葬式 ストッキング デニール。 葬式で履くストッキングはベージュはNG?色・デニール・注意点を解説

喪服にタイツはダメ!?色やデニール数についても徹底解説!

葬式 ストッキング デニール

葬式でタイツはだめなの? 葬儀の時は、マナーに沿った服装をする必要があります。 突然の葬儀の場合には、急いで喪服を用意しなければならないですしね。 葬儀の際には、黒のストッキングを履くことは何となく分かっているけど、 寒い冬の通夜や葬式に、タイツを履いていってもいいのかな? この疑問、おそらくほとんどの女性が考えることだと思います。 私も2月に、身近で不幸があり、タイツでいいのかどうかを悩みました。 葬儀でタイツはNG!? 基本的には葬儀に タイツの着用はNGなのだそうです。 タイツは、どうしてもカジュアル感が出てしまうからダメなのだとか。 しかし、 同じタイツでも、 肌が透けるくらいのデニールのものであればOKとも言われています。 遺族は本来のマナーに沿って、黒のストッキングを履いた方が良いですが、 参列者ならば、 60デニールくらいまでで、肌の透け感があるシンプルなタイツであれば 問題ないと言われています。 私個人的には、60デニールは履く人によっては透け感が足りない気がします。 40デニールのタイツまでにしておいた方が良いのではないかな…と思っています。 いくつかタイツをお持ちなら、 履いてみて透け感を確認してから、行かれた方が良いと思いますよ。 喪服でのストッキングの濃さは? 喪服の際は、基本的には無地の黒ストッキングが相応しいです。 でも、黒のストッキングなら何でもいいのかというとそれも違います。 ストッキングにも、タイツと同様に濃さがありますよね。 先ほどタイツでもお話した通り、ストッキングのデニールを考える際も 「肌の透け感」がポイントになるようです。 また、黒を持っていないなどの理由で、 紺色や茶色のストッキングを履こうと思う人がいるかもしれません。 1人でいるときは目立たないように見えても、 周りが黒のストッキングを履いているため、実際はかなり目立ってしまいます。 黒以外の色のストッキングは避けるようにしましょう。 スポンサーリンク 葬儀でのストッキングの濃さ デニール は? 通夜や葬式でのストッキングの濃さは、 「肌が少し透ける程度」が良いとされています。 濃すぎるものや薄すぎるストッキングはマナー違反となるようです。 じゃあ、どのくらいの濃さが良いのかというと、 「20~30デニール」が基本なのだそうですよ。 ちなみに、葬儀用として売られているストッキングは だいたい20デニールが多いみたいです。 ただ、これもタイツと同じで、履く人によって透け感が違ってきます。 濃すぎたり薄すぎたりしないか、 履いて確認しておくことをおすすめします。 夏の葬儀でもストッキングは必要 暑い夏の季節には、黒い喪服を着るだけで汗が出そうですよね。 その上、黒のストッキングまで履くと蒸れてしまいそう。 しかし、どれだけ暑くても、素足での参列は完全にマナー違反です。 葬儀の場では「素肌を見せない」が原則。 素足で行くのは絶対にやめましょう。 スカートに靴下も、足が露出している部分があるのでNGです。 でも、暑い時にストッキングはどうしても苦手という人は、 涼しく感じるストッキングがありますので、 いざという時の為に用意しておくと良いですね。 葬式では足のネイルも隠すこと! 葬儀の際、手の爪のネイルは気にする人が多いと思います。 しかし、うっかり忘れがちなのが、足のネイルです。 肌が少し透けるストッキングを履くということは、 派手なネイルは透けて見えてしまうことになりますよね。 葬儀場によっては、 靴を脱ぐ場面がある可能性がないとは言えません。 手の爪だけではなく、足の爪も 派手なネイルをつけたままでは マナー違反となります。 落とすことができるなら、ネイルを落としておきましょう。 ジェルネイルなど、すぐに自分で落とすことが難しい場合には、 ジェルネイルの上からベージュのポリッシュ マニキュア を塗ると、隠すことができます。 または、足の爪であれば絆創膏で隠すのも方法のひとつですね。 3Dアートなどのネイルの場合は、 ポリッシュでは隠せませんので絆創膏を使うのがおすすめです。 喪服にタイツまとめ 通夜や葬式の際、喪服にタイツを履くのは基本的にはNGです。 ただし、寒い季節でも、我慢して薄いストッキングを履かなければいけないのか というとそうでもなく、 カジュアル感のない、肌が少し透けるくらいのタイツであれば問題はないようです。 要は、タイツでもストッキングでも「素肌を隠すけど隠し過ぎていない」ことが大切です。 また、ストッキングはちょっと引っかけたりしただけで、 すぐに電線したり穴が開いてしまいますので、 予備のストッキングを持って行くことを忘れないようにしましょう。

次の

喪服にタイツはマナー違反?ストッキングの色やデニール数にきまりはあるの?

