いらすとや 芸能人。 【悲報】新入社員さん、プレゼンにいらすとやを使ってしまう ・・・・・

【人気スタンプ特集】いらすとや ときめきスタンプ、まとめ :: 無料スタンプや隠し無料スタンプが探せる【LINEスタンプバンク】

いらすとや 芸能人

この記事の目次• SNSは便利だけどトラブル続発! SNSはとても便利なものですよね。 LINEやTwitter、Facebook、Instagramなど、いろいろなSNSをやっている人は多いと思います。 日本では、このLINEやTwitter、Facebook、Instagramが4大SNSと言って良いと思いますが、この4つのSNSをすべてやっているという人も少なくないのではないでしょうか? SNSは気軽にコミュニケーションを取れる、人とつながることができるというメリットはあるものの、 危険と隣り合わせのものでもあります。 SNSは使い方を間違えると、トラブルに巻き込まれたり、問題が起こったりするのです。 小さなトラブル・問題ならまだ良いのですが、SNSで起こるトラブルや問題は、深刻で取り返しが付かないものも珍しくありません。 SNSで起こるトラブルや問題の事例をTwitter、LINE、Facebookに分けてご紹介します。 ・万引きしたことを偉そうにツイート ・飲食店の冷凍庫に土足で入ってどや顔 ・準強姦したことをツイート ・公共の場でバカ騒ぎをしてほかの人に迷惑をかけたことをツイート ・盗撮してその人を馬鹿にするようなツイートをする このような犯罪自慢をツイートして、フォロワーに注意され、さらにそれが拡散されて炎上するケースは少なくありません。 芸能人のなりすまし 芸能人のなりすましツイートも少なくありません。 一時期よりはこのなりすましツイートは減りましたが、その芸能人の嘘の私生活をツイートし、ファンを信じ込ませて、フォロワーを獲得するような問題はありました。 最近はTwitterでは有名人は認証バッジをつけるようにしているので、この芸能人のなりすましの問題は減ってきています。 芸能人のファンから袋叩き 芸能人がTwitterをやっているケースは多いですが、Twitterの良いところは芸能人にリプライできることですよね。 この芸能人へのリプライで、炎上して袋叩きにあうトラブルの事例もあります。 リプライで芸能人に対して批判的なコメントをすると、その芸能人のファンが過剰に反応して、批判的なコメントをしたユーザーへの攻撃を開始するんです。 匿名でツイートしていても、過去のツイートなどから特定されて、 インターネット上に個人情報をばらまかれることもあります。 また、 アカウント閉鎖に追い込まれる事例もあるのです。 犯罪予告 Twitterで多いトラブルには、犯罪予告もあります。 悪ふざけで犯罪予告をする人がいます。 本人はほんの冗談のつもりでも、殺人予告や爆破予告などをつぶやくと、逮捕されることがあります。 実際に、2013年には名古屋駅での 殺人予告のツイートをした人が逮捕されています。 匿名ツイートだと、犯罪予告をしても誰だかわからないだろうと思って、面白半分でツイートするのかもしれませんが、IPアドレス等で個人を特定することは可能なのです。 スパムによるアカウント乗っ取り Twitterでの問題には、スパムもあります。 「あなたをブロックしている人数は〇人」や「鍵付きアカウントを覗く方法」、「スマホでクリニックするだけで日給5万」など、Twitterユーザーにとって気になる言葉と共に、URLが書かれたツイートが出回ることがあります。 そのURLをクリックすると、連携アプリの認証画面が出て、許可をするとアカウントを乗っ取られてしまうのです。 デマツイート Twitterでのトラブル・問題には、デマツイートもあります。 Twitterは情報が早いことが特徴です。 また、拡散能力も非常に高いです。 そのため、正確な情報なら、とても有益なのですが、 デマツイートがあたかも本当のように出回って、いろんな人がそれを信じてトラブルになることがあるんです。 特に、災害時などはデマツイートの真偽を見分ける術がないですし、切羽詰まった状態ですから、取り返しがつかない問題が起こることもあります。 Twitterを利用するなら、情報を鵜呑みにせずに、きちんと真偽を確かめるようにしなければいけないのです。 LINEで多いトラブルや問題の事例 次に、SNSのLINEで多いトラブルや問題の事例をご紹介します。 LINEは知らない人からは見られないというメリットはあるものの、それでもトラブルは絶えないのです。 誤爆 LINEで多いトラブルは、誤爆です。 男子大学生が母親に送るつもりだったメッセージを彼女に送って誤爆したというのは、まだかわいいトラブルです。 LINEの誤爆で多いトラブルは、浮気や二股に関するものですよね。 浮気相手に送るはずだったメッセージを奥さんに送ってしまって浮気がばれたというのは、LINEあるあるの1つかもしれません。 これは、トラブルに巻き込まれたというよりは、自分で問題を起こした、つまり身から出た錆といったほうが良いものですが、メールよりも気軽に簡単にメッセージのやり取りができるLINEだからこそ、怒りやすい問題なのです。 アカウントの乗っ取り LINEを使っていてのSNSトラブルの2つ目は、アカウントの乗っ取りです。 最近の悪徳業者は、ありとあらゆる手を使って、LINEアカウントを乗っ取ろうとしてきます。 LINEもセキュリティーを厳重にして、乗っ取り防止策を立てていますが、それでも全てには追い付かない状況なんです。 