チョッキ ポケモン。 特殊受け要塞!HDチョッキバンギ紹介【ポケモン】剣盾ダイマックス追記あり

【ポケモン剣盾】バンギラスの育成論と対策

チョッキ ポケモン

チョッキニンフィアでラプラス対策 前回お伝えしたキョダイラプラス対策の「ヌケニン」ですが、ヌケニンに対する他ポケモンの対策は安易のため、構築単位で対策されやすくなります。 しかし今回は、もともと環境に存在したいわゆる「強いポケモン」のニンフィアでキョダイラプラスを対策します! ニンフィアの種族値 種族値 HP 95 攻撃 65 防御 65 特攻 110 特防 130 素早さ 60 合計種族値 525 ニンフィアは、特攻と特防種族値が高く。 特殊ポケモンでニンフィアを倒すのはとても難しいです。 この特殊ポケモンに対する受け性能を活かして、キョダイラプラスを対策します!! キョダイラプラス対策の極意! キョダイラプラスの対策はターン稼ぎ! キョダイラプラスは、攻撃をしながらオーロラベールを張ってきます。 尚且つ高火力の「みず」「こおり」「でんき」技を叩き込んできます。 オーロラベールを張れるのは一回のみ! ラプラスがオーロラベールを張れるのは、キョダイマックスをしているときのみなので、必然的に1試合に1回のみになります。 ダイマックスとオーロラベールのターンを上手く凌いでしまえば、一度ラプラスに切ったダイマックスはその対戦中ではポケモンで使う事は出来ませんので、こちらのダイマックスを駆使して切り返す事は容易です! ニンフィアの強み!! ニンフィアはラプラスの流し性能が高い! ニンフィアはラプラスが持つ攻撃技のでは、「こうかはばつぐん」を取る事は難しく、高いとくぼうでダイマックスしたラプラスの攻撃も、余裕を持って耐えることができます。 「マジカルフレイム」で特攻を下げる! ニンフィアが技レコードで覚える「マジカルフレイム」は、相手にほのおタイプのダメージを与えながら「とくこう」ランクを1段階下げることができます。 オーロラベールのターンを消費させつつ、ラプラスの攻撃を流すのにとても良い向いています! ラプラスとニンフィアはすばやさが同じ 抜き調整を施したが良い! ラプラスとニンフィアの素早さ種族値は「60」で同じ数字です。 ラプラスは攻撃と耐久に努力値を振ることが多いので、上からラプラスに「マジカルフレイム」を叩きこむために、ニンフィアを育成する際には素早さに努力値を少し振っておくことをオススメします。 「とつげきチョッキ」で特防を1. 5倍に! ラプラスの攻撃を、できるだけ多く耐えるために「とつげきチョッキ」の採用をオススメします。 「あくび」や「ねがいごと」などの強い補助技が打てなくなりますが、ラプラスの他の特殊アタッカーに対してもかなり強くなるため、ラプラスが入っていない構築にも大いに活躍してくれるでしょう! ダイマックス中も「とつげきチョッキ」の効果は継続します! 「あくび」「ねがいごと」型もオススメ! 「あくび」「ねがいごと」型の育成論はこちら!.

