リー イートン。 晩媚と影のキャスト・相関図は?出演登場人物を画像つきで紹介!

SNH48リー・イートンのスク水コスプレがとてもけしからんwww

リー イートン

中国ドラマ『晩媚と影』の感想は面白いのかつまらないのか、視聴率・口コミ評判による評価をご紹介していきます! 中国ドラマ『晩媚と影』は、 配信半月で13カ国に作品の権利発売が決定した話題作、美しく切ないラブ史劇 です。 五代十国時代、則天武后の隠密機関となった女たちの暗殺組織の本拠地・姽嫿城が発足 します。 そこへ、 貧しさゆえに妓楼から逃げだし、その世界に飛び込むことになったヒロインが、女刺客となり、その影のように彼女を守り支える護衛とのままならぬ恋 を描いています。 武侠テレビドラマ『射鵰英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー』(金庸原作)の黄蓉役を演じた 若手女優のリー・イートン を主演に 相手役には「流浪地球」の チュー・チューシアオ 、大ヒット映画「西遊記2 妖怪の逆襲」で猪八戒を演じた ワン・ドゥオ が名を連ねます。 その恋愛、感動シーンが満載、何度ももらい泣きしてしまいます。 涙あり、感動あり・・・のラブストーリーも必見のラブ史劇。 これは泣けます。 それでは、中国ドラマ『晩媚と影』の感想は面白いのか、口コミ評判による評価を知りたい方はお見逃しなく! Contents• 中国ドラマ『晩媚と影』感想・評価は面白い?口コミ評判をチェック! あらすじの感想 貧しさゆえに妓楼に売られた 娘・蘇七雪(ソシチセツ) は、妓楼を逃げだし、暗殺組織の世界に飛び込み、刺客として生きることを決め、 晩媚 と名乗ることになります。 その美しい刺客・晩媚の護衛となる 長安(チョウアン) は、影と呼ばれ、女刺客を支える存在でありながら、いつしか禁断の恋に落ちるのです。 数々の困難に巻き込まれても一途な愛を貫く二人。 その葛藤と波乱万丈なストーリーを描いています。 また、豪華な衣装と高級感のある色鮮やかな映像美に圧倒されますので、 そういう目で見ても楽しい作品です。 愛嬌たっぷりの表情から苦しみの表情までリー・イートンさんの演技力に魅せられている方が多いようです。 に久々のどハマりの予感。 中文版あっという間に完走してしまった。 公子に九爺以来の男二号萌えしたのが一番の理由だけど、緊張感のある台詞や若い役者さん達の繊細な演技がとってもすてき。 原作読んでみようかな。 キャスト感想 圧倒的に晩媚と影カップルがかわいいという感想が多いですね。 お似合いです。 久々の媚者無疆 晩媚と影😊 この晩媚と公子が可愛いくて好き💕 — ゆか 汪铎鶴守月 yunayuka024 晩媚が長安と若様のどちらを選ぶかという投稿がありますね。 皆さん晩媚になりきっているようです。 長安と若様の中の人が同時に「視聴者の皆さん、晩媚なら長安と若様のどっちを選ぶ?」と微博に謎の投稿。 晩媚役のイートンちゃんまで(大意)「昨夜アニキ2人が電話してきて、どっちか選べって言うのよ。 負けたほうがlive配信でブタの鳴き真似するらしいよ」と拡散。 何遊んでんだ(笑) — NittaRie NittaRIE 若様の美しい姿に夢中になる方続出です。 微博に若様を覗きに行ったら色々美しいお写真がいっぱい💟 こんな夜中に見てはいけなかった🤣🤣🤣 早く寝ないと明日ヤバいのに〜 若様のお手手、ずっと美しいと思って を見てたけど、黄金比なんですね💖💖 — Mariemon528 mariemon528 まさかこれがー 私の心の中なのか? 