マジック キーボード ipad pro。 【レビュー】iPad Pro用Magic KeyboardとSmart Keyboard Folioの違い。用途別おすすめキーボードは

【iPad】「Smart Keyboard」と「Magic Keyboard」どちらが最適?

マジック キーボード ipad pro

よくわかる目次• MacからMagic KeyboardのBluetooth接続を解除する Macで利用しているキーボードである場合、 ペアリングを解除してキーボードをフリーにしておきます。 Macの右上にあるBluetoothアイコンからMagic Keyboardの接続解除を選択するか、 もしくは、システム環境設定の「Bluetooth」メニューから接続解除を行ってください。 iPad側でMagic KeyboardをBluetoothペアリングする 次はiPad側です。 表示されていない場合は、Magic Keyboardが他のデバイスとペアリングされたままかもしれませんので確認してください。 iPadでMagic Keyboardを使う iPadに接続できましたので使ってみましょう。 メモアプリに記入してみました。 普段でてくる入力用キーボード表示はでてこず、そのままMagic Keyboardで入力できます。 iPadでMagic Keyboardを使ってみた感想 入力した感じはなんら不都合はないです。 iOSならではの予想変換がキーボード打ちでは使いづらいかなってくらいです。 普段のMacと同様のキータッチでiPadに入力ができるのでいい感じだなぁと感じました。

次の

MacのMagic Keyboardは汎用性が高くシンプルで使いやすいキーボード!

