井上 陽水。 氷の世界 (アルバム)

井上陽水作詞の歌詞一覧

井上 陽水

メンバー [ ]• 井上陽水(・)• 奥田民生(ボーカル・ギター) 概要 [ ] 井上の息子が聴いていたの「」の歌詞を井上が気に入り、奥田にその歌詞を書き写した手紙を送ったことが出会いのきっかけ。 その後、の「月ひとしずく」やの「アジアの純真」などの共作を経て、自然発生的にセッションを重ね、結成に至った。 にシングルとアルバムをリリースした後は、ライブツアーも行わないまま10年近くが経ち(イベント等の出演はあった)、にシングルをリリースし再始動した。 には2枚目のアルバムをリリースした後、初のライブツアーも行った。 作曲作業は合宿を行い、2人が別々の部屋で部分的に作成したものをやりとりしながら仕上げていく方法をとっている。 レコーディングは、奥田のレコーディングメンバーで行われ、そこに井上が参加する形になる。 「」の再発売盤を除き、シングルとアルバムは双方の所属レコード会社であるとからの2種類のリリースとなっている。 奥田が2007年に「」の「」に出演した際には井上も登場し、急遽「井上陽水奥田民生」としての出演になった。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ]• () DVD [ ]• 提供曲 [ ]• 「」(小泉も作詞に参加している)• 「」、「」、「」(共に作詞が井上、作曲が奥田) 外部リンク [ ]• (の公式サイト)• (の公式サイト) 1. - 2. - 3. - 4. - 5. - 6. - 7. - 8. - 9. - 10. - 11. - 12. - 13. - 14. - 15. - 16. - 17. () - 18. - 19. - 20. - 21. - 22. - 23. - 24. - 25. - 26. - 27. - 28. - 29. - 30. - 31. - 32. - 33. - 34. - 35. - 36. - 37. - 38. - 39. - 40. - 41. - 42. - 43. - 44. - 45. - 46. - 47. - 48. (限定販売) - 49. - 50. - 51. - 52. アルバム.