刑風役、李子峰の最終回の怪演が良かったなぁ。 李子峰ステキでした💕💕 — わんたんたん 卫龙女孩 tO6WgAk8iHeAGdN イケメン男性陣に熱い視線が注がれているようですね。 面白い感想 情が絡むと、人生を美しく彩りもするけど、その反面、醜さも露呈する…実に厄介。 誰も彼もが情に囚われ絡まれていく… — きえ KieOneday どんどんドラマにはまって行くようです。 愛の形はさまざまだけど、愛する者のために自分にできることがある幸福を思う。 誇り高い女性たちとと情に厚い男性たちの物語。 イケメンの俳優リー・ズーフォンの演技にも注目です。 配信半月で13カ国に作品の権利発売が決定、視聴者の評価は高いです。 なので、禁断の愛を描いた作品で内容も濃く、 とても面白いと思いますがいかがでしょうか。 面白くない感想 31話 今回は初の太子完全勝利ということなのだろうけど、常に「実際はこうだったんです」って後出し演出で、見せかけの不利な状況からの逆転劇。 いささかワンパターンな気がする。 30話でわざわざ名前入りで长安って従者が出てきたよ😆こちら報われない想いを寄せる公子の使者 — haoranran haoranran51 先が読めてしまうという感じでしょうね。 愛する者が壊れて暴走していくのをただ見守ることしかできなかった者 愛する者を生かす為に自分の全てを犠牲にした者 愛の何たるかを知らず利用し愛されていることに甘え、結果失った者 この終わり方は暗いわ〜。 みんな不幸 — maruko kazukoyasu 禁断の愛を描いた内容に評価が高いようです。 とにかく、もらい泣きする場面が多いようです。 中国長編ドラマ全36話の作品ですが、 禁断の愛であるがゆえに燃え上がる二人の愛、 感動してため息をつくこと 間違いなしなのではないでしょうか。 終わり方に納得できない方が多いようですが、 長編ドラマでありながら、毎回楽しみに見られるドラマのようです。 中国ドラマ『晩媚と影』感想・評価まとめ 中国ドラマ『晩媚と影』の視聴率や視聴者の面白い・面白くない・つまらないと言った感想・評価をご紹介してきました いかがだったでしょうか。 貧しい家庭に育ち父親により遊郭に売られ、逃げだし、 生きるために暗殺組織という未知の世界に飛び込んだ 美しくも悲しい刺客となった晩媚(バンビ)の波瀾万丈のストーリー 面白いです?? 涙なくしては見られない奥の深い物語でしたが、 きらびやかで美しい中国版の「ロミオとジュリエット」です。 最後まで飽きずに見られて、後味がとても良く楽しめます。 冷静沈着な長安が無邪気だけれど正義感があり必死に生きようとする晩媚に次第に惹かれていく二人の切ない恋の行方が気になり放送を待てずにDVDを購入しました。 ある方のコメントでハッピーーエンドではないと知り最終話を見るのが怖かったです。 案の定、悲しい結末でしたが、あそこまで皆を不幸にして終わらねばならなかったのかと残念に思うのは私だけ?最後に刑風に情けをかけたのだから、せめて亡骸に対面させてあげたかったし、唯一残されたものが皮の団扇(ひどい!)だなんて・・・書かれてた涼州安定の意味も分かりません。 それが、めでたしめでたしなの?中国版ロミオとジュリエットなら、晩媚も一緒に死なせてあげたかった。 そして空の上でふたりを一緒にさせて欲しかった・・・なんて悲話なのに甘いですかね。

