木村 拓哉 ブログ 中国。 木村拓哉と福山雅治 なぜ中国SNSで情報発信をするのか(NEWSポストセブン)

木村拓哉が工藤静香の誕生日祝福し密着2ショット写真初公開…Cocomi、Koki,も母親へのメッセージ投稿。画像あり

木村 拓哉 ブログ 中国

木村拓哉 1月8日、初のソロアルバム『Go with the Flow』をリリースした木村拓哉。 オリコン週間ランキングでは初登場1位、週間売り上げ12. 7万枚を記録するなど順調な滑り出しとなったが、中国でも「QQ音楽」などのストリーミングサービス上で同時配信され、話題を呼んでいる。 この日、木村は中国版Twitter「微博」に、中国語で「みんなー! 新曲はもう聞いてくれた!? 拓哉」というコメントと共にMVのメイキング動画を投稿。 さらに、微博の運営公式アカウントでは「One and Only」のMVフル動画が公開され、現在までに200万回の再生回数を記録している。 微博では「木村拓哉新曲MV」が一時トレンド入りするなど、大きな注目を集めた。 中国のファンからは「初めてのソロアルバムを日中同時発売ということは、これから中国にもたくさん来てくれるということかな?」「早速購入したよ!(通販を利用して)30枚買った人もいるみたい」「中国語も上手だし、中国語で毎日微博を更新してくれている。 中国でのソロコンサートもあるかも!」など、木村の本格的な中国進出を歓迎するコメントが多く寄せられている。 一方、木村の次女・Koki,は、すでに本格的な中国進出を果たしている。 さらに、中国で絶大な人気を誇るTFBOYSや、元EXOメンバーのクリスと共演するなど、中国国内での知名度を一気に高めている。 さらに8日には、「Marie Claire」中国版でクリスと共に表紙を飾った。 近い将来、現地でもファンの多い母・工藤静香も加えた親子3人が、中国で共演する日も近いかもしれない!?

次の

木村拓哉、中国【Weibo】公式アカウント開設‼

木村 拓哉 ブログ 中国

木村拓哉さんのアカウントは? すでに、138254人のいいね!がついているアカウント。 >> 挨拶も全て中国語で、 「みなさん、こんにちは。 木村拓哉です。 ウェイボの公式アカウントを開設しました。 ぜひみてくださいね!」 と挨拶されています。 ちょっと低めで、キレッキレの木村拓哉さんがみれます。 さらに23日は、カプチーノの写真と一緒に「早上好(おはよう)」 そして23日昼には、機内の写真とともに「下次見(またね)」 といった投稿をアップしています。 みんなのコメントは? 木村拓哉さんhがweibo開設して1日しか経っていませんが、すでにフォロワーは、29万人を超えています。 今回木村拓哉さんの開設後の1番目のコメントが台湾でもトップアイドルでもある、羅志祥(ショウ・ルオ)さん。 かなりのテンションでコメントを書かれています。 ほかにも 「ようこそWeiboへ!」 「大好き!!!!!たくやーーーーー!!!!!」 「更新楽しみにしています!!!」 とハイテンションなコメントだけでなく、木村拓哉さんの写真も次々にアップ。 どれだけアジアで人気があるのか伝わってきますね。 Weiboを開設しているのは木村拓哉さんだけでなく山下智久さんらも! Weiboを開設している芸能人は? 山下智久さんも11月にWeiboを開設しています。 >> 山下さんは、特技の英語でライブのことや、ちょっとした日々のことを更新しています。 また、赤西仁さん >> GENERATIONSの片寄涼太さん >> などがいらっしゃいます。 日本同様、中国でもかなり人気でフォロワーも多いですね。 Weiboは、中国のfbとも言われているほど、中国の人にとってなくてはならないSNSです。 日本ではアップされない情報でももしかしたら、今後、Weiboでアップされる可能性もあります。 (特に木村拓哉さんは日本でブログなどを書かれていないだけプライベートショットは貴重ですね!) 今後注目したいSNS。 登録も簡単にできるのでもっとみたい方は、登録してみるのもありですね!.

次の

木村拓哉が中国版ツイッターで「ごみ収集の人」に感謝 中国ネットユーザーも共感|ニフティニュース

木村 拓哉 ブログ 中国

新作MR-GのアンバサダーとしてCMに登場。 う~ん、オジサンになったけど格好良い。 MR-Gをラグジュアリーに着けたり、 レザージャケットにフルメタルを着けたりしているCM。 格好良いですね~。 コレは中国の方も欲しくなっちゃう! イベントにはタキシードで登場。 司会の方が何を言ってるのかは、後ろの通訳さんが教えてくれています。 常に時計が見えるように、映るように気を使ってらっしゃる木村さん。 流石です。 MRG-G2000RJ-2A。 日本では展開の無いモデルの様です。 「重力丸」・・・。 国内展開のMRG-G2000R-1AJRの定価は324,000円もする超高級機! GPS・電波ソーラー・Bluetoothのハイテック。 パープルカラーが素敵ですね。 ケースバックには「重力」の文字。 木村さん曰く、軽くてラグジュアリーなシーンでも普段でも着けやすいとのこと。 そしてプレゼントされる木村さん。 ジャーン! 昨年すごい人気だった(今でも普通になかなか店頭では見かけない)GMW-B5000D-1JF(シルバーフルメタル)。 嬉しそう。 時計に限らず、ストーリーがあるアイテムを服でも何でも選ぶようにしているとか。 急な質問だったので、やや言葉にするのは難しかったようですが、商品のデザインや値段ではなく意味のある工程を経て作られたプロダクトが好みなのでしょうか。 この35周年を迎えたシンプルなG-SHOCK が、形は変えずにハイスペックにフルメタルになって手元に戻ってきたことが嬉しかったんですね。 映画「HERO」でも着用されたいたことに触れ、久し振りに会ったら出世していたみたいな表現でした(笑) う~ん、またフルメタルG-SHOCK人気出ちゃうかな? いかがでしょうか? フルメタルG-SHOCKを頂いたので木村さんも使ってくれることでしょう。

次の