木下ゆうか やばい。 【どっちが悪い?】はじめしゃちょーが木下ゆうか号泣させた真相がやばい!?

木下ゆうかが大食いで病気に?かわいいけど整形って本当?

木下ゆうか やばい

プロフィール 名前:木下 ゆうか(きのした ゆうか) 生年月日:1985年2月4日(30歳) 出身:福岡県 身長:157㎝ 体重:43kg 血液型:O型 所属:UUUM ・ 2009年:「元祖!大食い王決定戦 全国縦断新女王発掘戦」(東京テレビ)で、フードファイターとして初テレビ出演。 ・ 2013年:事務所を移籍して、現在はYouTuberとしても活躍。 ・ 2015年:YouTubeのチャンネル登録者数が50万人を超える。 木下ゆうかが嫌いと言われる理由がヤバイ!? 2015年6月まで放送されていた「腹ペコ! なでしこグルメ旅」(東京テレビ)では、小柄ながら「大食いなでしこ」のメンバーとして頑張っていた姿が記憶に新しい木下ゆうかさん。 現在は「uuum」(主にYouTuberのマネジメントをしている)に所属し、毎日と言ってもいいほど、その大食いっぷりを披露していますよね。 その食べっぷりは、カツカレー4. 5kgとかマック全メニュー完食とか、一般人の想像も及ばない量をまさに大食いしまくっています。 ただし、木下さんの場合は、他のフードファイターに一歩及ばない弱点として、「大食いはできるけれど、早食いにはなれない」と言っているそうです。 そのためか、テレビ番組の大食い競争ではなかなか1位を取ることができませんよね。 つまり、時間制限がなければ「飽きるまで食べ続けられる」のだそうです。 まさにフードファイター、恐るべしというところでしょう。 そんな木下ゆうかさんですが、なぜか一部の人からは「嫌い」という発言が上がってきています。 木下ゆうかさんがどうして嫌われてしまうのか、その一部の人たちのネット上の意見をまとめてみました。 ・食べても太らない体質が許せない! たしかに炭水化物抜きダイエットが流行ったりしている昨今、その炭水化物を何キロもドカ食いしているのに、ケロッとして痩せたままでいる木下ゆうかさん。 そんな「太る」や「ダイエット」とは、まったく無縁で好きなだけ食べることができる木下さんの体質は、ダイエットに苦しんでいる人からは、羨望を通りこして妬まれてもおかしくありませんよね。 ・食べ物を無駄にして稼いでるのが嫌い! 先日、木下さんは健康診断を受けたそうで、その時のことを報告している情報がありました。 なんでも木下ゆうかさんの胃袋は、普段は普通サイズなのですが、一般人と違うところは、食べても食べても限りなく体内いっぱいに伸びるところだそうです。 スポンサーリンク しかも、その胃袋はとても丈夫だと言われたそうですが、はたして胃だけが丈夫であれば大食いを続けても問題はないのでしょうか。 また、木下ゆうかさんは食べた食物がほとんど消化されることなく、排出されるらしいので、そのことを知った一部のネットユーザーからは「食べ物をムダにしてるようで腹が立ってくる」などの意見がありました。 冷静に考えてみれば、世界中では生命維持のための食事にさえ事欠く人々が大勢いる中、大食いを人目にさらしてそれで稼ぐという行為が受け入れられないという声があるのは、決して間違ってはいないと感じます。 つまり、食べ物に対するリスペクトが感じられないと見られても、仕方ないのかもしれませんよね。 ・健康そうに振舞っていても、実は摂食障害なのでは!? この摂食障害とは、何らかのストレスが精神にダメージを負わせ、「食」に対して異常な行動をとってしまい、場合によっては死亡するケースもある深刻な病です。 