首 すわる いつ。 赤ちゃんの【首すわり】時期はいつ?抱っこやお風呂のポイント(まとめ)

赤ちゃんの首がすわる時期はいつ?判断・確認する方法は?首すわり後の注意点は?

首 すわる いつ

赤ちゃんの首がすわる時期はいつ?目安や平均は? 赤ちゃんの「首がすわる」のはどんな状態? 首がすわるとは、 「赤ちゃんの後頭部を支えなくてもグラグラしない状態」のことです。 赤ちゃんが 自分の頭を自分で支え、どんな姿勢をとっても自分で頭を自由に動かせる状態のことをいいます。 赤ちゃんの発達は、上から下におりていきます。 まずは首がすわり、その後に腰、はいはい、つかまり立ち、歩くというように脳に近い部分から足の方へと発達していきます。 首すわりは赤ちゃんの発達における第一歩といえるでしょう。 赤ちゃんの首すわりが完了する時期の平均は? 赤ちゃんの首がすわるのは だいたい生後3~5か月頃だと言われています。 赤ちゃんが2か月になると、声のする方や気になる方へ顔を向けようとするようになってきます。 横を向いたりするようになるということはだんだん首がしっかりしてきたという証拠です。 うつ伏せにすると、自分で顔をあげて左右を見ることもできるようになってきます。 そのような状態からさらに首がしっかりして、しっかり首がすわったといえるのはだいたい3~5か月頃です。 発達が早いと、生後1~2か月頃から徐々に兆候を表す赤ちゃんもいますが、しっかりと首がすわったと感じるのは生後4か月頃が最も多く、生後5か月が終わる頃には完了しています。 首がすわる時期には個人差がありますので、早く首をすわらせたいからと、無理にうつ伏せにする必要はありません。 赤ちゃんの首や背中などの筋力がついてくると自然と首を支えるようになりますよ。 遅いからと焦らなくても大丈夫です! 赤ちゃんの首すわりを判断・確認する方法は? 赤ちゃんの首がすわったかどうか、どうやって確認すればよいのか分からない方も多いようです。 首すわりは、乳児健診(3~4か月検診)の時に、医師が確認するのでおうちの方が 無理に確認をする必要はありません。 「もう首がグラグラしていないし、首がすわったかも!」ということで確認したい方のために首すわりの判断方法を紹介します。 首すわり確認方法 1、赤ちゃんを仰向けに寝かせる 2、赤ちゃんの両腕を持ってゆっくり上体を引き起こしてみる 体と一緒に首が持ち上がるようなら首がすわっているといえます。 首がガクンとしたり、体より遅れて上がってきた場合は、まだ完全に首は座っていないので無理に縦抱きにしたりしないようにしましょう。 blog107. fc2. 赤ちゃんの首すわりが遅いときは練習が必要? 赤ちゃんの成長は個人差があるので、早い遅いに優劣はありません。 生後5か月を過ぎても首すわりをしないマイペースな赤ちゃんも少なくないので、心配ないと思います。 生後5ヶ月になっても全く兆候が見られない場合は、遊びの中できっかけを作ってあげましょう。 赤ちゃんをうつ伏せに寝かせて、声をかけながら赤ちゃんの好きなおもちゃを頭の斜め上に持っていきます。 赤ちゃんが「首をあげたい」と自発的に思えるように意識して行ってください。 まだ首がすわっていないのに、無理に縦抱きにしたり、引き起こしたりすると赤ちゃんの体に良くないので気をつけてあげてください。 赤ちゃんの首すわり後の注意点は? 赤ちゃんの首がすわると赤ちゃんのお世話がしやすくなります。 今までは、首を支えていないといけなかったのでいろいろと気を遣うところも多かったと思いますが、首の支えが必要なくなるので赤ちゃんの抱っこの仕方も変わってくると思います。 首すわり後の赤ちゃんの抱っこは縦抱きは? 首が座る前にもゲップの時などには縦抱きにしていたと思いますが、その時は縦抱きは赤ちゃんにとって心地良い姿勢とは言えません。 生まれたばかりの赤ちゃんの背骨の形は「C」型なので、真ん丸抱っこの方が落ち着くと言われています。 首が座った赤ちゃんの背骨は「C」から大人と同じ「S」型に変化しています。 背中が「S」型になると縦抱きが心地よく感じる赤ちゃんが増えてきます。 横抱きだと機嫌が悪く、縦抱きを好むようになる赤ちゃんも多いようですよ。 しかし、首すわりが完了した赤ちゃんでも、横抱きの方が気持ちが良いと感じる赤ちゃんもいます。 「首がすわった=縦抱き」をするというものではなく、抱っこの仕方は赤ちゃんが気持ちいい、安心する抱っこ方法をしてあげてください。 無理に縦抱きをする必要はありませんよ。 首すわり後のおすわり練習はゆっくりと! 首がすわると、次の成長の段階では、「お座り」ができるようになります。 だいたいお座りは生後6~7ヶ月ごろにするようになると言われています。 首がしっかりしてくると、体の筋力も付いてきている証拠。 体の準備と、赤ちゃんが興味を持ち始めると自然とおすわりをするようになります。 しかし、首がすわったからと言って無理にお座りの姿勢をさせると体に負担をかけてしまう恐れがあります。 お座りの練習でお座りの姿勢にさせる場合は、しっかりと赤ちゃんの背中を支え、安定していない腰や上半身をサポートしてあげてください。 バンボなどの椅子を利用すると腰のあたりをしっかりと支えてくれるので、体を安定させやすいですよ。 まとめ 赤ちゃんの成長には個人差があり、首がすわるのが遅くても体の準備が整えば自然と首がすわってきます。 遅いからと無理に練習する必要はありませんので、赤ちゃんの意思でいろんなものを見たい、触りたいと思うように接してあげると成長につながると思いますよ! 他の赤ちゃんと比べず、赤ちゃんのペースに合わせて関わって成長をサポートしてあげてくださいね。 関連記事.

