ツイッター なりすまし被害。 中高生がTwitterで「なりすまし」をする理由

Twitterのなりすまし被害対処で必ず知っておくべき6つの事

ツイッター なりすまし被害

なりすましとは? 「なりすまし」とは、ツイッターやフェイスブックなどで本人になりすましたアカウントを作り、投稿などをする行為です。 その目的は一般的に、個人情報の収集、嫌がらせなどとされています。 特に、有名人になりすます行為が目立っています。 例えば、プロ将棋棋士の藤井聡太さんのなりすましツイッターが多く出回り、日本将棋連盟がファンへ注意喚起する事態へとなりました。 有名人になりすました場合は、本人だけでなく、なりすましを信じたファンも被害に遭います。 なりすまし事例 なりすましによる被害の事例は多くあります。 その中の一部をご紹介します。 教師が生徒になりすまして誹謗中傷 2017年12月、中学校の男性教師が、男子生徒になりすまし、女子生徒を誹謗中傷する内容をツイッターに書き込んでいたというニュースがありました。 男性教師は、女子生徒に対して「顔で損しているよな」「あの体型で、あの嫌われようでよく学校に来られると思う」などとツイートし、わいせつな内容も投稿していました。 ツイッターでのなりすまし ツイッターでは、芸能人やスポーツ選手の有名人に対するなりすまし被害が多発しています。 例えば、プロ野球・日本ハムファイターズの清宮幸太郎選手が、早稲田実業高校在学中になりすましの被害に遭っています。 何者かにツイッターで、「目指すはメジャー、プロには興味がありません」と発言され、卒業後の進路に関わる悪質な発言に、早稲田実業が調査に乗り出すという事態になりました。 当時、清宮選手は高校2年生だったのものの、甲子園での活躍などで卒業後の進路に大きな注目が集まっていました。 フェイスブックでのなりすまし フェイスブックは、SNSの中でも珍しく実名主義をとっています。 つまり、原則的に本人の名前でしか登録することしかできません。 そのため、他のSNSや掲示板などに比べると誹謗中傷などのトラブルは少ないという印象を受けます。 しかし、それでも誹謗中傷トラブルは発生します。 それは一般の人でも被害に遭う可能性が高いことが現状です。 その被害は例えば、本人になりすまして友達への暴言、見覚えのない商品の販売促進などがあります。 なりすまし犯人特定 なりすましの被害は、犯人に心当たりがない場合もあります。 前述した通り、フェイスブックは実名主義をとっているため、実社会での友達がそのままサイト上でのつながっている場合が多いです。 自分になりすまし、友達に誹謗中傷するような内容を送ったり、商品をしつこく売ったりとの行為をされると、実社会での人間関係も崩れてしまう可能性があります。 また、現代では企業が、SNSをビジネスツールとして利用しているケースもあります。 そのため、企業の名前を語ったなりすましも存在します。 企業の評判を下げるような言動を行うなりすましは、業務妨害とみなされることもあります。 なりすまし行為が悪質な場合、「開示請求」という手続きで犯人を割り出すことが可能です。 引き続き次項でご説明します。 開示請求 開示請求とは、相手が持っている情報を提示させる手続きです。 誹謗中傷トラブルの場合、書込みを行った犯人を特定する際に使用することが多いです。 例えば、ツイッターでなりすまし行為をされ、悪質ないたずらをされた場合、開示請求を使用して犯人を特定することができる可能性があります。 弁護士 なりすましを含め、ネット上のトラブルは弁護士を味方につけるとスムーズに解決へと向かいます。 ネットが身近な存在となり、人々の暮らしが豊かになった一方で、トラブルも多発しています。 そこで、今ではネット上のトラブルに強い弁護士が存在します。 前述した開示請求手続きも、裁判に至るケースが多いため、弁護士に相談することが一般的とされています。 もし、あなたがツイッターやフェイスブックでなりすましの被害に遭った場合、早急に弁護士に相談することをおすすめします。 次の記事 2018. 04 関連する記事• 2019. 13 インターネット上で何らかの誹謗中傷を書き込まれたことはありませんか?事実無根の場合、それは実に耐え難いことです。 そこで今回は、IPアドレスを使い、書[…]• 2020. 15 「それは侮辱だ!侮辱罪で訴えてやる!」 このように脅された経験がある人はいるのではないでしょうか。 ただ、侮辱罪はいくつかの要件を満たさなければ認められ[…]• 2019. 19 世界各国の道路沿いなどの風景を360度の角度で見ることができるGoogle Mapのストリートビュー。 初めて行く場所の下見にも利用でき、見ているだけで[…]• 2020. 07 個人の権利を守りながらインターネットの利用をすることを求められるような時代になってきています。 2016年に医療系キュレーションサイト「WELQ([…]• 2019. 30 「インターネット」があまりにも身近な存在になってしまったため、そこに潜む危険性に気づいていないインターネットユーザーは増加の一途を辿っています。 特に[…].

