20 世紀 少年 わかり やすく。 『20世紀少年』浦沢直樹が風呂敷をたたまないといけないって誰が決めたの?|ratchinco|note

「20世紀少年」のカツマタくんについての考察。 : サブカル・ミーハー

20 世紀 少年 わかり やすく

ビッグコミック・オリジナル月1連載のPLUTOを読みました。 原作の「鉄腕アトム 地上最大のロボット」は、もちろん読んでいます。 1975年のサンコミックスの初版本を持っています(しかし娘二人も、本棚にある漫画本を手当たり次第に普通に読んでいたので、かなり汚れてますが)。 もしかしたら、月刊少年の連載時もリアルタイムで読んでいたかもしれません。 以下は、例の考察。 連載分についてもネタバレしていますので、お気をつけて。 「覆面=新ともだち」はグッチィではないかと結論を述べたところ、アクセスが減りました(笑)。 まあ、無理もないかと思います。 ナショナルキッドをかぶったもう一人の少年が誰なのかが、重要な鍵になるであろうことは、異論がないと思います。 その少年が覆面である可能性が一番高いと思いますが、違ったとしても無意味なはずはありません。 キッド2は今まで名前が挙がっている同級生の誰かか、あるいはカツマタくんでしょう。 全くの新キャラだったら、浦沢氏のマンガは全部捨てます。 もう二度と読みません(笑)。 カツマタくんでなければ、誰でしょう? 髪型体型から推し量るに、ケンヂ一派を除くとグッチィしか残りません。 彼の子ども時代は、 10巻の161Pに1コマだけ出てきます。 キリコが見たキッド2であってもおかしくない容姿をしています(ついでに解散式にはサッカー選手が履くようなハイソックスの少年がいます)。 学級委員でスポーツマンで、一見優等生の少年が、実は陰湿で粘着質、自己顕示欲が強くていじめっ子だった、なんて、いかにもありそうじゃないですか(金八にもあったぞ)。 もちろんそれだけじゃなくて、たぶん、ケンヂとはいまだに決着のついてないもめ事を起こしていたに違いないですが。 ケンヂ一派の誰かが裏切っているとしたら、ルール違反もいいところですが、とりあえずマルオ、ドンキー、モンちゃんは容姿から除外できるでしょう。 ユキジは論外(笑)。 ケンヂだったら話になりませんし、オッチョもまずあり得ない。 ヨシツネはキッド2にしては小柄すぎる。 ケロヨン、コンチ、キンちゃんも違うよなぁ。 サダキヨが、5年1学期の遠足の写真を3枚小泉に見せます( 10巻152P)。 マンガを見せてもらったり万博のことを教えてもらったりしています。 秘密基地の解散式にも出ています。 実は私にも、小学生の時、少年マンガを全誌買ってもらっている、噂だと歯科医の一人息子のクラスメートがいました。 友達数人で、彼の家に遊びに行ってマンガを読ませてもらった記憶が鮮明にあるのです。 名前も顔も家の中の様子も、いまだに覚えています。 お母さんが挨拶に出ていらしたので、かしこまってましたけどね。 こういうことは忘れないものじゃないかなぁ。 キリコ曰く、フクベエと頻繁に連絡を取っていた、ため口の人物がいます。 彼が新ともだちであろうことは、想像に難くありませんね。 そして、やはり彼がキッド2なのだろうと。 で、カツマタくんです。 思わせぶりに何回も名前が出てきます。 途中までは、「トイレの花子さん」的な都市伝説だと思っていましたが、次第にフクベエたちが故意に流した噂説に傾くようになりました。 これが一番もっともらしいとは思いませんか? なぜかネットでは支持されてませんけど……(何でだろう? 正体不明のカツマタくんが存在していないと、他に覆面に成り得る人がいないからですかね)。 推理小説(好きなのでほぼ1000冊ぐらい読破してます)を読み慣れてるとすぐに思いつくんですけど。 11巻220P 大福製薬研究所の所長戸倉が、ヤマネから聞いた言葉を伝えています。 「小学校の時、仲の良かったコが死んだんだって……」云々のくだりです。 浦沢氏は慎重に固有名詞を使っていませんが、当然この仲の良かったコはカツマタくんのことですよね。 このくだりで、カツマタくんの幽霊はフクベエたちによる捏造という確信が強まりました。 え、本当は反対だろうって? いえいえ、それが罠なんですよ。 戸倉とヤマネは、腐ってたって科学者同士です。 ですから、この場合の「幽霊」は、いわゆるお化けの類ではないことはおわかりでしょう。 常識的に言えば、楽しく遊んだカツマタくんの面影ですね。 もし本当に幽霊が出たとしても、科学者である戸倉には言わないでしょう。 信用失墜もんですよ。 念のために、この幽霊が、本当の幽霊だったとしても、ヤマネにとっては懐かしい存在だったわけです。 でもこのマンガは、カンナと神様の超能力以外は、超常現象を否定的に描いていますけどね。 「幽霊」が比喩的表現だとして、カツマタくんは実在し、6年のフナの解剖授業の前日に死んだ、ヤマネは彼の思い出を大切にし、毎晩理科室で彼を思い浮かべて実験をしていた。 一方、何組かわからないけれどフナの解剖授業の前日に、死因もわからず死に、葬式があったかも定かでないカツマタくんの幽霊が毎晩理科室に出る、という噂が立つ。 これは相容れません。 両立しないんですよ。 ヤマネが、自ら言わない限り。 でもヤマネが誰かに言いふらすことは考えられません。 仮に言いふらしたとしたら、噂はもう少し具体性を帯びるはず。 もうちょっとかみ砕いてみますか。 ヤマネ側と第3者の両方にカツマタ幽霊が存在するには、例えばこういうことですよね。 理科室から「カツマタくん、実験をしようよ」というヤマネの声がする。 それを聴いた第3者は、「カツマタくんって、こないだ死んだコだよな? (例えば)交通事故だっけ?」という認識がない限り、それを幽霊とは断定できないんですよ。 徹底的にやりますか。 残った可能性を挙げてみます。 理科室にどうやらカツマタくんの幽霊が出るらしい。 ヤマネは仲が良かったので行ってみた。 そうしたら本当にカツマタくんの幽霊が出た。 うれしかったので一緒に実験をして遊んだ。 ……細菌学者ではなくて、心霊研究家になっちゃいそうなエピソードです。 では真相はどういうものだったのでしょう。 例えば、こういうやりとりがあったとします。 「驚いたよ、あんな噂信じるなんて。 それも次第に尾ひれがついて、学校中が大騒ぎだよ」 「だろ? あいつら、単純なんだ。 僕らが流した噂にすぐ飛びつくんだ、馬鹿なんだよ」 「これで邪魔が入ることなく、理科室で実験できるね。 みんな怖がって理科室に近づかないもん」 「そうだね。 ね、カツマタくんも僕らの仲間にしてあげようよ」 「え? カツマタくんって……いない……」 「だって、カツマタくんも夜な夜な理科室で実験してるんだよ? 理科が大好きなんだ、僕らの仲間じゃないか」 「そうだね、そうだ。 カツマタくんも僕らの仲間だ。 ふふふふ……」 ちなみに「これがほんとの幽霊部員ってやつだ」と冗談を言ったかもしれません(笑)。 ヤマネは専門馬鹿のきらいがあって、人を操る術には長けてそうもありません。 ちょっと噂を流しただけで、学校中が大騒ぎになる様がとても印象に残ったのでしょう。 ヤマネが戸倉に話したことで、カツマタくんは架空の人物である可能性が高まったわけです。 いかがでしょうか。