また、痩せていることが美しいという執着からも、この摂食障害は起きるそうで、1度陥ると何度も再発してしまうという深刻な症状であることも指摘されているようですね。 このような摂食障害は、本人は気付きにくく周囲が「おかしい」と感じて専門医を訪れる例が多いそうで、治療が進んで病状が落ち着いても、10年の長い期間を経ないと「治った」とは言えないらしいのです。 しかもその10年間での再発率は約4割で、そのうちの1割弱が深刻な生命の危機にさらされるのだとか。 そうやってこの病と闘っている人にとっては、木下ゆうかさんのような大食いは、どうも健康には見えないらしいのだそうです。 そういえば、フードファイターには痩せ体型が多いことに気付きませんか。 ただ、あんなに食べて太らないのは、単に燃費が悪いだけなのか、それとも過食嘔吐の摂食障害があるからなのか、気になるところですよね。 このようにさまざまな理由で、木下ゆうかさんを「嫌い」とする声があったのですが、どれもこれもその通りだとしたら、やはり木下ゆうかさんだけでなくフードファイターを職業にしている人たちは、かなりヤバイと言えるでしょう。 実際に「大食い」を真似した子供たちが、急激に体調を崩して病院へ救急搬送されたことを受け、一時期はテレビ局が「大食い」番組を自粛してた時期もあるそうですよね。 それにしても、YouTubeで連日アップされている木下ゆうかさんの食べっぷりですが、はたしてどこまで続くのでしょうか。 どうかあまり無茶はしないようにと、余計なお世話ですが考えてしまいました。 スポンサーリンク 木下ゆうかの滑舌もスゴイことに!? 木下ゆうかさんの出身は九州の福岡県だそうですが、福岡弁の女性ってなぜか男性ウケがいいんですよね。 そして、一説によると北九州弁は少々荒っぽく聞こえてしまうそうで、実際、木下さんも動画の中で「北九州弁は口調がきつい」と語っているものがあるそうですよね。 けれども、おおむね木下ゆうかさんの口調は、その舌足らずな感じも含めて、特に男性には人気があるようでした。 とはいえ、滑舌の悪さが「かわいい」を通りこして、「聞き苦しい」「言語崩壊」とまで指摘しているコメントも出ているので見過ごせません。 そこで木下ゆうかさんの滑舌を検証してみました。 スポンサーリンク 実際にYouTubeで検索してみると、木下さん自身も自分の滑舌の悪さに、「これではイカン! 」と思って、滑舌を良くする方法として、ニュースキャスターがやっているような早口言葉で訓練したようですが・・・ その結果は見事に惨敗、っていうより、滑舌が悪いのに最初に選んだのが、キャスターのレベルの早口言葉ってその発想が、まずスゴイと思いました。 そして時は過ぎ、2回目の滑舌訓練の動画を見てみると、ん? なんとなく少し良くなってきたような・・・。 この2本目の動画は翌日にお仕事を控えているらしく、出張先(? )でのホテルからのものでした。 そのせいか、スイッチが入っているようで声にハリもあり、なんと早口言葉もどうにかクリアしていたんです。 短期間で、この成長はスゴイと思いました。 とはいえ、滑舌の問題ではなく、聞く側の耳が木下ゆうかさんの独特な喋り方に慣れたと言えなくもありません。 こんな風に、YouTube視聴者に思わず聞き耳を立てさせてしまう木下ゆうかさんは、滑舌がどうのという問題ではなく、その魅力がスゴイのかもしれないと感じてしまいました。 これからも木下ゆうかさんのますますの活躍を、追いかけてみたいと思います! スポンサーリンク 続けて読むならコチラの記事がオススメ!!