次の

【アジア俳優名鑑】リー・イートン <李一桐>:1

リー イートン

SNH48の指原的存在、ブログ女王、李藝彤(リー・イートン)プロフィール SNH48神推しブログ• プロフィール チームNII 李藝彤(リー・イートン) 李藝彤(リー・イートン 1995年12月23日 — )は、中国のアイドル。 中国陝西省西安市出身。 久尚经纪所属。 女性アイドルグループSNH48チームNIIのメンバー。 ニックネームは白发卡(バイファーカー)、イーちゃん。 SNH48劇場公演『シアターの女神』公演では前座ガールとして出演することが多い。 4月から始まった『逆上がり』公演でもユニット曲以外で出演している。 また中国版ツイッター微博ではデビューした頃のHKT48指原莉乃を彷彿させるユニークな投稿により、人気を集めている。 『SNH48<一心向前>第一回選抜総選挙』では6位となり選抜メンバーに選出された。 SNH48に入る前はコスプレイヤーとして有名であり、多くのコスプレイベントに参加している。 また、日本語が堪能であり、握手会で日本のファンと話すときには日本語での会話ができる数少ないメンバーの一人である。 (他に日本語が話せるメンバーとしては、など) 人物 出身地:中国陝西省西安市 生年月日:1995年12月23日(20歳) 身長:164cm 血液型:AB ニックネーム:白发卡(バイファーカー)、イーちゃん 趣味:アニメを見る、ゲーム、コスプレ 特技:日本語、コスプレ 好きなアイドル:風男塾(桃太郎推し) 仲の良いメンバー:、、など 来歴 2013年• 8月18日、『SNH48第2期メンバーオーディション』に合格。 11月2日、SNH48専用劇場『星夢劇院』での2期生デビュー公演『シアターの女神(劇場女神)』公演で劇場でデビュー。 しかし、李藝彤は16名の選抜メンバーからは漏れ、挨拶と終盤の数曲のみの出演となった。 11月3日に前座ガールとしてデビュー。 公演終了後に中国版ツイッター微博でファンへの感謝を述べている。 11月11日、SNH48メンバー48名の中から28人のうちの一人としてチームNIIのメンバーに選出された。 11月16日、広州国際体育センターで開催されたSNH48初の大規模コンサート『SNH48広州演唱会』に出演。 2014年• 1月18日、上海体育館で開催された『SNH48紅白歌合戦』に出演。 4月25日、SNH48専用劇場『星夢劇院』でのチームNII『逆上がり(逆流而上)』公演に出演。 7月26日、上海国際体操中心で開催された『SNH48<一心向前>第一回選抜総選挙』のコンサートと開票イベントに出演。 総選挙では6位となり選抜メンバーに選出された。 10月11日、SNH48専用劇場『星夢劇院』でのチームNII『前人未踏(前所未有)』公演開始。 『腕を組んで』を担当。 SNH48第一回選抜総選挙でのコメント 6位 チームN2 李藝彤(イーちゃん)9037票 みなさんありがとうございます!私すごく幸せ!生まれてから、こんなに幸せを感じたことはありません!(涙) さっきまでもう望みはないなって思ってたけど、私にこんなにたくさんの票を投票して下さってありがとうございます!こんなにたくさん投票するのはきっと大変でしたよね。 本当にお疲れさまでした!ありがとうございました! 