インベスタードクター。 インベスターリターン(IR)とは?わかりやすく解説

インベスターZ

インベスタードクター

インベスターZは、全巻読んできました。 その魅力は、 ・よく耳にするが実はちゃんとわかっていないことを投資先の切り口でズバッと掘り下げてくれる。 ・失敗を繰り返しながら成長するストーリーに親近感を覚える。 ・ストーリーと現実を結びつける巻末のインタビュー記事でリアリティが増す。 毎回、心に響いた言葉をメモしながら読んでいますが、こんな漫画は初めてです。 さて本編は、学年トップで道塾に入学した主人公 財前が謎の投資部に入部し、未知の投資の世界で悪戦苦闘する1年間を描いた完結編。 今回私の心に響いたメッセージは、「人の成長は投資に値する価値がある」ということ。 藤田家が道塾の将来をかけ2人が勝負する場を設けたことについて、甲子園球場創立のエピソードを交え、 「子供達が真剣勝負で競うところにお金を目一杯投じるのは当たり前のこと」の言葉は 道塾設立の想い、 「金七が道塾を設立した理由は北海道の子供達への愛情なんですよ。 」につながる。 終盤、龍五郎のノートに財前が何かを書き込むシーンで、 「金七への想いに感謝の気持ちを表したい。 」 そして財前が思う愛情とは具体的に「考える」ということ。 「目を逸らさず、忘れず、ずっと考える。 たとえ答えが見つからなくても考え続けることが愛情だと思います。 」 自分で考え抜き、自ら答えを生み出すことによってのみ道を切り開くことができる。 と自分はとらえました。 つまり、最もリターンが大きく、しかも自分でコントロールすることができる最高の投資先は、 「自分自身の行動」というメッセージではないでしょうか? 巻末インタビューは、伝説の投資家 ジムロジャース アドバイスは2つ ・世界を知れば母国がわかる 外から見ると自国を客観的により深く知ることができる。 ・好きなことを追及せよ 「親や先生になんと言われようと自分が好きなことを見つけて、続けるのです。 「ほとんどの人は実行に移していません。 たとえ好きなことを見つけられても追及しないのです。 なぜなら人と違う道を選ぶことが怖いからです。 」 ビルゲイツを引き合いにまわりに変人扱いされようとも、あきらめずにやり続けた人(だけ)が 結局成功をつかむことを述べています。 さらっと読めるけど熱く、深いメッセージを感じたインベスターZ。 今回でシリーズ完結ですが、ぜひ続編を期待しています。 window. head e. getElementsByTagName "head" [0] e. createElement "script" ;d. onload ;c. insertBefore d,c. ssl-images-amazon. tags. indexOf "usesAppStartTime" b. transition. type?! transition. u :l ;a. previousSibling e. nodeName;1! getAttribute return a. getAttribute k? getAttribute k :f a. indexOf c. unshift c. b f a :d.

次の

【フル動画】インベスターZ 見逃し無料配信ガイド!Dailymotion&Pandoraの落とし穴とは?