LINEのアカウントを乗っ取られると、最悪の場合、アカウントを削除しなければいけませんし、 友達のアカウントも乗っ取られてしまう可能性があります。 さらにそこから、個人情報を盗まれることもありますので、ちょっとでも怪しいと思ったら、運営側に確認しなければいけません。 LINEでのリベンジポルノ LINEで多いトラブルの3つ目は、リベンジポルノです。 LINEではグループトークがありますよね。 そこに付き合っていた時に撮影した裸の写真や恥ずかしい写真などを投稿されることがあるんです。 共通の友人に恥ずかしい写真を見られるなんて、これ以上ない屈辱ですよね。 また、付き合っていたのではなく、レイプした写真をLINEで流されるなんて事例もあったようです。 イジメの助長 LINEでのトラブルの事例、4つ目はイジメの助長です。 LINEがあることで、学校などでのイジメが助長されることがあるのです。 「既読スルー」をすると、仲間外れにされてしまう。 また、クラスでLINEグループを作っているのに、自分だけ省かれてしまった。 グループトークで自分が発言しても、誰も何も反応してくれない。 このようにLINEは、イジメを助長する可能性があるツールなのです。 別にいじめを目的に作られたSNSアプリではありませんが、イジメにつながるような機能がたくさんついているのがLINEなんですね。 Facebookで多いトラブルや問題の事例 最後に、世界で一番ユーザーが多いSNSであるFacebookで多いトラブルをご紹介します。 Facebookは基本的に実名での利用になりますので、それが関係したトラブルや問題の事例が多いようです。 ストーカー被害 Facebookは実名で使います。 また、出身大学や勤務先などを書くこともありますし、住んでいる地域もわかります。 そのため、どんな場所でどんな生活をしているかが、わかりやすくなっているのです。 住所や電話番号などの個人情報は特定できなくても、 生活範囲や学校、生活パターンなどは簡単に特定できます。 また、名前で検索すれば、簡単に友達や知り合いを見つけることができます。 そのため、Facebookから個人を調べて、ストーカーをするような人がいます。 実際に、ストーカーをする事例もありますが、Facebook上で粘着したりする事例もあります。 Facebookで粘着された場合、ブロックすると、違う方法で嫌がらせやストーカーをされるかもしれないという恐怖もあるのです。 なりすまし詐欺 Facebookでのトラブルや問題で多いものの2つ目は、なりすまし詐欺です。 これはTwitterのように芸能人に成りすますというよりも、可愛い女性に成りすます事例が多いです。 若くて可愛い女性に成りすましてアカウントを作り、カモになりそうな男性に友達申請をする。 そして、Facebook上で仲良くなって、 出会い系サイトなどに誘導するんです。 また、実際に会って、詐欺行為をするような事例もありますね。 Facebookは実名での利用なので、変な詐欺には遭いにくいという安心感がありますし、かわいい女性から友達申請されたら、嬉しい男性は多いので、なりすまし詐欺は後を絶たないんですね。 国際結婚トラブル Facebookでのトラブルや問題の事例、最後は国際結婚トラブルです。 Facebookの月間ユーザーは20臆7000人です。 そのため、世界中の人と友達になることができます。 そして、Facebookを通して仲良くなると、交際が始まったり、国際結婚に至ることもあります。 ただ、これを利用して詐欺をしようとする外国人がいるのです。 発展途上国の人から見ると、日本人は一般市民でも超お金に見えます。 そのため、Facebookで仲良くなって結婚の話が出ると、「お母さんが病気だから、母国にお金を送金してくれないか?」とか「結婚資金のために、お金を送ってほしい」のようにお願いされることがあるんです。 冷静に考えれば、そんなのおかしいと思えるのですが、恋愛中で舞い上がっている時には、「嫌われたくない」、「恋人の役に立ちたい」とお金を送ってしまうことがあります。 そして、 お金を送った後は、連絡が取れなくなってしまうパターンですね。 結婚詐欺のSNS&国際結婚バージョンです。 このような事例もあるのです。 国際結婚に憧れている女性、日本人にはモテないから外国人でも良いから結婚したいと考えている男性は、Facebookでイケメンや美人の外国人からアプローチされると、嬉しくて頭の中がお花畑になることが多いので、気を付けなければいけません。 SNSで多いトラブルや問題の事例についてのまとめ ・Twitterで多いトラブルや問題 「犯罪自慢で炎上」「芸能人のなりすまし」「芸能人のファンから袋叩きにされる」 「犯罪予告」「スパムによるアカウント乗っ取り」「デマツイート」 ・LINEで多いトラブルや問題 「メッセージを間違って他人に送ってしまう誤爆」「悪徳業者によるアカウント乗っ取り」「LINEでのリベンジポルノ」「グループトークや既読スルーによるイジメの助長」 ・Facebookで多いトラブルや問題 「ストーカー被害」「なりすまし詐欺で出会い系サイトに誘導してくる」「国際結婚トラブル」 SNSで多いトラブルや問題の事例をまとめましたが、いかがでしたか?SNSは便利で、私たちの生活に欠かせないものであることは間違いないのですが、一歩間違えると、奈落の底に突き落とされる可能性があるものです。 そのため、どのようなトラブル・問題の事例があるのかを知って、正しく注意しながら、安全にSNSを使うようにしましょう。

