コロナ禍とは 使い方。 コロナ禍の読み方や意味は?使い方は?

コロナ禍の読み方と意味は?コロナ渦とは違うの?

コロナ禍とは 使い方

世界的なパンデミックを引き起こした 新型コロナウイルスの感染拡大。 日本でも多くの人々が影響を受け、今までの生活が一変するような事態となりました。 テレビや新聞、ネットでは「 今日の新型コロナ感染者数」とともに• コロナ禍をどう過ごすか• いつまでコロナ禍は続くのか• コロナ禍を乗り切るために必要なこと などが話題となっています。 そこで気になるのが、「 コロナ禍」という言葉。 最近よく目にするようになりましたが コロナの「渦(うず)」のようにも見えますがよく見ると違う字です。 今回は「コロナ禍」とは、 そもそもどのような意味を持つ言葉なのでしょうか。 正しい読み方を含め、誰がなぜつくったのかをわかりやすく解説します。 「コロナ禍」は何て読む?読み方に反響、知らなかったという声も テレビなどの報道で、• 新型コロナの感染状況• 今日の感染者数 を伝えるようになってから数カ月がたちました。 「 コロナ禍」という言葉は、いつの間にか広まって、すでに定着した印象ですが 最初から迷わずに正しく読めたという人はどのくらいいるでしょうか。 よくある読み間違いに• コロナ鍋(なべ)• コロナ渦(うず) などが挙げられますね。 中には「 コロナ蝸(かたつむり)」と読んでいたツワモノも。 何と読むのかわからず、うやむやにしていたという人もいるでしょう。 「コロナ禍」の正しい読み方は.. 「 コロナ禍(か)」です。 なんとなく「禍(か)」と読めてはいたけれど、 意味はさっぱりわからない…という人が多いかもしれません。 いったい「禍」とはどういう意味なのでしょうか。 「禍」の持つ意味とは?知らなかった「禍」の使い方 「禍」とは、• 思いがけない災難や災い• 不幸を引き起こす原因 など、 よくないことを表す言葉です。 古事記にも〈 禍を訓みて摩賀 マガ と云ふ〉とあるように 「禍」は古くからさまざまな時代で、 災難を表す際に使われてきた言葉でした。 たとえば、• 戦争による被害を表す言葉…「戦禍」• 水による災難…「水禍」• 他人への中傷や悪口によって受ける災い…「舌禍」 となります。 過去の伝染病で、 複数回のパンデミックを起こしたとされるペストは「 ペスト禍」。 新型コロナで使用する場合は「 コロナ禍」になりますね。 最近とくに、テレビやネット、新聞で目にする機会が増えた 「コロナ禍」という言葉は、いったい誰がなぜ使い始めたのでしょうか。 「コロナ禍」と言い始めたのは誰?いつから使い始めたか 新型コロナの感染者数が世界中で拡大するとともに、 この 災いともいえる状況を表すキーワードのような言葉が、 メディアの中でも必要になってきました。 テレビやネット、新聞で多く使用される「コロナ禍」とは、 誰がいつ言い出し始めたのか、時系列で振り返ってみましょう。 最初に新型コロナによる感染者が発表されたのは1月 中国で謎の肺炎が流行していること、また、中国から帰国した日本人に、 同じような肺炎の症状が見られることが判明しました。 しかし、 まだこの時点では、思いがけない災難や災いを意味する 「コロナ禍」という言葉はメディアで使われていないようです。 次に新型コロナが大きく報道されたのは2月 ダイヤモンド・プリンセス号という豪華客船での感染です。 乗員乗客が船内で2週間待機し検疫などを行いましたが、 同月には 大阪のライブハウスなど、地上での感染者が確認されています。 「コロナ禍」という言葉、実はこの 2月時点から増え始めました。 「日経テレコン」という国内最大級の記事データベースで確認すると、 最初に「コロナ禍」を扱った媒体は 2020年2月1日の毎日新聞となるそうです。 ただし、毎日新聞で使われたのは 「 ついに世界保健機関(WHO)から緊急事態宣言が出た 新型コロナウイルス禍である」 という文言。 つまり「コロナ禍」よりも長い「 新型コロナウイルス禍」という言葉になっていますね。 2月12日には日本人投資家に向けた中国株などを取り扱う 「 亜州IR中国株ニュース」で「コロナ禍」という言葉が登場。 この時点で初めて、現在よく目にする「コロナ禍」という言葉がつくられたようです。 その後、スポーツ紙で「コロナ禍」を使い始めたことから一気に全国へ広がり、 テレビのニュースでも連日見られるようになりました。 日本において、緊急事態宣言が最初に発令されたのが4月7日だったことを考えると、 早い段階で新型コロナウイルスを「 思いがけない災難や災い、不幸を引き起こす原因」 と捉えていたことになります。 新型コロナウイルス禍• コロナ禍 という言葉は、まさに「 世界中が今、危機的状態に陥った」ということを、 国民に知らせるためにつくられた言葉だといえるでしょう。 コロナ禍とは?そもそも読み方は?誰がなぜつくった言葉なのか考察 おわりに 新型コロナの感染拡大で、海外や国内における感染者数が連日報道される昨今。 「 コロナ禍でどう生きるか」などのニュースを見て 「 コロナ禍って何て読むのだろう」と気になっていた人も 多いのではないでしょうか。 2月初めには、 新型コロナによる災いを表す「コロナ禍(か)」が始まったと、 伝えられていました。 いつまでコロナ禍が続くのか、現状はまったく不透明な状況ですが、 なんとかこの災いを終息させ、私たちが「新しい時代」を迎えられるよう 願わずにはいられません。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