マジック キーボード ipad pro

iPad Pro専用のMagic Keyboardは本体を傷から守るカバーだけでなくキーボード、トラックパッドを内蔵したことにより、をノートPC化してしまう最強のデバイスです。 正確にはノートPC化ではなくテキストベースの作業に特化したデバイスと言った方がいいかな?仕事で使うにはiPad Proだけでは完結させることは不可能ですし、iPad Proのシングルタスクの効率を上げることができるツールとなっています。 ここでは、 iPad Pro 11インチのMagic Keyboardのレビューをしています。 どのような使い方ができるのか、キーボードの作業のしやすさなどを書いているので、iPad ProとMagic Keyboardの組み合わせを検討している方は参考にしてください。 Magic Keyboardの特徴• iPad Proで快適にキーボード作業ができる• シザー構造のキーで快適なタイピング• バックライト内蔵で暗いところでも使える• トラックパッドを内蔵しカーソル操作• 画面の角度調整ができるフローティング構造• 画面と背面を傷から守ることができる Magic Keyboardは背面部分にマグネットを内蔵していてiPad Proを乗せるだけで取り付けできるキーボードで、特殊なヒンジ機構を採用しiPad Proの画面を浮き 作業時の目線を自然に上げることができるキーボードとなっています。 iPad Proの画面を浮かすことができる 可動域は広くないが画面の角度をシームレスに調整すできるので、様々なシーンで使うことが可能。 シザー構造のキーを採用していて打ち心地もしやすくてタイピングのしやすいキーボードとなっていますよ。 ここでは、のMagic Keyboardをレビューしていますが、向けのMagic Keyboardもあり、旧世代のにも使うことも可能となっています。 Magic Keyboard レビュー iPad Pro 装着方法 Magic KeyboardはiPad Proを取り付ける部分にマイクロファイバーを採用していて柔らかい手触りとなっています。 取り外しするたびに直接触れる部分ですが、本体が傷付く心配はない設計と言えるでしょう。 Magic Keyboardの取り付け部分 背面に磁石を内蔵していてiPad Proを乗せるだけでMagic Keyboardにくっ付けることができます。 Magic Keyboardに装着する iPad Proの背面にあるSmart Connectorと直接繋がっているので装着するだけでOK。 ペアリング作業なしですぐに使うことができます。 キーボードへの電力供給もSmart Connectorを介して行われているため、キーボードのバッテリーの減りを気にすることなく使うことができるのもMagic Keyboardの素晴らしいところでもあります。 デザインと本体サイズ・重量 Magic Keyboardはカバーとしての役割も担っていますが、外側の素材はポリウレタンとなっていてサラサラとした手触りとなっています。 柔らかい素材でしっかりとiPad Proを守ってくれるので、多少雑に扱ったとしても安心して使うことができるでしょう。 Magic Keyboard カバーの素材 基本的なデザインはと同じですがMagic Keyboardは画面を可動させるために独立したヒンジ機構を搭載していて、少しだけ本体サイズが大きくなっています。 画面角度をシームレスに調整できる さらに、画面の角度はシームレスに調整することができます。 Magic Keyboardの画面角度調整範囲 調整できる範囲は意外と狭いんですよね。 最大限に画面を寝かせた状態でもSmart Keyboard Folioよりも少しだけ倒せる程度です。 Magic KeyboardとSmart Keyboard Folio もう少し寝かせた状態で使えたら嬉しかったですが、Smart Keyboard Folioより高さがあるので体の負担は少なくなるのかなと感じます。 また、シームレスに画面の角度を調整できるので絶妙な位置調整が可能となっています。 ノートPCのように開くだけで使える Magic KeyboardはiPad Proの画面を持ち上げることができる力強いヒンジを手に入れたことで、などのモバイルノートPCのように画面を開いてすぐに使えるスタイルとなりました。 iPad Proは顔認証のFace IDを搭載しているので画面を開いてキーをタイプするだけで顔を自動的に認証して画面ロック解除できます。 スリープ解除からの一連の流れはよりも優秀で使いやすいですよね。 Smart Keyboardは複雑な構造からキーボードの組み立てが必要。 