ソイ プロテイン ダイエット。 ソイプロテインの効果【メリット・デメリットとホエイとの使い分け】

【徹底比較】ソイプロテインのおすすめ人気ランキング15選

ソイ プロテイン ダイエット

筋トレなどトレーニングをしている人には欠かせない「プロテイン」。 ムキムキマッチョな筋肉ボディを作るために飲むサプリメントのイメージですが、最近は、ダイエットや健康、美容をサポートする飲み物として女性からの注目も集めています。 今回は、筋肉を増やしたい、体を絞りたい人向けのプロテインの選び方やおすすめメーカー、効果的な飲み方を紹介します。 プロテインとは 「protein(プロテイン)」は、英訳で「たんぱく質」。 いわゆる「プロテイン」は、たんぱく質をたくさん含んだパウダーやドリンクなどの加工食品を指します。 牛乳や大豆を原料に作られています。 女性が飲んでも大丈夫? たんぱく質を効率よく摂るために作られたのが「プロテイン」なので、ただ飲むだけでは、筋肉ムキムキになることはありません。 しかし「プロテイン」には男性・女性の区別はありません。 性別でチョイスする必要はなく、目的別に選んで、自分に合ったものを探すのがよいでしょう。 プロテインの種類と飲むタイミング 牛乳や大豆が原料になっているプロテインですが、国内で販売されているものには、大きく分けて3つの種類があります。 ホエイプロテイン 牛乳から作られるプロテインです。 ヨーグルトの上澄み「乳清」のことをホエイと呼び、水溶性ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。 「プロテインを飲むと太る」はホント? 飲み過ぎると可能性はある 「運動による刺激がない、足りない状態でプロテインを飲むと、使われないタンパク質は脂肪に蓄えられるため太る可能性は高いと言えます」(管理栄養士・宮本さん) より プロテインにもカロリーはあるので、1日に何杯も飲むと単純にカロリーオーバーにもなります。 管理栄養士の深野祐子さんいわく、1日に必要なタンパク質量の個別目安は以下の通り。 8~0. 2~1. それが、「ウエイトゲイン」と呼ばれているプロテインです。 たんぱく質と一緒に糖質が多く含まれているのが特徴で、手軽に摂取カロリーを増やすことができます。 海外製のものでは1回の摂取で900~1200kcalも摂れる商品もあります」(スポーツトレーナー・和田さん) より ウエイトゲインタイプにはパッケージに「ウエイトゲイン」「ウエイトを増やす」などの文字が書かれてあるので、見落とさないようにしましょう。 女性におすすめのプロテイン ザバス(SAVAS) シェイプ&ビューティー プロテインのブランドとして、さまざまな商品を出しているザバスから発売されている「シェイプ&ビューティー」。 運動しながら美しく引き締めたい女性に、うれしい成分を配合したソイプロテインです。 コラーゲンや、カルシウム、マグネシウム、鉄、さらに11種類のビタミンが入っています。 ミルクティー風味で飲みやすいのもうれしいですね。

次の

ソイプロテインかホエイプロテインか。併用はやめておいた方がいい!

