サイバー ドラゴン ノヴァ。 【遊戯王】デッキレシピ:ベスト4 / サイバードラゴン / わさび

【サイバードラゴンデッキ 優勝】2020年優勝デッキレシピや回し方・相性の良いカードまとめ!

サイバー ドラゴン ノヴァ

サイバードラゴンデッキ回し方 勝ち筋は、後攻ワンキルを狙う サイバードラゴンデッキの回し方は、主に後攻ワンキルを狙う回し方になります。 サイバードラゴンデッキは、後攻で高打点を狙っていく方法やルートはいくつかあります。 《パワーボンド》や《オーバーロードフュージョン》などの 融合召喚を可能にする魔法カードが手札にある場合は、《キメラテックランページドラゴン》《サイバーツインドラゴン》などの融合モンスターを使って、一気に打点を作りに行き、 融合召喚が難しい時は《サイバードラゴンズィーガー》《サイバードラゴンノヴァ》などリンクやエクシーズを使って、打点を作る動きをします。 (サイバードラゴン2100、ズィーガの効果とノヴァ自身の効果でサイバードラゴンを除外して6300で、8400打点) サイバードラゴンを含む4枚のモンスターを展開できれば、リンク2の《サイバードラゴンズィーガー》とランク5エクシーズの《サイバードラゴンノヴァ》から融合を介さずに戦闘力の底上げをすることができます。 《サイバーロードフュージョン》がマジ強い 《サイバーロードフュージョン》 《サイバーロード・フュージョン》 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分フィールド及び除外されている自分のモンスターの中から、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、「サイバー・ドラゴン」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 このターン、この効果で特殊召喚したモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない。 《サイバーロードフュージョン》をフィールド・除外ゾーンのカードを使って、融合召喚ができるサイバードラゴン専用の融合カード。 除外ゾーンも融合素材に使えるという点や、 《サイバードラゴンコア》からサーチできる融合系カードであるという点も優れているが、 もっともこのカードが強いのは、 速攻魔法なのでバトルフェイズにも使用できるという点。 「この効果で特殊召喚したモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない」というデメリットを有しているが、これは効果の一部であるので、バトルフェイズ中に他のモンスターの攻撃後に追撃として発動すれば、そのまま融合召喚し攻撃することができる。 《サイバーツインドラゴン》や、より融合素材の制約が軽い《キメラテックランページドラゴン》などを出して、ワンキルすることができる。 このコンボのおかげで、 例えば、ランク5エクシーズで《サイバードラゴンノヴァ》をX召喚。 効果で墓地の《サイバードラゴン》を蘇生。 他に、《サイバーエルタニン》を使って、ワンキルするのもなかなか強い。 このカードは通常召喚できない。 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、機械族・光属性モンスターを全て除外した場合のみ特殊召喚できる。 2 :このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。 このカード以外のフィールドの表側表示モンスターを全て墓地へ送る。 その後に《サイバー・エルタニン》の攻撃力が2500で攻撃。 その後、バトルフェイズ中に速攻魔法の《サイバーロードフュージョン》発動で、除外ゾーンの《サイバードラゴン》2枚をデッキに戻して、《サイバーツインドラゴン》を出して、2回攻撃で5600打点でワンキルをすることができる。 このように《サイバーロードフュージョン》が登場したことによって、サイバーデッキのワンキル力がさらに向上した。 多面展開ができるカードを採用して、リンク、融合、エクシーズを狙う リンク、エクシーズ、融合を使って、高打点サイバードラゴン系モンスターを出すことが、「サイバードラゴン」デッキの動きであるので、いかに 複数のモンスターをフィールドに並べることができるのかが重要な要素になる。 使われるコンボや採用されやすいカードは以下のようなもの。 1 :このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。 2 :このカードが召喚に成功した場合に発動する。 デッキから「サイバー」魔法・罠カードまたは「サイバネティック」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 3 :相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。 このデッキの中核になるカード。 主にサーチしてくるカードは、《サイバーリペアプラント》《サイバネティックオーバーフロー》《サイバーロードフュージョン》《サイバネティックレボリューション》など。 場に出て良し、墓地に行って良し、ということで、この1枚でかなりのアドを取ることができるモンスターで、サイバードラゴンデッキには3積みが必須になる。 