コロナ禍の読み方と意味は?コロナ渦とは違うの?

コロナ禍とは 使い方

コロナ禍とは|読み方や意味、使い方・「災」との違い・コロナ禍の影響を受けた業界、働き方の変化を解説• 2020年6月30日• , , , , , , ,• この記事では「コロナ禍」の読み方や意味について解説いたします。 感染者や死者が増加の一途を辿る新型コロナウイルスは、その言葉を見聞きしない日がないくらい連日報じられているのは周知の通りです。 その報道の中で、「コロナ禍」という言葉が使われるようになりました。 しかしこの言葉の読み方や意味がよく分からないという人も少なからず見受けられます。 そこで今回は「コロナ禍」の読み方や意味、使い方や報じられ方などをピックアップしてまとめました。 この記事の内容が、コロナ関連のニュースを見聞きする上での参考になれば幸いです。 ・コロナ禍は学生の就職活動にも大きな悪影響を与えている。 新型コロナウイルスによる売上減などを理由に、内定取り消しや会社説明会の中止などが現実として起こっています。 この例の通り、「コロナ禍」は学生の就職活動に大きな悪影響を与えているといえるでしょう。 「禍」と「災」の違い 「禍」と似た意味を持つ言葉として「災」を思い浮かべる人も多いかもしれません。 どちらも同じ意味だと思われるかもしれませんが、厳密には以下のような違いがあります。 ・「災」は防ぎようのない天災 ・「禍」は人為的な努力によって防ぐことができる事柄 上記を踏まえて考えると、新型コロナウイルスは防ぎようのない天災ではなく、政府や医療などの連携や協力によって防ぐことができるものだと解釈できます。 また早期対策を適切に打ち出すことができていれば、これ程まで拡散するものではなかったという見方もできるかもしれません。 なお「口は災いの元」という言葉があるのように、人為的に防ぐことができるものであっても「災」を使うケースが少なからずあります。 したがって言葉の意味や使い分けに対して過度に神経質になる必要もないでしょう。 「コロナ禍」の影響を受けた業界 「コロナ禍」の影響を受けたのはほとんど全業界といっても過言ではありません。 この項目では、その一例として4業界を取り上げました。 飲食業界 新型コロナウイルスは飛沫感染することが確認されているので、近距離で話したり他の人と飲食物を共有したりする飲食店では客足が遠のいている店舗が多く見られます。 中には前月の売上の半分以下になってしまったり、閉店に追い込まれたりした店舗もあるほどです。 採算度外視で破格のキャンペーンを企画したチェーン店もありますが、以前の水準まで客足を戻すまでには至っていないといえます。 特に所帯持ちのサラリーマンは、自身を経由して家族に感染させてしまうというリスクを恐れてまっすぐ帰路に着くという人が多いかもしれません。 宿泊業界 旅館やホテルといった宿泊業界では、海外観光客が大幅に減ったこともあり売上を落とした店舗が多いといえるでしょう。 特に海外観光客の依存度が高かった店舗では、廃業の憂き目にあったというケースも少なくありません。 またイベントやライブなどの自粛もあり、キャンセルが相次いだというケースも見られました。 