サポカー 補助 金。 自動ブレーキ義務化で補助金が給付される?対象者や交付額について解説!|中古車なら【グーネット】

サポカー補助金の対象となる車種・グレード等について (METI/経済産業省)

サポカー 補助 金

高齢ドライバーの交通死亡事故 高齢化が進む中で、社会問題として度々メディアで取り上げられる高齢ドライバーによる交通死亡事故。 年々減少傾向にある交通死亡事故件数ですが、その中で75歳以上の高齢ドライバーによる事故件数は毎年400件以上にも上り、件数全体に占める割合は2019年で14. 高齢ドライバーの事故要因では、 ブレーキやアクセルの踏み間違えやハンドル操作のミスが最も多いといいます。 そこでいま高齢ドライバーを含む全てのドライバーの交通死亡事故対策の一環として、自動ブレーキなど先進の安全運転支援システムを搭載した「サポカー」の普及啓発が政府や自動車メーカーによって進められています。 では、そのサポカーとは一体どんな技術なのでしょうか? サポカーとサポカーS 衝突被害軽減ブレーキを搭載した車を「 サポカー」、 衝突被害軽減ブレーキに加えてペダル踏み間違い時加速抑制装置を搭載した車を「 サポカーS」と言います。 またサポカーSは衝突被害軽減ブレーキの機能に応じて3つの区分があります。 サポカーの区分 サポカーS ワイド 衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)、ペダル踏み間違い急発進抑制装置、車線逸脱警報、先進ライト ベーシック+ 衝突被害軽減ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い急発進抑制装置 ベーシック 低速衝突被害軽減ブレーキ(対車両)、ペダル踏み間違い急発進抑制装置 サポカー 衝突被害軽減ブレーキ 【 衝突被害軽減ブレーキ】 車載のカメラやレーダーで前方の車両や歩行者を検知し、衝突の可能性がある場合にはまず警報を鳴らしてドライバーに知らて回避を促します。 その上でさらに衝突の可能性が高い場合には自動ブレーキを作動します。 【 ペダル踏み間違い時加速抑制装置 】 サポカーSに搭載されているペダル踏み間違い時加速抑制装置は、停車中や低速走行時に車載のカメラやレーダーが進行方向の壁や車両を検知した状態で、ブレーキと間違ってアクセルを踏み込んだ場合、エンジンの出力を制御して急な加速や衝突を防ぎます。 【 車線逸脱警報装置】 車載のカメラで道路上の車線を検知し、車線からはみ出しそうになった場合やはみ出した場合、警報を鳴らしてドライバーに知らせます。 【 先進ライト】 前方の先行車や対向車等を検知し、自動でハイビームとロービームを切り替えたり、減光等を行います。 サポカー補助金 令和2年3月9日から高齢ドライバーのサポカー購入を支援する「 サポカー補助金」の申請受付が開始しました。 65歳以上の方がサポカー補助金の対象車を購入する際、最大10万円の補助金が国から交付されます。 (令和2年3月末時点で満65歳の方が対象) 新車はもちろん、中古車もサポカー補助金の対象です。 また対象となる新車・中古車の購入以外に、 すでに所有している車に「 ペダル踏み間違い急発進抑制装置」を後付けする場合もサポカー補助金の対象となります。 補助金額は障害物検知機能付きなら4万円、障害物検知機能が無い場合は2万円です。 またサポカー補助金の申請手続きにつきましては「」をご覧ください。 サポカー補助金は申請総額が予算額を超過次第、募集終了となります。 65歳以上のドライバーの方、ぜひお得なこの機会にサポカーへの乗り換えてみてはいかがでしょうか。