次の

井上陽水の歌詞一覧リスト

井上 陽水

井上陽水トリビュート 2019. 27 Release UPCH-2198 税抜:3,000円 収録内容: 1.ヨルシカ 「Make-up Shadow」 2.槇原敬之 「夢の中へ」 3.King Gnu 「飾りじゃないのよ 涙は」 4.椎名林檎 「ワインレッドの心」 5.宇多田ヒカル 「少年時代」 6.ウルフルズ 「女神」 7.田島貴男 ORIGINAL LOVE 「クレイジーラブ」 8.福山雅治 「リバーサイド ホテル」 9.細野晴臣 「Pi Po Pa Reiwa mix 」 10.iri 「東へ西へ」 11.SIX LOUNGE 「Just Fit」 12.斉藤和義 「カナリア」 13.オルケスタ・デ・ラ・ルス 「ダンスはうまく踊れない」 14.ACIDMAN 「傘がない」 15.KREVA 「最後のニュース」 COMMENT コメント 陽水さんにはウルフルズ のレコーディングに参加してもらった事がある。 陽水さんはその時、嘉納治五郎的逆らわずして弾くギター奏法で我々の度肝を抜いた。 僕はそこに音楽の極意を見た気がしたのだった。 この度はその時の恩返しのつもりで演らせて頂いた。 その節は本当にありがとうございました。 トータス松本/ウルフルズ ワサワサと楽しくて、明るい曲になればいいなぁってベースを弾きました。 参加できて嬉しいです! ジョンB/ウルフルズ 音楽活動50周年おめでとうございます! 今回トリビュートアルバムにウルフルズとして参加でき、とても光栄です!!! カヴァーさせてもらった「女神」は、いまのウルフルズなりのアレンジになったかと。 気に入ってもらえると嬉しいなぁ。 サンコンJr. /ウルフルズ PROFILE プロフィール 1988年に大阪で結成、メンバーはトータス松本(Vo, Gt)、ジョンB(B)、サンコンJr. (Dr)。 バンド名は、メンバーお気に入りのLPレコードのジャケットの帯にあった「ソウルフル」が改行のため「ウルフル」と読めたことに由来。 1992年、シングル「やぶれかぶれ」でデビュー。 1995年のシングル『ガッツだぜ!!』、翌年の『バンザイ〜好きでよかった~』でブレイク。 アルバム『バンザイ』は100万枚を超える大ヒットを記録。 二度のNHK紅白歌合戦出場を果たす等、数々のヒット作を世に送り出した、唯一無二のワンダフルロックバンド。 15枚目となる最新アルバム"ウ!!! "を6月にリリース。 COMMENT コメント デラルスと井上陽水さんを繋げてくださったのは、なんとあのタモリさん! タモリさんのヨットレース、タモリカップでデラルスが演奏した時が、陽水さんとの最初の出逢いでした。 それから、「氷の世界」「I will」「SAKURAドロップス」のカバーやライブなどでご一緒させていただきました。 今回のトリビュートアルバムのお話をいただいた時、最初に別の曲が候補に上がりましたが、私が幼い頃テレビで流れていて、心のどこかをグッと掴まれたロマンティカ溢れるナンバー「ダンスはうまく踊れない」を歌いたい!と強く思いました。 これをサルサにしたらめっちゃ合う!と直感。 そして、メンバーの相川等により、これぞ哀愁のサルサ!というアレンジに仕上がりました。 曲の後半には、サルサ特有のスペイン語によるコーラスと歌の掛け合いが出てきます。 そのあたりも楽しんでいただけたら幸いです。 1人では上手く踊れなくても、愛する人とサルサを踊ってくださいね! 祝50周年!愛と感謝を込めて。 NORA from Orquesta De La Luz PROFILE プロフィール 1984年結成。 1989年に自費によるNew Yorkツアーを決行。 このツアーで大ブレークし、1990年BMGビクターより国内、海外デビュー。 1stアルバムが全米ラテンチャートで11週連続1位を獲得。 活動が世界に認められ国連平和賞をはじめ国内外で数々の賞を受賞し、1995年にはグラミー賞にもノミネートされた。 2019年デビュー35周年を迎え、10年ぶりのニューアルバム「Gracias Salseros」を発売。 3月にFacebookにて配信したデビュー曲「Salsa Caliente Del Japon」のリハーサル映像が、194万回再生を突破し、中南米を中心に世界中で話題になっている。 PROFILE プロフィール 国民的人気を誇るHIP HOPアーティスト。 2004年9月08日 クレバの日 に「音色」でソロメジャーデビュー。 2ndアルバム「愛・自分博」でHIP HOPソロアーティストとして史上初のオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。 2019年、ソロデビュー15周年イヤーに突入。 1月から9月08日 クレバの日 まで9ヶ月連続リリースを敢行し、第6弾ニューベストアルバム『成長の記録~全曲バンドで録り直し~』を6月19日リリースし、日本武道館にてワンマンライブを開催。 12月13日からは仙台を皮切りに、KREVA CONCERT TOUR 2019-2020「敵がいない国」をライブハウス、ホール、アリーナと全国ツアーを開催する。 PROFILE プロフィール 1993年8月25日にシングル『僕の見たビートルズはTVの中』でデビュー。 翌年にリリースされた『歩いて帰ろう』で一気に注目を集める。 代表曲である『歌うたいのバラッド』『ウエディング・ソング』『ずっと好きだった』『やさしくなりたい』等はファンのみならず、様々なアーティストにも愛される楽曲となっている。 自他共に認めるライブアーティストであり、弾き語りからバンドスタイルまで表現の幅は広い。 また自らの音楽活動に加え、様々なアーティストへの楽曲提供、プロデュース等も積極的に行っている。 2011年には稀代のドラマー、中村達也とのロックバンド、MANNISH BOYSの活動も自身の活動と並行して行なっている。 PROFILE プロフィール 1998年デビュー。 2000年リリースの2ndアルバムが250万枚を超えるセールスを記録。 2004-12年は東京事変でのグループ活動も並行。 2009年文化庁主催芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。 2018年 デビュー20周年を迎え、アリーナツアー「 生 林檎博'18 ー不惑の余裕ー」を開催。 2019年5月27日に約5年ぶりのオリジナルアルバム「三毒史」と、前年のアリーナツアーを収めたライブ映像作品を同時リリースした。 COMMENT コメント 井上陽水さんトリビュートアルバムのお誘いを受け、この上なく光栄に思いました!もちろんレコーディングには気合いが入りました。 歌い手の度量が問われる陽水さんの沢山の名曲の中で、これなら自分の歌い方ができるという曲をスタッフとともに選びました。 「クレイジーラブ」はオールディーズのような曲なので、1950年代当時のミュージシャン達に敬意を払い、僕はエレキギターを弾きながら同時に歌って、バンド演奏は完全に一発録音。 アコースティックギターとギターソロのパートだけをあとからオーバーダビングしました。 ほとんどライブ録音のようにすることによって、よりロックンロールな、ブルージーな「クレイジーラブ」になったと思います。 田島貴男(ORIGINAL LOVE COMMENT コメント どの曲がいいか選ぶにあたり、アルバムを聴きまくっていたのですが、こんなにも井上陽水さんの大好きな曲があったのか!と驚きました。 こんなことを改めて言う必要もないのですが、どれも名曲ですよね。 陽水さんの生歌に触れたのは実はすごく遅くて、某アーティストのお誕生日パーティに招いていただいた時に、陽水さんもいらしていて、飛び入りでジョンレノンの曲をギターで弾き語りで歌われたのですが、その歌を聴いて僕は後ろに倒れそうになるくらいの井上陽水エネルギーを感じ思わずのけぞってしまい、その時から、本腰入れてファンになりました。 今回、井上陽水さんのトリビュートに参加することができて、大変光栄に思っております。 PROFILE プロフィール 東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイター常田大希が2015年にSrv. Vinciという名前で活動を開始。 その後、メンバーチェンジを経て、常田大希(Gt. )、勢喜遊(Drs. Sampler)、新井和輝(Ba. )、井口理(Vo. Key. )の4名体制へ。 SXSW2017、Japan NiteUS Tour 2017出演後、2017年4月、バンド名をKing Gnuに改名し新たなスタートをきった。 独自のポップセンスと色気が凝縮されたトーキョー・ニュー・ミクスチャーと称されるサウンドはもとより、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL等大型フェスへの出演、盟友クリエイティブレーベル「PERIMETRON」と制作するMV・アートワークで注目を集め、LIVEチケットは毎回即日完売。 音楽・映像・アートワーク、LIVE全ての面において、唯一無二の世界観を築きあげている。 2019年1月にアリオラジャパンよりメジャーデビューアルバム「Sympa」をリリースし、翌2月には日本テレビ系土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」主題歌『白日』を配信リリース。 2019年最大級のロングランヒットを記録中。 春に初の全国ツアー「King Gnu One-Man Live Tour 2019 "Sympa"」を完遂し、春~夏にかけて数多のフェスに出演。 8月には新曲「飛行艇」(ANA「ひとには翼がある」篇TVCMソング)を配信リリースした。 2002年アルバム『創』でメジャーデビューを果たし、以降、数々のロックフェスの大トリを務める。 現在までに11枚のオリジナルアルバムを発表し、6度の日本武道館ライブを開催し成功を収めている。 いよいよ11月27日発売の「井上陽水トリビュート」 井上陽水の50周年を記念して、豪華なアーティストがトリビュート。 ジャケット写真でもアートデイレクターのとんだ林蘭さんと、ワイヤーアート作家の小川学さんが コラボレーションして、トリビュート。 皆さんも「私が陽水」になったつもりで、トリビュートに参加しませんか? イラスト、ポエム、弾き語りの動画、モノマネ?なんでもOK! 歌に挑戦する方は、1曲全部歌わなくても、1番だけでも、曲の一部でも可! 最優秀作品賞・・1点 優秀作品賞・・・・・2点 ユーモア賞・・・1点 は、当サイトでおよび、UNIVERSAL MUSIC 公式Twitterアカウント()で発表の後、世界で1つ、あなたの作品が刻まれた発売記念盾を贈呈します。 また、上記の受賞者の方に加え、投稿いただいた方から抽選で10名様に井上陽水トリビュート記念品を贈呈します。

