ジャニーズ 契約更新。 中居正広がジャニーズと契約更新できず… 9月で解雇決定か

中居正広がジャニーズと契約更新できず… 9月で解雇決定か

ジャニーズ 契約更新

昨年の今ごろと同様、中居正広の契約更改問題がまたも浮上している。 「SMAP解散を受けて、木村拓哉さんが残留する一方、ほかの4人が退社すると思われていました。 でも、実際には中居さんが残留。 稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人は'17年9月にジャニーズ事務所を出ました。 契約更改の3か月前に事務所に通告することになっているので、彼らの退社は昨年6月の時点で明らかに。 今年は中居さん、木村さんが契約更新するかどうかが注目されていました」(スポーツ紙記者) 木村は映画『検察側の罪人』や『マスカレード・ホテル』の公開が控えており、来年10月クールのドラマにも主演が内定していて、残留が濃厚。 しかし、中居は契約更新をしない可能性がゼロではない。 「 昨年は思いとどまりましたが、中居さんは先に出た3人の所属事務所に合流するのではないかと言われてきました。 「4月7日に放送された『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送)では、新しい地図の楽曲『雨上がりのステップ』をフルコーラスで流しました。 円満とはいえない形で事務所をやめた3人の曲を彼が取り上げるのは、この世界の常識的にはありえないですね」(ラジオ局関係者) 事務所を出たタレントについては、名前すら出さないというのがジャニーズの暗黙のルールだという。 中居さんは以前からSMAPの曲をかけたりしていて、グループ活動自体がなかったことにはしていません。 だから、3人に合流するのではという噂が消えないのです」(同・ラジオ局関係者) これよりも、もっと露骨に3人を応援するような行動も目撃されている。

次の

中居正広が思い悩む〝ジュリーズ事務所〟契約更新か脱走か (2019年7月5日)

ジャニーズ 契約更新

・元SMAPの中居正広と木村拓哉が今年9月の契約更新時に、契約を更新せずジャニーズ事務所を退社することが一部の関係者により明らかになった。 その後も中居正広にSMAPの話題を振ったところ、収録後から何かを考えるようなそぶりを見せ、小さい声で「やっぱりそうだよな」と呟いた。 これが何を意味するのかはわからないが流れ的にSMAPの可能性は高い。 しかしその後「SMAPのキムタクはおもしろくて好きやわ」とフォローした。 この発言に木村拓哉は何か吹っ切れたのか、思わずその場で涙を流したらしい。 そして木村拓哉もこの気持ちのまま芸能活動をしても意味がないことは理解していたので、意を決してジャーニーズ事務所との更新はせずに退所することを伝えるらしい ・すぐに香取慎吾、稲垣吾郎、草彅剛との合流はしないものの、当分は個人事務所で活動し時期が来たら合流する可能性が高いとのこと 中居正広はまだしも、木村拓哉は主演映画「マスカレード・ホテル」(19年公開)の撮影があるため、当面の間はジャニーズを退社することはできないだろう。 仮にジャニーズを退社しても3人に合流するのは難しいのではないか。 この話題に対し、ネット上では以下のようなコメントが寄せられている。 「みんな嘘だと思った方がいいよ。 これほどの典型的な印象操作は無い」 「今さら再結成は冷める。 中居正広は、ジャニーさんが亡くなるまでは、事務所辞めないみたいだし」 「な訳ねーだろwwww 投稿主の妄想が凄すぎてむしろ尊敬します」 「ホントに決まるまではまだ安心出来ない。 あのジャニのメリー親子の妨害が無い事をひたすら祈るのみ。 smapは解散しちゃ個人としてもグループとしても輝きが無くなってしまう特殊な団体。 あの雰囲気はどのジャニグループでも出せない物だと思います」 「キムタクは無いな、ジャニーズ出るとしたら離婚とセットだろうし だけど、もし出るなら木村くんは一気に完全に復活するよ。 今のジャニーズにいて何の良い事がある」 「本当に復活があるんだったら まだコンサートに行ったことが無いから行きたい SMAPじゃなくてもいい5人ないし6人がテレビに映っている姿をもう一度見たい」 スポンサードリンク• 関連する記事• 2019. 2017. 2019. 2020. 2019. 2020. 2019. 2020. 2017. 2017. 23 コメント (2件)•

次の

手越祐也さん「ジャニーズ退所」を法的に読み解く…「専属契約の終了」発表

ジャニーズ 契約更新

6月19日にジャニーズ事務所を退所した元「NEWS」の手越祐也さんが、6月23日の午後8時からYouTubeで会見を生配信することが話題だ。 ジャニーズ事務所は公式サイトで「この度、当社は、手越祐也との間で専属契約の終了について話し合い、本日をもって専属契約を合意解除することになりました」と公表していた。 ところで、ネット上では手越さんの「専属契約の終了」「合意解除」という辞め方について、様々な憶測が飛び交っている。 芸能人が所属芸能事務所を辞める時には、合意解除、契約の終了、解雇、円満退社など、様々な表現が使われてきている。 こうした辞め方に法的な違いはあるのだろうか。 芸能人の契約ルールに詳しい河西邦剛弁護士に聞いた。 この専属契約には多くの場合、2〜3年の契約期間があり、借家契約のように自動更新という内容になっているものがほとんどです。 そして所属事務所からの独立は、所属事務所とタレントとの契約を終了させるという意味では法律的には同じです。 しかし、所属事務所の辞め方やタレントのその後の活動(独立・移籍)との関係で違いが生じることになります。 ーーそれぞれについて詳しく教えてください まず「解雇」というのは、タレントが犯罪行為や不祥事があったなどに、タレントの契約違反を理由に一方的に契約を終了させる場合に用いられます。 これは会社員の場合とあまり変わりません。 会社員だと懲戒解雇の場合には退職金がでませんが、そもそも芸能人の場合に退職金というのはほとんど聞いたことがありません。 次に、「合意解除」というのは、法律的には、契約期間中であるものの、互いの納得で契約を終了させた場合をいいます。 ただ、合意解除するにあたり条件が付くことがあります。 例えば、契約期間中の秘密保持義務から始まり、中には一定期間の芸能活動休止、芸名の継続使用禁止等々の制限がかされることがあります。 ここは近年、公正取引委員会も注視しているところで、あまりに一方的内容だと独占禁止法上の問題が生じこの制限自体が無効になる可能性もあります。 「契約終了」という場合は、単純に契約期間が満了した場合に用いられることが多い傾向があります。 タレントの結婚、進学などを始め、芸能界から引退する場合に用いられる傾向があります。 「円満退社」とは、とりわけ芸能事務所が辞めたタレントを後押しするという意味が含まれています。 それまでタレントを売出した芸能事務所がタレントの移籍や独立を積極的に応援する場合に用いられることが多い傾向です。 円満退社の場合には、テレビ出演を始め辞める前の仕事もそのまま引き続けるケースもあります。 もちろん円満退社にあたり一定の条件がつくこともありますが、移籍や独立を前提にしている以上あまり強い制約でないことが多いです。 いずれにしても、使われ方はケースバイケースです。 厳密な法的用語ではなく、業界用語という側面が強いですね。 【取材協力弁護士】 河西 邦剛(かさい・くにたか)弁護士 「レイ法律事務所」、芸能・エンターテイメント分野の統括パートナー。 多数の芸能トラブル案件を扱うとともに著作権、商標権等の知的財産分野に詳しい。 日本エンターテイナーライツ協会(ERA)共同代表理事。 アイドルグループ『Revival:I(リバイバルアイ)』のプロデューサー。

次の