1 :このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。 2 :このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 このカードのレベルをターン終了時まで5にする。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。 3 :このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 自分のデッキ・墓地からこのカード以外の「サイバー・ドラゴン」1体を選んで手札に加える。 「サイバネティックホライゾン」で登場した新規のサイバードラゴンモンスター。 レベル1なので、《リンクリボー》に変換することができるほか、エクシーズ素材や手札コスト《おろかな埋葬》などでも効果を使っていくことができるので、アドを取る展開の要のカードとして機能する。 《機械複製術》 《機械複製術》を使って、《サイバードラゴンヘルツ》もしくは《サイバードラゴンコア》を対象に発動して、デッキから《サイバードラゴン》を特殊召喚することで、ランク5エクシーズやリンク2のリンク召喚を狙っていきます。 フィールドに3体を一気に供給できるので、展開札として採用はかなり見込まれます。 また《サイバードラゴンヘルツ》の登場で、攻撃力500以下のサイバードラゴン系カードが増えたので、事故率も以前に比べて低くなったのもポイント。 《銀河戦士》 《銀河戦士》の採用も多い。 《銀河戦士》は手札コストさえあれば、ランク5エクシーズを作れる他《サイバードラゴンヘルツ》を墓地に送り《サイバードラゴン》のサーチサルベージ効果を使っていけたり、 《サイバーリペアプラント》の発動条件でもある、「墓地にサイバードラゴンが存在する場合」という条件を満たす手段にも使っていくことができる。 そのため、サイバードラゴン系デッキの多くに《銀河戦士》が採用されている。 特に《銀河戦士》と《サイバードラゴンヘルツ》の2枚からランク5を作れるようになったのは強力。 後攻でも使えるのはもちろん、先行1ターン目でも《サイバードラゴンインフィニティ》を作れる上でも採用は是非したい。 《簡易融合》 このカードも、レベル5機械族モンスター《重装機甲パンツァードラゴン》を召喚権を使わずにフィールドに出していくことができるカードなので採用されることが多い。 EXデッキの枠を潰してしまう欠点があるが、 リンク2の《サイバードラゴンズィーガー》は下にリンクマーカーがあるので、EXモンスターゾーンが埋まっている状態でも簡易融合を使って、《重装機甲パンツァードラゴン》をだし、ランク5エクシーズの《サイバードラゴンノヴァ》を狙っていくことができるようになったので、有効活用をしやすくなったのもポイント。 「サイバードラゴン」デッキの先行での展開方法 基本的には、サイバードラゴンは後攻で高打点を狙う動きだが、先行をとる場合もあるので、その対処も考えておく必要がある。 先行の場合は、まず《サイバードラゴンインフィニティ》を狙うのも一つ。 《サイバーレヴシステム》の登場によって、 手札や墓地からもサイバードラゴンを出していく手段が増えたため、先行1ターン目に《サイバードラゴンインフィニティ》を出せる確率も高くなったのも見逃せない。 また 相手ターンの妨害カードできる《サイバネティックオーバーフロー》や、 上級EXモンスターを展開できる《サイバネティックレボリューション》の登場で、 《サイバードラゴンコア》のサーチから、 相手ターンに相手カードを除去したり、上級モンスターを出して、ターンをしのいでいく動きができるようになった。 また、《サイバードラゴンズィーガー》の打点アップ効果も、 相手バトルフェイズにも使うことができ、自身のバンプアップにも使えるので、最大4200ポイントまで上昇させることで《サイバードラゴンズィーがー》を壁として機能させることも可能。 サイバードラゴンデッキは、後攻デッキなので先行でやることが少なかったものの、新規カードが登場したことでターンつなぎができるようになった。 このように、サイバードラゴンデッキは 、妨害などを駆使して、相手の動きを止めつつ、後攻で一気に攻め込む準備をするデッキです。 スポンサードリンク まとめ 「サイバードラゴン」デッキの回し方・展開方法の解説をしました。 後攻ワンキルポイントを作る上でも、先行1ターン目でできることを増やす上でも、「サイバネティックホライゾン」「コレクターズパック2018」「デュエリストパックレジェンドデュエリスト編」でサイバードラゴンデッキはかなり強化されました。 サイドラデッキは、手札事故も少なからずあるので、何を何枚採用するのかは、プレイヤーの好みや経験値がものを言います。 いずれにせよ、高打点を狙いにいくというコンセプトは変わらないので、非常にコンセプトがしっかりしているテーマでもあります。 コントロール系にこそ弱い弱点はありますが、後攻からワンキル打点を作り出すプレイングができれば、多くのデッキに対してそこそこ戦える素地はあるデッキです。 非常にシンプルでわかりやすい動きをするデッキでもありますので、初心者はじめ、多くのプレイヤーにオススメできるデッキでもあります。 パワーデッキが好きな方は是非一度作ってみるといいでしょう! 【関連記事:デュエリストパック レジェンドデュエリスト編3】.