次の

赤ちゃんの【首すわり】時期はいつ?抱っこやお風呂のポイント(まとめ)

首 すわる いつ

赤ちゃんが生まれてから、一番初めに見られる身体の発達は、「首のすわり」です。 この時期には、• 「首がすわるってどういう状態?」• 「どうやって首がすわったかどうかがわかるの?」• 「練習が必要?」 など、たくさんの疑問を持っている方もいらっしゃることでしょう。 ここでは、首のすわりとはどんな状態を指すのか、首がすわる時期や練習の必要性などについてお話していきましょう。 首がすわるとは 「首がすわるとは、赤ちゃんの頭や首を支えなくても頭が揺れずに安定している状態」のことをいいます。 生まれたての赤ちゃんは、首の筋肉がまだ充分なりませんので、ちゃんと頭を支えてあげないとグラグラしたり、頭が下がったりしてしまいます。 首がすわると、赤ちゃんは自分で頭を支えられるため、どんな体勢にしてもその体勢を保つことができます。 また、赤ちゃんは好きな方向に顔を向けることができるようになります。 赤ちゃんの発達 一般的に、 赤ちゃんの発達は脳に近い場所から足の方へ、身体の中心部から末端部分へと進んでいきます。 首のすわりの次は、赤ちゃんの腰がしっかりとしてきて「寝返り」をしたり、「おすわり」ができたりと発達していきます。 生後5か月頃に首がしっかりとしてきたと、感じる方もいらっしゃいます。 3-4か月健診で、首のすわりが遅いと言われた赤ちゃんでも、実際に問題があるのは数パーセントだといわれています。 個人差がありますので、少し遅いからといって深刻になる必要はありません。 首がすわるまでの様子 生後1か月頃には、不安定だった赤ちゃんの首は少しずつしっかりしてきます。 赤ちゃんでも、1か月の間に首の周りに少しずつ筋肉が付いてきているのです。 赤ちゃんをうつ伏せにすると、顔を持ち上げようとする動きが出てくるかもしれません。 生後2か月頃になると、少しだけ首がしっかりしてきます。 たてに抱っこすると、短い間なら首をまっすぐに保つことができるようになる赤ちゃんもいます。 生後3か月頃には、少しの間だけなら、うつ伏せのまま頭を持ち上げるようになることもあります。 徐々に首がすわった状態に近づき、本当に首がすわると、支えがなくても色々な方向に顔を向けるようになり、首がグラグラと動かなくなり、安定してくるのです。 首がすわったかどうかの確認 首がすわったかどうかの確認は、次の3つの方法があります。 赤ちゃんが泣き出したり、機嫌が悪くなるようなら、無理に首のすわりを確認しないようにしてくださいね。 確認方法• たてに抱っこした状態で、赤ちゃんの身体を傾けたときでも、首を真っ直ぐに保つことができる。 首がすわっていなくても、すぐに支えられるように離した手は、赤ちゃんの頭のすぐそばにスタンバイしておいてくださいね。 赤ちゃんをうつ伏せにすると頭を持ち上げる。 うつ伏せが嫌いな赤ちゃんもいますので、無理しないでくださいね。 赤ちゃんを仰向けに寝かせて、両手を持って少しずつ引き起こすと、首がついてくる。 無理に引き起こさないようにしましょう。 注意事項 首のすわりとは、頭を支えなくても、少しの間はまっすぐ保てるということをいうのではありません。 誤解されがちなのは、赤ちゃんをたてに抱っこしたときに、親の手を赤ちゃんの頭から離すと少しの間、赤ちゃんが頭を支えられたというだけで、首がすわったと判断してしまうことです。 これだけでは、首がすわったとはいえません。 