囲碁 名人 戦 速報。 【囲碁】藤沢里菜女流名人が女性初の名人リーグ入りならず

2018囲碁【第43期 名人戦】日程と結果速報!張VS井山【棋譜】

囲碁 名人 戦 速報

芝野虎丸名人への挑戦をかけた第45期囲碁名人戦挑戦者決定リーグ戦は25日、無敗で単独首位を走る井山裕太棋聖が3位の許家元(きょ・かげん)八段との上位決戦を制し、シリーズ6勝0敗と星を伸ばした。 許は4勝3敗となり、挑戦圏外に去った。 一方、2位の一力遼八段は勝って5勝1敗とし、井山を星一つ差でピタリ追走。 今期の挑戦者争いは、許の脱落により井山と一力の2人に絞られた。 井山の残る2局の対戦相手は、7月が張栩(ちょう・う)九段(2勝4敗)、8月が林漢傑(りん・かんけつ)八段(2勝4敗)。 ともに残留争いの渦中におり、激戦が予想される。 井山は「あと二つあるので、(挑戦権獲得は)まだ意識する段階ではない。 強敵が続くので、これまで通り精いっぱい戦いたい」。 一方、残留争いに転じる許は「結果は残念だが、今の自分の力は出せていると思う。 最後まで全力を尽くしたい」と話した。 井山を1敗で追う2位一力は、東京・市ケ谷の日本棋院で林と対戦。 黒番の一力は序盤から実利で先行。 追い込みを図る林の攻勢をかわし、黒番中押し勝ちした。 井山との直接対決はすでに終えており、唯一の黒星が井山戦だった。 挑戦するには井山の敗戦を待つしかない。 残るは2局の相手はいずれもタイトルホルダーで、7月が羽根直樹碁聖(2勝4敗)、8月が村川大介十段(2勝3敗)。 「とにかく1敗を守って追いかけるしかない。 それが井山さんへのプレッシャーにもつながる」。 週明けの29日には張栩との碁聖戦挑戦者決定戦を控え、多忙ながらも口調からは充実ぶりがうかがえた。 この日はもう1局、東京の日本棋院であり、河野臨(りん)九段が羽根を破って3勝4敗に。 残留に向けて貴重な勝ち星を挙げた。 【移動に関する感染対策】 ・感染が流行している地域からの移動、感染が流行している地域への移動は控える ・帰省や旅行はひかえめに 出張はやむを得ない場合に ・発症したときのため誰とどこで会ったかをメモにする ・地域の感染状況に注意する• 3 日常生活の各場面別の生活様式 【買い物】 ・通販も利用 ・1人または少人数ですいた時間に ・電子決済の利用 ・計画を立てて素早く済ます ・サンプルなど展示品への接触は控えめに ・レジに並ぶときは前後にスペース• 【公共交通機関の利用】 ・会話は控えめに ・混んでいる時間帯は避けて ・徒歩や自転車利用も併用する• 【食事】 ・持ち帰りや出前 デリバリーも ・屋外空間で気持ちよく ・大皿は避けて料理は個々に ・対面ではなく横並びで座ろう ・料理に集中 おしゃべりは控えめに ・お酌 グラスやお猪口の回し飲みは避けて• 【娯楽 スポーツ等】 ・公園はすいた時間や場所を選ぶ ・筋トレやヨガは自宅で動画を活用 ・ジョギングは少人数で ・すれ違うときは距離をとるマナー ・予約制を利用してゆったりと ・狭い部屋での長居は無用 ・歌や応援は十分な距離かオンライン• 【冠婚葬祭などの親族行事】 ・多人数での会食は避けて ・発熱やかぜの症状がある場合は参加しない.