葬式 ストッキング デニール

スポンサードリンク お葬式に参列するとき、 喪服に合わせるストッキングの色は黒が基本です。 濃すぎず薄すぎず、肌の色がうっすらと見えるくらいの濃さがよいとされています。 大体 20~30デニールを目安に選ぶのが良いようです。 でも、厳寒の冬にストッキングは寒い! 気温が氷点下になるような季節や、積雪のある地域でも、 ストッキングを履かなければいけないのでしょうか? お葬式の服装は、悲しみを表すために着るものです。 寒い季節には、60デニールまで厚手のものを履いても差し支えありません。 お年寄りや妊婦、高血圧などの持病がある方は、体を温かく保つ必要があります。 その場合は、黒いタイツを履いて体が冷えないようにしてください。 それでも寒さがこたえる場合は、パンツスーツを着るという手もあります。 足腰が痛くて正座ができない方にもおすすめです。 お葬式に履くストッキングのおすすめはこれ!礼装ストッキング 黒で無地だからいいだろうと慌ててストッキングを買ってみたら、 つやつやと光沢のある素材で、葬儀に履けなかった。 …なんていう失敗をすることがあります。 パッケージの上から、ストッキングの素材感を確かめるのは、 なかなか難しいですね。 よく見れば、光沢ありと書いてありますが、 急いでいると、よく確かめずに買ってしまうこともあります。 そんな時に便利なのが、 礼装ストッキングです。 礼装ストッキングは、お葬式に履くのにふさわしいように作られています。 細かい網目で、適度な透け感があり、失敗がないのでおすすめです。 葬儀に履くストッキングでNGなのは、 色物、柄物、網タイツ、ラメ入りの物、光沢のあるものです。 これらは悲しみの席である葬儀には、ふさわしくありません。 ところで、肌色のストッキングを履いて参列する人もいますね。 どうして肌色を履くのでしょう? そもそも肌色は、色物でしょうか? 「肌色はストッキングの基本の色であり、正装には肌色を履くのが正しい。 」 という考え方があります。 むしろ、黒は色物の一種とみなすのです。 だから、黒を葬儀に履くのはふさわしくないと考える人もいます。 今は黒いストッキングを履くことが当たり前になり、 葬儀には黒いストッキングが正装だと言われていますが、 肌色が正装だと思う人もいるのです。 お葬式の服装は、地域や世代、故人との関係性で千差万別です。 自分が正しいと思う服装でない人がいたとしても、 その人にとっては、それが正装なのだと理解してください。 まとめ 葬儀に履くストッキングは、適度な透け感のある30デニール以下の黒が基本です。 しかし、寒風吹きすさぶ真冬には、タイツを履くのも容認できます。 特にお年寄りや妊婦さんは、タイツを履いて保温に勤めてください。 礼装ストッキングは、 葬儀にふさわしい素材と透け感で作られているので、おすすめです。 何を正装とするかは、地域や人によって様々です。 肌色のストッキングを正装と考える人がいることも理解しましょう。