イベント業界 人が密集したり近距離で接触したりすることから、中止を余儀なくされたイベントは多いでしょう。 チケットの返金対応やイベントに携わる人々の人件費など、関連する問題は山積みです。 そんな中でオンラインでイベントやライブを公開して収益を上げているアーティストやパフォーマーも現れるなど、業界のマネタイズ手段が多様化する一因にはなっているかもしれません。 小売業界 マスクや消毒用のアルコールなどを買い求め、ドラッグストアには毎日のように早朝から長蛇の列ができました。 スーパーでも生産停止による品薄を危惧してトイレットペーパーや食料を買い占めるというケースが多く見られます。 政府や店舗では注意喚起の情報を積極的に発信していますが、冷静さを取り戻させるには至っていないといえるかもしれません。 「コロナ禍」の影響による働き方の変化 「コロナ禍」をきっかけとして、働き方に変化があった例が少なからずあります。 この項目では、その事例として3つピックアップしました。 時差出勤 満員電車による従業員の新型コロナウイルス感染を防ぐことを意図して、出勤時間を前後にずらす「時差出勤」を導入した企業が多く見られました。 特に大都市圏では電車通勤がメインということもあり、より効果を発揮するとされています。 したがって満員電車の解消に一石を投じるきっかけになったといえるでしょう。 リモートワーク・テレワーク・在宅勤務 似た言葉ではありますが、それぞれ少しずつ意味が異なります。 まず「リモートワーク」は「働き方にかかわらず、オフィス外で働くこと」です。 場所は自宅やカフェなど、オフィス外である以外は特に限定されていません。 続いて「テレワーク」とは「離れたところで働くこと」を意味する造語です。 通勤したり会社で人と接したりすることなく、仕事を進めることができます。 そして「在宅勤務」は「自宅で働くこと」で、「テレワーク」の一つです。 インターネットを使ったオンライン会議やメールなどを使ったやり取りなどで仕事をすることで、家にいながら仕事をすることを指します。 オンライン配信 学習塾や英会話教室のように対面して行なっていた授業を、オンライン上で公開したり授業したりするようにしたケースが散見されます。 そうすることによって生徒は他の生徒や講師と近距離で接することなく授業を受けられるというわけです。 また先述のように、ライブやイベントをオンラインで公開することによって広告収入を得るというアーティストやイベンターも出現しました。 「コロナ禍」が収束しても、オンラインでの活動をメインにするという人もいるかもしれません。 まとめ この記事のおさらい ・「コロナ禍」は「ころなか」と読み、「コロナウイルスによってもたらされる不幸」という意味がある ・「災」は防ぎようのない天災なのに対し、「禍」は人為的な努力によって防ぐことができる事柄であるという違いがある ・「コロナ禍」の影響を受けたのはほとんど全業界 ・「コロナ禍」は働き方を変化させるきっかけになったという一面があり、その例として「時差出勤」や「リモートワーク」、「テレワーク」や「在宅勤務」などが挙げられる.