実は、私のダンスは、ずっと、みんな下手くそだと思ってて、最初の頃と同じような感じで、コンサートの前に話したみたいに、私より美人な子はたくさんいるし、私より優秀な人はたくさんいるし、だから、実は最初からすごく劣等感がありました。 総選挙の前も、期待よりは、不安のほうがずっと多くて、自分が入れるなんてぜんぜん思ってもいませんでした。 でも実際は、速報で第1位だったのがすごくすごく励ましになりました。 最終発表ではぜったい1位じゃないことは分かってたけどね(笑)。 でも、みなさん今回私にチャンスを下さってありがとうございました。 この成績は自分で思いもしなかった結果です。 みんなの期待にこたえるために、みんなが私にくれたこのポジションにこたえるために、必ずしっかり頑張ります!絶対ヘタクソなダンスはしません! みなさんありがとうございました。 できるだけ、とにかく、本当に、このチャンスをもらって私は本当にとってもとってもとっても幸せです。 SNHに入れて、本当にすごく幸せです! みなさんに保証します、今回の『UZA』では、ぜったい広場舞に乱入した不審者みたいな状況にならないようにします。 これからもどうか私のパフォーマンスの応援をよろしくお願いします。 みなさんを愛してます! <記事転載元> SNH48での参加曲 シングルCD曲 4thシングル:心電感應(ハート・エレキ) <収録曲> 心電感應(ハート・エレキ) 神魂顛倒(今度こそエクスタシー) 愛的意義(愛の意味を考えてみた) 日升日落(ゼロサム太陽) 5thシングル:呜吒(UZA) <収録曲> 呜吒(UZA) 悬铃木(鈴懸の木の道で・・・) 第一只兔子(ファーストラビット) 错过奇迹(奇跡は間に合わない) 夕阳下的约定(夕陽を見ているか?) ミュージックビデオ SNH48 Team NII 『街角のパーティー(足球派対)』 劇場公演ユニット曲 SNH48 チームNII公演『シアターの女神(劇場女神)』 <参加ユニット曲> 前座ガール ロッカールームボーイ SNH48 チームNII公演『逆上がり(逆流而上)』 <参加ユニット曲> アンダーガール SNH48 チームNII公演『前人未踏(前所未有)』 <参加ユニット曲> 腕を組んで 出演 バラエティ番組• 炫動漫(不定期出演)• SNH48シャンハイスクール48(不定期出演)• SNHello(不定期出演) 音楽番組• 第21回東方風雲榜授賞式(2014年3月31日、新人賞:恋するフォーチュンクッキー) コンサート• 這一年,我們一起追的SNH48(2013年11月16日、廣州國際演藝中心)• SNH48出道一周年红白对决大型演唱会 (2014年1月18日、上海大舞台)• SNH48<一心向前>第一回選抜総選挙コンサート (2014年7月26日、上海国際体操中心) イベント• SNH48<一心向前>第一回選抜総選挙開票イベント (2014年7月26日、上海国際体操中心) 外部リンク• — SNH48公式サイト []• — SNH48公式サイト []• 11月11日の劇場公演より []• — SNH48公式サイト 2013年11月16日 []• — SNH48公式サイト 2014年1月18日 []• — SNH48公式サイト 2014年4月25日 []• — SNH48公式サイト 2014年7月27日 []• — SNH48公式サイト 2014年9月25日 [].