ソイ プロテイン ダイエット

「プロテインはムキムキになりたい人が飲むもの」と思われてはいませんか?たんぱく質を補うプロテインは、筋肉の成長にもダイエットにも使える優れもののサプリメントです。 たんぱく質は人間に必要不可欠な栄養素で、不足すると「体力低下」「肌荒れ」「免疫機能低下」などの不調が現れます。 そのため、ダイエットで食事制限をしていても、欠かさず摂取する必要のある栄養素です。 また、筋肉の成長に必要であるということもダイエットにつながります。 無理な食事制限で筋肉が落ちたダイエットでは、すぐにリバウンドする可能性が高く、筋肉を維持しつつ脂肪を落とすことが理想だからです。 今回は、ダイエットに役立つプロテインの効果や飲み方を紹介していきます。 ダイエット中にプロテインを飲む効果 まずは、ダイエット中にプロテインを飲むことでどのような効果が期待できるのかを解説していきます。 大きく2つの効果が考えられます。 プロテインを飲む効果1. カロリー摂取量を抑えられる 食事の一部をプロテインに置き換えることで、カロリー摂取量を抑えることができます。 プロテインは低カロリー高たんぱくなサプリメントのため、食事でカロリーを控えたことで不足したたんぱく質を補うのに最適です。 カロリーを抑えつつも必要なたんぱく質は摂取できるため、健康的に食事制限ができるでしょう。 他にも、食事前にプロテインを飲むことで、食事量を無理なく抑えることも可能です。 カロリー摂取量を減らしながら必要なたんぱく質を摂取できることが、プロテインのメリットです。 プロテインを飲む効果2. 筋肉を維持してリバウンドを防げる プロテインを飲んで鍛えながら痩せることで、リバウンドを防ぐことができます。 ダイエットでは、脂肪だけでなく筋肉もある程度は落ちてしまいます。 体重が減るならかまわないと思われるかもしれませんが、筋肉が落ちると基礎代謝が低下し、エネルギーの消費が少ない体となってしまいます。 これは太りやすい体と言い換えることができ、せっかくダイエットしてもリバウンドしやすい状態になってしまいます。 つまり、 筋肉を維持しながら脂肪を落としていくのが理想的な痩せ方です。 そのためには筋トレで筋肉をつける必要がありますが、この筋肉の素となるのが「たんぱく質」です。 たんぱく質を意識的に摂取することで筋肉の成長を促進できます。 ただし、たんぱく質をたくさん取ろうとすればその分脂質も多くなりやすく、ダイエットにおいて好ましくありません。 そのためカロリーを抑えつつたんぱく質を摂取できるプロテインが役立つのです。 脂質を抑えつつ、食事で摂取しきれなかったたんぱく質などの栄養素を補えることが、プロテインのメリットです。 筋肉をつけるには体重1kgあたり2gのたんぱく質が必要 人間は一日に少なくとも体重の1000分の1g(体重60kgなら60g)はたんぱく質が必要です。 筋肉をつけるにはその倍は摂取しましょう。 できるだけ食事から摂取するように努め、不足分をプロテインで補うことが大切です。 ダイエット中に効果的なプロテインを飲むタイミング 手軽にたんぱく質を補えるプロテインですが、ただ飲めばいいというわけでもありません。 飲むタイミングも重要となってきます。 ここでは、プロテインの効果的な飲み方を紹介します。 プロテインの効果的な飲み方1. 食事をプロテインに置き換える 「置き換え」というと、一食丸々をプロテインだけにする方法のように思いがちですが、それでは栄養バランスが崩れてしまいます。 体調を崩す恐れがあるだけでなく、たんぱく質の吸収効率も低下するでしょう。 前述した通り、食事の一部をプロテインに置き換えることで、カロリーを抑えつつ不足したたんぱく質を補っていきます。 カロリーが高くなりがちな主菜を減らし、その分減ってしまったたんぱく質を補うようにすると良いでしょう。 バランスの良い食事が基本で、あくまでもプロテインは補助として摂取しましょう。 