インスタ 加工 落ち着いた。 インスタグラマーが実践する写真加工のやり方

インスタグラムの加工は統一感が重要!フォロワー増やすおすすめは白/黒/韓国風?

インスタ 加工 落ち着いた

コントラスト コントラストはどんな写真編集・加工アプリにもある用語だと思いますが,意外と意味を知らない人がたくさんいます。 コントラストというのは, 明暗差,色彩の比率を調節するものです。 つまり,明るいところと暗いところの差,色の濃さの比率を調節するということです。 コントラストを高くすると差が大きくなりはっきりした写真に仕上がり,コントラストを低くすると差が小さくなりソフトな仕上がりになります。 写真と共に見ていきましょう! まずコントラストが高い写真がこちらです。 続いて,コントラストが低い写真がこちらです。 どうですか?こんなにも写真の印象が変わってきます。 インスタグラムを使う女性にはコントラストの低い写真が人気で写真家などにはコントラストの高い写真が人気です。 それぞれの色の部分をもう一度タップすると色の濃さを調整することができるよ! 今回は写真を黄色っぽくしてみました! まず影から影の値が大きいとこのように影の部分がより黄色っぽくなります。 続いて,ハイライト部分の値が大きいとハイライトの部分がより黄色っぽくなります。 これをどちらとも最大にして組み合わせてみると,このようになります。 写真全体の色が変わってきます!これをうまく使って部分的な写真の印象を相手に与えることが出来ます。 フェード フェードというのは,写真全体のコントラストと写真全体が色あせた雰囲気に調節することが出来ます。 これは,先ほど述べたコントラストと彩度を組み合わせたようなものです。 フェードの値が大きくなるほど色あせて写真全体が白っぽくなります。 フェードが高い写真は,清楚で落ち着いた雰囲気に仕上がります。 女子大生に人気! 写真と共に見ていきましょう!フェードが最大の時の値がこちらです! フェードは女性全般からの人気が多く使っている方も多いんじゃないでしょうか? ハイライト このハイライトの数値を高くすることで写真の明るい部分が明るくなっていき,数値を低くすることで明るかった部分が暗くなっていきます。 元の写真の明るさが嫌いな時はこれを使い変更すると良いです。 写真と共に見ていきましょう! まずハイライトが高い時の写真がこちらです。 次に,ハイライトが低い時の写真がこちらです。 どうですか?この機能を使えば元の写真の光を自在に操ることが出来ます。 影 シャドウ 影は, ハイライトとは反対に写真の中での暗い部分の明るさを調節することが出来ます。 影というのは,他の編集・加工アプリでシャドウとも呼ばれることがあります。 影 シャドウ の値が大きいと写真全体が明るくなります。 逆に低いと写真の暗い部分がさらに暗くなります。 なので,写真としてみたらコントラストと少し似ているかもしれません。 写真と共に見ていきましょう! まず,影 シャドウ の高い写真がこちらです。 次に,影 シャドウ の低い写真がこちらです。 暗い部分を調節できるので写真の落ち着きをここで表現することが出来ますね!基本的に影 シャドウ は高いものが定番となっています。 ビネット ビネットは,写真の縁の部分を暗くすることが出来ます。 写真の端っこね! ビネットをうまく使うことで写真で相手に謎や不安感を与えることが出来ます。 一見マイナス要素に思えるかもしれませんが,写真に謎をある程度残した方が見ている人に興味を持ってくれることが多いのでオススメです。 この ビネットの値が大きいほど写真の縁が暗くなります。 それでは,写真と共に見ていきましょう! まずビネットの最大の写真がこちらです。 写真に不思議な雰囲気・謎という感情を見ているときに起こさせたい時におすすめです! チルトシフト チルトシフトは一部分にピントを合わせ,一眼レフのようなボケを作ることができます。 ピントを合わせるポイントも自分で設定することが出来,それ以外の場所にボケを作ることが出来ます。 一眼レフに比べるとボケの質が少し劣ってしまうかもしれませんがチルトシフトを使えば,写真の主役と副題をうまく表現することが出来ます。 まずチルトシフトは下の写真のように 円形と線形と選択することが出来ます。 これはピントを合わせる部分の形です。 ワンポイントの時は円形,一定の場所の時は線形にして使用することをオススメします。 写真と共に見ていきましょう! チルトシフトを円形にして福丸にピントを合わせた時の写真がこちらです。 チルトシフトを線形にして同じく福丸にピントを合わせた時の写真がこちらです。 チルトシフトは,元からボケがあると少しわかりにくいかもしれませんが、 スマホなどで撮ったボケのない写真でチルトシフトを使ってみるとその効果が分かりますよ! シャープ シャープは写真全体の輪郭を強調する時に使用します。 字の如く,シャープな仕上がりにしたい時は,この機能で強調しましょう。 ストラクチャとの違いは,シャープは質感はあまり強調されません。 ものの輪郭を強調するので質感をより強調させたい時は,ストラクチャと合わせて使いましょう! それでは,写真と共に見ていきましょう! まず,シャープが高いときの写真です。 この二つはインスタグラマーと写真家の写真の違いの要素の1つであると言えます。 シャープが高い傾向にあるのは写真家,低い傾向にあるのはインスタグラマーです。 最後に 今回は,インスタグラムを使うにあたって必ず押さえておきたい写真の編集・加工用語についてお話ししました。 この記事でお話しした用語は,他の編集・加工アプリでも使うことが多いと思います。

