富士山 滑落 動画。 ニコ生主(TEDZU)が富士山登山配信中に滑落、その後性別不明の遺体で発見。

富士山滑落事故、塩原徹さんの遺体はバラバラ?身元判明も損傷激しく|あわづニュース情報流行ネタ

富士山 滑落 動画

「相当埋まってんだけど、雪で」と前進するが... 「指がやべえ!」。 雪道を歩きながら、男性は、こう悲鳴を上げる。 空気も薄いためか、吐く息も荒い。 付近には、人の姿はなかった。 その一方、動画では、山頂付近の壮大な眺めが映し出される。 足元に雲海が広がり、青空も見え、「すげ~この景色」とコメントが寄せられたほどだ。 しかし、男性は、寒さで指がかじかみ、余裕もないよう。 グローブをした手を脇で温めながら前に進むが、今度は、足元がおぼつかなくなる。 滑りそうになり、「危険、ちょっと危険」「斜度が30度ぐらいある」とこぼした。 それにもかかわらず、左手にあった柵が途切れた後も配信を続ける。 「道合ってるの?これ。 相当埋まってんだけど、雪で」。 そう報告して、前に出たときだ。 「あっ、滑る... そんな叫び声を上げた後、配信の映像が突然乱れ、スキーのストックのようなものが下に落ちた様子のまま、映像はストップした。 この動画「雪の富士山へGO」は、2019年10月28日10時30分からニコ生で配信され、14時40分ごろにハプニングが起きた。 すると、視聴した人から「やばいよ」「滑落した」との声が上がり、ツイッター上では、警察に通報したとの報告も寄せられた。 富士山は、9月で閉山しているが、動画の内容から、男性は、軽装のまま登山し、冬山に必要なピッケルやアイゼンを持たなかったのではないかとの指摘も出ている。 過去にもたびたび登山報告... 直前には「もう帰りたい」 警察から連絡を受け、山梨県の防災ヘリが10月28日夕、山頂付近を捜索した。 NHKの29日付ウェブ版記事によると、警察が確認した結果、頂上から7合目付近にかけての静岡県側の斜面に人が滑落したような跡が見つかったという。 静岡県警では、山岳遭難の恐れがあるとみて、29日早朝から救助隊員約10人が御殿場署を出発して、男性の捜索活動を行った。 しかし、報道によると、悪天候のため、午後にこの日の捜索が打ち切られたという。 男性のニコ生やツイッターによると、男性は、2019年に入って、すでに4回ほど富士山に登っていた。 閉山期間の5月にも、雪が残る中で登る様子を報告している。 今回は、東京・新宿からバスで富士山5合目まで行き、山梨県側の吉田口から登頂していたようだ。 ツイッターでは28日朝、「河口湖駅で乗客居なくなった ビビる」「富士山行きます 雪深そうw」と報告し、配信直前には、「バス酔で気分悪い もう帰りたい」とも漏らしていた。 それでも、なぜ男性が登山を強行したのかは、よく分からないままだ。 富士山は、10月16日には、すでに雪が積もった姿を見せ、22日に平年より22日遅い初冠雪が発表されていた。 ネット上では、「なんでこの時期行くかな... 」「やっぱ山は舐めちゃいかん」との声も上がる一方、「無事だといいけど」と男性の安否を気遣う声が書き込まれている。 (J-CASTニュース編集部 野口博之).