次の

木下ほうかの本名がやばい?在日韓国人の噂や芸名の由来について

木下ゆうか やばい

スポンサーリンク この「鳳華」という名前は 木下ほうかさんの祖父がつけたそうですが、 名前の漢字から「在日韓国人なのでは?」と噂されるようになりました。 木下ほうかさんの本名の漢字「鳳華」の「鳳」は、最近ではそこまで珍しくなく、女優の土屋太鳳さんなども使用していますよね。 しかし実は、 人名用漢字として採用されたのは1990年と割と歴史が浅いものなんです。 木下ほうかさんは1964年生まれなので、当時「鳳」は人名として届けられない漢字でした。 そういったことから、木下ほうかさんの 本名は1990年以降に日本に帰化する際につけられた?といわれています。 さらに名字の「木下」は、「朴(パク)」姓の在日韓国人が通名として使用している漢字です。 そして『龍が如く 極2』の新作発表会において、共演者の寺島進さんが「 ステージに上がっている中に数人朝鮮人がいる」と発言して問題となりましたが、その中に木下ほうかさんが入っていたようです。 寺島進さんの発言的には人種差別のように聞こえますが、出演者の木下ほうかさんの在日韓国人疑惑がよりいっそう深まることになりました。 さらに名前だけでなく、その 見た目も韓国人に近いといわれているようです。 木下ほうかさんの顔立ちとして、エラが張っていて韓国人の特徴がある顔立ちだとか。 しかし、日本人でもエラの張っている人はかなり多くいますよね。 見た目的としては純日本人なので、これは理由にならないでしょう。 木下ほうかの芸名の由来 スポンサーリンク 木下ほうかさんは 大阪府大東市出身で、在日韓国人だったとすると二世、三世に当たることになります。 木下ほうかさんの父親は一級建築士をしていたそうで、 かなりのお金持ちでした。 実家は小高い丘の上にあり、プールもあるほどの豪邸だったそうで、幼少期からお金持ちの子供としてプライドが高かったそうです。 小学生になった木下ほうかさんは 美少年として有名で、通学中女子中学生に声をかけられたり、バレンタインデーに大量のチョコをもらうこともあったとか。 かなりモテモテだった木下ほうかさんでしたが、大阪府立野崎高校に進学するとヤンキーファッションに目覚めます。 世間はツッパリブームが到来していたこともあり、剃り込みをいれてリーゼントにしたりヤンキーファッションをしていましたが、流行りに乗っただけで不良ではありませんでした。 木下ほうかさんは自主制作映画『17歳』を撮っていますが、当時歳をとりたくないと思っていたので全力で青春を謳歌するべく高校2年生の頃に彼女もつくっていました。 ずっとモテモテだったので 将来アイドルになりたいと考えていましたが、現実はうまくいかず 下積み時代は大変長かったようです。 1980年、16歳の時に映画『ガキ帝国』のオーディションに合格し、俳優デビューを果たします。 その後大阪芸術大学に進学し、卒業後は吉本興業大阪本社に入社し 吉本新喜劇デビューをしています。 しかし、思うように結果を残せないまま3年で退団しました。 その後上京し、本格的に俳優を目指すことになります。 吉本時代からの友人だった島田紳助さんの助言から、上京後しばらくは島田紳助さんにお世話になっていたようです。 それから映画監督の井筒和幸さんと知り合い、マツ・カンパニーからキャストパワーに事務所をうつります。 Vシネマを中心に出演していましたが、25歳から7年間は仕事がもらえず、水道配管のアルバイトをしていました。 そこから 長い下積み生活を送っていた木下ほうかさんは、2014年7月に放送されたドラマ『昼顔』にてヒロインの夫役を演じ、そこでみせた強烈な嫌われキャラが注目されます。 木下ほうかさんは、 下積み時代から地道な売込みをしていました。 業界関係者に好かれるために、業界関係者やプロデューサーが参加する飲み会に積極的に参加します。 良い人そうに見えながらも本質は粘着質で嫌味な役をうまく演じていて、視聴者をイラっとさせることも多々(笑) 木下ほうかさんが 吉本新喜劇時代に学んだ「笑いの基本」があるからこそ、シリアスな演技からノリツッコミまでできてしまうのでしょう。 「木下」の名字の全国順位&人数 「木下」という名字は 全国順位95位で、人数にするとおよそ 188,000人です。 たしかによく聞く名前ですもんね! 「木下」の由来 「木下」という名字は伊勢地方に多く見られるようです。 香椎神宮が縁の木下姓もあります。

次の

木下ゆうかは最低で嫌いな理由は?炎上の裏でヒカキン株が上昇!?

