競輪 7車立て 攻略。 競輪7車立レースで2倍以上も当たりやすい!!7月〜9月までの期間限定│競輪プレス:競輪予想情報ブログ

競輪は7月から9月まで7車立てで実施

競輪 7車立て 攻略

この記事の目次• 7月~9月はほとんどのレースが7車立に! 出典: 競輪の公式サイト「KEIRIN. JP」は、2020年5月20日に「7月から9月までの開催について」というお知らせを出しました。 内容としては、7月から9月までのG3競走、F1競走、F2競走を7車立で行うというものです。 出場選手を減らしたり、選手の移動を最小限にしたりすることで、コロナの感染を防ぐことが目的みたいですね。 これによって、今までは9車立のレースをメインに賭けていた方も、しばらくの間は7車立のレースだけで勝負しなければいけなくなりました。 9車立と7車立では攻略法が変わってくるので、この記事で7車立の攻略法を一緒に勉強していきましょう。 競輪の7車立とは? 競輪の「7車立」とは、出場選手が7名のレースのことです。 一方、出場選手が9名のレースのことは「9車立」と言います。 競輪のレースは9車立で行われることが多いですが、一部のレースは7車立で行われます。 7車立のレースは、• ミッドナイト競輪、チャレンジレース、ガールズケイリン• その他の7車立のレース• 7月~9月に行われる7車立のレース の3つに分類できます。 それぞれのレースの特徴を解説していきますね。 ミッドナイト競輪、ガールズケイリン、チャレンジレース 出典: 普段から7車立で行われている主なレースは、ミッドナイト競輪、チャレンジレース、ガールズケイリンの3つです。 まず、 ミッドナイト競輪は、21時~23時に行われる「真夜中のレース」です。 周回数が少ないので、先行選手がトップスピードを維持して走りやすいという特徴があります。 次に、 チャレンジレースは、A級3班の選手だけが出場するレースです。 競輪学校を卒業したばかりの選手が多いので、期待の新人選手を見つけることができます。 競輪の7車立と9車立は何が違う? 競輪のレースは、9名の選手で行われる「9車立」のレースと、7名の選手で行われる「7車立」のレースに大きく分けられます。 7車立と9車立の主な違いは、• 7車立には二枠単、二枠複がない• 7車立は当たりやすい• 7車立は平均配当(平均払戻金)が小さい の3つです。 3つの違いについて、順番に解説していきます。 7車立には二枠単と二枠複がない 出典: 9車立のレースには、三連単、三連複、二車単、二車複、二枠単、二枠複、ワイドの7種類の車券があります。 一方、7車立のレースには、三連単、三連複、二車単、二車複、ワイドの5種類の車券しかありません。 7車立には二枠単と二枠複がないわけですね。 これは、出場選手が7名しかいないので、枠番を割り当てられないからです。 二枠単や二枠複をメインに買っている方は少ないと思いますが、念のため覚えておきましょう。 競輪の7車立の特徴と攻略法 競輪の7車立のレースには、的中率や平均配当以外にも、レース展開などに特徴があります。 具体的には、• 3人ラインが有利• 捲りが決まりやすい• 1番人気の選手が1着をとりやすい の3つです。 この3つの特徴から、7車立の攻略法を考えていきます。 3人ラインが有利 出典: 7車立のレースでは、ラインは「3人-2人-2人」や「3人-2人-単騎-単騎」のようになることが多いです。 出場選手が少ないので、9車立と比べて3人ラインを作りにくくなっているんですね。 競輪では、人数の多いラインのほうがレースを有利に運ぶことができます。 例えば、後方の選手が捲ろうとしたときに、3人ラインのほうが2人ラインよりも捲りにくいですよね。 そのため、7車立のレースでは3人ラインに注目して予想するのがおすすめです。 競輪の7車立を実際のレースで解説 競輪の7車立のレースを実際の出走表を見ながら解説していきます。 今回、解説するのは2020年3月27日の宇都宮第4Rです。 さっそく、出走表を見てみましょう。 まず、競走得点を見ると、最も高いのは5番車「阪本和也」選手で、2番目に高いのは7番車「岡田浩太」選手となっています。 これだけ見ると「57」ラインが強そうですが、 ラインの長さを考えると「416」ラインにもチャンスがあるかもしれません。 次に、決まり手を見ると、4番車「善方政美」選手は「逃」の決まり手が多くなっています。 このことから、このレースは「416」ラインが逃げて、 「32」ラインや「57」ラインが捲るレースになりそうです。

