アスパラ ゆで時間。 茹で時間は何分?アスパラの下処理と簡単レシピ|デイリシャス[楽天レシピ]

アスパラの茹で時間と茹で方、アスパラを味わい尽くす2つの茹で方とは?

アスパラ ゆで時間

アスパラガス、やっぱり旬は最高! アスパラガス、特に私は旬のものが大好きで、旬の季節は冷蔵庫のストックがなくなる前にいつも買い足しています。 その独特の香りとほんのりした甘さ、ほくっとした食感がたまりません。 アスパラガスそのものの味を楽しみたいので、いつもシンプルに塩茹でするだけ、または焼くだけでマヨネーズやお塩を少しつけて食べるのがお気に入りですが、あなたはいかがですか? ハウスものが年中手に入るアスパラガスですが、旬はだいたい 5月から8月です。 長野や秋田、北海道のものは 9月までと少し遅くまで出回っています。 最近ではお取り寄せで、産地のおいしいアスパラガスも翌日には届いたりしてとても便利になりましたよね。 母が毎夏、北海道のものを取り寄せして送ってくれるのですが、太くて大きいアスパラは、とても甘くてほんとにおいしいです。 旬は特に、その野菜の味をたっぷり味わえることができて、しかも野菜がとても柔らかく感じます。 アスパラのお取り寄せもすぐに完売になってしまうみたいでとっても人気のようですね。 そのアスパラガスは栄養価も高く、特にアスパラガスに含まれるアスパラギン酸は 新陳代謝を促進し、 疲労回復やスタミナ強化にも効果があります。 また、ビタミンCの美肌効果や穂先に含まれる 「ルチン」という成分は 高血圧や動脈硬化の予防にも効果的です。 様々な効果が期待できるアスパラガス。 アスパラの栄養や効果効能はこちらをご覧ください。 あまり日持ちはしませんが、どのようにすれば少しでも長持ちするのか知っておくと便利ですね。 アスパラガスは冷凍保存もできてとっても助かります。 解凍せずにそのまま焼いたりできて便利ですよ。 詳しいアスパラの保存方法はこちらをご覧ください。 ですので、アスパラガスの長さを考えると大きめの フライパンで茹でるのがいいですね。 とその前に、アスパラガスを茹でたり、炒め物にする前には、下処理をしたほうがおいしく食べることができます。 アスパラの下ごしらえ、皮をむく方法やはかまや筋の取り方に関してはこちらをご覧ください。 アスパラは水からではなく、沸騰したお湯に入れて茹でます。 太いものは少し長めに茹でて調節してください。 この方法はザルにあげて水にさらさないので、余熱で柔らかくなるので 茹でる時間には注意しましょう。 フライパンで茹でたほうがそれほど栄養素が流出しないのでいいのですが、フライパンをだすのが面倒なので、私はいつも半分や3等分に切ってからお鍋で茹でています。 また、次に紹介するのは茹でてから 冷水で冷ます方法です。 どちらも大差はありませんが、試してみて好きな食感で茹がくといいですね。 ちなみに私は、下の方のしっかり茹でて水で冷ますほうを使っています。 水溶性の栄養分が流れてしまいますが、こちらもおいしく仕上がるのでおすすめです。 ちなみにアスパラガスは アクがないので、あく抜きは必要なく、炒めるときや焼くときも 下茹での必要はありません。 なしでもおいしく食べられます。 ただし、調理法によって、例えばベーコン巻きやカレーやシチューなど最後に加えるときは、さっと下茹でしておくと焼く時に焦がしたり、形が崩れず、おいしく食べられます。 電子レンジで茹でる方法は? アスパラは電子レンジで加熱する事もできます。 レンジだとお湯を沸かす必要もなく 時短にもなって助かりますね。 加熱するアスパラの量や電子レンジのワット数によって、加熱時間は変えてみてください。 ここまではアスパラの茹で方についてご紹介しましたが、アスパラガスの 栄養分や旨味を逃さずに食べる方法は、栄養分が流出する心配も必要ない、 焼いて食べる方法です。 焼き方は表面に焦げ目がつくくらいまで焼いて、すこしだけ塩をふって食べるとアスパラの独特の甘みが堪能できますよ。 ホワイトアスパラを茹でる方法 ちなみに、白いアスパラ、 ホワイトアスパラの茹で方は、こちら。 グリーンアスパラに比べてゆで時間が少し 長いです。 お湯の中に置いておくことで 苦みがとれて、 まろやかな味に仕上がります。 ホワイトアスパラは、緑のアスパラよりも しっかり茹でるところがポイントです。 鍋からあげたあとは、冷水につける必要はなく、 余熱で中までしっかり火を通します。 また、ちょっとしたコツですが、沸騰したお湯に 塩とレモン汁を加えてゆでると 白くきれいにゆで上がります。 また、 網焼きすると、ホワイトアスパラの独特の旨みを味わえます。 まとめ 今回はアスパラガスのフライパンやレンジを使った茹で方やゆで時間についてご紹介しましたが、アスパラのおいしさはゆで時間によると言ってもいいくらい、茹で時間は大事です。 お鍋で茹でる代わりに電子レンジだと数分でできてしまうのでとっても便利ですよね。 忙しい時に時短になるレンジも大いに活用したいですね。 スポンサーリンク•