プロテイン摂取の例• 朝食:パンだけなど軽く済ます場合は、プロテインをプラス。 プロテインによってはたんぱく質だけでなく、ビタミンやミネラルも摂取できます。 昼食・夕食:脂質が多くなりがちな主菜を減らし、プロテインに置き換えましょう。 プロテインの効果的な飲み方2. 筋トレの後に飲む トレーニング後にプロテインを飲んで、筋肉の修復を促しましょう。 筋肉は傷つき修復されることを繰り返して成長していきます。 この修復には筋肉の材料となるたんぱく質が必要です。 筋トレ後は筋肉が傷ついており、まさに栄養素を必要としている状態。 この時にたんぱく質を補給すれば、筋肉をより速く回復させることや、より強くすることが期待できます。 目安としては筋トレ後30分ぐらいが良く、消化吸収の早いプロテインパウダーであれば、この時間を逃すことなくたんぱく質を補給できるでしょう。 ただし、運動直後は消化機能が弱まるため、ある程度時間をおいてからがおすすめです。 プロテインの効果的な飲み方3. 就寝前に飲む 就寝前にたんぱく質を補給して筋肉の材料を整えておけば、筋肉の成長促進が期待できます。 筋肉の成長に必要なものは前述の通り「筋トレ」と「休息」です。 筋肉の修復作業は寝ている間にも活発に行われているため、その際に必要なたんぱく質をあらかじめ補給しておこうというわけです。 ただし、 寝床に入る直前にプロテインを飲んでしまうと、寝ている間に消化することとなるため内臓が休まりません。 筋肉の修復にあてるはずのエネルギーが消化に使われることも考えられます。 そのため、就寝の1~2時間前にプロテインを飲むと良いでしょう。 ダイエット中にプロテインを飲む注意点 ここまでプロテインを飲むことの様々なメリットを紹介してきましたが、ここでは注意点を紹介します。 特に運動経験の浅い方や筋トレ初心者の方に気をつけていただきたいポイントです。 注意点1. プロテインの摂り過ぎ プロテインを過剰に摂取するとカロリーオーバーになる可能性があります。 低カロリーでたんぱく質を多く含むプロテインですが、いくら低カロリーでも 必要以上に摂取すればカロリーオーバーになります。 また、 余ったたんぱく質が脂肪に変わることも考えられます。 プロテインをたくさん飲んだからといって、そのタンパク質全てが吸収されるものでもありません。 記載されている用量を守るようにしましょう。 注意点2. 無理な食事制限 プロテインに頼り切った食事制限は、リバウンドにつながりやすくなります。 「十分な食事を取らずにプロテインだけを飲む」ような、無理な食事制限を行っていてはプロテインを飲んだところで意味がありません。 一時的に体重は落ちるかもしれませんが、無理な食事制限で筋肉が落ちていると考えられるため、 基礎代謝の低下からリバウンドしやすくなっているでしょう。 バランスの良い食事を心がけて、削減した食事の分でたんぱく質が不足するようであれば、プロテインで補うのが理想です。 注意点3. 痩せ薬ではない あくまで栄養素を補うためのサプリメントに過ぎないため、 プロテインを飲んだからといって痩せたり筋肉がついたりするわけではありません。 脂肪の燃焼には有酸素運動が必要で、筋肉をつけるには筋トレが必要です。 どちらにせよ運動は必要となります。 運動をせずにプロテインを摂っていては、余ったたんぱく質が脂肪となってしまうでしょう。 必ず適度な運動をすることが大切です。 ダイエット中におすすめのプロテイン ひと口にプロテインと言っても実はいくつか種類があり、大きく3つに分けられます。 それぞれ特徴があるため、あなたの目的に応じて使い分けると効果的です。 また、たんぱく質以外のミネラルやビタミンなどの栄養素が含まれているものもあります。 自身の食事内容を鑑みて、不足しがちな栄養素を合わせて補給するのも良いでしょう。 種類1. ホエイプロテイン 牛乳が原料のプロテインで、消化吸収が早いのが大きな特徴です。 