次の

『20世紀少年』ネタバレ注意!先程、映画『20世紀少年』見て...

20 世紀 少年 わかり やすく

自分の考えですが・・・・・・。 フクベエだと思っていたし、実際、佐々木蔵之介さんだったからアタリかと思っていたんですが、ケンジ 唐沢寿明 がフクベエのフリをするのは辞めろって言ったので違うんですよね?じゃあ、本当はだれ? フクベエのフリをしていた、『勝俣君』という子です。 それで、理科室で首を吊っていた子は? 勝俣君です。 手品の要領で、『吊っているように見せていた』のです。 実際に首を吊っていたわけではありません。 万博にいけなかった子は? 勝俣君と『サダキヨ』です。 サダキヨが「いけなくなったのー!?」と問うシーンが、2夜にありましたが、誰に言っていたのか、というと『勝俣君』です。 万引きをして死んだことにされた子は? 勝俣君です。 ただし、いじめで『死んだことにされていた』のが、不慮の死を遂げた『本物のフクベエ』が『勝俣君』と間違えられたのです。 その結果、ともだちになるまで一生『勝俣君はフクベエと認識されていた』のです。 同級生の認識では、『不慮の死を遂げたのは勝俣君』。 しかし、実際はフクベエが不慮の死を遂げていたのですが、いじめられていてかつ、『影の薄かった勝俣君』が、なぜか死んだことになっていたのです。 サダキヨにお面を借りた子は? これはわかりませんが、恐らくこの子も『勝俣君』でしょう。 本当のトモダチは何を終わらせたく無いの? 勝俣君は血の大晦日の前の同窓会で『フクベエ』でした。 勝俣君的には、きちんと『勝俣君』と思ってほしかったと思っていたのですが、誰も勝俣君ではなく、『フクベエ』と呼び、『実験台隙勝俣君は小学時代になくなった』という話から絶望し、おそらくあの『ともだち』となったのでしょう。 勝俣君が終わらせたくなかったのは、『ケンヂとの友情』、もしくは『ケンヂとの夢の道中』だと思います。 勝俣君をいじめていたのは、『フクベエ』。 そのフクベエが不慮の死を遂げた。 結果、影が薄かった勝俣君は『天国の服部くん(フクベエの苗字)へ』という寄せ書きを書いたのにもかかわらず、同級生からなくなったと思われた。 おそらく、1夜の『はっとりくんお面』は、フクベエの苗字『服部』の複線だったのでしょう。 中三脳なので、自分でも良くわかりませんが、親との会話で、こういった結論に至りました! 参考になれば幸いです。 いじめられていたのには理由があります!! 子供のころ、あたりが出たのでバッヂを取り替えようとした勝俣君は駄菓子屋に行きました。 しかし、駄菓子屋のおばちゃんが不在だったので、あたりの紙を置いてバッヂをとっていきました。 それをみていたケンヂが、『みていないから』という理由でバッヂを不正にとってしまいます。 それを、戻ってきた駄菓子屋のおばちゃんが発覚してしまい、勝俣君に濡れ衣が。 それをしった『本当のフクベエ』とその友達が『泥棒扱い』し、『あなたは死刑で死にました』といいました。 それから、泥棒して死刑されて死んだ『勝俣君』としていじめられるように。

