お うす の 里 店舗。 おうすの里 二年坂店

おうすの里 二年坂店

お うす の 里 店舗

おうすの里の口コミでは、やはり梅干しをメインに購入している人が多く見られました。 コメントとしては、梅干しの種類が豊富で美味しい、色々な商品があるので見ていて飽きない、高くても買う価値がある、梅干しの味のバランスが良いなどです。 また梅干しは苦手だけどおうすの里の梅干しは食べられるという声も見られました。 中には贈り物として購入したという人や自分へのご褒美として購入したという人もいました。 さらに、梅干し以外の商品では梅酒や漬物などを購入している人が目立ちました。 こちらも美味しいと高評価のコメントが多くマイナスの口コミは見られませんでした。 おうすの里は商品が豊富で試食ができるため、購入者は自分の好みにあった商品を購入していることがコメントからわかりました。 おうすの里で通販を利用する場合、電話かファックスで商品を注文することで購入可能となります。 通販で電話注文をする場合、事前に注文したい商品を調べておく必要があります。 そのため、購入したい商品が決まっている方におすすめの利用方法です。 電話での注文は日祝第2. 4土曜を除いたAM9:00-PM6:00の間です。 同じ時間帯で問い合わせもできるので、商品名などわからない場合はこの時間帯に問い合わせるのが良いでしょう。 もうひとつの通販利用方法がファックスです。 ファックスは注文書に必要事項を書き込んで送る通販の注文方法のため、こちらはカタログについている通販用の注文書が必要です。 事前に店からカタログを送ってもらうか、店舗でカタログを貰っている方向けの注文方法です。 おうすの里は祇園本店以外、京都府内に5店舗構えています。 その中のひとつ、 おうすの里 二年坂店は八坂通りを清水寺方向に向かい、二年坂とと産寧坂の分岐点を左に曲がった所に店舗を構えています。 店頭には大きな甕が置いてあり、そこにおうすの里と書いてあります。 祇園四条駅からは徒歩20分弱、バスなら清水道バス停から徒歩5分ほどです。 おうすの里産寧坂店は二年坂店の近く、清水寺から800mほどの場所に店舗を構えています。 電車利用の場合、祇園四条駅1番口から徒歩15分ほどなので、電車利用の場合は二年坂よりこちらのほうが近くに位置しています。 また八坂通りから清水寺に向かう途中にあるので、途中立ち寄るのにも便利な場所です。 おうすの里嵐山店は京都駅から山陰本線に乗り、嵯峨嵐山駅で下車してください。 駅から渡月橋に向かう途京都駅から嵐山には山陰本線で「嵯峨嵐山駅」まで15分位の時間距離で行けます。 嵐電を使えば嵐山で下車、嵐山オルゴール博物館に向かってまっすぐ歩く途中、右側に嵐山店があります。 嵐山駅から徒歩5分ほどです。 おうすの里松井山手店は京都南部の八幡市に店舗を構えています。 白壁作りの店舗作りが特徴的な店舗です。 松井山手駅から約1. 2kmなので、徒歩15分ほどかかります。 京阪バスを使う場合はきんめい公園前で下車、そこから徒歩3分程度で到着します。 おうすの里城陽店は京都南部の城陽市にある本社工場に併設している店舗です。 城陽店では、ここでしか販売していない「くずれ梅」という商品を購入することが出来ます。 最寄り駅は久津川駅で、車塚古墳を目指して歩き、交差点を超えた右手に店舗を構えています。 駅から徒歩7分ほどです。 おうすの里の店舗はどれも観光地周辺にあるため、観光がてら買い物をするのに非常に便利です。 城陽店と松井山手店は少し遠いため時間に余裕を持って行ったほうが良さそうです。