次の

【みんなが作ってる】 アスパラ 茹で方のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

アスパラ ゆで時間

シャキっと歯ごたえがよく彩り鮮やかな「アスパラガス」。 サラダや炒めもの、スープなど、さまざまなお料理で活躍してくれるのも魅力です。 そんなアスパラ、うっかり筋が残ってしまったり、茹ですぎてせっかくの歯ごたえが残らなかったり…。 そんな経験、ありませんか? そこで今回は、アスパラの基本の下処理方法と、茹で方のポイントをお伝えします。 電子レンジで簡単に加熱できる方法もあるので、ぜひ参考にしてみてください! 「アスパラガス」基本の下処理 まずは、アスパラの固くて筋が残りやすい部分を処理する方法から。 2ステップでとっても簡単です。 根本をポキッと折る 根本部分を持って、自然と折れるところが柔らかいところと硬いところの境目です。 思い切って折ってしまってOK!ポキッと折れる感覚がなんだか気持ち良く、クセになってしまうかも。 ピーラーで薄く剥く [1]で折った箇所から5cmほどをピーラーで薄く剥きます。 ちなみに剥いた皮は、このあと茹でるときに使えるので捨てずにとっておくことをおすすめします。 [1]で折った根本の部分も、ピーラーでしっかり皮を剥き、薄めに切ることでおいしく食べられますよ。 これで下処理はバッチリ。 ベストな茹で時間は?茹で方のコツ お次は茹で方のポイント。 基本をマスターして、ほどよく歯ごたえの残るシャキッとしたアスパラを楽しみましょう。 調理方法に合わせて切る 茹でる前に、調理方法に合わせて食べやすい大きさに切っておきます。 長いまま使いたい場合は、そのままでもOK。 アスパラの太さによって茹で時間は微調整してくださいね。 緑色が鮮やかになり、穂先が開く程度が目安。 歯ごたえが残るように、少し固めに茹でておくのがおすすめです。 このとき、さきほど剥いた皮も一緒に茹でると香りよく茹で上がります。 水気を切る アスパラが茹で上がったら、ザル上げして粗熱をとります。 そのまま冷凍保存したり、サラダなどで食べる場合は氷水で締めておくと水っぽくなりません。 電子レンジで加熱する場合は? 簡単に下ごしらえを済ませたいときや時間がないときは、電子レンジを使ってもOK。 食べやすい大きさに切ったアスパラを浅めのお皿に並べ、ふんわりとラップをし、500wで1分半加熱します。 *** 新鮮なアスパラは、シャキっとした歯ごたえも楽しみたいもの。 ぜひ今回お伝えした基本の下ごしらえ方法をマスターして、アスパラのおいしさを存分に味わってみてください! 【教えてくれた人】 飯泉友紀さん [PROFILE] 訪問調理師。 オフィスや家庭に訪問し、ケータリングや作り置きなど様々な形態での食事提供を行う。 キッチンがあっても作り手がいない場所へ、おかんとして食事を届けるプロジェクト「台所におかん」代表。 (文/笹沼杏佳、写真/中村英史).

次の

アスパラの下処理は炒める場合やベーコン巻きは下茹で必要?シチューの下処理も

アスパラ ゆで時間

春先から芽を出し始めるアスパラガス。 これから初夏にかけて旬をむかえます。 この季節のアスパラガスはみずみずしくて柔らかく、青々としていていろんなパワーをもらえそう! おいしく食べるには下処理が大切! 根元の固い部分は切り落とし、固い繊維はピーラーでむくことでスジっぽさが残りません。 あとはゆでたり焼いたり蒸したりと、お好みの調理法で楽しみましょう。 ゆで時間とゆで方は? 軸と先端では太さや固さが違うため、時間差でゆでるようにしましょう。 沸騰したお湯に1%ほどの塩を入れ、トングなどで軸から入れて30秒ほど待ちます。 その後、全体を1~1分半ほどゆでます。 火傷しないように注意して調理しましょう。 さっとゆでたアスパラは豚肉で巻き、焼くだけで簡単においしい一品に。 塩とこしょうでさっと味付けてシンプルに仕上げても良し。 お好みの味付けで楽しみましょう。 茹でたらだしに浸して、お浸しも。 常備菜にも役立ちます。 風味良く仕上がります。 油でじっくり焼くなら茹でずに調理もできます。 マヨ炒めでこくアップの炒め物はいかが? アスパラと相性抜群のベーコン。 ペペロンチーノ風の炒め物はお酒が止まりません! パスタをプラスしてボリュームあるペペロンチーノもおいしいですよ。 肉を巻いて冷凍でストックもでき、うれしくおいしい一品です。 茹でてお好みのだしで浸すだけ! 作り置きして副菜にもいいおひたし。 アスパラガスのおひたしはアスパラ本来の風味も際立ちます。 アスパラ入りのペペロンチーノ ベーコンとアスパラはとても相性のよい食材。

次の