首がすわったとは、赤ちゃんが自分で頭を支えて、向きたい方向に自由に向きを変えられるようになることをいいます。 首のすわりは、立ったり歩いたりするように、明らかに目に見える発達ではないので、専門家でも判断が難しいことがあります。 心配な方は、医師に相談することをおすすめします。 首がすわるための練習の必要性 周りの人から、「赤ちゃんの首はもうすわった?」と聞かれることがあるかもしれません。 まだ首がすわっていないと、親としては心配になりますよね。 でも、赤ちゃんの発達には個人差があるものなのです。 首がすわるための練習は、必要はありません。 無理にたて抱っこをしたり、首がすわったかどうかの確認をしたりすると、赤ちゃんの負担になります。 ゆったりした気持ちで、赤ちゃんの発達する様子を見守ることができるといいですね。 首がすわる前のたて抱き 首がすわっていないからといって、たて抱きをしてはいけないということはありません。 赤ちゃんにとって、横抱きもたて抱きも心地よいものです。 首がすわっていなくても、頭をちゃんと支えてあげていれば、たて抱きをしてもかまいません。 むしろ、横抱きよりも立て抱きは、赤ちゃんの視界が広がります。 たて抱っこをすると、機嫌が良くなる赤ちゃんは多いのです。 赤ちゃんが、きょろきょろと視線を動かしている様子も見られます。 でも、首がすわる前に無理にうつ伏せにしたり、たて抱っこしたりして、首がすわるように仕向ける必要はありません。 首がすわる前の抱っこひも 抱っこ紐で、首がすわる前の新生児から使用できるたて抱っこOKなタイプのものがありますね。 首がすわる前でも使用できるので、何かと便利ですよね。 でも、使用中は、赤ちゃんの首を支えてあげましょう。 首がすわる前でも使用できるとされる抱っこ紐は、赤ちゃんの首を支えてくれるわけではありません。 抱っこひも中で、姿勢がくずれて首がふにゃっと前に倒れているかもしれません。 赤ちゃんは、頭が前や後ろに傾いてると、呼吸がしにくくなるのです。 抱っこ紐を使用するときには、赤ちゃんの姿勢、特に首が傾いていないかどうか注意しましょう。 そして、必ず赤ちゃんの首や頭に手を添えて支えてくださいね。 首すわるのが遅いかも 赤ちゃんの発達には、早かったり遅かったりと個人差があるものです。 個人差があると言っても、首がすわるといわれている時期になって、首がすわらないと心配ですよね。 3-4か月健診で首のすわりを確認しますので、医師に相談してみましょう。 あまりにも気になるときには、次のような遊びを取り入れてみてはいかがでしょうか。 仰向けに寝ていても首が左右に動くように、赤ちゃんの横におもちゃを置いたり、横から話しかけたりしてみるのです。 または、赤ちゃんをうつ伏せにして、頭が持ち上げられるように音の鳴るおもちゃなどを見せたり、音を鳴らしたりするのもいいかもしれませんね。 赤ちゃんの興味をひくもを使うのがおすすめです。 決して無理強いしないでようにしてください。 練習だと思わずに、遊びとして赤ちゃんのお母さんも楽しんでやってみるといいですね。 まとめ 首がすわるのは、生後3-4か月頃です。 急いで赤ちゃんの首をすわりを促す必要はありません。 首のすわりは、一番初めに見られる赤ちゃんの身体発達です。 親としては気になるところですが、赤ちゃんの成長発達には個人差があるものだと思って、ゆったりとした気持ちで見守ってあげてくださいね。

次の

赤ちゃんの首すわりはいつ頃?助産師監修の判断・確認方法!