インベスタードクター

勤務医として働く個人投資家・インヴェスドクターさんが、10年で元手を25倍以上に増やした「底値買い」テクニックを紹介! 株価暴落でパニック売り状態になったときが最大のチャンス! 2012年末からアベノミクス相場が始まり、長く株価は好調が続いたが、2018年の日本の株式市場は大荒れ。 2019年も先行きが不透明な状況が続いている。 そのほか、株価が低調なときにも着実に利益を上げて、資産を増やした個人投資家に、売買テクニックのコツも聞いている。 今回は、10年で元手を25倍以上に増やし、4. 5億円の資産を保有する個人投資家・インヴェスドクターさんの記事を抜粋! インヴェスドクターさんは底値買いの達人で、相場の暴落時に積極的に投資することで莫大な資産を築き上げてきた。 ここでは、インヴェスドクターさんの銘柄選びのルールや売買タイミングの見極め方を紹介するので、ぜひ参考にしてみてほしい。 下げ相場が続いた2018年も、20%超の利益を獲得! 「暴落時の底値買い」で10年で資産を25倍以上に! 2018年は、凄腕の個人投資家でも投資成績がマイナスとなった人が続出した。 だが、そんな難しい相場でも、年率で25%も資産を増やしたのがインヴェスドクターさんだ。 「株式投資はリーマンショック後の2008年秋に始めたので、アベノミクス相場に乗っただけ」と本人は謙遜するが、 投資を始めてからわずか10年で資産額は元手の25倍以上の4億5000万円に。 特筆すべきは、日経平均株価が年間でマイナスとなった年を含め、すべての年で資産を増やしていること。 「 20銘柄程度に分散して、リスクを取りすぎないようにしています。 あとは、 相場の楽観時に安易に株を買わないこと。 機会損失はつらいですが、買いそびれた銘柄も追いません。 例えば高値を更新中の『 』などは買いたかったですけど、安値で買えなかったのであきらめました」 また、 相場の平常時は、投資資金のうち、20%以上を現金で持つように意識している。 「年に1~2回ある、市場がパニックになって投げ売り状態になった時に、この資金で底値の株を買うのです。 市場が恐怖で支配されている総悲観のときこそチャンスです」 パニック状態かは、 「25日騰落レシオ」で判断する(下図参照)。 25日騰落レシオとは、市場の過熱感を見る指標で、「25日間の値上がり銘柄数の合計/25日間の値下がり銘柄数の合計」で算出。 100%が中立で70%台以下が底値ゾーンと判断される。 「 騰落レシオが60%台まで下落したら、残りの資金を投入します。 70%台でも底値ゾーンなので、60%台は厳しめの設定です。 直近では、日経平均株価が1万9000円を割れた2018年の12月26日に60%台になりました」 相場のパニック時に買い向かうのは勇気がいりそうだが……。 「これは慣れです。 最初は手が震えました。 ですが、 暴落時の底値買いは、最大の攻撃で、最大の防御。 下げは限定的ですし、反発すれば大きな利益が狙えます。 自信がある場合、信用取引も使います」 暴落時に買う銘柄は事前にリサーチしてリストアップ! 2018年末の暴落で購入したのは「コマツ」と「ソフトバンクG」 2018年12月の暴落で購入したのは、事前にリストアップしていた「 」と「 」だという。 「『 』は配当利回りが約4%で、最高益見込み。 PER9倍の2200円台まで下落したので購入しました。 社長が『中国関連株と思われるのは迷惑』というニュアンスの発言もしています。 6000円台で拾えた『 』は、子会社のIPOで資産規模が拡大したのに株価が急落していたので注目。 どちらも信用買いで買った分は短期で利益を確定。 現物分は大きく利益を伸ばすため、保有を継続しています」 現物で買った場合、保有期間は1年程度。 買値から50~100%株価が上昇したら、半分は売る。 「利益の確保が優先。 それから業績や割安度(PER・PBR)をみて、保有継続を検討します。 『 』は1万1000円まで上昇したので、利益確定するか悩んでいます」 小型株も積極的に組み入れる。 「例えば小型の割安株は、 PBR1倍以下、PER12倍以下、時価総額200億円以下、自己資本比率70%以上でスクリーニング。 この条件をクリアし、 3年連続で営業利益が伸びていれば候補になります」 過度に情報を追わないことも心がけている。 「SNSは最新情報を入手するには有益なツールですが、煽り系や悲観論に惑わされやすい。 苦手な業種も買いません。 特集ではその他の個人投資家にも登場してもらっているほか、急落時に狙い目の銘柄も公開。 また、別冊付録として、株主優待を実施する全銘柄を網羅した「全銘柄版 株主優待完全カタログ」、お金について不安を感じている投資初心者に必要な情報が集まった「はたらくお金の教科書」の2冊を用意! ダイヤモンド・ザイ6月号は、全国の書店や ・にて好評発売中! 【2020年7月2日時点】 【証券会社おすすめ比較】 手数料、取引ツールetc. 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。 楽天スーパーポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。 また、取引から情報収集、入出金までできる トレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。 ツール内では 日経新聞の記事も無料で読むことができる。 さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、 長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。 小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。 米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。 多彩な注文方法や 板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。 中でも、日本株、米国株、先物取引について ロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。 毎月5000円の掛金から始められる 低コストなiDeCoサービスも行っている。 買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると 業界最低水準の売買手数料となっている。 スマホに特化した証券会社でパソコンから取引には対応していない、その分、アプリの取引画面はシンプルで初心者でも直感的にわかりやすいデザインになっている。 また、300銘柄に限って1株単位での売買が可能で、その売買手数料が日中なら約定金額の0. 05%と 単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。 現物株は、1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」でなら、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円。 さらに、 信用取引の売買手数料はなんと0円で、 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 com証券のおすすめポイント】 国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、 最大のメリットは売買手数料の安さ。 1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、 約定金額が大きいほど割安度が高い。 また、 売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。 取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。 スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、 初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。 2019年2月からIPOの取り扱いもスタート。 委託販売のみなので割当数は少なめだが、 口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。 新規口座開設で1カ月間手数料無料。 また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。 口座開設手続きが期間に迅速で、 最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】.