次の

葬式でタイツはだめ?喪服のストッキング濃さは?足のネイルも注意

葬式 ストッキング デニール

葬儀にふさわしいストッキングの色とは スカートスタイルで葬儀に参列する場合、ストッキングを着用します。 このストッキングについて「暗い色を用意すればOK?」「真っ黒じゃなくてもさりげない柄物なら良いのでは?」「ストッキングが無い場合はタイツでも大丈夫・・・」など思っていませんか? 意外と見落としがちな足元のマナー。 自己流で葬儀に出席すると、その場の服装マナーにそぐわず恥ずかしい思いをするかもしれないためしっかり確認しておきましょう。 基本的には黒色のストッキングをはく 通夜や葬儀、その他の法事などにスカートスタイルで参列する場合には、黒い無地のストッキングを着用しましょう。 黒は喪に服す色のため葬儀では足元まで黒に統一します。 ストッキングの色は濃すぎず、肌が透けるくらいの黒色が良いとされています。 突然の連絡に慌てて私服で駆け付ける場合には黒色でなくてもいいですが、あくまで例外です。 肌色のストッキングは避けたほうが無難 一般参列者であれば肌色など目立たない色であればよい・・・という考えかたもありますが、実際のところ、黒色以外のストッキングで参列される方はほとんどいません。 大勢の参列者の中、一人だけ違う色のストッキングを履いていれば目立ってしまいます。 葬儀に適したストッキングはコンビニエンスストアにも売っていますので、可能であれば黒色のストッキングで参列しましょう。 ストッキングの濃さやデニールの選びかた 葬儀のストッキングは、厚みにも決まりがあります。 葬儀の場に応じたものを選ばなくてはなりません。 葬儀用ストッキングには20デニール程度の物が、上品に見えて良いとされています。 20デニールとは、肌がしっかりと透けて見える厚さで、一般的に売られている葬儀用ストッキングは20デニールのため葬儀用のストッキングを購入しておけば安心です。 タイツはカジュアルと見られるためNG ストッキングとタイツの違いは用途です。 ストッキングは「足を綺麗に見せる」為の透け感のあるものであるのに対し、タイツは「寒さを防ぐため」に身に着けるものです。 厚みでいいますと、タイツは30デニール以上の厚みがあります。 タイツは生地が分厚くカジュアルな印象になってしまうため、冠婚葬祭などフォーマルな場には、タイツではなくストッキングを履くことがマナーです。 ただし妊婦さんや持病をお持ちの方は、ご自分のお体を優先に無理のない服装を心がけて考えてくださいね。 冬場は60デニールほどのタイツでも問題ない 寒い冬に、寒さを我慢してまで薄手のストッキングで参列しなくてはならない訳ではありません。 ちなみに60デニールは、足全体がほんのりと透ける程度の厚さです。 また、冬だけではなく春や秋でも冷房の寒さが気になってしまう場合もありますよね?そんな時には、肌色のストッキングの上に黒のストッキングを重ねて履く、2枚履きスタイルで参列することをおススメします。 これなら厚みがでないので20デニールのストッキング一枚に見せることが出来ます。 その他の寒さ対策としては、靴用のカイロを使用することもオススメです。 どうしても寒い場合には、パンツスタイルの喪服を選んでも良いでしょう。 夏場でもストッキングは着用するべき 夏の暑い時期は素足で過ごしている方も多いかと思いますが、葬儀に素足で参列するのはマナー違反となるため、必ずストッキングを着用しましょう。 身に着けると冷たく感じる冷感ストッキングや、膝丈のストッキングが売られていますので、ご自分に合ったものを選んでくださいね。 ただし、短めのストッキングは葬儀中にずり落ちてしまうことの無いように気を付けてください。 その他、暑さ対策としては足用の冷却スプレーを活用することも良いでしょう。 葬儀にはいていくストッキングで注意すべきこと ここまでは葬儀のストッキングの厚みや色について説明しました。 まだまだ他にも葬儀用ストッキングでやってしまいがちなミスがあります。 ちょっとしたことではありますが、知らなかったり、ウッカリ抜けていたりするとマナーに反してしまい恥ずかしい思いをすることもあるので確認していきましょう。 無地以外のものは選ばない 黒のストッキングには、ラメ入りのものやさりげない柄が入っているもの、ワンポイントの刺繍が入っているものがあります。 これらを葬儀に履くのはNGです。 プレーンな無地のストッキングを選びましょう。 間違えて不相応なストッキングを履いてしまわないように、葬儀用のストッキングを喪服と共に保管しておきましょう。 予備のストッキングを用意しておく 葬儀に限らず、フォーマルな場に行く場合にはストッキングが伝線してしまったときのために、予備を一足用意しておくと安心です。 20デニールのストッキングは破れやすく、伝線した場合は目立ちやすいです。 履き替えることになってしまった際にも、焦らずにゆっくりと装着しましょう。 時間が無いからといって無理やり引き上げると、再び伝線してしまったりムラができたりします。 派手なペディキュアは落としましょう 葬儀では靴を脱ぐ場面も多いです。 ストッキングからネイルが透けてしまっては台無しです。 派手なカラーを使っている場合やネイルアートが施してある場合には気を付けてください。 コンビニエンスストアなどでもネイル用品は売っていますので、除光液で落とすかナチュラルカラーを重ね塗りして目立たないようにしましょう。 まとめ 今回は、葬儀のストッキングについて解説しました。 身だしなみのマナーを守ることは、故人への弔意の表われです。 長時間椅子に座ったり立ったりする葬儀の場では、意外と足元は目立ちます。 間違いのない服装で心おきなくお別れの時間に立ち会うために、足元のマナーにも気を配りましょう。 もしもの時に備え、喪服だけでなく葬儀用ストッキングも用意しておいてはいかがでしょうか。

次の