首 すわる いつ

赤ちゃんの首がすわる時期は生後3カ月頃 育児雑誌が赤ちゃんのお母さんにアンケートを取ったところ、「赤ちゃんの首がすわったのはいつごろ?」という質問に対して一番多かった答えが「 生後3カ月頃」でした。 その次が4カ月頃ですが、 5カ月頃まで首がすわらなかったという回答も1割ありました。 首がすわったのはいつ頃ですか?(回答者328人中)• 首がすわるとは、赤ちゃんが自分の力で頭を支えられるようになることです。 頭って結構重いので、筋肉の無い赤ちゃんの力ではとても支えられませんが、徐々に成長して力がついてくると、パパやママに支えてもらわなくても自分の力で頭を支えられるようになるのです。 首がすわった事は確認できる? 赤ちゃんを抱っこした時、それまでは手で支えてあげないとグラグラしていた首が、なんだかしっかりしていると感じる。 また、たて抱きにした時に首が横や下に傾かずまっすぐになっている。 こうした積み重ねで、「 そろそろ首がすわったのかな」と感じるお母さんが多いです。 ただ、 ある日突然に首がすわるわけでは無く、日によってグラグラしている日もあればしっかりしている日もあったりと、まだまだ発達の途中にあります。 「もうこの子は首がすわった」と早合点せずに、急に首がカクンとならないように手で支えてあげる事は忘れないで下さいね。 無理に確かめなくても良い うちの子は首がすわったかしら?まだかしら?と気になっても、無理に調べる必要はありません。 乳幼児健康診査を受ければ必ず専門知識のある医療スタッフが検査してくれますし、もしも何か問題があれば、きちんと伝えてくれますので心配しなくても大丈夫です。 生後半年に満たない赤ちゃんは突発的に何が起こるか分かりませんし、いくら親であっても医療の面では素人ですから、首すわりの判断はプロに任せておきましょう。 赤ちゃんの首がすわるのが遅くて心配… 多くの赤ちゃんが生後3カ月で首がすわると聞くと、うちの子はまだだ…何か発達の遅れがあるのかも…と心配になる事もありますよね。 しかし、 赤ちゃん期の発達は個人差が大きく、何でも早目早目にできてしまう子供もいれば、みんなより大分遅れてから何もかもが一気にできるようになる子供もいます。 私の子供は、首すわりもはいはいも立っちも歩き出すのも、全て他の赤ちゃんより数カ月遅れていて、乳幼児健康診査で引っ掛かってしまいました。 定期的に保健所から電話がかかってくるし、同年齢の赤ちゃんとは一緒に遊べないしで随分心配しましたが、1歳半になると全てをクリアして何の問題も無く成長しました(現在、中学生です)。 そういう子供もいるので、 首すわりが少々遅くても心配せずに、「のんびりさんだなぁ」と思って、優しく見守ってあげてくださいね。 赤ちゃんの首がすわらない理由 赤ちゃんの首がなかなかすわらなかった、遅かったという、私のような経験を持つお母さんに話を聞くと、共通点がいくつかありました。 身体に比べて頭が大きめの赤ちゃん• 早目に生まれて身体が小さい赤ちゃん• 首が普通より長めの赤ちゃん• すごく慎重な性格の赤ちゃん(あとで分かったそうです) 赤ちゃんの首がすわるまでの注意点 赤ちゃんの首がすわるまでは、授乳の時や入浴の時など、いつも首の後ろに手を添えて支えて上げましょう。 何かの拍子に寝返りをしてしまっても、首がすわっていないと顔を上げられません。 そうなると、うつ伏せのまま窒息する危険性もありますから、 首がすわるまではなるべく目を離さない事が大切です。 スリングや抱っこひもを使う時にも首が不安定にならないように気を付けて、首と頭のガードになるものが付いていない時は、片手で支えるようにしましょう。 月齢だけで判断しない ベビー用品には使用時期の目安に月齢が書かれている事がありますが、首がすわらないと使えないものも多いです。 月齢だけで判断せず、首すわりがまだでも使えるか?を考えてグッズ選びをしてください。 いつまでも首がすわらない時は医療機関を受診する 赤ちゃんの首がすわるまでは長くても生後6カ月頃までとなりますが、いつまでも首がグラグラして力が入らないような状態が続く場合には、念のためかかりつけの小児科や乳幼児健康診査で相談すると安心です。 お母さんが1人で悩んでいると赤ちゃんにも伝わって不安定になってしまうこともありますから、気になる事は1人で抱え込まず、専門家に聞いてみるようにしてくださいね。

次の