次の

インベスターZに学ぶクリニック開業の考え方

インベスタードクター

『インベスターZ』第12話(最終回)の放送終了後から1週間限定配信なので 2018年9月28日 金 放送終了〜2018年10月5日 金 深夜0時50分 までは見られるよ! 放送終了から1週間以上経過している場合 先に結論からご紹介すると、ドラマ『インベスターZ』の動画を見放題で配信しているVODは無いのですが、 U-NEXTとビデオマーケットの無料登録キャンペーンを活用すれば2話分を無料で見ることが出来ます! 以下、詳細をご説明していきます。 主要VOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『インベスターZ』配信状況 国内ドラマの配信に力をいれているVOD(ビデオオンデマンド)サービスでの『インベスターZ』の配信状況は以下のようになっています。 U-NEXTの詳細解説 U-NEXTは31日間無料お試し期間があり、さらに登録時にレンタルに使うことが出来る600ポイントをもらうことができます。 『インベスターZ』はポイントレンタル配信されているので 登録時にもらえる600ポイントを使えば『インベスターZ』の見逃した回を見ることが出来ます! 31日間の無料お試し期間でも、通常の会員と同様のサービスを受けることが出来るので、見放題扱いになっているドラマや映画、さらには雑誌が無料で読み放題となるのはうれしいポイントですね! 無料登録期間に解約をすれば料金は一切かかりませんので、この機会に試してみてはいかがでしょうか? ビデオマーケットの詳細解説 ビデオマーケットは配信本数17万本以上を誇る、日本最大級の動画配信サービスです。 DRAMAP編集部では配信本数の規模が近いU-NEXTとビデオマーケットどちらも利用していますが、使用感としては、ほぼ同じ印象です。 ビデオマーケットのメリットとしては• プレミアムコース:月額540円• プレミアム&見放題コース:月額980円 という2つのコースが用意されていることと、基本料金がU-NEXTよりも安いことが挙げられます。 また、どちらのコースに入ってもレンタル対象作品に使用できる540ポイントが毎月付与されます。 540ポイント無料付与サービスは初月無料キャンペーン登録時にも適用されるので、このポイントを利用すれば『インベスターZ』の見逃し動画1話を無料ですぐに見ることが出来ます! もちろん、初月無料キャンペーン期間に解約をすれば料金は一切かかりません。 慎司と財前の3番勝負の最後は東証一部上場企業から数社を選び株価の時価総額の合計を100兆円に近づけるバトルで、1円でも100兆円を超えてはならないという厳しい条件です。 現在、一部上場2112社中、時価総額トヨタの22兆円を最高に10兆円以上はソフトバンク、NTT,NTTドコモの3社のみで、5兆円以上はメガバンク含む15社、2~5兆円未満、約60社です。 この組み合わせで丁度、100兆円になるように選択するのは楽なようで株式併合によって1株当たり株価も高い企業が多く、株価変動幅も勢い大きいので、株価総額変動幅も大きくなり、余計掴みにくいです。 慎司は最初に選択権を得て時価総額1位の企業を選びます。 もし選択回数が同じであれば時価総額上位から順番に選択し、順番の下位企業を選ぶしかないですが、もし回数無制限で時間制限なら株価変動幅の少ない株価の低い銘柄を数多く、選んだ方が総額のブレが少ないかもわかりません。 もはや、どちらに運があるかの勝負かと思います。 ペンネーム:ルクチー(60代・男性) 最終決戦の「100兆円時価総額バトル」が一番の楽しみなポイントである。 最初の選択権を得た慎司のほうがはるかに有利であるので、財前はこの勝負を乗り越えられるかが難しいと予想する。 