ゆう ちゃ み 事件。 古川優奈(ゆうちゃみ)が馬場海河と交際発覚で大炎上!?誕生日/高校/ポプ戦辞退でファンが激減!?

古川優奈(ゆうちゃみ)が馬場とインスタ炎上でpopteenクビ?騒動後eggに移籍!

ゆう ちゃ み 事件

1995年に女性向けのギャル系ファッション雑誌として創刊され、当時の渋谷女子高生のリアルを切り取り、以後のギャル文化におおきな影響を与えた 『egg』。 2014年に一時休刊されましたが、2018年3月に『web版egg』として復活し、2019年5月に復刊号を発売しました。 なんと2019年5月から Popteenで大人気だったゆうちゃみこと古川優奈さんが egg 専属モデルとして活動されているのです。 そんなゆうちゃみがPopteenモデルからegg専属モデルに至った経緯、今年始めに炎上していた件は収まったのか、そしてegg専属モデルになった今の世間の反応について調べてみました。 Sponsored Link 出典:Twitter Twitterにもある通り、ゆうちゃみは2018年4月からPopteenのレギュラーモデルとして活動し、 「第一次 Popteen カバーガール戦争(略してポプ戦)」にも出演していましたが、2019年1月~2月にかけてある出来事がきっかけで 炎上し、ポプ戦も辞退し、Popteenモデルも卒業されました。 その 「ある出来事」というのが、VAZ所属の若手Youtuber 馬場海馬さんとの 親密な関係を思わせる動画が裏アカから流出し、 大炎上しました。 ゆうちゃみがPopteenを辞めたのはこの大炎上が原因と思われますが、Popteen卒業1ヶ月後の2019年5月1日になんと 「 egg 専属モデル」としてゆうちゃみが加入したのです。 ・今後も活動していく上で、自分の口から謝罪が出来ていないことが心に引っかかっていた。 ・「しっかりと謝りたい」と所属事務所であるVAZと直接相談し、この動画の撮影に至った。 ・笑顔でいつもどおり動画を撮ることが少しでも償いになると思っている。 ・ファンやリスナーからは「謝って欲しい」「謝罪して欲しい」というコメントが多かった。 といったことを話されていました。 馬場海馬さんの誠心誠意気持ちの伝わる謝罪動画ではあったものの、やはりゆうちゃみとの関係や交際については言及されておらず、 モヤモヤが残るというコメントも寄せられていましたが 「安心した」とこれからの活動を応援するような好意的なコメントが多く寄せられていました。 一方でゆうちゃみは上記のTwitter上のコメントのみでした。 そしてファンは 出典:Twitter ゆうちゃみはこの後TikTokなどの活動を再開し、5月には「egg専属モデル」を発表し再度モデル活動されています。 現在はこの事件から数ヶ月が経過し炎上も落ち着いてきましたが、未だに古川優奈さんと馬場海馬さんのTwitterやInstagramには日々 誹謗中傷のコメントが寄せられているようです。 また、上記の新eggモデルとしての自己紹介動画のコメント欄ではファンやリスナーから温かいコメントが多数寄せられいているように見えますが、高評価・低評価の数字を見えないようにしていることなどからアンチコメントは 全て削除しているように伺えます。 従って、炎上は時と共におさまりつつありますが完全にはおさまっておらず、この件の対応の悪さでアンチは増えたのではないでしょうか。 Sponsored Link ゆうちゃみが「egg 専属モデル」になった世間の反応は? ゆうちゃみが「egg専属モデル」になった後の世間の反応はどうだったのでしょうか。 なにが新たなステージとしてやねん ほんまゆうちゃみだけはないわ 笑 よー採用したな🙃 pop無理なったからってegg入ってもなんも変わらんやろーにさ ほんまにゆうちゃみだけは納得いかん — 👑. 笑 ま、eggの専属になったけど。 笑 — 🍈 S9HEerDla1x57Ko この前めざましテレビで非常識な元レギュモを見かけました eggの専属になったと聞きました めちゃくちゃ不愉快になりました だから復活しました まだ謝罪してないらしいじゃないですか どの面下げて公衆の場に出てきてるの?笑 — ひとりごと。 その他のゆうちゃみさんの記事も合わせてご覧ください。 まとめ ゆうちゃみこと古川優奈さんことゆうちゃみがPopteenモデルからegg専属モデルに至った経緯、今年はじめの炎上はおさまったのか、そしてegg専属モデルになった今の世間の反応について調べてみました。 今年はじめの炎上事件によりポプ戦から辞退しPopteenまで卒業しましたが、そのすぐ後にeggの専属モデルとなったことを発表。 時間と共に炎上は下火になったとはいえ完全に火はおさまっていないように思います。 せっかくモデル体型で顔も可愛いので、自分に否があることとは言え今回の1回の出来事でモデルとしての活動が終わってしまうのはもったいないので、心機一転「egg」で頑張って欲しいなと思います。

次の

ゆうちゃみ、圧巻スタイルに釘付け<Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward>(モデルプレス)