次の

Instagram(インスタグラム)のフィルター加工のオススメ40種を紹介【ジャンル別】|ferret

インスタ 加工 落ち着いた

「白」を強調するためにおさえてほしいポイント ・「明るさ」はやりすぎかなと思うくらいまで上げる ・「彩度」と「色温度」はマイナスにして黄ばみを落とす ・「ハイライト」で白さをプラスする ・影になっている部分は「ブラシ」をつかって明るくする 「カラフル」ではっきりした色合いにする加工 続いては、はっきりした色合いでギャラリーを統一したい方におすすめの加工をご紹介します。 とくに 風景写真や紅葉の写真などに使うと、色味が鮮やかな写真に仕上がります。 インスタグラムのイメージはこんな感じ。 ではさっそく加工していきましょう。 まずは加工前の写真です。 少しくすんで見えるうえに、このままだとせっかくの紅葉が目立ちません。 赤と緑のコントラストをはっきりさせて、赤い紅葉が映える写真にしたいと思います。 「カラフル」な写真にするためのポイント ・「コントラスト」を上げて、色にメリハリを出す ・「明るさ」はマイナスかそのままにすることで、鮮やかな色が出るようにする ・「彩度」を上げて色をはっきりさせる ・「シャドウ」を下げることであえて影を作り、よりくっきりした印象にする 「ヴィンテージ風」にする加工 つづいては、 レトロで落ち着いた色合いの「ヴィンテージ風」にする加工をご紹介します。 インスタグラムのイメージはこんな感じ。 木や葉っぱなど、暖かみがあると素敵なものに加工するのがおすすめです。 さっそくやり方をご紹介します。 まずは加工前の写真。 このままでも悪くはありませんが、加工をして雰囲気のある写真にしましょう。 「ヴィンテージ風」に加工するポイント ・「コントラスト」を上げて影を出す ・「彩度」を下げることでレトロ感がでる ・少し暗くするために「シャドウ」を下げる 「ハイライト」だと全体的に暗くなるため「シャドウ」を使用 ・暖色 赤とか黄色 がある場合には、その色を目立たせて暖かみを出したいので「色温度」を上げる ちょっとぼかして光沢のある写真に加工 最後に紹介するのは女子受けのよさそうな 「グロー」を使った加工です。 みていただければわかると思いますが、 全体が少しぼけたような、光っているような印象になる加工です。 こちらはツールの「グロー」を使うだけなので、誰でもすぐに簡単に加工することができます。 加工前の写真がこちら。 これに「グロー」の加工をしていきます。