また、財前には投資部の仲間の絆があり、自分のことのようにうれしがったり、くやしがったりする仲間がいることが青春そのもので素晴らしい世界だと思う。 財前とは違い、慎司は個人で闘う性格でどちらがいいとは言えないが、二人の男性同士の対決は素晴らしいものになる。 慎司は一人で過ごすことが今まで多かったが、財前と対決することでコミュニケーションをとっていることがいい経験になりいい思い出となる。 ペンネーム:ラベンダー(50代・女性) 『インベスターZ』第12話(最終回)のあらすじネタバレ 最終話では財前と慎司が一部上場企業500社の株を選び時価総額100兆円に近づけるバトルで1円のオーバーも許されないという難しさです。 最初の選択権を得た慎司は時価総額1位の企業を選びます。 サイコロの目が多い方に選択権があり、1分以内に企業を選択しなければ無効となります。 中々、選択権が取れない財前は焦り時価総額トップのトヨタの23兆円を慎司が取り、2回目も慎司がUFJ銀行を選び3回目で財前がドコモを探しますが、見当たらず時間切れになります。 4回目は慎司がJTを選択、神代は投資部がなくなっても良いと財前を激励します。 しかし財前はキーエンスを選んだ時から流れが変わり、勢いのあるファナック、デンソー、信越化学、村田製作所を押さえ挽回します。 90兆円まで来て、財前がイオンモールを選び、慎司が選択をストップします。 財前は迷いますが、慎司に勝つのだとの信念で、最後の選択にワコールを選び財前が99兆6940億円、慎司が99兆6860億円で、財前が勝ちます。 財前は慎司に東大大学院に行くより一緒に投資をしたいと言いますが慎司は恵まれない子供の為に無償で学校を帯広に作ると言います。 神代はオックスフォード大学で原子炉廃炉の勉強をすると言います。 財前は金を愛するとの理念で投資部を守り抜くと言います。 『インベスターZ』第12話(最終回)の感想 投資部の創設者で財前の曽祖父の龍五郎が戦前に藤田家の石油会社の株を買い占め権益を奪い軍部に石油を売った過去があり、善悪より損得が全てで金の為なら冷徹だった龍五郎を怖れていた繁富が財前の投資の才能を見込みつつ暴走も警戒していましたが、これからの学園の運命をスタンフォード大卒でアメリカ流の考えで日本を改革しなければいけないと言っていた慎司と財前の、どちらに託するのか競わせた3番勝負は、特に3番目が一番、スリルがありました。 結果、財前が勝ちますが、トヨタを除けば一部上場企業の時価総額10兆円以上は3社、5兆円以上、15社、1兆円以上、133社ですので、90兆まで行って財前の最後の1社の選択は難しかったと思います。 息を呑む場面でした。 しかし最後に繁富が、もう新しい時代が始まっていると財前を激励したのは、密かに繁富も財前の曽祖父譲りの才能に期待していたのではないかと表情から読み取りました。 財前は何故,投資をするのかと慎司に尋ねられ、面白いからと言い、夢はないのかと慎司に馬鹿にされますが、財前は夢を追うのは手抜きの言葉で自分が知りたいのは成功した大人の実例だと言いましたが、実際の企業家が生出演して実体験を語る姿は説得力があり、経済などの勉強にもなった異色のドラマでした。 ペンネーム:ポンタ(60代・男性) 『インベスターZ』第12話(最終回)のあらすじネタバレ 藤田慎司との道塾投資部存続をかけた、チキンレースの行方、キャプテン神代の選択、財前の成長などがよかったです。 財前は星占いの運勢最悪の中、どこまでも思いっきり切り突っ込む作戦で、最後の最後僅差で勝利をつかみとりました。 リスクを取れないものはリターンもないと。 130年もつずく道塾投資部は財前の活躍で今後も存続出来ることになりました。 勝利した財前は、負けたら慎司は大学に進学するという条件をとりさげます。 そして、神代は周りがびっくりするような進路を選ぶかと思いましたが、原発廃炉の実現のためオックスフォード大学へと進む道を選びました。 