおかげで、どこへ行っても笑い者にされた学生時代。 それに耐えられなかったスボンは、名前を改名し、ベスで生きていくことを決意した。 それからというもの、会社の人間、友達までスボンと呼ぶことは許されない。 彼女の人生のモットーは「他人の顔色を見ずに好き向くままに生きよう」、まっすぐな性格のスボンは恋愛に対しても直球であった。 3年前のパーティーでドハに一目惚れをしたスボンは、どうにかドハを戦略結婚の相手にし、愛以外は全て捧げるとのドハを振り向かせたい。 しかし、いつからかドハの眼差しが自分ではない、違う女性に向いていることを知り、ショックを受ける。 チョ・ジェユ 26歳 ミュージカル音楽監督 キム・ドンジュン 「ブラック~恋する死神~」「」「町の弁護士チョ・ドゥルホ」「恋する下宿24番地」 4歳の頃ピアノを初めて学び、才能を開花させる。 クラシックの人生を歩ませようとする母親の願いとは裏腹に、ミュージカルに魅了されブロードウェイの音楽監督を夢見るようになり、実力を認められ今の地位まで登ることが出来た。 天性の才能を持つジェユは、平凡な人間を理解することが出来ず、他人に反感を買うこともしばしば。 韓国での活動を決意して帰国し、ミュージカルも軌道に乗っていたのだが、オーディションに現れたミカの登場で彼の人生にブレーキがかかる。 歌の音程もリズムもミスだらけなのに、感性が今にもなくなってしまうような切ない女性。 まったく分からないこの感情が、混乱してしょうがない。

次の