次の

競輪7車立レースで2倍以上も当たりやすい!!7月〜9月までの期間限定│競輪プレス:競輪予想情報ブログ

競輪 7車立て 攻略

【須田鷹雄(すだたかお)】 1970年東京生まれ。 競馬評論家、ギャンブル評論家。 中学生時代にミスターシービーをきっかけとして競馬に興味を持ち、1990年・大学在学中に「競馬 ダントツ読本」(宝島社)でライターとしてデビュー。 以来、競馬やギャンブルに関する著述を各種媒体で行うほか、テレビ・ラジオ・イベントの構成・出演も 手掛ける。 私は仕事としては競馬を主戦場にしていますが、公営競技はすべて大好き。 競輪場は廃止になったところも含めると50場踏破(もちろん現存するところはすべて含まれます)しましたし、いまでも旅打ちからネット投票まで、さまざまな形で日々競輪を楽しんでいます。 ちなみに選手を引退し評論家となっている吉岡稔真さんと同い年で、誕生日も1週間違い。 個人的には勝手に65期を同期と認定し、現役だと後閑信一選手や古川圭選手(年は上ですが)などを応援しております。 今回は、競馬など他の公営競技はやるけど競輪ははじめて……という方のために、僭越ながらガイド役を務めさせていただきます。 競馬など他の公営競技を先に経験した人は、「競輪の予想は難しい」と考えることも少なくないようです。 しかし、競輪にはひとつ、非常に分かりやすい予想ファクターがあります。 競走得点は各選手の実力と近況をまとめて数値化したような指標ですから、これほど簡潔なものはありません。 競輪選手には、自ら風圧を受けて逃げ、あるいは捲りの戦法をとる自力型選手と、そのうしろにつけるマーク型選手がいます(状況に応じて別な役割で戦うこともあります)。 この両者が連携して戦うことをラインといい、同県・同地区・同期などの結びつきで組まれます。 マーク型選手は終始自分で風圧と戦っては最後までもちませんし、自力型選手はマーク型の援護がないと、他のラインに捲られたりするリスクが増します。 それぞれ利用する関係ですが、もちろん最終的には各選手、自分の着順がより上位になることを目指します。 個人戦と団体戦、両方の側面を持つのが競輪なわけです。 競走においてどのようなラインが形成されるか、これはよほどこじれる番組でない限りだいたい予見ができます。 予想情報としても提供されています。 ですので、ラインも決して初心者に分かりづらいファクターではないのです。 例えば、100点の選手がラインの先頭と番手にいるなら、そのラインの持つポテンシャルは100点とイメージしやすいところです。 しかし、例えば97点の選手がラインの先頭を担い103点の選手が番手につけるとなると、97点の自力が不発に終わって103点が共倒れになる可能性があります。 逆に103点の自力選手が捲りを打った場合、97点の番手選手は付けきれずちぎれてしまうかもしれません。 逃げの場合は番手選手の援護が受けにくいということになります。 この発想が穴車券にもつながります。 競輪ファンは格を重視する傾向があり、格として最上位の選手を軸に順当なスジ決着を買う人は少なくありません。 しかし個別の選手でなくライン全体を評価する癖をつければ、格上の番手選手が出番のないまま終わって穴になるケースや、格上の自力選手が勝ったのに番手が付いてこないスジ違い決着を取りやすくなります。 続いては、各ラインの比較をしてみましょう。 初心者のうちは、各ラインの先頭を担う自力選手に注目するとよいでしょう。 注目ポイントのひとつは、各自力選手の強さです。 先述したように、強い選手が番手・三番手にいたところで自力選手がそれを引き出せなければ威力半減です。 もうひとつは、自力選手の先行意欲です。 専門紙だとバック本数などが指標になりますが、オッズパークの場合は決まり手を見ればよいでしょう。 先行が見込める選手が一人ならばいわゆる逃げイチで当然そのラインが有利になりますが、先手争いになると捲りの餌食になる可能性が増してきます。 実際のレースは三分戦、四分戦という形で行われることがほとんどです。 