『インベスターZ』第12話(最終回)の感想 結構あっけない終わり方だと思いました。 インベーダーZは、お金に対する考え方が書かれています。 投資部主将神代が選んだ進路は、結構平凡で意外なものでした。 家庭教師をしながらお金を稼いで、オックスフォード大学に進学するというもの。 神代の能力をもってすれば、一気にかなりのお金を稼ぐことも、可能だっただけに、堅実すぎる計画だったなと思いました。 自国の問題でもある原発の廃炉を実現させるため、大きな目標のためこのような進路を選んだ神代と財前はすごいと思いました。 投資をしたことによって、自分たちの生きていく道が変わったのかなと思います。 ペンネーム:つばちゃん(40代・男性) 『インベスターZ』第12話(最終回)のあらすじネタバレ 投資部の存続をかけて、100兆円時価総額バトルが始まる。 サイコロをふって数の多いほうが選択権を得られる。 選択権を得たら、一分間で企業を選び時価が100兆円に近いほうが勝ちである。 100兆円をこえたら負けというルールである。 前半は慎司が選択権をほとんど取り、幸先いいスタートをきった。 途中で慎司が投資は夢を得るためにやるものだと財前に話をするが、財前は夢より今できることをやっていると自分の意見を述べた。 その後、お互いに企業を選び、闘いは白熱する。 財前はワコールを選んで企業を選ぶことをストップした。 結果は、財前の勝ちだった。 また、卒業する先輩の圭介に財前は投資部を任された。 『インベスターZ』第12話(最終回)の感想 前半は慎司が選択権をほとんど得ていて、余裕綽々の顔をしていることが少し鼻につくように思えた。 何でこんなに余裕を持っているのかが不思議な感じがした。 財前は選択権を得ても、あまり時価が低い企業を選んでいたのでツキがないと思った。 財前がパニックになっている状況を見極めた先輩の圭介が「投資部はなくなってもいい。 」と言ったことは、財前にプレッシャーをかけないようにする優しさのような気がした。 その後、財前も調子が戻ってきたので、よかったと思った。 美雪の祖父の藤田繁富が「投資は社会とお金の仕組みを知り、未来を託せる企業を応援している。 世の中を良くすることでもある。 」といった言葉が印象的だった。 また、財前は投資部の良き仲間に恵まれて勝負に勝つことができ、改めて仲間の絆は素晴らしいものだと思った。 ペンネーム:ラベンダー(50代・女性) 『インベスターZ』第12話(最終回)のあらすじネタバレ 一勝一敗ではじまった最後の決戦。 2人は東京に呼ばれます。 最終決戦は「100兆円時価総額バトル」と発表されます。 東証一部上場企業のうち500社の一部の中から 数社選び時価総額を100兆円に近づけるというゲームです。 サイコロをふって出た目が多いほうが 一社選択していく。 一円でも100兆円超えたら失格。 100兆円に最も近付いたとおもったら ストップする。 最初に慎司は トヨタ自動車を取ります。 そして 三菱UFJ. 財前が、ドコモをえらぼうとしますがなく、選べない。 慎司が JT。 財前 ビックカメラ。 弱気になった財前に 部長が、投資部をつぶしてもいいと宣言する。 部長の言葉に財前は、自分をとりもどした財前 キーエンス。 ファナック。 デンソー。 信越化学工業 村田製作所。 TOTO。 大和証券。 イオンモール。 慎司 伊藤忠 パスする。 そしてストップ。 最後に財前が、ワコールをとってストップする。 結果は財前の勝利。 投資は 社会とお金の仕組みをしり、未来をたくせる企業を応援して よの中をよくするものです。 君たちのようなわかもが 全員が未来なのだという藤田重富がいう。 慎司がまけたら 東大にいくというのは 取り下げるという財前。 慎司は 無償で子供の可能性を広げる学校を 帯広に作ると宣言。 