次の

Twitterのなりすまし被害対処で必ず知っておくべき6つの事

ツイッター なりすまし被害

10月9日、落合洋司弁護士に送られた真犯人を名乗るメール インターネットの掲示板への書き込みや電子メールを悪用した犯罪が後を絶たない。 ネットで拡散するウイルスの種類は日々数万件のペースで増え、そのうち6~7割が一般のネットユーザーのパソコンを外部から自在に操る「遠隔操作型」というデータもある。 自身のパソコンが気づかないうちに犯罪に使われ当局に誤認逮捕されることにもなりかねない。 ネットを介した「なりすまし事件」の手口を振り返りながら、犯罪に巻き込まれないための自衛策を探る。 6~9月に相次いで発生したネット経由での犯行予告。 真犯人が「警察・検察に醜態を晒(さら)させたかった」と声明を出しているように、捜査当局は犯行に関係のない一般市民を誤認逮捕する結果となった。 まずは一連の事件の経緯を振り返ってみよう。 横浜市のホームページ「市民からの提案」に横浜市立桜台小への襲撃予告が書き込まれた。 翌日に予定されていた授業参観は中止され、神奈川県警保土ケ谷署が捜査を開始する。 2日後の7月1日、神奈川県警は東京都杉並区の明治大学2年の男性(19)を威力業務妨害の疑いで逮捕。 横浜市ホームページに残された発信元のIPアドレスが、男性のパソコンの接続記録と一致したという。 7月29日21時45分ごろ、大阪市のホームページに無差別殺人の犯行予告が送られてきた。 大阪・日本橋で「大量殺人をする」「歩行者天国にトラックで突っ込んで無差別に……」 8月26日。 大阪府警は大阪府のアニメ演出家の男性(43)を威力業務妨害容疑で逮捕。 横浜市の例と同じく、発信元のIPアドレスが一致したことが理由だ。 男性は9月14日に偽計業務妨害罪で起訴。 8月1日に日航に対してメールで送られた爆破予告も、同じ理由で男性が送信したものと疑われた。 9月1日には福岡市の男性(28)が、14日には三重県津市の男性(28)が相次ぎ逮捕された。 しかし、これらはいずれも、真犯人が被害者になりすまして送ったものだった。 10月9日から10日にかけて、真犯人を名乗る犯行声明メールが落合洋司弁護士やTBSに届いた。 メール内容に犯人しか知り得ない情報が含まれていたため、捜査機関などは真犯人と断定。 先の4人は誤認逮捕だったことが判明した。 作成に使われたソフト「VisualStudio2010」の価格は数万~数十万円で「高価なためプロの犯行ではないか」という見方もあった。 しかし、情報セキュリティーの専門家らは、一連の犯行に「高いプログラミングスキルは必要ない」と口をそろえる。 ウイルスのプログラミング構成やその作動の仕方を子細に分析すると、初歩的なミスが目立つためだ。 「どうも犯人は、ウイルス作成にさほど慣れていないのではないか」。 検体を解析したラックサイバーセキュリティ研究所の中津留勇氏はこう指摘する。 「遠隔操作ウイルス」は無料ソフトに見せかけて複数種類が配布されていた。 中津留氏が解析したウイルス検体はそのうちの「Chikan. zip」という名前で、無料のテキスト編集ソフトを装い、ネット上のデータ保管サービス「Dropbox(ドロップボックス)」に置かれていたとみられている。 ウイルス入りと知らずにこのファイルを解凍すると「Chikan. exe」という実行ファイルが現れ、これを単なるソフトと思い込んでクリックすると、ウイルスの本体である「iesys. exe」がパソコンに取り込まれてしまう。 そして「iesys. exe」が、インターネット掲示板「したらば掲示板」(ライブドアが運営)に定期的にアクセスし、犯行用の命令文を読み込んで実行。 最終的には、何も知らずに無料ソフトを入手した一般の人のパソコンから、犯罪予告が発信されてしまった。

次の

高城亜樹なりすまし、本人が被害届出せない不思議 警察見解は「被害者はツイッター社」: J

ツイッター なりすまし被害

埼玉県北本市の市立中学校の男性教員がツイッターで同校の男子生徒になりすまし、女子生徒の容姿などを中傷する書き込みをしていたことが7日、同校関係者への取材で分かった。 同校などによると、11月下旬に事実が発覚、男性教員は同月29日から体調不良を理由に欠席しているという。 男性教員が男子生徒になりすましたとみられるツイッター画像には、「顔で損してるよな」「あの体型、あの嫌われようでよく学校来れると思う」などと特定の女子生徒を中傷するような内容や、わいせつな内容のツイートがあった。 「(同校生徒の)フォロワー増やしたい」というものもあった。 同校関係者によると、遅くとも9月中旬ごろからツイートが開始。 10月には、公表される前の生徒会選挙の結果に関する内容が書かれており、教員か選挙管理委員の生徒によるツイートではないかと学校内で話題になった。 11月には、男性教員と数人の生徒しかいない場所で話された話題について書かれていた。 このため、中傷された女子生徒を含む一部の生徒らが男性教員を問い詰めたところ否定したが、翌日から学校に来なくなった。 一部生徒らの指摘を受け、同校は11月末から事実関係の調査を始めた。 同校や同市教育委員会によると、校長が今月5日、全校生徒に対し説明会を開いた。 同校関係者によると、校長は男性教員が生徒になりすまして不適切なツイートをしていたと話したという。 同校は8日、保護者向けに説明会を開く予定。

次の