次の

【予告編#1】射鵰英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー (2016)

リー イートン

かなり原作を省略した部分もあるけれど、配役などは好印象でした。 (これはドラマ化するごとに賛否があるわけですが)。 金庸の主人公やヒロインは実際の年齢設定がかなり若い場合が多いので、今作は雰囲気的にもそのあたり初々しさがあっていいなと思いました。 全体的に地味に仕上がった感じがありますが、その分話のエッセンスはうまくまとまっている気がします。 83年版で楊康を演じた苗僑偉が、黄薬師役で出演していて、時の流れを感じました。 個人的には、2003年のリー・ヤーポン版が最も出来が良いと思っています。 もちろん、かけた予算も膨大だったし、制作が張紀中だったということもあるので、今作に多くを求めることも酷かもしれませんが。 戦乱の時代、武芸の達人に導かれ成長する 二人の少年の運命と少女との愛を描く アクションドラマ、全52話。 強くて個性豊かな達人と奥義が 次から次へと登場する単純なストーリー。 ずる賢いライバルと対照的に純粋な 主人公の成長や恋愛が描かれており、 最後までワクワクしながら楽しめました。 この作品の見所は、何といっても ド派手なアクション! 達人たちが入り乱れ、奥義が炸裂する 戦闘シーンが見事、日本じゃまずお目に 掛かれないぐらい迫力があります。 ただ、ヒロイン以外は主人公を筆頭に みんなおバカ。 なんでそうなるの?な展開がよくあり、 所々イライラさせるのが玉に瑕! 良くも悪くも単純明快な内容なので、 カンフー版ドラゴンボールだと思えば 楽しめると思います! 同じ系列の「琅邪榜」には劣るものの、星5個に十分な作品。 「琅邪榜2」よりはいい。 もちろん、設定や話の流れに無理は多いのだが、基本的に中国の話は「SF」なので、異世界モノとして楽しもう。 「琅邪榜」より優れている点は、ヒロイン「黄蓉」の存在。 「琅邪榜」ではヒーローの「梅長蘇」が凄すぎて、魅力的なヒロインを置けなかった。 今作では、ヒーローが「のび太」な分、ヒロインが輝いた。 日本では「のび太」はヒーローになれないが、日本より厳しい中国では奇特さが増し、一周回ってヒーローになれるということがよく判った。 「琅邪榜」より劣っている点は、ヒーローやヒロインの動機付けの部分。 「琅邪榜」の斬新な点は、ヒーローの動機付けとその解決方法にあるが、本作にはヒーロー、ヒロイン共にその行動に対する明確な動機付けがなく、悪くいえば遊びの延長で人を殺しているように見える。 特にヒーローの「郭靖」は作中でコロコロ言動を変えており、「宮崎駿」レベル。 一番誠実でウソを付かないはずのキャラクターなのだが、一番性悪なキャラクターより信用できない。 まあ、中国では「信用」という言葉自体が2000年以上前から死語なのだが。 恋愛モノとしては全く評価できない本作だが、おそらくそれは意図されていて、そのおかげで奇しくも「男女平等」な世界観が表現できている。 また、宗教(特にキリスト教)が話に絡んでいないので、全てがロジカルに進行し、中華圏以外でも「SF」として楽しめると思う。 この「宗教性がない」というのは、経緯は異なるものの、SFと中華文学に共通する美点だ。 まあ、圧倒的な物量とディティールで、有無を言わさず自分の世界観に引きずり込むという中華作品の伝統は着実に踏襲されているので、中華作品好きや、キリスト教世界の軽薄な作品に飽きた人は観ることをお勧めする。 中華圏で大人気の香港の作家、金庸の武侠小説のドラマ化。 三部作あるうちの第一部だそうです。 私は初めて見ましたが、面白い!!! 突っ込みどころ多々あるし、割と単純な展開なのだが、次が気になってつい見てしまうテンポの良さ。 アクションシーンもカメラアングルやカットを駆使してスピード感と迫力あるし美しくもある。 レベル高いです。 ワイヤーアクションはあまり好きでなかったがこの作品みて変わりました。 また、脇役達が個性的で、イライラさせられる奴も含めていい味だしてる。 主役も含めて配役がよかった。 第二部の「神鵰侠侶」もぜひプライムでお願いします。 こちらもおすすめです。 このレビュー作品と同じ監督の「倚天屠龍記」2019年製作版がでてるそうですが、アマゾンさんぜひプライムでお願いします。 なかなかよく創られていて久しぶりに武侠ドラマ視れました。 