財前は 2年生へと進級する。 投資部の理念「金を愛せ」という文字を壁に張る。 『インベスターZ』第12話(最終回)の感想 今までの投資のまとめのような会でした。 どんな企業を応援していけばいのか、投資とはどういうことなのか、総まとめの勉強になったと思います。 財前は、誰も信用しないタイプでしたが、投資部という仲間をつくることができて、自分を見失わず最後まで戦うことができたと思います。 慎司は自分を過信しすぎていたし、仲間で助け合うという概念を忘れていたので負けたのだと思います。 結局は 財前のためや投資部のためではないく、わが息子 慎司のために行われたゲームだったのではないかと私は思います。 慎司は開眼し、未来の子供ために投資することを宣言したので、父親の思うとおりになったということでしょうか。 ペンネーム:みなのすけ(40代・女性) 『インベスターZ』第12話(最終回)のあらすじネタバレ ある有名高校に首席で合格する財前孝史は野球部に入ろうと思っていたが野球部の案内をしてくれるという女の子に出会ったがそこはグラウンドではなくとある地下室だった。 そこでは数人の男たちが麻雀をした。 彼らは投資部のメンバーだった。 財前は当初は疑っていたがマージャンができるからという理由で投資部に入部することになる。 投資部で活動する中で自分の父が投資部の創立者だということを知る。 ベンチャー企業の会合で美雪の兄と知り合い些細なことで喧嘩をしてしまう。 そして投資部の存続をかけて三番勝負をすることとなってしまう。 『インベスターZ』第12話(最終回)の感想 時価総額100兆円というタイトルで最終回が始まった。 美雪の兄との三番勝負は依然として不利な状況だった。 負けている状況でも攻めの姿勢は崩さずにどんどん攻め続けた。 そんな財前を見て美雪の兄は企業を選ぶのを終了、そして財前も最後の企業を選んで終了した。 結果は僅差で財前が勝利をした。 投資部に入って一年で美雪の兄と勝負したりしてこの一年を振り返る場面があった。 その中で大切だったのは「結果が全てだということ」を学んで進路を決めていくこととなる。 道塾にトップで入らなかったら投資部には入っていなかったしそしたら神代にもあっていないし祖先にもあっていない。 ペンネーム:もっちー(10代・男性) 『インベスターZ』第12話(最終回)のあらすじネタバレ 主人公の財前孝史(清水尋也)VS投資家である藤田慎司(山本涼介)投資3番勝負の最終決戦! 巨大モニターに並ぶ東証一部上場企業から数社選び時価総額の合計を100兆円に近づける「100兆円時価総額バトル」総額が大きい企業から選ばなければ100兆円に到達しない。 だが1円でも超過したら失格。 最初の選択権を得た慎司は、当然ながら時価総額1位の企業を獲得。 なかなか選択権が得られない財前は焦りばかりが募り……。 100兆円に近付く勝負の中、孝史が選ぶ企業とそのひらめき、孝史に潜む投資家としての才能がどのような結果を導くのか。。 投資部存続を賭けた戦いの結末はいかに!!! 『インベスターZ』第12話(最終回)の感想 この勝負は最初の選択権を得た方が圧倒的に有利な状況となる中、慎司が選択権を得る。 慎司は投資経験も豊富で知識、経験共に当然有利である。 慎司は資産総額の大きい企業から順調に選択をしていくのは当然の流れ。 その状況下で、孝史は未来を含めた企業の選択と自分の重ね合わせ、勝負を進めていく。 その中で勝負の流れが変わっていく。 面白いストーリーでした。 また学生が投資を実施しというドラマが現実離れていているように思えるが、現在の日本、将来の日本を見たときに非常に必要な世の中になっていくと思っていたためこのドラマ自体が将来の若者の未来を想像できるような1手となってくれるとよいな。 と思うドラマでした。 ペンネーム:おかみさん(40代・男性) まとめ.

次の