次の

囲碁の名人戦の棋譜が見れる無料サイト2選

囲碁 名人 戦 速報

1張栩九段 39 18期連続18回目。 前名人。 「残留するのもたいへんなリーグ。 開幕の一力戦が重要。 いいスタートを切りたい」。 名人5期。 2009年五冠、10年通算七冠制覇。 今年、阿含・桐山杯日中決戦優勝。 日本棋院東京本院所属。 22勝15敗 0. 595• 2河野臨九段 38 9期連続9回目。 前期6勝2敗。 「すごい上り調子の若手が入ってきた。 一緒に戦国囲碁界を盛り上げたい」。 第39期名人挑戦者。 天元3期。 今年、本因坊挑戦。 年明けには棋聖に挑戦する。 日本棋院東京本院所属。 34勝17敗 0. 667• 3井山裕太棋聖 30 13期連続13回目。 前期5勝3敗。 「状態は上がっている。 冠数は意識しないが、そろそろどこかで挑戦したい」。 名人6期。 棋聖7連覇、本因坊8連覇中。 2016、17年に七冠独占。 日本棋院関西総本部所属。 31勝26敗 0. 544• 4羽根直樹碁聖 43 10期連続12回目。 前期5勝3敗。 「ここ最近は充実している。 応援してくださる方々から『名人を』という声がとても多い。 少しでも応えたい」。 第37期名人挑戦者。 棋聖、本因坊各2期。 日本棋院中部総本部所属。 29勝23敗 0. 558• 5山下敬吾九段 41 10期連続16回目。 前期4勝4敗。 「棋士人生で最悪の調子。 この状態だとリーグ戦は厳しい。 開幕までになんとか上げていきたい」。 第36、37期名人。 棋聖5期、本因坊2期など。 日本棋院東京本院所属。 24勝26敗 0. 480• 6村川大介十段 28 8期連続8回目。 前期3勝5敗。 「例年以上に厳しい戦いになる。 名人戦では何度も負け越しながら残留できている。 自分の生命力を信じて、気を引き締めて臨みたい」。 王座、十段各1期。 関西棋院所属。 22勝21敗 0. 512• 7林漢傑八段 35 9期ぶり2回目。 「名人戦は初めて入ったリーグで、思い入れがすごくあります。 どう見ても僕が一番弱い。 負けてもともと、勉強のつもりで粘り強く打ちたい」。 2018年、第1回中庸戦優勝。 日本棋院東京本院所属。 19勝12敗 0. 613• 7一力遼八段 22 初出場。 「名人戦は16歳から最終予選決勝で3回負けています。 リーグ入りまで6年かかるとは思わなかった。 一局一局、集中していきたい」。 名人、棋聖、本因坊戦のトリプルリーガー。 日本棋院東京本院所属。 45勝14敗 0. 763• 7許家元八段 21 初出場。 「リーグ入りは入段以来の目標でした。 名人という響きがいいですね。 出るからには挑戦したい」。 碁聖1期、天元挑戦中。 名人、棋聖、本因坊戦のトリプルリーガー。 日本棋院東京本院所属。 31勝16敗 0. 660.

次の

名人 (囲碁)

