トウモロコシ の 保存。 とうもろこしの収穫の時期や見分け方は?やり方や保存方法も!

とうもろこしの保存方法と保存期間、長持ちのコツ

トウモロコシ の 保存

苗植えの場合は、GW明けからが適期。 中南米原産のトウモロコシは、高温を好むため、種から始める場合はある程度暖かくなってからがおすすめ。 4月頃にまく場合は、黒マルチを用意します。 苗から始める場合は、ゴールデンウィーク明け頃からが植えつけの適期です。 トウモロコシ栽培では、たい肥と肥料の2つだけ準備する! 種をまく予定の土には、あらかじめたい肥と有機肥料をすき込んでおきます。 根が深い位置にまで到達するので、肥料は深めに入れておくのがポイント。 また、もともと、荒れ地でも育つ作物なので、「不耕起栽培」といって、いっさい土を耕さない方法でも育てることができます。 深いところまで到達する根が、土を耕す効果を生み、次年度以降の土壌改良に役立ってくれるというメリットもあります。 トウモロコシの種を植えるときのポイントは「固めて植える」こと! 茎の先端のモップのようなものが雄花 タネは、1つの上穴に3粒ずつまいていきます。 芽が出て、丈が20cmくらいになったら、1ヵ所につき1本ずつになるよう間引きます。 この際、根っこごと引き抜くのが難しければ、地上部だけをハサミで切り取ってしまってもOKです。 高さが50cm程度になったら、マルチをしている場合はマルチを外し、列の両サイドの土を根元に寄せる、「土寄せ」をします。 マルチをしていない場合でも、周囲の雑草を取り除き、「土寄せ」をします。 土を根元に寄せることで、急激に背が伸びはじめるトウモロコシが風などで倒れないようにする作業です。 また、生育にともなって、本やマニュアルによっては「わき芽かきをする」と書いてあることもありますが、最近の品種では、わき芽かきをしてもしなくても収穫量に影響はなく、わき芽かきは特にする必要はありません。 トウモロコシの特徴!別々の雄花と雌花。 ひげ状の雌花の1本1本が実につながっている トウモロコシは、雄花と雌花が別々の、ちょっと変わった植物です。 茎の先端にモップのように生えているのが雄花で、実の部分の先端からひげのように出ているのが雌花です。 雄花の花粉が風で飛んで雌花に到達し、雌花の1本1本が実につながっていて、受粉することで中の実がふくらんでいきます。 雌花のひげが茶色くなったら、収穫のサインです。 もぎたての瞬間が一番甘い! スウィートコーンは、収穫後も生きて呼吸をしており、それに必要なエネルギーとして、自分の糖分を使ってしまうので、収穫時間とともに糖分が落ちていき、収穫後数時間で甘みが半減してしまうと言われています。 農家の方は、「お鍋にお湯を沸かしてから収穫に行く」と言われるほど、収穫した瞬間とそうでないものとでは格段に甘みがちがうものなのです。 収穫したてを味わえるのは、家庭菜園ならではの醍醐味! ぜひ、収穫されてから何時間も経ってお店に並んでいるものと、ご自分の菜園で収穫した瞬間にゆでたものとの違いを味わってみて下さい。 また最近は、「フルーツコーン」といって、生で食べられる品種も数種類出ています。 これまで、トウモロコシを何度も栽培したことがあるという方は、次回は、フルーツコーンに挑戦してみるのも良いでしょう。 【関連記事】•