お前ら普通気付くだろう、それはやりすぎだろうとか、英雄好漢人良すぎ騙されやすすぎとかとかツッコミどころは満載ですが、視聴者をヤキモキさせる演出でしょうきっと。 カメラワークや演舞は巧くて見処があります。 蛇のCGや鷲のCGデカいのにオイオイな部分もありますが限られた製作費で頑張って作っているんです。 日本の時代劇のように何度もリメイクされる金庸武侠小説。 2008年版はどうも郭靖が端正過ぎであんまり好きになれずに視聴挫折…アリエル・リンは嫌いじゃないんだけど。 2017年版は俳優が好感持てて視れました。 あくまでも個人的ですが郭靖が岩ちゃん終盤は賀集利樹に見えたり、黄ヨウが綾瀬はるかもしくは桐谷さん、穆念慈がこじはる、楊康が成田凌、欧陽克は中村倫也、洪七公は尾美としのりさんっぽく日本の俳優さんでもリメイクできるかもと感じられたのが視聴継続のきっかけになったのかもしれないです。 キャラクターのイメージを壊さないように配役には注力されていて、また中国の俳優養成 演技、演舞、演出、美術小道具のレベルの高さを感じます。 是非同じクオリティで射鵰三部作コンプリートして欲しいです。 他の人もレビューしてるが特に東邪がカッコイイ。 多勢の全真七子を二度にわたり圧倒するのは見ごたえありました。 長い前髪ちょろんとたらし緑色の笙を巧みに使い剣技を封じるのはカッコよかった(ある意味主役食いだな)。 神鵰の李暮愁と同じく梅超風も美しかった。 どちらかというと二者ともに悪役だが多勢を相手にする殺陣が多くCGありきの降龍十八掌を見るよりはるかに活躍してます。 道を誤ったことを解っていながらも自分のポリシーを曲げない強烈な潔さは郭靖なんかより魅力を感じます。 桃花島びいきという訳ではないですが…毎回見終わって感じることだがコジンがかわいそう。 義侠の精神や孝を尽くすと言いながらも最終的には黄ヨウと一緒になりたいだけ(知恵の回る黄ヨウその辺はうまく立ち回るからな…)、モンゴルへの世話になった恩というしがらみから脱するために母ちゃん自害するがちょっと都合良すぎないかと思う。 宋の民としての誇りってそんなに大事なのかと考えさせられてしまう。 日本人には理解できない民族性なのかもしれないが…射鵰三部作の主人公は正義感はあるが鈍感、偏屈なマザコン、など聖人君子って訳ではないが、なぜか知らないうちに天下無双の拳法を習得する幸運に恵まれるんだよね。 とにかく、戦いのシーンが迫力ありました。 中国ドラマ特有のワイヤーアクションが沢山出てきますが それにしても、役者さん一人一人の 実力を感じました。 父親の無念をはらす復讐に向けて 色んな業を会得していく 郭靖ですが、とにかく単純で 正義感が強く、真面目 純粋すぎて 途中えー😳その約束守る?と イラっとしたりもしましたが 黄蓉の前では、口下手で不器用だけど 2人の絆が深まっていく恋展開に 目が話せませんでした。 郭靖が一年後には、グッと大人になって、話す表情も頼もしくなっていたのに 黄蓉の前では、やっぱり純粋な青年に戻る表情も好感が持てました。 目を見張る戦いのシーンだけでなく 心に残る言葉が沢山ありました。 原作は読んでいませんが 話の展開もテンポ早く 登場人物も魅力的で とても面白かったです。 欲を言えば、郭靖と黄蓉の恋の展開で もうちょっとキュンキュンするシーンがあったらなーと思ってしまいました。 武侠映画、カンフー映画が好きでよく観ています。 まず肝心のアクションは申し分なく、最初のアクションシーンで観るのを止めてしまう作品も多々あるがこれは申し分無く楽しめます。 チンギスハン、モンゴル帝国など実在した偉人たちと国を舞台に上手く架空の武侠世界を交えて進んでいくストーリーと主人公達の運命。 続きが気になって仕方がありません! 全52話。 長いが故にたくさんのシーンを描いたこの作品の登場人物に対する思い入れは強くなり、うれしい時つらい時、いろんな感情を共にしました。 演者の方も素晴らしく、それぞれの個性が作品を彩っています。 僕は射鵰英雄伝を知りませんでしたが原作は何度もリメイクされ映画やドラマはもちろんゲームや漫画にもなっている人気長寿作品だそうです。 このドラマで一気にファンになり小説の購入を考えたりいろいろ調べている所です。 このレビューで出会いここまで読んでくださった方々に感謝すると共に、みなさんも是非楽しんで最後まで観て頂ければ幸いです!.

次の