次の

サイバードラゴン対策【5選】

サイバー ドラゴン ノヴァ

サイバー・ドラゴン・ノヴァとは、に登場するである。 自分のから「」1体を選択して特殊召喚する。 また、1に1度、自分の手札・上の「」1体を除外して発動できる。 このの攻撃はフェ時まで、0する。 この効果は相手でも発動できる。 このが相手の効果によってに送られた場合、族の1体をから特殊召喚できる。 スー-機襲-で登場した。 それまでを軸としてきた流に新たな召喚方法を持ちこんだ、流の系ともいえるである。 族のある5だが「」や「・」によりは容易い。 とはいえスーのみで構築すると・の変動効果が実質必須となる。 を安定させる場合、「・リペア・ト」でもサーチ可な「」や「・シャトル」を一緒に採用したり、「」で「重装機甲 」等の族を呼び出してにするなど工夫をしたい。 「」に関する効果が2つと、相手の効果によってに送られた場合に族を特殊召喚する効果を持つ。 1つの効果はで「」扱いとなるも生対に選べるので、表流のである「」を特殊召喚するのは論、 2 の効果のとして除外するものを選んでもいい。 論、に「」が1体も存在しなければ効果発動自体できないため、あらかじめを肥やしおくことも大切である。 2つの効果は「」1体の除外をに攻撃を0させる効果。 効果発動時には実質攻撃4200となり、「」と組み合わせれば00越えと流らしい破壊を持つ。 ステップ中や相手にも使え、手札からもを払えるので奇襲性も高い。 ただし要戦である「」を除外してしまうので、にしてもいいかどうかを見極める必要もある。 「・」等の除外を組み込めばこの効果も使用しやすくなるだろう。 3つの効果により、相手の効果によってに送られれば条件で族を特殊召喚できるため、相手のやを気にせずに展開可。 ただしに送られる必要があるので除外やンスには弱いといったも多く、過信は禁物である。 総じて使いこなせれば強いであるが、これまでの流はをとしてきたため、このを組み込む場合はを展開できるようなを新たに組み込む必要がある点には注意したい。 また、5には「」や「・」といった優秀ながっており、単体での性ではやや見劣りしてしまう。 この独自の利点として、強な効果を持つ「」をこのの上に重ねることでできる点が重要となるだろう。 またこのは名前にが入っているため、「」をとする「」のにもなれる。 自身の効果によってもう1体のは用意できるため、手札にのためのがあればそのままに繋ぐことができる。 ややディスアドを負う点は否めないが、状況に応じて必要なを展開できると考えれば、手段の一つとして覚えておいても悪くはないだろう。 なお「」はなので、こののとしてもできる。 こういった点から、流においては他の懸けとなる役割も担えるようになった。 関連動画 関連商品 関連項目•

