ギリシャ 神話 テセウス の 船 と は。 テセウスの船とはギリシャ神話なの?実話なのか元ネタは何?

テーセウス

ギリシャ 神話 テセウス の 船 と は

クレタ島の怪物を倒したアテナイのテセウスは船に乗ってアテナイに凱旋しました。 アテナイの人々は、テセウスを英雄とたたえ、テセウスが乗っていた船を保存しますが、船の部材は時間の経過とともにだんだんと朽ちていきます。 そこで人々は古くなった部材を新しいものへと変えて、テセウスの船を保全しました。 ついには、当初使われていた部材は一つもなくなり、全てが新しい部材へと置き換わってしまいました。 さて、全ての部材が新しくなったテセウスの船は、はたして「元の船と同じだ」といえるのでしょうか? 「元の船の部材を使っていないから同じではない」とも言えますし、「テセウスの船として保全されているのだから同じ」とも言えますね。 この問題についてどのように考えるかによって、その人がこの世界や人生についてどのように考えているのかを判断することができます。 [ad co-1] (テセウスの船のパラドックスとは?哲学の思考実験について簡単にわかりやすく解説します) 例えば、「 この船は テセウスの船として保管されているのだから、部品は変わってもその意味するところは同じ」と考えるのであれば、これは 構造主義という考え方をとっていることを意味します。 構造主義というのは、簡単にいえば「このもの」「あのもの」というように物体にこだわらず、社会の中でそれがどういう意味をもっているか?で判断する考え方のことです。 テセウスの船は物体としてはもとのものと別物になってしまっていますが、アテナイの人々にとってはそれは「テセウスの船」です。 同じように、「大阪城」は物体としては昭和の時代に改築されたものですが、私たち日本人にとっては「豊臣秀吉が天下をとった時に作った城」ということになっていますよね。 このように、構造主義では「それが何で作られているか?」はとりあえず置いておいて、私たちの社会の中でそれがどのように位置付けられているのか?を重要視して考えるのです。 [ad co-1] 実存主義で考えた場合の「テセウスの船」 一方で、「 物体としてのテセウス時代の船はとっくになくなってしまっているのだから、これはテセウスの船ではなく、ただの船だ」と考えるのであれば、 実存主義の立場をとっていることになります。 実存主義とは、手に取れる1つ1つの物体、目の前にいる1人の人間を個別的なものとして考える考え方のことです。 実存主義をとなえたのはサルトルという有名な哲学者ですが、この人は「人間といえばこうあるべきだ」ということよりも、「今目の前にいる人間がどういう人かが重要だ」と考えました。 テセウスの船は物体としては昔のものとは別物になっていますから、「テセウスが生きていた時代の船と、今の船とは別物だ」と考えるのが実存主義の立場になります。 [ad co-1].

次の

テセウスの船

ギリシャ 神話 テセウス の 船 と は

伝説 [ ] 誕生 [ ] テーセウスはアテーナイの王との王女の子とされる。 海神とアイトラーとの間に生まれた子であるという伝説もある。 テーセウスはトロイゼーンで育てられたが、16歳の時、アイゲウスに息子として認めさせるために、アテーナイに向かった。 アテーナイには安全な海路を取ることも可能であったが、テーセウスはあえて危険な陸路を選び、道中の山賊や怪物を討ち果たした。 ではを、ではを、クロミュオーンではと呼ばれた(クロミュオーンの猪)を、ではを、ではを、ヘルメウスでは山賊を倒した。 残虐な方法で人を殺めていたこの者達に対し、テーセウスはいずれも同じ目に遭わせて殺した。 道中、テーセウスが倒したプロクルーステースは「プロクルーステースのベッド(寝台)」(Procrustean bed)の逸話で有名である。 この山賊は旅人に寝台を勧め、大きな寝台より背が小さければ、旅人の手足を無理やり引っ張ることで殺してしまった。 また、小さな寝台から手足がはみ出せば、旅人の手足を切り落として殺してしまった。 そこから「無理矢理、基準に一致させる」という意味になった。 アテーナイでは、アイゲウスの妻がテーセウスを毒殺しようとしたが、テーセウスはこの陰謀から逃れ、身に着けていた剣とサンダルによって身の証しをたて、アイゲウスから息子と認められた。 そして、メーデイアはアテーナイから追放された。 ミーノータウロスの退治 [ ] ミーノータウロス伝説の舞台となったクノッソス宮殿 ミーノータウロスが幽閉されているラビュリントスは、名工によって築かれた脱出不可能と言われるであった。 しかし、ミーノース王の娘がテーセウスに恋をしてしまい、彼女はテーセウスを助けるため、彼に赤い麻糸の鞠とをこっそり手渡した。 テーセウスはアリアドネーからもらった毬の麻糸の端を入口の扉に結び付け、糸を少しずつ伸ばしながら、他の生贄たちと共に迷宮の奥へと進んでいった。 そして一行はついにミーノータウロスと遭遇した。 皆がその恐ろしい姿を見て震える中、テーセウスはひとり勇敢にミーノータウロスと対峙し、アリアドネーからもらった短剣で見事これを討ち果たした。 その後、テーセウスの一行は糸を逆にたどって、無事にラビリントスの外へ脱出する事ができた。 テーセウスはアリアドネーを妻にすると約束し、ミーノース王の追手から逃れてアテーナイへ戻るために、アリアドネーと共に急いでクレータ島から出港した。 による 所蔵 しかし、彼は帰路の途中、に寄った際に、アリアドネーと離別してしまった。 これは、アリアドネーに一目惚れした(/バッカス)が彼女をに攫ってしまったために、行方が分からなくなり、止むを得ず船を出港させたとも、テーセウスがアリアドネーに飽きたため、彼女を置き去りにしたとも言われている。 テーセウスは生贄の一人としてクレータ島へ向かう時、無事クレータ島から脱出できた場合には喜びを表す印として船に白い帆を掲げて帰還すると父王アイゲウスに約束していた。 しかし、テーセウスはこの約束を忘れてしまい、出航時の黒い帆のまま帰還した。 これを見たアイゲウスは、テーセウスがミーノータウロスに殺されたものと勘違いし、絶望のあまり海へ身を投げて死んだ。 その後、アイゲウスが身を投げた海は、彼の名にちなんでと呼ばれるようになった。 その他の冒険 [ ] アイゲウスの後を継いで王になったテーセウスは憐み深い王としてアテーナイを治める一方、の女王、あるいはをさらい妻としたり、皮を捜し求める探検隊()の冒険に参加したり、盟友とともにの王女と冥界の女王を誘拐しようとしたり、様々な冒険を行った。 冥界へ赴く以前は、アリアドネーの妹を妻とし、幸せに暮らしていた。 しかしある時、パイドラーは義理の息子を愛してしまう。 パイドラーはヒッポリュトスに想いを打ち明けるが、彼はこれを酷く非難する。 夫テーセウスへの発覚を恐れたパイドラーは、衣服を裂き「ヒッポリュトスから辱めを受けた」という遺書を残し自殺する。 テーセウスは憤慨し、に祈り息子ヒッポリュトスを殺害する。 その後、真相を知ったテーセウスは、妻と息子の死を深く嘆き悲しんだ。 晩年はペルセポネーを略奪するために長く国を留守にした隙を突かれて王位を追われ、の王のもとに身を寄せていたが、リュコメーデースはテーセウスに王位を簒奪されるのではないかと恐れ、彼を崖から突き落として殺してしまった。 の神託によって、テーセウスの遺骸はアテーナイに戻され、アテーナイの人々によって手厚く葬られた。 系図 [ ].