次の

会社概要|京に咲く梅 おうすの里

お うす の 里 店舗

お店の方に聞けば梅干しの試食ができますよ! とにかく種類が豊富なので、お店に行くとどの梅がいいのか迷います。 そんな時はお店の方に説明を聞いて試食する方が一番です。 私の時は好みに合わせていくつかに絞ってくれたので選びやすかったです。 その名の通りひじきが入っている梅干しでこれがあればご飯が何杯でもいけちゃいます。 お店の方はおかゆにも合うと言っていたので試したくなりますね。 すっぱい梅干しがちょっとという人にもおすすめできる梅干しです。 にんにくが入っていますが驚くことに無臭です。 女性にもおすすめでご飯にもおつまみにも合うあっさりとした味付けでした。 家族や友人へのお土産やプレゼントにもおすすめです。 個人的には一番左の「濃蜜」が酸味と梅の香りのバランスが良くておすすめです。 (左から、濃蜜。 白梅の露。 紅梅の露。 浮梅の泉。 梅えきす黒酢 ¥2,000 税別 …鹿児島福山黒酢と梅エキスが使用されている濃縮タイプの黒酢です。 冷水で飲む際は黒酢1に対して冷水3〜4が目安です。 はちみつも入っているので市販の黒酢よりも飲みやすく感じました。 「おうすの里」購入方法 「おうすの里」での購入方法は…店舗販売と電話かFAXのお問い合わせになります。 店舗は祇園本店以外にも支店がいくつかありますが、地方にお住まいの方は電話かFAXがいいかもしれません。 「京に咲く梅 おうすの里 祇園本店」 住所 〒605-0073 京都府京都市東山区四条通祇園町北側262番地 営業時間 10:00-19:00 定休日 無休 TEL 075-525-6222 祇園本店)075-525-6333 ご注文・お問合せAM9:00-PM6:00 日祝第2. 4土除く FAX 0120-801-802 ご注文・お問合せ.

次の

梅干し専門店「おうすの里」を通販で購入する方法!京都以外にもお店がある?|どこログ

お うす の 里 店舗

天保の時代より紀州みなべの里で代々続く梅農家に生まれ、 梅作りを学んだ創業者が、京の地で数々の味作りをしながら 優美さを追い求めた「おうすの里」の梅干し。 梅本来の持ち味を生かしながら、うす味で後味の良さを表現した その独自の製法は、創業以来、梅を知り尽くした 職人達の確かな手によって、大切に守り続けられております。 現在では梅酒の製造も行うなど、時代に合わせた商品の 研究開発を進めています。 【会社名】 株式会社おうすの里 【設立】 1983年4月 【資本金】 1000万円 【代表者】 代表取締役 栗山 貴行 【従業員数】 110名 【所在住所】 〒610-0101 京都府城陽市平川車塚77-1/城陽本社 【事業内容】 梅干しやおつけもの、梅酒など梅関連商品の製造販売 【事業所】 [本社・工場・研究所] 城陽本社 京都府城陽市平川車塚77番地の1 山道工場 京都府城陽市平川山道38番地の1 車塚研究所 京都府城陽市平川車塚62番地の1 サンフォルテ 城州白製造所 京都府城陽市寺田塚本222番地 [店舗] 祇園本店 京都市東山区四条通祇園町北側262 二年坂店 京都市東山区高台寺南門通下河原東入桝屋町349番地の10 産寧坂店 京都市東山区清水寺門前産寧坂北入清水三丁目342番地の1 嵐山店 京都市右京区嵯峨天龍寺北造路町48番地の1 松井山手店 京都府八幡市欽明台西29番地の1 宇治店 京都府宇治市宇治妙楽44番地の3 城陽店 京都府城陽市平川車塚77番地の1• 1983年4月 会社設立 梅加工食品及び漬物の製造・販売開始• 1987年6月 城陽本社工場新設 城陽店新装オープン• 1991年2月 城陽本社工場を増築• 1992年9月 城陽本社工場2度目の増築• 1999年9月 祇園本店オープン• 2001年3月 山道工場新設• 2001年5月 城陽店改装• 2002年6月 車塚研究所新設• 2006年9月 二年坂店オープン• 2008年5月 松井山手店オープン• 2009年3月 祇園本店改装• 2009年6月 リキュール製造免許交付(仮免許) 山道工場に梅酒製造設備新設 梅酒の製造開始• 2010年3月 嵐山店オープン 酒類販売業免許交付(各店舗・通信販売) 梅酒の販売開始• 2012年3月 リキュール製造免許交付(本免許)• 2016年4月 産寧坂店オープン• 2017年2月 城陽市市街化調整区域(サンフォルテ城陽)にて 城陽の梅「城州白」の製造開始• 2020年3月 宇治店オープン.

次の