次の

サイバー・ドラゴン・ドライカード情報・考察

サイバー ドラゴン ノヴァ

サイバードラゴンデッキ回し方 勝ち筋は、後攻ワンキルを狙う サイバードラゴンデッキの回し方は、主に後攻ワンキルを狙う回し方になります。 サイバードラゴンデッキは、後攻で高打点を狙っていく方法やルートはいくつかあります。 《パワーボンド》や《オーバーロードフュージョン》などの 融合召喚を可能にする魔法カードが手札にある場合は、《キメラテックランページドラゴン》《サイバーツインドラゴン》などの融合モンスターを使って、一気に打点を作りに行き、 融合召喚が難しい時は《サイバードラゴンズィーガー》《サイバードラゴンノヴァ》などリンクやエクシーズを使って、打点を作る動きをします。 (サイバードラゴン2100、ズィーガの効果とノヴァ自身の効果でサイバードラゴンを除外して6300で、8400打点) サイバードラゴンを含む4枚のモンスターを展開できれば、リンク2の《サイバードラゴンズィーガー》とランク5エクシーズの《サイバードラゴンノヴァ》から融合を介さずに戦闘力の底上げをすることができます。 《サイバーロードフュージョン》がマジ強い 《サイバーロードフュージョン》 《サイバーロード・フュージョン》 速攻魔法 このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。 1 :自分フィールド及び除外されている自分のモンスターの中から、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを持ち主のデッキに戻し、「サイバー・ドラゴン」モンスターを融合素材とするその融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。 このターン、この効果で特殊召喚したモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない。 《サイバーロードフュージョン》をフィールド・除外ゾーンのカードを使って、融合召喚ができるサイバードラゴン専用の融合カード。 除外ゾーンも融合素材に使えるという点や、 《サイバードラゴンコア》からサーチできる融合系カードであるという点も優れているが、 もっともこのカードが強いのは、 速攻魔法なのでバトルフェイズにも使用できるという点。 「この効果で特殊召喚したモンスター以外の自分のモンスターは攻撃できない」というデメリットを有しているが、これは効果の一部であるので、バトルフェイズ中に他のモンスターの攻撃後に追撃として発動すれば、そのまま融合召喚し攻撃することができる。 《サイバーツインドラゴン》や、より融合素材の制約が軽い《キメラテックランページドラゴン》などを出して、ワンキルすることができる。 このコンボのおかげで、 例えば、ランク5エクシーズで《サイバードラゴンノヴァ》をX召喚。 効果で墓地の《サイバードラゴン》を蘇生。 他に、《サイバーエルタニン》を使って、ワンキルするのもなかなか強い。 このカードは通常召喚できない。 自分の墓地及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、機械族・光属性モンスターを全て除外した場合のみ特殊召喚できる。 2 :このカードが特殊召喚に成功した場合に発動する。 このカード以外のフィールドの表側表示モンスターを全て墓地へ送る。 その後に《サイバー・エルタニン》の攻撃力が2500で攻撃。 その後、バトルフェイズ中に速攻魔法の《サイバーロードフュージョン》発動で、除外ゾーンの《サイバードラゴン》2枚をデッキに戻して、《サイバーツインドラゴン》を出して、2回攻撃で5600打点でワンキルをすることができる。 このように《サイバーロードフュージョン》が登場したことによって、サイバーデッキのワンキル力がさらに向上した。 多面展開ができるカードを採用して、リンク、融合、エクシーズを狙う リンク、エクシーズ、融合を使って、高打点サイバードラゴン系モンスターを出すことが、「サイバードラゴン」デッキの動きであるので、いかに 複数のモンスターをフィールドに並べることができるのかが重要な要素になる。 使われるコンボや採用されやすいカードは以下のようなもの。 1 :このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。 2 :このカードが召喚に成功した場合に発動する。 デッキから「サイバー」魔法・罠カードまたは「サイバネティック」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 3 :相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。 デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。 このデッキの中核になるカード。 主にサーチしてくるカードは、《サイバーリペアプラント》《サイバネティックオーバーフロー》《サイバーロードフュージョン》《サイバネティックレボリューション》など。 場に出て良し、墓地に行って良し、ということで、この1枚でかなりのアドを取ることができるモンスターで、サイバードラゴンデッキには3積みが必須になる。 