次の

芸能人が起用されたマンション広告をいらすとやで作ってみた

いらすとや 芸能人

この記事の目次• SNSは便利だけどトラブル続発! SNSはとても便利なものですよね。 LINEやTwitter、Facebook、Instagramなど、いろいろなSNSをやっている人は多いと思います。 日本では、このLINEやTwitter、Facebook、Instagramが4大SNSと言って良いと思いますが、この4つのSNSをすべてやっているという人も少なくないのではないでしょうか? SNSは気軽にコミュニケーションを取れる、人とつながることができるというメリットはあるものの、 危険と隣り合わせのものでもあります。 SNSは使い方を間違えると、トラブルに巻き込まれたり、問題が起こったりするのです。 小さなトラブル・問題ならまだ良いのですが、SNSで起こるトラブルや問題は、深刻で取り返しが付かないものも珍しくありません。 SNSで起こるトラブルや問題の事例をTwitter、LINE、Facebookに分けてご紹介します。 ・万引きしたことを偉そうにツイート ・飲食店の冷凍庫に土足で入ってどや顔 ・準強姦したことをツイート ・公共の場でバカ騒ぎをしてほかの人に迷惑をかけたことをツイート ・盗撮してその人を馬鹿にするようなツイートをする このような犯罪自慢をツイートして、フォロワーに注意され、さらにそれが拡散されて炎上するケースは少なくありません。 芸能人のなりすまし 芸能人のなりすましツイートも少なくありません。 一時期よりはこのなりすましツイートは減りましたが、その芸能人の嘘の私生活をツイートし、ファンを信じ込ませて、フォロワーを獲得するような問題はありました。 最近はTwitterでは有名人は認証バッジをつけるようにしているので、この芸能人のなりすましの問題は減ってきています。 芸能人のファンから袋叩き 芸能人がTwitterをやっているケースは多いですが、Twitterの良いところは芸能人にリプライできることですよね。 この芸能人へのリプライで、炎上して袋叩きにあうトラブルの事例もあります。 リプライで芸能人に対して批判的なコメントをすると、その芸能人のファンが過剰に反応して、批判的なコメントをしたユーザーへの攻撃を開始するんです。 匿名でツイートしていても、過去のツイートなどから特定されて、 インターネット上に個人情報をばらまかれることもあります。 また、 アカウント閉鎖に追い込まれる事例もあるのです。 犯罪予告 Twitterで多いトラブルには、犯罪予告もあります。 悪ふざけで犯罪予告をする人がいます。 本人はほんの冗談のつもりでも、殺人予告や爆破予告などをつぶやくと、逮捕されることがあります。 実際に、2013年には名古屋駅での 殺人予告のツイートをした人が逮捕されています。 匿名ツイートだと、犯罪予告をしても誰だかわからないだろうと思って、面白半分でツイートするのかもしれませんが、IPアドレス等で個人を特定することは可能なのです。 スパムによるアカウント乗っ取り Twitterでの問題には、スパムもあります。 「あなたをブロックしている人数は〇人」や「鍵付きアカウントを覗く方法」、「スマホでクリニックするだけで日給5万」など、Twitterユーザーにとって気になる言葉と共に、URLが書かれたツイートが出回ることがあります。 そのURLをクリックすると、連携アプリの認証画面が出て、許可をするとアカウントを乗っ取られてしまうのです。 デマツイート Twitterでのトラブル・問題には、デマツイートもあります。 Twitterは情報が早いことが特徴です。 また、拡散能力も非常に高いです。 そのため、正確な情報なら、とても有益なのですが、 デマツイートがあたかも本当のように出回って、いろんな人がそれを信じてトラブルになることがあるんです。 特に、災害時などはデマツイートの真偽を見分ける術がないですし、切羽詰まった状態ですから、取り返しがつかない問題が起こることもあります。 Twitterを利用するなら、情報を鵜呑みにせずに、きちんと真偽を確かめるようにしなければいけないのです。 LINEで多いトラブルや問題の事例 次に、SNSのLINEで多いトラブルや問題の事例をご紹介します。 LINEは知らない人からは見られないというメリットはあるものの、それでもトラブルは絶えないのです。 誤爆 LINEで多いトラブルは、誤爆です。 男子大学生が母親に送るつもりだったメッセージを彼女に送って誤爆したというのは、まだかわいいトラブルです。 LINEの誤爆で多いトラブルは、浮気や二股に関するものですよね。 浮気相手に送るはずだったメッセージを奥さんに送ってしまって浮気がばれたというのは、LINEあるあるの1つかもしれません。 これは、トラブルに巻き込まれたというよりは、自分で問題を起こした、つまり身から出た錆といったほうが良いものですが、メールよりも気軽に簡単にメッセージのやり取りができるLINEだからこそ、怒りやすい問題なのです。 アカウントの乗っ取り LINEを使っていてのSNSトラブルの2つ目は、アカウントの乗っ取りです。 最近の悪徳業者は、ありとあらゆる手を使って、LINEアカウントを乗っ取ろうとしてきます。 LINEもセキュリティーを厳重にして、乗っ取り防止策を立てていますが、それでも全てには追い付かない状況なんです。 LINEのアカウントを乗っ取られると、最悪の場合、アカウントを削除しなければいけませんし、 友達のアカウントも乗っ取られてしまう可能性があります。 