ホエイプロテインにはアミノ酸が含まれており、筋肉の修復を助ける効果が期待できます。 たんぱく質は体内でアミノ酸に分解されてから、筋肉の修復に使われるため、たんぱく質とアミノ酸を同時に摂取できるホエイプロテインは筋肉を育てるのにぴったりだと言えます。 消化吸収が早いことからも、トレーニング後に適したプロテインです。 種類2. カゼインプロテイン こちらも同じく牛乳が原料で、消化吸収速度が遅く満腹感が持続する特徴があります。 カゼインはチーズやヨーグルトを固める働きがあり、摂取するとお腹の中で固まるため、ゆっくりと吸収されていきます。 これによって満腹感が持続しやすいため、ダイエット時の間食などに向いています。 また、消化吸収スピードが遅いため、時間をかけてゆっくりと体にタンパク質を補給してくれます。 このことから、 トレーニング休息日の栄養補給や、就寝前のたんぱく質補給にぴったりです。 種類3. ソイプロテイン 大豆が原料のプロテインで、消化吸収速度が遅いことに加え、美容効果も期待できる特徴があります。 大豆由来ということもあり、血流改善や肌のハリを保つなどの効果があるイソフラボンが含まれています。 腹持ちがよく、上記のような効果もあることからダイエットをしている女性に人気のプロテインで、食事の置き換えにぴったりです。 ただし、摂取してから吸収されるまでに5~6時間ほどかかってしまうため、筋トレ後に飲むには不向きと言えます。 また、水に溶けにくくだまになりやすいため、先にぬるま湯である程度溶かしてから水を注ぐなど一工夫が必要になってきます。 無理なく長く続けて飲むことを考えると、溶けやすく改良されている商品がおすすめです。 まとめ 今回は、ダイエットにも有効なプロテインを飲む効果を紹介しました。 ここだけは押さえておきたい!ダイエットにおけるプロテインの効果• カロリーを抑えつつたんぱく質を補える• 筋肉の素となるため筋トレと合わせて筋肉の成長につながる• プロテインによって特徴があるため目的に応じて使い分ける たんぱく質を手軽に補給できるプロテインですが、そのメリットはムキムキに筋肉をつけたい人だけに限ったものではありません。 今回紹介したように、ダイエットを考えている方にとっても大きなメリットがあるものです。 ただし、過剰に摂取したり、運動を怠ったりしてはプロテインの恩恵を受けられないばかりか、マイナスに作用することも考えられます。 また、 プロテインは あくまで補助的なもののため、普段の食事管理が大変重要になってきます。 TOREMOでは動画や画像付きのトレーニングに加え、さまざまな食事法についても紹介しています。 理想の体に近づくためのトレーニングと食事を見つけることができるので、ぜひ参考にしてみてください。 お住まいの地域にあるパーソナルトレーニングジムを探す 「 ブヨブヨのお腹周りをどうにかしたい……」「 毎日のデスクワークが原因の運動不足を解消したい」「 肩こりや腰痛を解消してラクになりたい」などカラダの悩みを抱えているあなたにおすすめしたいのが、トレーナーと1対1でトレーニングを行う「パーソナルトレーニング」です。 パーソナルトレーニングの魅力は• カラダの専門家であるトレーナーから、あなたの悩みや目的、カラダの状態に合ったオーダーメイドのプログラムを提案してもらえる• 1対1で丁寧に指導してもらえる• 食事と運動の両面からサポートしてもらえる など、自己流でのダイエットや筋トレでは得られないものばかり。 とはいえ、すぐに入会を決めなくても大丈夫です。 まずは、 トレーニングの体験や無料カウンセリングに足を運び、「このジム(トレーナー)であれば、ダイエットやカラダ作りを成功させられそう」というジムを探しましょう。 TOREMOでは、 全国のパーソナルトレーニングジムを紹介しています。 下記のリンクより、お住まいの地域を選択してください。