1 :このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「サイバー・ドラゴン」として扱う。 2 :このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 このカードのレベルをターン終了時まで5にする。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分は機械族モンスターしか特殊召喚できない。 3 :このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。 自分のデッキ・墓地からこのカード以外の「サイバー・ドラゴン」1体を選んで手札に加える。 「サイバネティックホライゾン」で登場した新規のサイバードラゴンモンスター。 レベル1なので、《リンクリボー》に変換することができるほか、エクシーズ素材や手札コスト《おろかな埋葬》などでも効果を使っていくことができるので、アドを取る展開の要のカードとして機能する。 《機械複製術》 《機械複製術》を使って、《サイバードラゴンヘルツ》もしくは《サイバードラゴンコア》を対象に発動して、デッキから《サイバードラゴン》を特殊召喚することで、ランク5エクシーズやリンク2のリンク召喚を狙っていきます。 フィールドに3体を一気に供給できるので、展開札として採用はかなり見込まれます。 また《サイバードラゴンヘルツ》の登場で、攻撃力500以下のサイバードラゴン系カードが増えたので、事故率も以前に比べて低くなったのもポイント。 《銀河戦士》 《銀河戦士》の採用も多い。 《銀河戦士》は手札コストさえあれば、ランク5エクシーズを作れる他《サイバードラゴンヘルツ》を墓地に送り《サイバードラゴン》のサーチサルベージ効果を使っていけたり、 《サイバーリペアプラント》の発動条件でもある、「墓地にサイバードラゴンが存在する場合」という条件を満たす手段にも使っていくことができる。 そのため、サイバードラゴン系デッキの多くに《銀河戦士》が採用されている。 特に《銀河戦士》と《サイバードラゴンヘルツ》の2枚からランク5を作れるようになったのは強力。 後攻でも使えるのはもちろん、先行1ターン目でも《サイバードラゴンインフィニティ》を作れる上でも採用は是非したい。 《簡易融合》 このカードも、レベル5機械族モンスター《重装機甲パンツァードラゴン》を召喚権を使わずにフィールドに出していくことができるカードなので採用されることが多い。 EXデッキの枠を潰してしまう欠点があるが、 リンク2の《サイバードラゴンズィーガー》は下にリンクマーカーがあるので、EXモンスターゾーンが埋まっている状態でも簡易融合を使って、《重装機甲パンツァードラゴン》をだし、ランク5エクシーズの《サイバードラゴンノヴァ》を狙っていくことができるようになったので、有効活用をしやすくなったのもポイント。 「サイバードラゴン」デッキの先行での展開方法 基本的には、サイバードラゴンは後攻で高打点を狙う動きだが、先行をとる場合もあるので、その対処も考えておく必要がある。 先行の場合は、まず《サイバードラゴンインフィニティ》を狙うのも一つ。 《サイバーレヴシステム》の登場によって、 手札や墓地からもサイバードラゴンを出していく手段が増えたため、先行1ターン目に《サイバードラゴンインフィニティ》を出せる確率も高くなったのも見逃せない。 また 相手ターンの妨害カードできる《サイバネティックオーバーフロー》や、 上級EXモンスターを展開できる《サイバネティックレボリューション》の登場で、 《サイバードラゴンコア》のサーチから、 相手ターンに相手カードを除去したり、上級モンスターを出して、ターンをしのいでいく動きができるようになった。 また、《サイバードラゴンズィーガー》の打点アップ効果も、 相手バトルフェイズにも使うことができ、自身のバンプアップにも使えるので、最大4200ポイントまで上昇させることで《サイバードラゴンズィーがー》を壁として機能させることも可能。 サイバードラゴンデッキは、後攻デッキなので先行でやることが少なかったものの、新規カードが登場したことでターンつなぎができるようになった。 このように、サイバードラゴンデッキは 、妨害などを駆使して、相手の動きを止めつつ、後攻で一気に攻め込む準備をするデッキです。 スポンサードリンク まとめ 「サイバードラゴン」デッキの回し方・展開方法の解説をしました。 後攻ワンキルポイントを作る上でも、先行1ターン目でできることを増やす上でも、「サイバネティックホライゾン」「コレクターズパック2018」「デュエリストパックレジェンドデュエリスト編」でサイバードラゴンデッキはかなり強化されました。 サイドラデッキは、手札事故も少なからずあるので、何を何枚採用するのかは、プレイヤーの好みや経験値がものを言います。 いずれにせよ、高打点を狙いにいくというコンセプトは変わらないので、非常にコンセプトがしっかりしているテーマでもあります。 コントロール系にこそ弱い弱点はありますが、後攻からワンキル打点を作り出すプレイングができれば、多くのデッキに対してそこそこ戦える素地はあるデッキです。 非常にシンプルでわかりやすい動きをするデッキでもありますので、初心者はじめ、多くのプレイヤーにオススメできるデッキでもあります。 パワーデッキが好きな方は是非一度作ってみるといいでしょう! 【関連記事:デュエリストパック レジェンドデュエリスト編3】.

次の