次の

【ポケモン剣盾】バンギラスの育成論と対策

チョッキ ポケモン

高い特防と「とつげきチョッキ」によって特殊アタッカー対して非常に強く、真っ向から勝負をすることもできます。 対フェアリー。 ダイマックス時は防御を上げられる点も優秀。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 有利な相手には、ノーマル技やサブウェポンで攻めていくこともできます。 「まもる」は、カビゴンの高い耐久力と合わせることで、相手のダイマックスターンを消費させる他、相手の出方や道具の確認にも有効です。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 ノーマル技が半減される、鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 弱点をついて倒しやすい「ナットレイ」などのポケモンに効果的。 「あくび」による対面操作後に、交代先の飛行タイプなどに有効。 キョダイマックスカビゴンの育成論 基本型 性格 わんぱく 努力値 HP244 攻撃12 防御252 実数値 HP266-攻撃132-防御128-特防130-素早さ50 特性 持ち物 技構成 ・(ダイスチル) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) 「キョダイマックスカビゴン」は、キョダイマックス技「キョダイサイセイ」により、 きのみを最大3回まで回収することができます。 ダイマックス中に回復しつつ攻撃できる数少ないポケモンなので非常に強力です。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 フィラのみリサイクル型 性格 わんぱく 努力値 HP252 防御252 素早さ4 実数値 HP267-攻撃130-防御128-特防130-素早さ51 特性 持ち物 技構成 ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイバーン) 回復量が多い 「フィラのみ」などの混乱実を、「リサイクル」で何度も使いまわしながら戦う、持久戦を基本とした型です。 専用技の「キョダイサイセイ」によって、攻撃しつつ回復するといった立ち回りができます。 ただし、「キョダイサイセイ」は確立で木の実を回収する効果であるため、余裕のある場合は「リサイクル」でHPを回復しましょう。 ノーマル技が半減される鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 ドヒドイデやバンギラスに弱点を突ける技。 ダイマックス時は特防上昇が可能。 攻撃上昇の補助技。 HPを半分にする代わりに攻撃を最大まで上昇させる。 使用するときはHPの努力値を228にすると、使用後すぐにきのみが使える。 残りの努力値は攻撃へ。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 カゴのみねむる型 性格 わんぱく 努力値 HP252 防御252 特防4 実数値 HP267-攻撃130-防御128-特防131-素早さ50 特性 持ち物 技構成 ・(ダイウォール) ・(ダイウォール) ・(キョダイサイセイ) ・(ダイバーン) 「のろい」で攻撃と防御を上げたあとに、回復手段として「ねむる」を採用しています。 「ねむる」使用後は、「カゴのみ」で即座に目を覚まし、HPを全回復して戦うことが可能です。 火傷などの状態異常にも強い点が、「ねむる」採用のメリットでもあります。 火傷の影響を受けない点が優秀。 ノーマル技が半減される鋼や岩を相手する場合の選択肢。 ゴーストへ使える技が減るため注意。 対ゴーストタイプの技。 能力上昇を無視できるため、防御が上がっている相手にも使いやすい。 ドヒドイデやバンギラスに弱点を突ける技。 ダイマックス時は特防上昇が可能。 倒すのが難しいポケモンを無理やり突破する最終手段。 カビゴンの役割と立ち回り 高耐久の物理アタッカー 「カビゴン」は高いHPと特防を持つ、高耐久の物理アタッカーです。 高い耐久を生かした受けポケモンとして戦うことも、攻撃を耐えつつ攻撃を上げて物理アタッカーとして戦うこともできるポケモンとなっています。 「フィラのみ」を始めとした、HPを回復できる木の実を持たせると、HPを回復しつつ攻撃できるので、非常に継戦力の高いポケモンです。 「トリックルーム」下のエースとして優秀 「カビゴン」は、素早さの種族値が低いので、「トリックルーム」下で多くのポケモンに先制して行動できます。 「ミミッキュ」で「トリックルーム」を使用した後に、カビゴンが先手で「のろい」を使い、防御と攻撃を上げる立ち回りが強力です。 カビゴンと相性の良いポケモン カビゴンが苦手な格闘技に強いポケモン 「カビゴン」が、格闘技に強いタイプのポケモンと相性が良いです。 格闘が無効に出来るゴーストタイプや、半減に出来る毒やフェアリータイプなどと組み合わせると、安全に交代する動きが出来るようになります。 そのため、その技を覚えられるポケモンでカビゴンが活躍できる場を作り出し、相手のポケモンをカビゴンで倒し切るという戦い方をすることができます。 弱点は格闘のみのため、弱点をつきにくいものの、弱点でなくても大ダメージを与えることは可能です。

次の

とつげきチョッキ

チョッキ ポケモン

チョッキニンフィアでラプラス対策 前回お伝えしたキョダイラプラス対策の「ヌケニン」ですが、ヌケニンに対する他ポケモンの対策は安易のため、構築単位で対策されやすくなります。 しかし今回は、もともと環境に存在したいわゆる「強いポケモン」のニンフィアでキョダイラプラスを対策します! ニンフィアの種族値 種族値 HP 95 攻撃 65 防御 65 特攻 110 特防 130 素早さ 60 合計種族値 525 ニンフィアは、特攻と特防種族値が高く。 特殊ポケモンでニンフィアを倒すのはとても難しいです。 この特殊ポケモンに対する受け性能を活かして、キョダイラプラスを対策します!! キョダイラプラス対策の極意! キョダイラプラスの対策はターン稼ぎ! キョダイラプラスは、攻撃をしながらオーロラベールを張ってきます。 尚且つ高火力の「みず」「こおり」「でんき」技を叩き込んできます。 オーロラベールを張れるのは一回のみ! ラプラスがオーロラベールを張れるのは、キョダイマックスをしているときのみなので、必然的に1試合に1回のみになります。 ダイマックスとオーロラベールのターンを上手く凌いでしまえば、一度ラプラスに切ったダイマックスはその対戦中ではポケモンで使う事は出来ませんので、こちらのダイマックスを駆使して切り返す事は容易です! ニンフィアの強み!! ニンフィアはラプラスの流し性能が高い! ニンフィアはラプラスが持つ攻撃技のでは、「こうかはばつぐん」を取る事は難しく、高いとくぼうでダイマックスしたラプラスの攻撃も、余裕を持って耐えることができます。 「マジカルフレイム」で特攻を下げる! ニンフィアが技レコードで覚える「マジカルフレイム」は、相手にほのおタイプのダメージを与えながら「とくこう」ランクを1段階下げることができます。 オーロラベールのターンを消費させつつ、ラプラスの攻撃を流すのにとても良い向いています! ラプラスとニンフィアはすばやさが同じ 抜き調整を施したが良い! ラプラスとニンフィアの素早さ種族値は「60」で同じ数字です。 ラプラスは攻撃と耐久に努力値を振ることが多いので、上からラプラスに「マジカルフレイム」を叩きこむために、ニンフィアを育成する際には素早さに努力値を少し振っておくことをオススメします。 「とつげきチョッキ」で特防を1. 5倍に! ラプラスの攻撃を、できるだけ多く耐えるために「とつげきチョッキ」の採用をオススメします。 「あくび」や「ねがいごと」などの強い補助技が打てなくなりますが、ラプラスの他の特殊アタッカーに対してもかなり強くなるため、ラプラスが入っていない構築にも大いに活躍してくれるでしょう! ダイマックス中も「とつげきチョッキ」の効果は継続します! 「あくび」「ねがいごと」型もオススメ! 「あくび」「ねがいごと」型の育成論はこちら!.

次の