次の

ソイプロテインの効果とデメリット!飲むタイミングなども徹底解説

ソイ プロテイン ダイエット

ソイプロテインかホエイプロテインか。 併用はやめておいた方がいい! こんにちは。 今回は「ホエイプロテインとソイプロテインはどっちがいいの?」という声にお応えすべく、それぞれの 「 目的別のおすすめ」 について書きました。 簡単に解説すると、 筋肉を大きくしたいならホエイプロテイン、身体を細くしたいならソイプロテインを摂取するのが理想です。 過剰摂取になって身体を壊してしまう可能性があります・・・。 それでは詳しく見ていきましょう。 ホエイプロテインとは あなたも良く知っている世間一般のプロテインはこの ホエイプロテインのことを指します。 私もこのホエイプロテインを摂取しています。 こちらは 原料が牛乳でできていて、 動物性のたんぱく質を成分としていることと、アミノ酸が含まれていることが特徴です。 なので、 ホエイプロテインは筋肉を大きく成長させたい人に向いています。 また、身体が吸収しやすい製品になっているので、筋トレ後素早く摂取することで効率良くエネルギー補給をすることが可能です。 ホエイプロテインを多く含む食事は? ホエイプロテインのような 動物性のたんぱく質を多く含む食材はその名の通り「動物」から摂取することが出来ます。 鶏肉や豚、牛肉• 鮭やマグロ• チーズなどの乳製品 が代表的な食品となります。 なによりも吸収が早く、筋肉を作るアミノ酸等の成分もしっかり入っていますからね。 私は、少しでも早く体内でエネルギーに変える為に、仕上げの種目を始める前から少しずつ飲み始めます。 ソイプロテインとは ホエイプロテインは原料が牛乳なのに対して、ソイプロテインは 原料が大豆、すなわち 動物性のたんぱく質と違って 植物性のたんぱく質となります。 なので、食物繊維が多く含まれています。 生理不順などのホルモントラブルを解消すると言われています ソイプロテインの代用食材は? 動物性とは打って変わってこちらは植物性です。 代表的なものは・・・• 納豆などの大豆製品• アーモンド• ほうれん草、ブロッコリーなどの野菜 実は野菜にもたんぱく質が含まれています。 ブロッコリーはトレーニングされている方の間で一番人気の野菜ですね。 先ほど書いた通りに吸収が遅いので、腹持ちが良いです。 朝ごはんの代用として摂取したり、間食として摂取するのもいいでしょう。 逆に筋肉を大きくしたい方に対して、ホエイプロテインよりも効果が少ないでしょう。 もちろん、たんぱく質を摂取していることに変わりはないのですが、トレーニング後にすぐエネルギーとして回復に役立てないこと・アミノ酸の含有率が少ないことなどからおススメできません。 いつ摂取すればいいの? 大事なのはタイミング。 何事もそうですね! 薬同様、これらにも効果が高まるタイミングがあります。 ホエイプロテインのタイミング 特徴を思い出してみて下さい。 吸収が早いことでしたね。 なので必ず トレーニング直後に飲んでください。 私のようにトレーニングの終わる少し前、筋肉に傷をつけ始めてから少しずつ摂取する方法もありだと思いますよ。 ソイプロテイン 間食として15時頃に摂取するのがいいでしょう。 15時頃に摂取することで一度下がっていた血糖値を上げます。 そうすることによって、 夕飯を食べたときに急に血糖値が上がらず、夕飯によって太るという事態を避けられます。 これには、腹持ちがいいことも関係していますね。 中には朝食の代わりとして摂取している方もいらっしゃいます。 ホエイとソイの併用はやめておいた方がいい じゃぁ筋トレ後はホエイプロテイン、間食でソイプロテインを摂取すればよくない? もちろん理論上はそれが理想なのですが、我々人間にはいくら言い栄養をたくさん摂取できても、それを処理するの能力に限界があるので、併用は避けるべきでしょう。 ホエイは筋肉大きくしたい方向け• ソイは痩せたい方向け• どちらも摂取するタイミングが大事 今回上げた2つの物はそれぞれ原料が違います。 なので、ホエイプロテインだと大丈夫なんだけど、ソイプロテインだとお腹を壊すという方もいらっしゃいます。 (逆もしかり) それぞれ試してみて、ご自身の身体に合う方を飲むようにしましょう。 ソイプロテインを飲んでいて、筋肉痛がなかなか取れないと悩んでいた方がホエイプロテインに変えたところ、 筋肉痛の期間が短くなったとの報告も受けています。 ホエイプロテインを飲んでいる方が、食事の量を抑えることが出来ずに体重が増えていくという悩みをお持ちの時に、ソイプロテインをおススメすると、腹持ちが良くなったので食事を抑えることが出来た!という声も。 いずれの方も実際に試してみてわかったことです。 それぞれの特徴をしっかりとつかみ、あなたにとって最高のものを摂取してください。 以上「ソイプロテインかホエイプロテインか。 併用はやめておいた方がいい! 」でした。 最後までありがとうございました。

次の