ゆう ちゃ み 事件

ゆうちゃん事件こと、自分は特に興味はなく、ゆうちゃんこと片山祐輔被告の自白にびっくりしたのだが、さんの記事 を読みつつ思ったことをメモしておく。 さんが繰り返し言う『シナリオ性』ってやつをこの事件には確かに感じる。 それはって意味ではなく、なんというかフィクションのストーリーをキャラクターとして演じているような違和感、があるという意味だ。 犯罪というやつは恨みやら金目当てやらついカッとなったとか、内発的な動機で自分の利益になるようなことをするもんだと思うと、この事件はよく意味がわからない。 愉快犯ってやつかもしれないし、これからまた検証されていくのだろうが。 これは人生格差犯罪こと のときも感じた。 といった境地に至ったみたいだが、ゆうちゃん事件も同様なのではないかと想像する。 愉快犯としてやっていくうちに、警察・検察を手玉にとり、彼らが冤罪を生み出していく様をみながら権力と戦うというキャラクターに陶酔していったんじゃないだろうか。 この辺踏まえて、以前にも似たようなことを考えたことがあるなーと思い出したのがSACだった。 それが高度情報化社会で多発するのではないか?みたいなことも作品テーマの一つだったと思う。 まさにその実例がゆうちゃんや脅迫事件の犯人による犯罪なのではないだろうか。 脅迫事件だったら「どんなに地位や権力があろうとも、ひとりの狂人によりどん底まで叩き落とされる可能性がある」、ゆうちゃん事件だったら「謎のスーパーが権力を手玉にとる」「権力による悲痛な冤罪被害者」といった大衆 のみならず権力自体も が心の中に描いたストーリーをうまく演じようとした現れであり、このような犯罪はまだまだこれから増加していくんではないかと妄想したりもする。 フィクションを現実と混同しているように聞こえるかもしれない。 ・コンプレックスが問題となるの世界は、脳とインターネットを直結している という設定で、情報の共有と引用が即座に可能となっている。 だから個人が集団の意向を自分の意志と混同する、ということに説得力があるけど、現実はそんなことにはなっていない、と。 しかし、なんかは自分のつぶやきより、リツイート 引用 のほうが多い人がほとんどだと思う。 自分で言葉をつむぐより、共感出来る言葉を引用していくほうが楽なのは、特にオタクだったらアニメやマンガの名ゼリフを引用するのが大好きだから理解してもらえると思う。 それでよく蔑まれるので、いかんと思ってブログ書いてみたりしているわけだが…… そんな行為を繰り返すうちに、自分が考えているようで実は誰かの考えを模倣しているだけにすぎないなんて可能性は あなたも、あなた以外も 十分あるのでは? 特にとか……ゲフンゲフン じゃあ、個人が集団から離れて、自己を確立できればそんな犯罪は起こらなくなるのかというと、いまの社会では難しいんではないかと思う。 『何者にもなれる自由』がある世界で『何者にもなれなかった自分』は入れ替え可能なピースでしかない。 仕事でする?起業に成功する人間やエリートサラリーマンはほんの一握り。 そもそもサラリーマンの時点で入れ替え可能な歯車でしかない。 趣味でする?頑張れば世界一、日本一になれる?そんな訳はない。 家族を持ってする?勤務でそんな余裕はないかもしれない。 だったら?だったら? 創作行為でする?オリジナルな創作なんてなく、コピーするしかないとわかっているのに? そうなってくると、大衆が識に望んでいること、だが犯罪だから簡単には実行できないことを「空気を読んで」踏み越えることで注目を集めするってのは、効率的に思える。 特にの続きを……頼むよ…… esbee.

次の

ゆうちゃのゆう遊自的

ゆう ちゃ み 事件

郵便局から配送車で宅配便「ゆうパック」の配達に出たまま約1週間行方が分からなくなっていた男を、京都府警が車を私用に使ったとして横領容疑で逮捕、送検する事件があった。 男は釣り銭用に預かっていた数万円の一部を私的に使い込み、発見時の所持金はわずか1円。 「発覚して怒られるのが怖くなり、帰れなくなった」などと供述しており、日本郵便近畿支社は「同様の事件が発生しないよう指導を徹底していく」としている。 逮捕・送検されたのは、住居不定、自称自営業の庄野一輝容疑者(27)。 逮捕容疑は9日ごろ、大阪府内の運送会社から業務委託契約に基づいて借りていた軽ワゴン車(時価約50万円相当)を、私的に利用したとしている。 庄野容疑者は9日午前8時ごろに出勤。 荷物数十個を積んで郵便局を出たが、夜になっても戻らず、連絡が取れなくなった。 京都府警下鴨署は、運送会社からの届け出を受け捜索、15日午後1時ごろになって、京都市内のコインパーキングで駐車されていた配送車を発見。 車の窓から足を出して寝ていた庄野容疑者を逮捕、17日に送検した。 車内には未配達の荷物が積まれたままで、紛失被害はなく、一部は配達されていたという。 捜査関係者によると、庄野容疑者は郵便局から釣り銭用に預かっていた数万円の一部を私的に使い込み、補填(ほてん)できなくなったと供述。 府警は預かり金の使途や失踪中の足取りなどを調べている。

次の