木下ゆうか やばい

スポンサーリンク この「鳳華」という名前は 木下ほうかさんの祖父がつけたそうですが、 名前の漢字から「在日韓国人なのでは?」と噂されるようになりました。 木下ほうかさんの本名の漢字「鳳華」の「鳳」は、最近ではそこまで珍しくなく、女優の土屋太鳳さんなども使用していますよね。 しかし実は、 人名用漢字として採用されたのは1990年と割と歴史が浅いものなんです。 木下ほうかさんは1964年生まれなので、当時「鳳」は人名として届けられない漢字でした。 そういったことから、木下ほうかさんの 本名は1990年以降に日本に帰化する際につけられた?といわれています。 さらに名字の「木下」は、「朴(パク)」姓の在日韓国人が通名として使用している漢字です。 そして『龍が如く 極2』の新作発表会において、共演者の寺島進さんが「 ステージに上がっている中に数人朝鮮人がいる」と発言して問題となりましたが、その中に木下ほうかさんが入っていたようです。 寺島進さんの発言的には人種差別のように聞こえますが、出演者の木下ほうかさんの在日韓国人疑惑がよりいっそう深まることになりました。 さらに名前だけでなく、その 見た目も韓国人に近いといわれているようです。 木下ほうかさんの顔立ちとして、エラが張っていて韓国人の特徴がある顔立ちだとか。 しかし、日本人でもエラの張っている人はかなり多くいますよね。 見た目的としては純日本人なので、これは理由にならないでしょう。 木下ほうかの芸名の由来 スポンサーリンク 木下ほうかさんは 大阪府大東市出身で、在日韓国人だったとすると二世、三世に当たることになります。 木下ほうかさんの父親は一級建築士をしていたそうで、 かなりのお金持ちでした。 実家は小高い丘の上にあり、プールもあるほどの豪邸だったそうで、幼少期からお金持ちの子供としてプライドが高かったそうです。 小学生になった木下ほうかさんは 美少年として有名で、通学中女子中学生に声をかけられたり、バレンタインデーに大量のチョコをもらうこともあったとか。 かなりモテモテだった木下ほうかさんでしたが、大阪府立野崎高校に進学するとヤンキーファッションに目覚めます。 世間はツッパリブームが到来していたこともあり、剃り込みをいれてリーゼントにしたりヤンキーファッションをしていましたが、流行りに乗っただけで不良ではありませんでした。 木下ほうかさんは自主制作映画『17歳』を撮っていますが、当時歳をとりたくないと思っていたので全力で青春を謳歌するべく高校2年生の頃に彼女もつくっていました。 ずっとモテモテだったので 将来アイドルになりたいと考えていましたが、現実はうまくいかず 下積み時代は大変長かったようです。 1980年、16歳の時に映画『ガキ帝国』のオーディションに合格し、俳優デビューを果たします。 その後大阪芸術大学に進学し、卒業後は吉本興業大阪本社に入社し 吉本新喜劇デビューをしています。 しかし、思うように結果を残せないまま3年で退団しました。 その後上京し、本格的に俳優を目指すことになります。 吉本時代からの友人だった島田紳助さんの助言から、上京後しばらくは島田紳助さんにお世話になっていたようです。 それから映画監督の井筒和幸さんと知り合い、マツ・カンパニーからキャストパワーに事務所をうつります。 Vシネマを中心に出演していましたが、25歳から7年間は仕事がもらえず、水道配管のアルバイトをしていました。 そこから 長い下積み生活を送っていた木下ほうかさんは、2014年7月に放送されたドラマ『昼顔』にてヒロインの夫役を演じ、そこでみせた強烈な嫌われキャラが注目されます。 木下ほうかさんは、 下積み時代から地道な売込みをしていました。 業界関係者に好かれるために、業界関係者やプロデューサーが参加する飲み会に積極的に参加します。 良い人そうに見えながらも本質は粘着質で嫌味な役をうまく演じていて、視聴者をイラっとさせることも多々(笑) 木下ほうかさんが 吉本新喜劇時代に学んだ「笑いの基本」があるからこそ、シリアスな演技からノリツッコミまでできてしまうのでしょう。 「木下」の名字の全国順位&人数 「木下」という名字は 全国順位95位で、人数にするとおよそ 188,000人です。 たしかによく聞く名前ですもんね! 「木下」の由来 「木下」という名字は伊勢地方に多く見られるようです。 香椎神宮が縁の木下姓もあります。

次の