Smart Keyboard Folioは画面を凹みに合わせる必要がありますが、Magic KeyboardはノートPCのように画面を持ち上げるだけで使えるので最高です。 USB-Cのパススルー充電に対応している Magic Keyboardは左側にUSB-Cポートを搭載していてiPad Proにパススルー充電することができます。 Magic KeyboardのUSB-Cポート このUSB-Cポートに充電ケーブルを接続しておくことで、iPad ProにMagic Keyboardに取り付けるだけで充電することができます。 充電ケーブルをわざわざ接続する作業をなくすことができるので充電するのがスマートになりますよね。 データ通信はできないのでの接続はiPad Pro本体側のUSB-Cポートに接続して使うことになります。 今までは充電しながら外付けSSDを使うことができませんでしたが、Magic Keyboardを使えば充電しながらアクセスできるので、iPad Proで動画編集をすることが多いなら操作性は向上するでしょう。 スポンサーリンク シザー構造のキーボードを搭載 iPad ProのMagic Keyboardはシザー構造のキーボードを採用しキーの高さは1mmあるので、タイピングしたときにしっかり跳ね返りを受けることができるキーボードとなっています。 シザー構造のキーボードを搭載している Smart Keyboardはキーの大きさ(面積)が小さかったのでタイピングの精度が求められました。 キーの大きさが大きくなった しかし、Magic KeyboardはやのMagic Keyboardと(12. 9インチの場合)同じ大きさとなりミスタップしにくいスタイルになっています。 キーのピッチは12. 9インチは19mmとフルサイズキーボードと同じ。 11インチは18mmと少し狭いのでフルサイズキーボードよりも幅狭なキーボードとなっています。 11インチ Magic Keyboardのキーボード幅 個人的にはこの幅がとても使いやすい。 手を置いたときに横に移動させることなく全てのキーに指が届くので素早いタイピングができます。 ただし、左右のキーの一部が小さくなってしまうので慣れが必要となるので注意。 MK11インチとSK12. 9インチのキーの幅 ちょっと使いにくい。 仕方ないので慣れるしかないですね。 なお、MacBook AirとiPad ProのMagic Keyboardでは筐体の剛性が違うのか、iPad Proの方がタイピング音は軽いように聞こえます。 操作性はほぼ同じですが作業していてiPad ProのMagic Keyboardの方がチープな印象があります。 バックライト内蔵で暗闇でも使える iPad ProのMagic Keyboardはバックライトを内蔵しています。 キーにバックライトを内蔵している 従来のはバックライトを内蔵してなかったので、暗闇での作業は非常に困難を極めましたが、Magic Keyboardなら真っ暗闇でキーの配置を確認しながらタイピングが可能となっています。 見た目も美しいバックライト搭載のキー ちなみに、バックライトの明るさ調整はキーボードからできません。 自動調整機能はないので昼間もずっと点灯しっぱなしとなるので、できるだけ明るさを抑えることでバッテリー消費を抑えた方がいいでしょう。 数字キーの入力がしにくい(11インチのみ) 11インチのみに発生する事象ですが、画面を最大限寝かせた状態で数字キーをたタイピングすると画面が指にあたることがあります。 数字キーの入力時に指が画面にあたる 浅くタイピングすれば画面に指が当たることはないので、使っていくうちに画面に当たらないようになってきますが、最初のうちは画面に指が当たってタイプできない…ということがよくあります。 トラックパッドでアプリ切り替えが快適に Magic Keyboardはトラックパッドを内蔵していてカーソル操作だけでなくジェスチャーによるアプリの切り替えもできるようになっています。 アプリの切り替えがシームレスにできるようになったことで、Split Viewなどのマルチタスク画面はあまり使わなくなりました。 狭い画面に2画面表示させるより、 トラックパッドでその都度アプリを切り替えて作業をする方が集中できるし効率がいいように感じます。 iPadはシングルタスクに向いているデバイスなのでトラックパッドを使うことで効率的に作業することができるでしょう。 膝の上での作業が快適にできる Smart Keyboardでも膝の上に置いて作業することはできましたが、Magic Keyboardも膝上で作業することができます。 膝の上でも使える しかも、Magic Keyboardは重量があるので安定性がかなり良く、画面も少しだけ高くすることができ角度も付けられるのでSmart Keyboardよりも快適に作業することができます。 