キャスコ ufo。 価格.com

キャスコ『UFO』を試打!150yをユーティリティで攻める?

キャスコ ufo

すっきりしているが、球を拾いやすく上がりやすそうな見た目も好印象。 その苦手な距離を、ラクラク打たせてくれるユーティリティがキャスコから登場した。 「球の上がりやすさは、本当に驚くほどですよ。 球が上がらなくて悩むお客様はとても多く、それはフェアウェイウッドだけでなくユーティリティやショートアイアンにまで及びます。 ですが、このUFOが発売されたことで、そんなお客様の悩みをスパッと解消できるようになりました」 そう笑顔で語る渋谷副店長いわく、同店舗では1日1本を超えるペースでUFOが購入されていっているという。 「ライを選ばず、高い弾道の球を簡単に打てるんです。 しかも、慣性モーメントが大きいので当たり負けしにくく、ミスショットが出にくい。 とてもカンタンに上からグリーンを狙っていけるんですよ」 UFO by POWER TORNADO ユーティリティのおすすめポイント 高さが出れば距離も出る。 グリーンを上から狙える。 つかまりやすさと上がりやすさが追求された独創的なヘッドに加えて、シャフトにもキャスコらしい発想が組み込まれている。

次の

キャスコ新製品試打会で“UFOの飛び”実感!

キャスコ ufo

ご利用の前にお読みください• 「」を必ずご確認ください。 掲載している製品・タイトル・画像・説明文などは、オークション出品者が登録した情報を各提携サイトから取得したものです。 comでは内容について万全の保証は致しかねます。 オークションの価格や在庫状況は常に変動しています。 「現在価格」は自動更新されませんので、購入を検討する場合は、最新の情報を必ずご確認下さい。 実際のお取引に関してご不明な点は、オークション出品者または各オークションサイトに直接お問い合わせください。 comではお答えできません。 掲載している情報は、残り時間が少ない順に並び替えたものの中から、各種条件に合わせて上位の情報のみ掲載しています。 comが独自にカスタムして情報を掲載している場合があり、各提携サイトの掲載情報と一致しない場合があります。 ショップの場合は価格の補足として「消費税(切り捨て)」を表示し、個人の場合は表示をしていません。

次の

異形ユーティリティ『UFO』でキャスコ阿部社長の考え方

キャスコ ufo

どのクラブも打ち方は一つと言われますが、ドライバーからウエッジまでそれぞれのクラブの機能を考えると、実は全く違う打ち方が要求されています。 キャスコはそこに注目。 ドライバーとウエッジの間を全てカバーできるユーティリティがあれば、1つの打ち方で楽な上、スコアもまとまるのではないかと考えた。 『UFO by パワートルネード』はそんな発想によって登場したユーティリティだ。 『UFO』は7本のユーティリティでグリーンに止める! 『UFO』は、7本の番手で構成されている。 まずはフェアウェイウッドの領域をカバーする「Fゾーン」。 このゾーンは、#33(ロフト角15度)と#44(ロフト角18度)の2番手をラインアップ。 その下を担うのが、ロングアイアンやユーティリティの領域をカバーする「Uゾーン」で、#55(ロフト角22度)と#66(ロフト角26度)の2番手をラインアップする。 そして最後は、ミドルアイアンやショートアイアンの領域をカバーする「Iゾーン」で、#77(ロフト角30度)、#88(ロフト角34度)、#99(ロフト角38度)の3番手をラインアップしている。 ドライバーとウエッジの間を全て『UFO』で揃えられるため、クラブセッティングで悩むこともなくスイングだけに集中できそうだ。 レッスンで色々な生徒さんに接する機会が多いですが、アベレージゴルファーやシニアゴルファーに多い切実な悩みが、アイアンが打てないということなんです。 原因の一つとして、アイアンのストロングロフト化も影響しており、それがクラブセッティングを難しくしています。 そんな中、まさしく『UFO by パワートルネード』は新しいセッティングの形を提唱していますし、#77、#88、#99はアイアンに取って代るユーティリティになると思います。 『UFO』の秘密! 「ユニバーサルウィング」 ゴルファーが「易しい」と感じる性能は、フェアウェイウッドのように良くつかまり、アイアンのように狙ったところに落とせるということ。 そこでキャスコは試行錯誤の末、ボディ後方に「ユニバーサルウィング」というテクノロジーを搭載した。 ユニバーサルウィングの断面図を見るとステンレスの塊になっており、ウェイトの役割を担っているのが分かります。 ボディはもちろん空洞ですので、ウィングの部分に厚みがしっかり集まることで重心の深さが確保でき球が上がりやすく、大きな重心角の恩恵でつかまりやすい構造になっていることが分かります。 ソクラテス永井も語るように、『UFO by パワートルネード』は重心角29. 0度、重心深度32. 0度を実現( 55の場合)。 一般的なフェアウェイウッドやユーティリティに比べて重心角が大きく、重心深度の深いユーティリティになっている。 また、ウィングのソール側についた角度が空気抵抗を減少させ、スイングの軌道を安定させてくれることによって、こちらも一般的なフェアウェイウッドやユーティリティに比べて大きな慣性モーメント2910g・㎠( 55の場合)を実現。 つかまりの良さも兼ね備えている。 クラブを横から見ると、ユニバーサルウィングとボディの段差によって作られた形状が、まるでUFOのように見えることから、このネーミングが誕生。 空高く真上から登場するUFOのように、高い弾道で上からグリーンを狙える点が特長だ。 150ヤード以内を#77、#88、#99で打ってみる.

次の