さらにそこから、個人情報を盗まれることもありますので、ちょっとでも怪しいと思ったら、運営側に確認しなければいけません。 LINEでのリベンジポルノ LINEで多いトラブルの3つ目は、リベンジポルノです。 LINEではグループトークがありますよね。 そこに付き合っていた時に撮影した裸の写真や恥ずかしい写真などを投稿されることがあるんです。 共通の友人に恥ずかしい写真を見られるなんて、これ以上ない屈辱ですよね。 また、付き合っていたのではなく、レイプした写真をLINEで流されるなんて事例もあったようです。 イジメの助長 LINEでのトラブルの事例、4つ目はイジメの助長です。 LINEがあることで、学校などでのイジメが助長されることがあるのです。 「既読スルー」をすると、仲間外れにされてしまう。 また、クラスでLINEグループを作っているのに、自分だけ省かれてしまった。 グループトークで自分が発言しても、誰も何も反応してくれない。 このようにLINEは、イジメを助長する可能性があるツールなのです。 別にいじめを目的に作られたSNSアプリではありませんが、イジメにつながるような機能がたくさんついているのがLINEなんですね。 Facebookで多いトラブルや問題の事例 最後に、世界で一番ユーザーが多いSNSであるFacebookで多いトラブルをご紹介します。 Facebookは基本的に実名での利用になりますので、それが関係したトラブルや問題の事例が多いようです。 ストーカー被害 Facebookは実名で使います。 また、出身大学や勤務先などを書くこともありますし、住んでいる地域もわかります。 そのため、どんな場所でどんな生活をしているかが、わかりやすくなっているのです。 住所や電話番号などの個人情報は特定できなくても、 生活範囲や学校、生活パターンなどは簡単に特定できます。 また、名前で検索すれば、簡単に友達や知り合いを見つけることができます。 そのため、Facebookから個人を調べて、ストーカーをするような人がいます。 実際に、ストーカーをする事例もありますが、Facebook上で粘着したりする事例もあります。 Facebookで粘着された場合、ブロックすると、違う方法で嫌がらせやストーカーをされるかもしれないという恐怖もあるのです。 なりすまし詐欺 Facebookでのトラブルや問題で多いものの2つ目は、なりすまし詐欺です。 これはTwitterのように芸能人に成りすますというよりも、可愛い女性に成りすます事例が多いです。 若くて可愛い女性に成りすましてアカウントを作り、カモになりそうな男性に友達申請をする。 そして、Facebook上で仲良くなって、 出会い系サイトなどに誘導するんです。 また、実際に会って、詐欺行為をするような事例もありますね。 Facebookは実名での利用なので、変な詐欺には遭いにくいという安心感がありますし、かわいい女性から友達申請されたら、嬉しい男性は多いので、なりすまし詐欺は後を絶たないんですね。 国際結婚トラブル Facebookでのトラブルや問題の事例、最後は国際結婚トラブルです。 Facebookの月間ユーザーは20臆7000人です。 そのため、世界中の人と友達になることができます。 そして、Facebookを通して仲良くなると、交際が始まったり、国際結婚に至ることもあります。 ただ、これを利用して詐欺をしようとする外国人がいるのです。 発展途上国の人から見ると、日本人は一般市民でも超お金に見えます。 そのため、Facebookで仲良くなって結婚の話が出ると、「お母さんが病気だから、母国にお金を送金してくれないか?」とか「結婚資金のために、お金を送ってほしい」のようにお願いされることがあるんです。 冷静に考えれば、そんなのおかしいと思えるのですが、恋愛中で舞い上がっている時には、「嫌われたくない」、「恋人の役に立ちたい」とお金を送ってしまうことがあります。 そして、 お金を送った後は、連絡が取れなくなってしまうパターンですね。 結婚詐欺のSNS&国際結婚バージョンです。 このような事例もあるのです。 国際結婚に憧れている女性、日本人にはモテないから外国人でも良いから結婚したいと考えている男性は、Facebookでイケメンや美人の外国人からアプローチされると、嬉しくて頭の中がお花畑になることが多いので、気を付けなければいけません。 SNSで多いトラブルや問題の事例についてのまとめ ・Twitterで多いトラブルや問題 「犯罪自慢で炎上」「芸能人のなりすまし」「芸能人のファンから袋叩きにされる」 「犯罪予告」「スパムによるアカウント乗っ取り」「デマツイート」 ・LINEで多いトラブルや問題 「メッセージを間違って他人に送ってしまう誤爆」「悪徳業者によるアカウント乗っ取り」「LINEでのリベンジポルノ」「グループトークや既読スルーによるイジメの助長」 ・Facebookで多いトラブルや問題 「ストーカー被害」「なりすまし詐欺で出会い系サイトに誘導してくる」「国際結婚トラブル」 SNSで多いトラブルや問題の事例をまとめましたが、いかがでしたか?SNSは便利で、私たちの生活に欠かせないものであることは間違いないのですが、一歩間違えると、奈落の底に突き落とされる可能性があるものです。 そのため、どのようなトラブル・問題の事例があるのかを知って、正しく注意しながら、安全にSNSを使うようにしましょう。