次の

トウモロコシは皮剥いてから洗う?皮付きでレンジでチンは何分? | 野菜の知恵袋

トウモロコシ の 保存

冷凍とうもろこし解凍方法 冷凍した時のフリーザーバッグからとうもろこしを出し、ラップの状態にして レンジで加熱します。 加熱してから冷凍したものは、トースターで軽く焼いて食べてもよいです。 実をほぐして冷凍したものは凍ったままでもお料理に使うことができます。 冷凍とうもろこし保存期間 冷凍したとうもろこしの保存期間は、目安として 1か月間です。 冷凍の仕方によっても変わってきますが、生のまま冷凍したものは、レンジで冷凍したものや火を使って冷凍したものと比べると、加熱処理していない分、劣化が速いです。 また、1か月以上になると、乾燥したり栄養分が損なわれたりするので、目安期間内に食べきるようにしましょう。 材料(2人分) ・冷凍とうもろこし(実をほぐして冷凍したもの) 40g ・牛乳 400cc ・生クリーム 50ml ・コンソメ 2個 ・塩 少々 ・こしょう 少々 1)冷凍とうもろこしをレンジで加熱して解凍します。 2)少量のとうもろこしを残して、ミキサーに入れ、牛乳も加えてミキシングします。 3)これを鍋に入れて、生クリームとコンソメを加えて火にかけます。 4)最後に残しておいたとうもろこしを加えます。 塩とこしょうで味を整えて、出来上がりです。 上手に作るコツは、全部のとうもろこしをミキシングするのでなく、飾り用に少量を残しておくことです。 最後に乗せると、見栄えもよく、触感もよくなります。

次の

美味しいとうもろこしの長期保存の仕方は冷凍や乾燥がおすすめ!