次の

井上陽水の自宅は世田谷区等々力?実家や父親、母親、学歴、大学は?

井上 陽水

Song• Artist• 井上陽水• Album• BEST BALLADE• Writers• Natsumi Hirai, Yosui Inoue• Licensed to YouTube by• FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT, INC. on behalf of FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT, INC. ; UMPG Publishing, and 8 Music Rights Societies• Song• Artist• Licensed to YouTube by• UMG on behalf of Universal Music LLC ; Muserk Rights Management• Song• Artist• 井上陽水• Album• BEST BALLADE• Licensed to YouTube by• FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT, INC. ; UMPG Publishing, and 5 Music Rights Societies• Song• ワインレッドの心 ライブ収録 ALBUM「クラムチャウダー」より• Artist• 井上陽水• Album• クラムチャウダー• Licensed to YouTube by• FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT, INC. ; Muserk Rights Management, and 1 Music Rights Societies• Song• Artist• 井上陽水• Album• Licensed to YouTube by• FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT, INC. on behalf of FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT,INC. ; Muserk Rights Management• Song• Artist• 井上陽水• Album• Blue Selection• Licensed to YouTube by• FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT, INC. ; Muserk Rights Management• Song• 結詞 ライブ収録 ALBUM「クラムチャウダー」より• Artist• 井上陽水• Album• クラムチャウダー• Licensed to YouTube by• FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT, INC. ; Muserk Rights Management• Song• Artist• 井上陽水• Album• BEST BALLADE• Licensed to YouTube by• FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT, INC. ; Muserk Rights Management• Song• 新しいラプソディー ライブ収録 ALBUM「クラムチャウダー」より• Artist• 井上陽水• Album• クラムチャウダー• Licensed to YouTube by• FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT, INC. ; Muserk Rights Management• Song• Artist• 井上陽水• Album• ガイドのいない夜• Licensed to YouTube by• FOR LIFE MUSIC ENTERTAINMENT, INC. ; Muserk Rights Management Show more Show less.

次の