次の

ねるねるが最近はまっている『ブルー加工』のやり方💙落ち着いた仕上がりで美肌効果も✨

インスタ 加工 落ち着いた

【Instagram】インスタアプリのみで簡単に加工してオシャレな写真にできる! 公開日時 : 2020-01-16 17:35 更新日時 : 2020-01-18 12:17 インスタグラム(Instagram)にはオシャレな写真を投稿したいと思うもの。 そんなおしゃれな写真には加工が必要不可欠です。 しかし、いざ加工アプリを使っておしゃれな写真を作ろうとしても、「どの加工アプリを使えばいいのか分からない…」「複数のアプリを使って加工するのは面倒…」といったことから、なかなか写真加工に手が付けられない人もいるのではないでしょうか。 そういった方には、インスタグラムに標準で搭載されている 写真編集機能を使うことをオススメします。 今回は、加工アプリは使わずにインスタグラムの編集機能だけで簡単に写真加工できることを解説していきます。 インスタグラムだけで簡単に写真加工できる インスタグラムには写真を投稿するだけでなく、写真を編集する機能が標準で搭載されています。 フィルターをかけたり、明るさや彩度、色などを細かく調整したりすることができるので、好みのオシャレな写真加工が可能です。 そのため、インスタグラムの 編集機能をうまく活用することができれば、他の加工アプリを複数使い分けたり、有料アプリを購入して写真の加工をする必要が無くなるでしょう。 インスタグラムの編集機能 では早速インスタグラムに搭載されている編集機能を解説していきます。 まずはアプリを起動し、写真の編集画面を開きましょう。 加工したい写真を選択すると編集画面が表示されます。 それでは編集画面から使える編集機能を細かくみていきます。 Lux(照度)の調整 Lux(ルクス)とは照度を意味していて、その名の通り照度を調整する機能です。 Luxの調整を活用すると、写真の色味をぼかして優しい雰囲気の写真にしたり、色味をはっきりさせて色鮮やかにすることが簡単にできます。 Luxの調整は、編集画面の上にあるアイコンをタップして使います。 アイコンをタップするとLuxの調整画面に移り、写真が自動的に「50」の状態で表示されます。 加工する前よりハッキリとした写真になっていることでしょう。 Luxでは「-100」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて色味がハッキリとした写真に仕上がります。 違いがわかるようにLuxが「-100」のとき、「50」のとき、「100」のときの写真をまとめたので見てみましょう。 「-100」のときは、色味がぼんやりとし、ふんわりとした写真になっていることがわかります。 「100」のときは、「-100」とは対照的に色味や陰影がハッキリとした写真になっていることがわかります。 Luxの数値を変えるだけで、これだけ印象の違った写真に仕上がることが分かっていただけたでしょうか。 40種類のフィルター フィルターは、簡単に 写真を加工することができる便利な機能の一つです。 フィルターを使うと、写真の彩度や質感などをワンタッチで変えることができます。 そんな便利なフィルターがインスタグラムには豊富にあり、その数はなんと40種類にもなります。 編集画面の下に表示されているものをタップすると写真を加工することができます。 この記事では例として、フィルター「Clarendon」を使っていきます。 フィルターをタップすると写真の雰囲気が変化したことがわかります。 より細かく効果を調整したい場合は、もう一度同じフィルターをタップしましょう。 タップしたフィルターの詳細画面が表示されます。 この画面では「0」〜「100」の間で効果を調整することができるので、数字を変えて好みの写真に仕上げましょう。 また、フィルターを調整するところの右側にある「枠マーク」をタップすると写真に枠をつけることができます。 フィルターの種類が40種類もあると、使わないものもでてくるでしょう。 そういうときに便利なのが「フィルターの管理」機能です。 表示させるフィルターを並び替えたり、使わないフィルターを非表示にすることができます。 フィルターの管理は、フィルターの一番右側にある「管理」から使用可能です。 「管理」をタップするとフィルターの管理画面が表示されるので、お好きな順に並び替え、使わないフィルターはチェックを外して非表示にしましょう。 フィルターは、細かい編集をすることなく簡単におしゃれな写真に加工することができるので、編集が面倒な方にもオススメです。 13種類の編集ツール 写真の 細かい加工をしたいときは、編集ツールを使うといいでしょう。 編集ツールは編集画面の右下にある「編集」から使うことができます。 インスタグラムでは下記13種類の編集が可能です。 それぞれのツールを詳しく解説していきます。 調整 「調整」では、写真を回転させたり、縦や横の傾きを調整することができます。 「調整」の編集画面を開いて使い方を解説します。 画面の右上にある「回転マーク」をタップすると、写真を90度回転させることができます。 画面の下にある3つのマークでは、写真の縦や横の傾きを調整することができます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 左のマークと右のマークを調整すると、縦・横方向の傾きが変わり奥行きがでてきます。 真ん中のマークを調整すると、写真が回転するように傾いていることがわかります。 写真に傾きを加えるときは、写真が並行なのか、どのくらい傾いているのかを見やすくするために、グリッドを使うといいでしょう。 明るさ 「明るさ」では、文字通り明るさを調整することができます。 「-100」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて写真が明るくなっていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「-100」のときに写真が暗くなり、「100」のときに明るくなっていることがわかります。 コントラスト 「コントラスト」では、写真の明るい部分と暗い部分の差を調整することができます。 「-100」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて写真の陰影がはっきりとしていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「-100」のときは、明るい部分と暗い部分の差が小さいので全体的にぼんやりとした写真になります。 対して「100」のときは、陰影がハッキリとした写真になります。 ストラクチャ 「ストラクチャ」では、写真に写るモノをハッキリとさせることができます。 「0」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて輪郭が強調されていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「0」のときに比べて「100」のときは輪郭が強調され、モノの形がハッキリとしていることがわかります。 