次の

コロナ禍の読み方と使い方とは?意味などについて調べてみた

コロナ禍とは 使い方

れん 【動画】中国に住むツァオ・ジュンジエさんは、自身の生後2カ月の赤ちゃんを新型コロナウイルスから守ろうと「安全カプセル」をデザインした。 — ロイター ReutersJapan コロナ禍の意味と使い方 「人には聞きづらいけど、なんて読む?」と気になっていた方がいたかもしれない 「コロナ禍(ころな・か)」。 「禍」という漢字は漢和辞典によると以下のような成り立ちと意味があります(以下参考文献:漢語林・デジタル大辞泉・大辞林などより)。 【禍】 ・会意兼形声文字で、示(しめす)偏は 「神にいけにえを捧げる台」を表し、つくりの「咼」は 「肉を削り取り頭部を備えた人の骨と口の象形」を表す。 ・「削られ、ゆがむ」といった意味から、 神がくだす「わざわい」を示す字。 意味は 「災 わざわ い」、「神が与える罰」、「思いがけず受ける不幸や災難」 禍の反対語は福。 「禍福(かふく)はあざなえる縄のごとし」(幸福と不幸は表裏一体で、代わる代わる来るものだ)ということわざもあるな。 早くコロナが消える日が来てくれええい!! また面白い語源として、禍は 「伝説上の生物」というものもあります。 ・禍(か、わざわい)は伝説上の生物、怪獣で災禍を生み出す存在であると言われている。 禍獣、禍母(かも、かぼ)とも。 ・仏教経典「旧雑譬喩経」にある。 何一つ災禍がない豊かな国の王が「禍というものがこの世にはあるらしい、見てみたい」と家臣に命じて探させたところ、市場で「禍母」と呼ばれる巨大な猪のような生物が売られていたので買って来た。 ・禍は1日1升もの針を餌として食べるので、王は国民に日々針を差し出させたが、国民が疲弊してしまい国から逃散。 困惑した家臣たちが禍を殺そうとするが体が鉄のように硬く刀で斬ることも突くことも出来ず、薪をつみあげ火をかけて焼き殺そうとしたら、火だるまの禍が駆けまわって国中を燃やし尽してしまい、国は滅びてしまった。 市場で禍を売っていた商人は天の神の化身であったという。 古くから使われる日本語表現で、「コロナ禍」以外にも様々な例がありますので次にご紹介しましょう。 禍を使った事例集 「なんて読む?意味は?」の答えは「ころな・か」で「コロナによる災難」だと分かった 「コロナ禍」。 似た言い方は他にも多くありますので以下に例示します。 戦禍(せんか) ・ 戦争による被害。 用例「戦禍を被る」「戦禍を生き抜く」 舌禍(ぜっか) 1、 自分の言論が法律・道徳などに反していたり、他人を怒らせたりしたために受ける災い。 用例「芸能人が自身のインスタでの 舌禍事件を謝罪した」 2、他人の中傷や悪口などによって受ける災い 水禍(すいか) ・ 洪水による災害。 また、水におぼれること。 用例「水禍に遭う」 ペスト禍 ・ペストはペスト菌による感染症。 古代から世界的大流行が繰り返され、特に14世紀に起きた大流行では 全世界で1億人が死亡したと推計されている。 ペストによる被害を 「ペスト禍」とも言う。 コレラ禍 ・コレラはコレラ菌による感染症。 突然の高熱、嘔吐、下痢、脱水など激しい症状で致死率が高く、感染力も非常に強力なため古来何度も世界中で コレラ・パンデミックが起きた。 日本でも江戸時代以降一度に 何万人も死亡する大流行が何度も発生している。 この被害を 「コレラ禍」という。 アスベスト禍 ・アスベスト(石綿)はかつて耐熱性に優れた物質として建材などに多く使われたが、肺癌・悪性中皮腫などを起こすことが分かり、その後全廃された。 日本でも05年ごろ、 建設作業員らの健康被害が社会問題になり、国は救済措置のための法律を制定した。 これらアスベストによる被害を「 アスベスト禍」とも言う。 要約すると... 最近よく見る「コロナ禍」という言葉。 読みは「ころな・か」• 「禍」は「災い、思いがけない被害」の意。 猛獣が語源の逸話も• 「戦禍」「舌禍」や「ペスト禍」など過去の感染症でも用例多数 人体に病気を引き起こす微生物などは「病原体」と呼ばれ、そうした細菌、ウイルス、寄生虫などは有史以前から人間世界の災いの大きな部分を占めてきました。 そして最先端の科学技術に囲まれた現在も全く同じです。 ただそれら病原体も、もともとは自然界や動物の体内などで共生し静かに暮らす〝生き物〟だったわけですが、何らかのきっかけで人の体内に入り、変異したり毒素を出すなどして「凶悪な敵」になったとされます。 人類が飽くなき探求と欲望で地球を席巻し開発したことで、環境が変化し、そうした未知の生物が「病原体」になったともいわれます。

次の