次の

リアルすぎてヤバイ、富士山での滑落事故。この時期行けるところまでいく、の判断はしちゃダメ

富士山 滑落 動画

・スニーカーで登山 ・登山用ピッケル、アイゼン無し、ストックはストラップに手首を巻いていない。 ・夏の登山の格好 ・閉山期間中に登山をした。 であったためです。 閉山期間中途は驚きです、危険だからそうなっているのに無視して面白半分で登ったのでしょう。 9月には登山シーズンは終わっています。 動画投稿投稿者はしきりに風が強い、手が冷たいなどと話しているのが動画からわかります。 山じゃなくても肌寒いと感じますから、富士山は真冬のような寒さでしょう。 動画は下記になります。 危ないや気を付けろなどと視聴者のコメントが流れている中で、滑落する様子が映っています。 音もすごく凄い勢いで山を落ちて行ってしまったことがわかります。 キャプチャー動画あげときます 富士山滑落 — いのうえ 卵とじ ponapona979 富士山滑落動画のニコ生主(ニコニコ生放送)動画投稿者は誰で名前顔画像は?プロフィールも ニコニコ生放送で動画投稿をしていたのは TEDZUという人物になります。 過去にも富士山に登頂していたようで、過去のツイートでは登頂を成功したことがつぶやかれていました。 現在40歳で司法試験浪人生ということがわかっています。 頂上から7合目までは、高低差1000メートルもあり、怪我なしではいられないでしょう。 北側の急斜面ではないかという情報もございました。 富士山滑落、ニコニコ生放送についてのネットの声 さまざまな声がありました。 ・こういうアホのために貴重な税金を使うべきではない、山で遭難した奴は自業自得、自分で責任持って下山すべき、 ・これGoProとiPhoneテザリングで配信してて 滑落中にiPhoneが飛んだから配信が切れたようだけど 飛んでなければバッテリー切れるまで「配信者の様子」を生配信し続けてたかもしれないのか… ・静岡県警は、動画を配信しながら富士山を登っていた男性が滑落した恐れがあり、捜索していると明らかにした。 死ぬ瞬間を生配信とか。 この人の人生なんやったんや。 ・要らんことしてバカだな。 意識があれば保温に努めろ。 あきらめるな。 こういった捜索には税金が使われます。 レジャーなどで訪れ、自然災害によって事故に巻き込まれたなら分かりますが、危険を承知でルール無視によって、こうなってしまったわけですから、叩かれてもしょうがないですよね。 まとめ SNSの媒体を使って動画投稿することは非常に身近になりましたが、アクセス稼ぎのために、非常に過激な行為や、犯罪行為までしてしまう投稿者も度々出ています。 今回のように命を落としてしまうのは非常に残念です。 ルールやモラルを守って動画投稿する必要があると感じました。 動画投稿文化は非常に良いものだと思うので変な規制などが、こういった事件などによりできてしまい、縛りがたくさんできないと良い思います。 最後まで読んでいただきありがとうございました!.

次の

ニコ生主(TEDZU)が富士山登山配信中に滑落、その後性別不明の遺体で発見。

富士山 滑落 動画

Contents• 滑落とは? 滑落とは文字通り 「滑り落ちる」 登山中に足を滑らせる等をして 山の斜面を転がり落ちてしまうことを言います! 雪山に挑むような実力者が なぜ滑り落ちるなんて単純な事故を起こすのか? 雪山では何が起こるかわかりません。 初心者はもちろん、登山の大ベテランも思わぬところで滑落し命を落としてしまうこともあります。 なぜ、滑落事故が起きてしまうのか見てみましょう! 足元は岩と氷のミックス! 雪山ではもちろん雪が積もっているのですが 標高が上がると風が強く吹き 表面のフワッとした雪は全て吹き飛ばされてしまいます。 雪だと思って足を置いたところが 岩で足をひねる• 雪だと思っていたところが思ったより 硬い氷で足を滑らせる• 氷だと思って足を置いたら思ったよりもろくて割れてしまい落ちる このように、 ぱっと見ではわからない事が沢山あり 気を抜くとすぐに事故にあってしまいます。 足元の氷上を歩くのに神経を使う• 低い気温に体力を奪われる• ルートを見つけるのにも一苦労• 夏山に比べて荷物が多い(冬用の寝袋・着替え・装備等)• ラッセルと言う雪中歩きが厳しい 特に ラッセルと言うものは 山によっては腰まである雪の中を歩くことであり これで100mでも歩くと大汗をかくほど疲れます。 このような様々な理由で 山頂付近にたどり着くころには疲労でへろへろ 帰りに事故につながると言うこともしばしばあります。 スポンサーリンク 純粋に装備・実力不足 結局は一番の原因はこれでしょう。 2019年10月30日にニコ生配信者が富士山で遭難死した事故などはこの典型で 安易な発想、軽微な服装・装備によって雪山で命を落とすと言った事故は夏山・冬山問わず頻繁に起きています。 スポンサーリンク 滑落すると人はどうなる? ここまで滑落する理由を書いていきましたが では、人は滑落するとどうなるのでしょうか? まず 60キロの物体が自由落下すると 約150キロのスピードが出るそうです。 (驚) 登山者の体重が60キロだと仮定して 冬山であれば装備品は10キロ前後。 約70キロ~80キロの人間が 100キロ近いスピードで崖であれば自由落下 斜面であれば 氷や岩に激突しながら落ちていきます。 考えてみましょう。 時速100キロの超高速ジェットコースターが 100m落下する間に自分の体が何度も岩と氷にぶつかるシーンを… 想像しただけでも恐ろしいですね。 ある山岳救助隊の話では 滑落して激しく損傷した遺体は 「何かの塊」になるそうです。 そして、 近くの遺留品や転がっている装備を見て 「あ、遭難者の遺体なんだな。 」 と、言うことがわかるそうです。 このニュースの犠牲者 富士山での遺体も性別の判別ができないくらい 損傷していたと言われています。 インターネットで動画をライブ配信中の男性が富士山から滑落した恐れがあるとして、静岡県警御殿場署が捜索していたが、同署は30日、山岳救助隊が須走口の7合目付近(標高約3千メートル)で 性別不明の遺体を発見したと発表した。 性別不明と言うことは やはり人間の原型をとどめていないと言うことでしょう。

次の