各ラインを「逃げそうなライン」「逃げてもいいライン」「おそらく捲りのライン」といったように分類し、展開を予想してみましょう。 初心者はまず当てることが先決ですから、以上の整理をしたうえで、一番強いラインで決まる車券、いわゆる「本命ラインのスジ決着」を買うところから始めてよいでしょう。 そのうえでレースの雰囲気がつかめてきたら、さらに高い配当を目指していけばよいのです。 最後に、少しでも高い配当を取るために少しアレンジを加えてみましょう。 通常競輪で高配当になるというとラインどうしで決まらない、いわゆるスジ違いによるものを意識しますが、ごちゃごちゃした展開は初心者には予想しづらいものです。 では、ある程度ライン戦の体裁が整っていて、それでいながら配当が良いというのはどのような状態でしょうか? 当然、それは弱いラインが強いラインを負かすレースということになります。 天と地ほども実力の違う自力選手どうしなら無理でしょうが、少々の差なら点数下位の自力型が結果を出すということはいくらでもあります。 捲りどうしでも中団を取って先捲りを打てば有利になりますし、逃げているところに強い選手の捲りが飛んできても、そのタイミングや番手選手の援護次第では跳ね返せることがあります。 点数通りに評価していては、穴車券は取れません。 少しの点数差ならば逆転もアリと考えていくことも必要です。 また展開についても、強い自力選手がいちばんピンチに陥る展開を考えてみてもいいでしょう。 ある程度自分に都合の良い発想をして、配当の良い車券を追求していくことも必要です。 で、3車・3車・2車に単騎の平原という構成でした。 村上が後ろにつく稲垣は先行意欲が高いはず。 点数最上位の深谷は後ろが他地区ですが、稲垣を出すと村上の番手捲りがあるのでそれに待ったをかけたいはずです。 一方で新田はこの時点の決まり手が2-8-0-1と捲り主体。 平原は単騎ですし、そもそも0-14-3-0という選手です。 好位を取っての捲りしかありません。 稲垣と深谷の先行争いを捲りが飲み込む展開を予想したファンが多かったのでしょう。 2車単の1番人気は新田が捲って成田が続く9-3でした。 同じ捲り前提の平原もある程度は売れていましたが、単騎ということもあり福島ラインには遠く及びません。 2車単2番人気は1-7で、これは格上から買う発想だと思われます。 結果は2車単1番人気の発想が正解で、主導権を取ろうとする稲垣に深谷が早めの捲りを打ち、村上の牽制で深谷が圏外に去ったところを一気に新田が捲りきりました。 3着には稲垣の番手に切り替えた岩津。 岩津そのものは買えて結果オーライの車券になったはずです。 実際のレースでは様々な展開があります。 また、各ラインの先頭にしっかりした自力選手がいるとは限らず、最初から他ラインに競り込むこともあればイン待ちといったケースもあります。 多種多様な展開を初心者のうちから読み切ろうというのは正直難しいところですし、ベテランのファンになっても簡単というわけではありません。 まずはきっちりとした逃げ・捲りのある三分戦や、四分戦でも自力型のキャラクターがはっきりしたレースを並び情報から選び、「基本的な車券」を買ってみるのがよいのではないかと思います。 といっても人気のスジ車券だけを買えというわけではありません。 先述したように人気のライン以外から1着が出ることを想定してもいいですし、1,2着が人気でも3連単の3着が紛れる形を狙ってもいいでしょう。 そうやって車券を買っていると、結果として様々な結果に遭遇します。 レース数を消化し、経験する展開のバリエーションが増えると、あらかじめそれを予見できるようにもなってきます。 そのレベルに達すると、ここまで書かれてきたことの意味もより深く分かるようになるでしょう。 そのためにも、最初から1レースに突っ込むのではなく、小額ずつでも多くのレースに参加してみることをおすすめします。 その経験値が、後々の車券ライフに生きてくることでしょう。