次の

トヨタ サポカー補助金

サポカー 補助 金

各自治体でも補助金を設定している場合がございます。 情報詳細は各自治体へご確認ください。 各自治体でも補助金を設定している場合がございます。 情報詳細は各自治体へご確認ください。 中古車について、対象車種に該当しても「衝突被害軽減ブレーキ」「ペダル踏み間違い急発進等抑制装置」の機能を備えていない車両は補助の対象外となります。 新車 2019年12月23日以降に 新車新規登録(届出)された 普通自動車(軽自動車) 上記以降に補助対象に追加された車種については、追加された日以降から対象になります。 中古車 2020年3月9日以降に 中古車として登録(届出)された 普通自動車(軽自動車) 申請総額が予算額を超過次第、募集が 終了となります。 あらかじめご了承ください。 ・申請書 [交付申請書の様式は (一社)次世代自動車進行センターにて公表されています]• ・申請者本人の運転免許証の写し• ・自動車検査証の写し• ・車両を購入したことが分かる書類 (領収書の写しなど)• ・補助金振込先金融機関の通帳の写し• ・その他 (一社)次世代自動車進行センターが定めるもの• 補助金の対象は、審査委員会の審査を経た車両で、補助金の対象車として公表された日以降、新車新規登録または新規検査届出された自動車が対象となります。 補助金の交付を受けた新車については、新車新規登録日または新車新規検査届出日より1年以上の間、原則として同一の者による使用(車検証上の使用者名義を変更しないこと)が必要となります。 自家用自動車については、補助金の交付は、1人につき1台限りで、法人名義での購入は対象外となります。 事業用自動車については、法人名義の場合、65歳以上の運転者の人数までが上限となります。 申請総額が予算額を超過し次第、終了となります。 車両登録・届出後、一定期間内に審査機関に申請が受理される必要があります。 交付決定後申請者に直接交付されます。

次の

【保存版】サポカー補助金制度スタート!【対象車種と申請方法解説】|Driving Pleasure向上委員会

サポカー 補助 金

令和2年1月30日に成立した令和元年度補正予算に、65歳以上の高齢運転者による衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置が搭載された安全運転サポート車の購入等を補助する「サポカー補助金」が盛り込まれました。 これを受けて、サポカー補助金の対象となる中古車の車種等について、「サポカー補助金に関する審査委員会」における審査の結果、本日取りまとめられましたので公表します。 1.サポカー補助金の対象となる中古車の車種 サポカー補助金の対象となる中古車の車種等について、「サポカー補助金に関する審査委員会」における審査の結果、本日取りまとめられましたので、別添(3.添付資料参照)のとおり公表します。 なお、対象車種等に該当しても「衝突被害軽減ブレーキ」「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」の機能を備えていない車両や当該機能を備えていても適切に作動する状態にない車両は補助の対象外となりますので、購入に際して販売店等に御確認ください。 本日付けで対象として決定した車種等については、3月9日(サポカー補助金申請受付開始日)以降に中古車として登録(登録車)又は自動車検査証交付(軽自動車)された自動車がサポカー補助金の交付対象となります。 補助金の交付を受けた中古車については、中古車として登録(登録車)又は自動車検査証交付(軽自動車)された日より1年以上の間、原則として同一の者による使用(自動車検査証上の使用者名義を変更しないこと)が求められます。 違反すると補助金を返納いただくことになります。 事故等により全損扱いとなり、保険会社が代位取得した際に、当該車両が中古車として転売された場合には返納の必要が生じますのでご注意ください。 また、補助の交付は、1人につき1台限りとなります。 また、1事業者につき65歳以上の高齢運転者の人数を超える数の車両または後付け装置の補助の交付は受けられません。 申請書• 申請者本人の運転免許証の写し• 自動車検査証の写し• 車両を購入したことが分かる書類(領収書の写し等)• 4.その他 後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置導入補助事業における「後付け装置取扱事業者」については、補助事業執行団体であるにおいて公表しています。 関連リンク• (事業用自動車について) 国土交通省自動車局技術政策課長 野津 担当者:玉屋、伊堂寺、八田 電話:03-5253-8111(内線 42254) 03-5253-1639(FAX)• (交付申請書の様式等について) (一社)次世代自動車振興センター サポカー普及促進部 電話:03-3527-9618 03-3527-9669(FAX)•

次の