バッテリー持ちは少し悪くなる Magic Keyboardはバッテリーを内蔵しておらずiPad ProのSmart Connectorから電源を確保しています。 Smart Keyboardも電源をiPad Proから受けているので仕組みは同じですね。 ただ、Magic Keyboardはバックライトを内蔵しているためSmart Keyboardよりも少しだけバッテリー持ちが悪いようです。 Magic Keyboardのバックライトの輝度をもう少し下げれば同じくらいの電池持ちになるかも? Magic Keyboard側のUSB-C 充電速度 Magic Keyboardに搭載しているUSB-CポートからiPad Proへの充電は速度は落ちるのか確認してみました。 付属の18W充電アダプタを使うとほぼ同じ充電速度ですが本体に直接充電した方が少しだけ出力が高くなるようです。 30Wの高出力の充電アダプタを使うと格段にiPad Proに直接充電した方が出力が高くなります。 スポンサーリンク iPadのMagic Keyboardはどんな人におすすめ? テキストベースの作業が中心 テキストベースの作業が最高に使いやすい Magic Keyboardは テキストベースの作業を中心に使うなら最高のデバイスです。 シザー構造のキーのタイピング感は良好で高速タイピングしてもしっかり追従してくれる性能を持っています。 Smart Keyboard Folioのペチペチしたキーも悪くないですが、長時間のタイピングになるとシザー構造の普通のキーボードは扱いやすいし使いやすい。 また、Smart Keyboardよりも 画面を2センチ上げることができるので視線を上げて作業することができます。 Magic KeyboardとSmart Keyboard Folio 「えー、たった2cm…」と思うかもですが、この2cmが大きいです。 20代なら大丈夫かもしれないけど30代後半になるとホントだから…。 外では持ち運びがしやすいiPad Proで作業をして自宅・職場に戻ってきたらiMacで整える…といった連携技が光りますよね。 Smart Keyboard Folioでも同じような作業はできますが、作業のしやすさはMagic Keyboardの方が上です。 Magic Keyboardは重いので持ち運びのしやすさを重視するならSmart Keyboard Folioですが、カバンに入れてしまえば300gの重さは許容範囲内ではないでしょうか。 iPadのMagic Keyboardが向かない人は? iPad Proをタブレットとして使っている iPad Proを本来の使い方でもあるタブレットとして使うことが多いなら、Magic Keyboardを買う必要性はありません。 ただし、高機能なスタンド台として使うならアリなのかも。 置くだけで充電ができて、角度調整もできるのでこの状態でYouTubeなど動画を見るのもいいでしょう。 Apple Pencilを中心にiPad Proを使っている Apple Pencilを使ってノートを取ったり、絵を描いたりクリエイティブな作業を中心にiPad Proを使ってるならMagic Keyboardは役には立たないので、ペンシル作業が中心ならこのデバイスはスルーしていいでしょう。 ただ、Magic KeyboardからiPad Proを外して カバーを折り畳んでその上に本体を置いてApple Pencilを使えるので共存は可能です。 Magic Keyboardの上にiPad Proを置く 少しだけ傾斜がかかるのでMagic Keyboardの上に置いて使うのは悪くない。 なので、Magic Keyboardをスタンドとして使ってApple Pencilを使うときは閉じて台として使う。 そんな使い方はできそうです。 Magic Keyboard 惜しいところ• 重量が重い• 価格が高い• 人を選ぶツール Magic Keyboardは価格がちょっと高いですよね。 キーボードに3万円以上はどうなの…と思ってしまいます。 また、タブレット、Apple Pencilを中心にiPad Proを使うユーザーさんにとっては恩恵はほとんどないので注意しましょう。 iPad Proはあくまでタブレットデバイスなので、どう頑張ってもMacBookの代わりになることはありません。 これは断言します。 ただ、iPad ProにMagic Keyboardを装着することでテキストベースの作業をするのに特化できる環境を手に入れることができるので集中して記事を書き上げたときなど、とても良いデバイスではないかと思います。