次の

中田敦彦氏のギリシャ神話の解説をカイセツ。この動画のココを見るべし。

ギリシャ 神話 テセウス の 船 と は

こんにちは、今日はギリシャ神話の英雄テセウスについてお話します! テセウスは ミノタウロス退治で有名な英雄でもあります。 アテナイの伝説的な王様でした。 彼のもっとも有名なエピソードは ミノタウロス退治でしょう。 他にも人間を苦しめる様々な怪物を退治しているので、正義感が強い男と言えます。 テセウスの簡単なプロフィール ではイメージがしやすいように、箇条書きにしてみます。 アテナイの王アイゲウスの子(ポセイドンとされる伝説もある)• 巨大な岩を動かせる怪力をもつ• アイゲウスに認知してもらうための道中で怪物や山賊を倒しまくる• ミノタウロスを退治した• アルゴナウタイの一人 と、簡単な略歴でした。 テセウスは父アイゲウスのもとではなくトロイゼンで育てられました。 なので、父に自分を子どもだと認めさせるために16歳のとき旅だちます。 安全な陸路で行くことも可能でしたが、あえてテセウスは危険な道のりを歩みます。 「人間を苦しめている怪物を退治しておこう!!」 「自分たちがどんだけ酷いことをしていたかその身にわからせてやろう」 と、人間がされてきたことをテセウスは同じように怪物や山賊へ仕返します。 アテナイへの最後の旅で出会うプロクルステスがいい例ですね。 プロクルステスは旅人を寝台に合うようにして殺すという恐ろしい山賊です。 (寝台の大きさに足りなければ手足を伸ばし、はみ出れば切断するという……) テセウスはプロクルステスの頭と足を切断しました。 えっ…それもうし…げふっ それはともかく、テセウスのエピソードは全て英雄然としています。 ミノタウロス退治 アイゲウスに認知され、アテナイにいたテセウスはとんでもないことを知ります。 毎年、少年少女7人がミノタウロスの生贄にされている……と。 本来はミノス王が送るべきなのですが、支配下に置いているアテナイに肩代わりさせていました。 テセウスは義憤を感じ、自ら生贄に志願します。 もちろん、父アイゲウスは反対をしたのですが押し切って出かけてしまいます。 ミノタウロスが怪物だったのもありますが、迷宮(ラビュリントス)に入ってしまうのも心配だったに違いありません。 なにしろ、生きて帰ってこれないと言われていたのですから。 テセウスはミノス王の娘アリアドネから短剣と糸玉を渡されます。 生贄たちとラビュリントスへ入ったテセウスはミノタウロスを打倒します。 そして、アリアドネから渡されていた糸を辿って無事に生還しました。 テセウスの船とは? パラドックスの一つです。 テセウスの船が有名、とかそういうことではないんですね。 アイデンティティの問題です。 ミノタウロス退治から生還したときの船がもとになっています。 帰還した船には30本の櫂があったのですが、朽ちていった部品を取り換えていきました。 すると、 その全部品が新しいパーツになったときはそれでもテセウスの船といえるのか…? という哲学問題です。 非常に議論の的となりやすい問題ですね。 まとめ 神話に詳しくなくてもミノタウロスを退治した人、といえばテセウスの強さは伝わるのではないでしょうか。 また、テセウスはアルゴナウタイ(アルゴー船のメンバー)でもありました。 以前にとり上げたイアソンとも関わりがあるわけですね。 ヘラクレスが抜けたあとの主力メンバーだったのでしょう。 困っている人を見捨てておくことができない英雄、といったエピソードが多かったですね。 (女性関係はちょっと別) 代表的なギリシャ神話の英雄でした!.

次の