囲碁 名人 戦 速報

対局結果: 黒番、芝野八段の中押し勝ち 第4局目、芝野八段の勝利となり、これで3勝1敗です。 これは芝野八段、名人を取っちゃうかもしれませんね~。 私がいつも載せている 『』によるグラフでは、今回の名人戦第4局目はこのようになるのですが・・・・・・・ Leela Zeroを導入している ZBadukというサイトではこのように評価されています。 つまり5~60手辺りからもうほとんど芝野八段のペースだったという評価だったようです。 最強の囲碁よりも評価としてはこちらの方が正しいのかもしれません。 今後はZBadukを使って行ってみようと思います。 ZBadukは手軽にLeela Zeroの能力を試せるサイトです。 皆さんもぜひご活用ください。 結果は『芝野七段の半目勝ち』です。 芝野七段はこれでタイトル戦に初挑戦です。 やっとここまで来てくれましたね~。 なお、『三大タイトル戦の挑戦権を獲得』ということで、芝野七段は『八段』に昇格することになります。 8月8日(木)にプレーオフが行われることになりました。 これはやはり芝野七段のタイトル戦初挑戦を期待したいところです。 そして、鈴木七段、孫七段、六浦七段の3人がリーグから陥落となりました。 ここ1年ずっと調子が悪かった井山4冠が急に調子を取り戻してきたようにも感じられます。 個人的には井山4冠の可能性が一番高いと思いますが、そろそろ芝野七段に挑戦権を獲得していただきたいという想いもあります。 次回、7月は『井山4冠VS河野九段』と『山下九段VS芝野七段』の頂上決戦です。 孫七段、大金星ですね。 4-1・・・河野 4-2・・・芝野 3-2・・・井山、山下、羽根 この5人に絞られてきました。 河野九段も羽根、井山、山下の3人が待ち構えていますのでそんなに楽ではありません。 これからこの3人は井山4冠と当たることになります。 調子の悪い井山ですが、この状況から巻き返せるかな? 芝野七段は痛い2敗目。 もう負けられません。 現時点では『4戦全勝の河野九段』と『3勝1敗の芝野七段』が有力ですが、まだまだわかりません。 どこかのインタビューで『名人戦、王座戦、天元戦と忙しかったから・・・』と不調の原因を語っていたように思いますが、いまだに不調が続いているところを見るとそれだけではないように思えます。 スランプ状況ではないかなと思えるんですよね~。 現在全勝なのは河野九段のみ。 完全にもつれた闘いとなっています。 誰が挑戦権を獲得するか、まだまだわかりません。 鈴木七段は初の名人戦リーグ入りで勢いがあるとは思いますが初戦を落としています。 井山が負ける相手だとは思えないんですけどね~。 まだまだ不調地獄は続くのか!? 名人リーグ戦はまだ勝てば大丈夫ですが、碁聖のトーナメントは一度でも負けたら終わりです。 今年の井山、『7冠復帰』は難しいかもしれませんね。 2017年3月13日 に投稿された• 2019年10月11日 に投稿された• 2019年10月2日 に投稿された• 2019年4月26日 に投稿された• 2019年12月15日 に投稿された• 2017年5月13日 に投稿された• 2017年2月24日 に投稿された• 2019年11月6日 に投稿された• 2018年10月19日 に投稿された• 2019年9月1日 に投稿された• 2019年12月7日 に投稿された• 2017年4月10日 に投稿された• 2020年4月6日 に投稿された• 2020年1月10日 に投稿された• 2019年12月24日 に投稿された• 2017年8月2日 に投稿された• 2019年2月21日 に投稿された• 2017年8月6日 に投稿された• 2018年12月17日 に投稿された• 2018年11月28日 に投稿された• 2019年2月22日 に投稿された• 2018年11月8日 に投稿された• 2017年12月24日 に投稿された• 2016年5月10日 に投稿された• 2019年1月16日 に投稿された• 2018年4月12日 に投稿された• 2019年12月23日 に投稿された• 2020年1月9日 に投稿された• 2019年5月19日 に投稿された• 2017年11月5日 に投稿された• 2020年1月13日 に投稿された• 2016年7月31日 に投稿された• 2020年6月20日 に投稿された• 2019年1月16日 に投稿された• 2017年7月29日 に投稿された• 2017年12月16日 に投稿された• 2017年2月27日 に投稿された• 2017年6月3日 に投稿された• 2019年9月22日 に投稿された• 2018年12月16日 に投稿された• 2018年12月26日 に投稿された• 2019年4月19日 に投稿された• 2017年11月26日 に投稿された• 2019年12月14日 に投稿された• 2017年10月22日 に投稿された• 2019年5月16日 に投稿された• 2017年7月4日 に投稿された• 2018年10月22日 に投稿された• 2019年2月14日 に投稿された• 2020年6月4日 に投稿された.

次の