次の

競輪は7月から9月まで7車立てで実施

競輪 7車立て 攻略

もともとはサイコロを使っていた時代に、連続で 出やすい目があることが由来となったそうです。 この出目は、車番などのように数字のあるギャンブル(競馬、競輪、競艇、オートレース、カジノなど)にはいつも関わってきます。 例えば、3連単なら1-2-3、2連単なら1-2と立て続けに来ることで出やすい目(出目)があるのではないかとそのリズムを予想に組み込むことがよくあります。 競輪場で近くにいる人が「今日は1-7の日だな。 」と言っていたりしているのも出目のことです。 また、この出目が続くことを必勝法の中でも 「リズムに関するシステム」と定義しています。 このシステムは、特定の運やツキの流れを重視する考え方を指しています。 まさに、出目を予想に組み込むことはリズムに関するシステムに他ならないのです。 このリズムに関するシステムは、マネーマネジメントシステムとも相性が良いことが分かっています。 それについて、詳しく知りたい方は競輪で必ず勝つための必勝法を伝授します。 を読んでみてください。 出目で予想するのは楽しい 出目がリズムに関するシステムであるとすれば、もちろん競輪の予想に組み込むことができます。 ギャンブルは、基本的な確率論に加えて多くの必勝法が存在しています。 そして、特定の運やツキの流れを予想に組み込むことは何も間違った行為ではありません。 何より出目で予想することで、思わぬ高配当の恩恵を得られることも少なくないでしょう。 私自身の体験談ではありますが、最近の競輪で負けに負け、自暴自棄になって予想をしていた時に2-9-1(憎い)を購入してみたら、なんと2-9-1の結果で決まってしまったことがあります。 その時は、2-9-1以外にも買っていたので、そこまで大きなプラスではありませんでしたが、もう少し出目を信じて購入しておけばと後悔しました。 このように、語呂合わせのいい目や結果が続いている目を予想に組み込んで、車券を買うことができるのも競輪の楽しみ方の1つですね。 「出目流し」は競輪の必勝法! 「出目流し」とは、競輪予想をする前に、 ある特定の出目を決めて、事前に全レース100円で購入することです。 「流し」というのは、全レース購入するためです。 この方法は宝くじを買うような気分で3連単を3組ほど購入することがポイントです。 これは余談ですが、競艇のYoutubeで江戸川ナイスという番組に出演しているオモダミンCさんも「お守り」と称して予想していない舟券を購入している場面を多々見かけています。 このように、出目流しをしておくことで、理屈では当てられないレースを的中させることができます。 加えて、宝くじよりも当選確率は高いこともオススメできるポイントの1つです。 ヨーロッパには、要注意!? 出目流しや出目で競輪の予想する上で、特に注意しなければいけないことがあります。 それは「ヨーロッパ(4,6,8)に要注意する」ということです。 実は、9車立ての競輪場では、 9人の中で格下の選手を、4番, 6番, 8番に配置することが多いのです。 これによって高配当になる車券には、ほとんど4か6か8番が絡んでいます。 この3つの数字を語呂合わせでヨーロッパと競輪界では呼んでいます。 特に出目流しを実践する場合には、 ヨーロッパを絡めれば的中率は低く、高配当になり、絡めなければ的中率が高く、低配当となることを理解した上で購入しましょう。 また、ヨーロッパを絡めた車券は人気薄になることが多いので、1点に投資する金額は低くすることをお勧めします。 なぜなら、人気薄の車券に多額の資金を購入してしまうと魅力的であった高配当なオッズを下げてしまう可能性が高いからです。 また、ヨーロッパが絡むことで高配当になっているか確認したい場合には、競輪の最高配当ランキングTOP50の記事にある表の「組番」を見てみましょう。 ヨーロッパが絡んでいない高配当を探す方が難しいことが分かりますね。

次の