トウモロコシ の 保存

もくじ• youtube. また、とうもろこしは寒さに弱いので、寒冷地では4月中旬~5月下旬、中間地では5月中旬~6月中旬、暖地では4月上旬~5月中旬と、遅霜の心配が無くなった時期から栽培が開始されます。 品種や地域によって、多少のズレはありますが、こんな感じのスケジュールで収穫をしている場合が多いです。 この期間の中でも、美味しく食べられるのは 7月~8月です。 スーパーでもこの2ヶ月間が1番多く出回ると思います。 とうもろこしは正に暑い時期の作物なんです! 特に、全国の中でも生産量が多い北海道のとうもろこしは、8月中旬が1番甘くて美味しいです。 北海道はその時期になると、朝晩が冷え込んできて、昼との気温の差が大きくなります。 この寒暖差が、とうもろこしの甘さを生み出して、美味しくします。 北海道のとうもろこしが1番甘く感じるという話を聞きますが、そんな理由があったりするからです。 収穫の時期の目安は開花20日から25日後 とうもろこしは、花が咲いて錦糸が出てきます。 それから 20日~25日が収穫できるかを見分ける時期となります。 なので、最初に錦糸が出てきた日を把握しておいて下さい。 この時期も品種によって若干異なるので、予め確認しておいて下さい。 収穫の期間は、僅か2日から3日 とうもろこしは収穫期間がかなり短く、収穫の見極めも難しい作物です。 完璧に美味しいとうもろこしを収穫できる期間は、 2~3日しかありません。 収穫が早いと色が白く、実の詰まりが悪く、水分が多くて実が柔らかくなります。 逆に、収穫が遅いと粒の表面に凹みや皺ができたり、水分が少ないので実が硬くなります。 それだけでなく、とうもろこしの糖分も減って特有の甘みが無くなり、全体的に品質が落ちてしまいます。 とうもろこしは荒れ地でも育つ程丈夫な作物で、植え付けをすれば、後は殆んど世話が要らないです。 しかし、貴重な 2日~3日を逃さない為にも、開花してからの観察は充分に行って下さい。 そんな場合、錦糸の状態や色を観察して下さい。 錦糸は出現始めは、薄い黄緑色をしています。 しかし、収穫の時期が近付くに連れて、薄茶色、茶色、焦げ茶色と色が変化していきます。 錦糸が 焦げ茶色になって、枯れ始めたら収穫時期はすぐそこです。 上の画像のような感じですね! 収穫する時を見分ける状態は? 実は、とうもろこしも収穫の見極めが難しい作物の1つです。 錦糸の状態だけでタイミングを見極めると、早採りになる可能性があります。 より正確な収穫のタイミングを見極める為にも以下の部分も観察して下さい。 ・ 感触 全体的に ふっくらしていて、実が硬く締まって充実していれば収穫の時期です。 まだ柔らかいようなら、そのままにし実が絞まるのを待ちます。 ・ 雌穂と皮の色 収穫時期が近付くと、 雌穂の先端部が黄色に、皮の緑色も濃く変化してきます。 ・ 実の様子 収穫時期が近付いてきたら、皮を捲って実の様子も見て下さい。 先の方まで充分に膨らんでいるか、先端の粒が丸みを帯びているか、色が鮮やかな黄色か。 膨らみや丸みが不十分だったり、粒の色が白っぽかったら、収穫の時期はもう少し先です。 hamazo. html 開花後は乾燥に注意 とうもろこしは 乾燥に弱いです。 特に、開花前後と成熟前後に水が不足して乾燥すると、実が上手く育たなくなるので注意して下さい。 因みに、水分が多いと今度は根が上手く育たなくなるので、やり過ぎにも気を付けて下さい。 とうもろこしの用土が乾燥しない程度。 これを目安に、過不足がないように水やりを行って下さい。 この時、よく育つ 最上部の雌穂だけ残して、残りは摘み取って下さい。 2本以上雌穂が残っていると、栄養分が集中して行き渡らず、未熟で食べる部分の少ないとうもろこしが出来上がってしまいます。 この摘み取った雌穂は、サラダでもお馴染みのヤングコーンとして、茹でれば食べられます。 実をしっかり握って、茎を折るようなイメージで豪快にもぎ取って下さい! 早朝に収穫する とうもろこしは寒暖差により、糖度が高まって甘みが増します。 早朝の時間帯を選べば、夜の冷え込みで糖度の高まった甘いとうもろこしを収穫できます。 とうもろこしの収穫時期は基本的に真夏なので、 早朝の涼しい時間帯に収穫を行って下さい。 asahi-kasei. m-cocolog. とうもろこしを水にくぐらせる 皮を剥くと鮮度が落ちるので、着けたままでくぐらせて下さい 2. 濡らした新聞紙などでとうもろこしを包み、密閉袋かビニール袋に入れる 新聞紙は濡らすと破れやすいので、2枚か3枚で包んで下さい。 長持ちさせる為に、包む時も袋に入れる時も空気はしっかり抜いて下さい 3. 冷蔵庫に錦糸を上にして保存する 野菜室が1番良いですが、ない場合は冷蔵庫のドアポケットに立てて入れて下さい 冷凍保存する場合も同じ手順で行い、そのまま冷凍庫へ入れて下さい。 生での 冷蔵保存は最大3日、冷凍保存は最大1ヶ月が保存期限です。 加熱処理を施さない分、品質の低下が速く、甘みも落ちるので必ず保存期限内に食べ切るようにして下さい。 特に、生の冷蔵保存は品質維持が難しいので、極力その日の間に食べ切って下さい。 使い道が決まっている場合、粒をバラして保存しても構いません。 asahi-kasei. html 「とうもろこしは鍋に火をかけてから採りに行け」 そう言われる位、収穫後のとうもろこしは鮮度の低下が著しいです。 中でも、甘みが強いスイートコーンは味の低下が顕著に感じられます。 とうもろこしの栄養分は収穫後24時間で、あの特有の甘みに至ってはなんと1時間で半減します。 とうもろこしの鮮度を保つには、収穫直後に茹でるなどして加熱処理する事をおすすめします。 加熱してから保存する場合、以下のような手順で行ないます。 とうもろこしを茹でて、皮や錦糸を取る 冷凍する時は、気持ち硬めに茹でます 2. 冷める前にラップなどで包む 包む事で、粒がしわしわになるのを防ぐ事ができます 3. 冷めてからラップなどを外し、水気を切ったら再度包む 4. 密閉袋などに入れて冷蔵庫又は冷凍庫で保存する 保存期限は 冷 蔵庫で1週間、冷凍庫で3ヶ月の保存が最大で可能となります。 加熱処理をすると鮮度の低下を遅らせられるので、生で保存するより保存期限が少し延びます。 使い切れなかったり、すぐに使う予定がない場合は冷凍保存がおすすめです。 こちらも使い道が決まっていたら、粒をバラして保存しても構いません。 バラした粒をミキサーで潰して冷凍すれば、スープなどにも使用できるので便利です。 加熱して解凍する とうもろこしを解凍する場合、自然解凍は避けて下さい。 自然解凍すると水っぽくなって、甘みや栄養分が更に落ちてしまいます。 解凍する時は、生で冷凍した時でも、凍ったまま加熱調理をして下さい。

次の