次の

iPadをトラックパッドで操作する方法!デスクトップ型iPadが実現可能に!

マジック キーボード ipad pro

iPad Pro 10. 5インチをより活用するために、Apple純正のスマートキーボード Smart Keyboard を購入しました。 iPad Proに装着して使えるハードウェアキーボード。 iPad Proは昨年購入し、YouTubeの視聴やTwitter、Webサイトの閲覧などのビューアーとして使っていました。 これらのコンテンツを消費するためのデバイスとしてiPad Proは大変優秀です。 バランスのとれた美しいディスプレイと薄い筐体に、指紋認証のついたホームボタン。 今後数年は最前線で使えるスペックで、タブレットとしては現状最高のデバイスです。 しかしながら、専業アフィリエイターとして独立して半年、出先でもっと手軽にブログの更新をできないものかと悩んでおりました。 新しいMacBook Proを購入するのも良かったけど、結構値が張るし… そこに、Twitterで「iPad Proをブログ更新用デバイスにすればいいんじゃない?」とアドバイスをいただき、iPadをアウトプットにも使ってみることにしました。 1ヶ月間の使用の結果、iPad ProはPCの代替にはなりませんでした。 iPadでメールの返信はできるし、Twitterの更新もブログの編集も少しであれば問題ありません。 iPadはMacBookよりも立ち上がりは早いです。 指紋認証で2秒あれば目的の作業に戻ることができますし、バッテリーもPCの比にならないほど持ちます。 マルチタスクもSplit View機能でサクサクできるし、たしかにAppleの言う通り、PCに近い感覚で使えました。 ただ、トラックパッドやマウスが無いことによる効率の悪さと、キーボードの幅の狭さによるタイピングミスはどうしても払拭できませんでした。 トラックパッドは必要だった 2020年4月追記 トラックパッド付きのiPad Pro用Magic Keyboardが発表されました! スマートキーボード+iPad Proを併用する場合、 キーボードでパチパチとタイピングをし、画面にタッチして操作します。 これが面倒なんです。 マウスとキーボード、あるいはトラックパッドとキーボードの組み合わせであれば、指の移動範囲が狭くてすみます。 画面に手を伸ばす1つの動作の有無には超えられない壁がありました。 iOSとmacOSの違いかもしれませんが…いずれにせよiPadでは補えません MacBook Proにはキーボードのファンクションキーの代わりに Touch Barが搭載されています。 タッチパネルにせず、画面まで手を伸ばす必要が無いこの位置にTouch Barを設置したのは正解なんじゃないでしょうか? iPad ProがPCの代替になることはありませんでした。 だからといって、スマートキーボードが使いづらいわけではありません。 ここからは、スマートキーボードの良かったところを紹介します。 打鍵感が良い 一番大事な打鍵感 キーボードの押し心地 は問題ありませんでした。 キーボードの素材はポリウレタンとマイクロファイバー。 キーの間に隙間がないことで、コーヒーや水をこぼしても壊れない耐水性を持っています。 はじめはキーが少し硬いかなと思いましたが、慣れてくるとパチパチと高速で入力できます。 Apple Storeで試し打ちすることもできるので、気になる方は店頭で触ってみてはいかがでしょうか。 MacBookのキーボードとは全く違う打鍵感です。 アプリの切り替えやSpotlightの表示、各アプリ毎に割り当てられたショートカットが使えるのは便利ですよ!これに慣れれば、ほとんどタッチせずに操作することも可能なのかもしれません。 充電不要!ペアリングなしで使える便利さ スマートキーボードは、iPad Proの側面にある磁石にパチっと装着するだけで使えるようになります。 給電もこの部分から自動的に行うため、ペアリングや充電 または電池の取り替え の必要はありません。 iPad Proのカバーにもなる スマートキーボードを使わないときは、閉じてiPad Proを保護するカバーとして使うこともできます。 キーボードを一緒に挟んでも厚さが気になることもなく、スマートカバーを装着しているときと比べて鬱陶しいと感じることもありませんでした。 カバーとして使うときも磁石で装着しているので、キーボードを使いたいときはササっと開いくだけ。 ストレスフリーです。 この辺りの一体感というか統一感は、Apple以外のメーカーが作ったサードパーティ製には無い良さだと思います。 値段が納得できて、かつキーボードが使いたいならApple純正をおすすめします。 スマートキーボードの残念なところ Google日本語入力を使いたい キーボードで長文を書くようになると、ソフトウェアの違いも気になり始めます。 iOS標準で搭載されているキーボードは、macOSと比べて賢くありません。 最新のmasOSについているライブ変換も使えませんし、 変換機能そのもののレベルが低いです。 長い文章を書くとここに不満を感じました。 ATOKやsimejiなどのサードパーティ製のアプリを使うことはできるため、評判を調べながらいくつか試してみようかと思います キーピッチが気になる また気になる点として、10. 5インチなのでキーピッチ キーの幅 が狭いことが挙げられます。 このサイズのiPad Proに合わせるためには仕方ないのですが、本格的にどっしり構えて文章を打ちたい人には少し小さく感じてしまうかもしれません。 中には、10. 5インチiPadに12. 9インチのスマートキーボードを使う猛者もいるそうです。 サイズはぴったり合いませんが、操作感は間違いなく良さそう。 値段が高すぎる スマートキーボードはiPad Proと合わせて使うキーボードとしては非常に優秀で、せっかくProを買ったんだからこれを使わないのはもったいない!と思うほどのクオリティです。 ただ、やはり値段が高すぎる。 税込で1万8000円超えは正気ではない。 スマートキーボードに限らず、Apple製品のアクセサリ類が高額なのは以前からです。 iPad Proのスマートカバー ただのカバー もレザーを使用したものは1万円弱します。 それにキーボード機能までついてしまえば、1万8000円もしょうがないのかなとも思いますが… 値段が許せるならスマートキーボードで良い 値段は高いですけど、スマートキーボードを購入するか、他の安いサードパーティ製のキーボードを使うかを選ぶなら、私は前者を選びます。 ただし、iPad Proをあくまでビューアー用として使う人。 YouTubeやWebサイトをみたり、2chやTwitterを使う程度であれば、そもそもハードウェアキーボードは不要では無いでしょうか。 そういう方は、試しに数千円で買える安いキーボードから使ってみても良いかもしれませんね。 あくまでiPad Proはサブ的な扱いで、本格的に文章を書くならMacBookやPCを使うほうが効率的です。 iPad ProをPCのように使おうと考えている方は、参考にしてみてくださいね。 以上、iPad Proのスマートキーボードのレビューでした。

次の