次の

【悲報】新入社員さん、プレゼンにいらすとやを使ってしまう ・・・・・

いらすとや 芸能人

まず、「いらすとや」は「著作権フリー」ではありません。 「当サイトの素材は無料でお使い頂けますが、著作権は放棄しておりません。 全ての素材の著作権は私みふねたかしが所有します。 」 いらすとや ご利用について よく勘違いされていますが、一般に「著作権フリー」と呼ばれているもののほとんどは「著作権フリー」ではありません。 その証拠に、利用条件が書かれているはずです。 「著作権フリー」なら「条件」なんて存在しないはずです(条件を課す根拠となる権利がない)。 一般に「著作権フリー」と呼ばれているものの多くは、「使用に際して、あらかじめ示された条件を守れば都度許可を得なくてよいもの」のことです。 ですので、回答は 「著作権者が明示している(であろう)条件を確認してください」 となります。 必ず出典を書け(それが宣伝になる)という場合もありますし、「何も書かなくてOK」という場合もあります。 どうするかは著作権者の自由です。 「いらすとや」であれば、 「イラストを利用した際に、リンクまたはクレジット表記が必要ですか?」 について、 「必要ありません。 入れていただける場合は「いらすとや」としてください。 」 いらすとや よくあるご質問 としています。

次の