暖かさ 「暖かさ」では、写真の暖かみを調整することができます。 「-100」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて寒色(ブルー系)から暖色(オレンジ系)に変化していきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「-100」のときはブルーの色味が強くなり、「100」のときはオレンジの色味が強くなっていることがわかります。 彩度 「彩度」では、写真の鮮やかさを調整することができます。 「-100」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて色鮮やかになっていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「-100」のときは、色味がなくなりモノクロになっていることがわかります。 対して「100」のときは、色味が強く鮮やかな仕上がりになっています。 色 「色」では、写真の暗い部分(シャドウ)と明るい部分(ハイライト)にそれぞれ色をつけることができます。 シャドウに黄色を選択したので比較写真を見てみましょう。 つづいて、ハイライトに黄色を選択したので比較を見てみましょう。 選択した色を再びタップすると、色味を細かく変えることができるので、好みの色に調整してみましょう。 フェード 「フェード」では、写真のくすみを調整することができます。 「0」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて陰影の差が弱くなっていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「0」のときに比べて「100」のときは、色あせた仕上がりになっています。 ハイライト 「ハイライト」では、明るい部分の強弱を調整することができます。 「-100」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて明るい部分が強調されていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「-100」のときは明るさが弱くなっているのに対し、「100」のときは明るさがより強調されていることがわかります。 上記で説明した「明るさ」は写真全体の明るさを変わっていましたが、「ハイライト」では明るい部分のみを調整することができます。 シャドウ 「シャドウ」では、暗い部分の強弱を調整することができます。 「-100」〜「100」の間で調整でき、数字が小さくなるにつれて暗い部分が強調されていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「-100」のときは暗い部分がハッキリと強調されていることがわかります。 対して「100」のときは影が明るくなっています。 ビネット 「ビネット」では、写真の四隅を暗くすることができます。 「0」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて四隅が暗くなっていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「0」のときに比べて「100」のときは、四隅が暗くなり写真の中央が目立った仕上がりになっています。 ティルトシフト 「ティルトシフト」では、写真の選択した箇所以外のピントをボケさせることができます。 ティルトシフトは「円形」と「直線」の2種類から選択が可能です。 「円形」を選択すると円の範囲外はピントがボケて、「直線」を選択すると横の直線で囲まれているところ以外はボケた状態になります。 写真中央の被写体を目立たせたいときに有効な編集です。 シャープ 「シャープ」では、写真の輪郭をハッキリとさせることができます。 「0」〜「100」の間で調整でき、数字が大きくなるにつれて写真の輪郭が強調されていきます。 変化がわかりやすいように調整後の写真をまとめたので見てみましょう。 「0」のときに比べて「100」のときは、写真のボヤけている部分がハッキリとした仕上がりになっています。 インスタグラム上で撮影した写真の加工 インスタグラムのホーム画面で「右にスワイプ」するとカメラが起動します。 そこでも写真の加工ができるので、どのような編集機能があるかご紹介していきます。 では実際にカメラを起動してみましょう。 インスタグラムのカメラには、シャッターボタンの右隣に様々なフィルターが用意されています。 好きなフィルターを選択してシャッターボタンをタップすると、加工された状態で写真を撮影することができます。 写真は撮影後も加工することができます。 撮影後の画面で左右にスワイプするとフィルターがかけられます。 この記事では例として「Rio De Janeiro」のフィルターをかけました。 また、そのほかにも4種類の編集ツールが用意されていて、画面の右上のマークをタップすると使うことができます。 各マーク編集機能は下記のとおりです。 それぞれどのようなことができるかご紹介します。 エフェクト編集 エフェクト編集では、画面の下にあるエフェクトを選択するだけで簡単に写真の雰囲気を変えることができます。 エフェクトは、写真全体のイメージを変えるものや、顔認識をして写っている顔を加工するものなど様々です。 GIF編集 GIF編集では、動きのあるGIF画像を写真に貼り付けて加工することができます。 検索フォームから写真に貼り付けたいGIF画像を検索して使うことも可能です。 ペン編集 ペン編集では、画面の上にある4種類のペンを使って写真を加工することができます。 画面左側のバーを調節するとペンの太さが変わり、画面の下にある色をタップするとペンの色が変わります。 ペンの種類は、左から「通常のペン」、「蛍光ペン」、「ネオン風のペン」、「消しゴム」になります。 また、ペンを選択した状態で画面を長押しすると、そのペンで写真全体を塗りつぶすことができます。 テキスト編集 テキスト編集では、入力したテキストを写真に貼り付けることができます。 画面の上にあるテキストの種類をタップすると、違ったタイプのテキストに変わります。 貼り付けたテキストをタップすると、編集が可能です。 また、テキストをドラッグすると画面下にゴミ箱マークが表示されます。 ゴミ箱までテキストをドラッグしてもっていくと画面から削除することができます。 貼り付けたGIF画像も同じ手順で削除可能です。 まとめ 今回は、インスタグラムで使える編集機能をご紹介しました。 ほかの加工アプリを使わなくてもインスタグラムで写真加工するできることができます。 インスタグラムを始めたばかりの方や、写真加工の経験があまりない方は、この記事を参考にインスタグラムを使った加工からはじめてみてはいかがでしょうか。 関連記事はこちら.

次の