次の

作中で明かされなかった謎や伏線についての考察@20世紀少年&21世紀少年に対する持論・推論【其の4】

20 世紀 少年 わかり やすく

はじめに断っておくと、俺の漫画の評価基準は、 「総合点」ではなくて「最大瞬間風速」だ。 だから、後半がどんなにグダグダになろうと、終わり方が駄作だろうと、 前半が一生忘れられないくらい凄まじく面白かったら、 その漫画は永遠に上位に君臨し続けるんだ。 あらすじ 1997年、幼い頃はみんなのリーダーとして羨望の眼差しを集め、青年時代は大ヒットを夢見てバンド活動に明け暮れていた遠藤ケンヂは、今は夢破れ、失踪した姉の残した赤ん坊を背中に背負いながら、実家のコンビニの店長として働き、客に頭を下げる日々が続いていた。 そんなある日、小学校時代の親友の一人、"ドンキー"が亡くなったという報せを受ける。 ドンキーの葬式に赴き、幼い日々の自分たちに思いを馳せるケンヂ。 時を同じくして、ケンヂのお得意先である「敷島教授」の一家が謎の失踪を遂げる。 空き瓶の回収のため敷島家を訪れたケンヂは、そこで幼い日に見覚えのある『あるマーク』を目にするのであった———。 俺もわからなかった。 普通、面白い漫画やヒット作っていうのは、第1話の時点ですでに面白いもんだ。 少なくとも、1巻読み終わる頃には、「あぁ、こういう話か」ってわかる。 ところが、この「」は、 1巻読み終わってもどんな話なのかさっぱりわからない。 ただまぁ、「YAWARA」や「MONSTER」で大ヒットを飛ばしたの作品だし、 なんか懐かしい雰囲気がどこか病みつきになるから、 もう1巻だけ読み進めるか。 と思って、2巻も読んでみる。 2巻ももう終わるなーという、その終盤にさしかかった頃——— 「———————————ウッソだろ、おい!?」 正直、このページで「ロンドン」というワードが出てきたときの、 この漫画がどういう話かはじめて解かった時の衝撃は未だに忘れられない。 この最初の「ロンドンの衝撃」 をはじめとして、 この漫画は張り巡らされた伏線と衝撃的な展開のオンパレードだ。 「伏線漫画」といえば「」と言っても過言ではないくらい、 背筋がゾクッとする瞬間があらゆるところにふんだんに仕込まれている。 ・幼少期に登場したあいつ、中盤に失踪したあいつが、ここで出てくるかよ!? ・あのとき伏せられてた謎が、こんな形で明らかになるのかよ!? ・うわ、あんときのアレって、そういうことだったのかよ!?!? この漫画を読んでいたら、こういった叫び声が止まらない。 実際、初見で読んだとき、俺は何回も声に出して「うっっっわ!!!」って言ってた。 今回のレビューは3つの魅力じゃなく、たった1つに集約しようかと正直思った。 の魅力はこのたった一つと言っても間違いじゃないと思う。 その代わり、そのたった1点において、ありえないほどズバ抜けている。 「張り巡らされた伏線」と、それによる 「背筋がゾクッとする衝撃的な展開」 これらを求める人には、もう何も言わずに黙って読ませたい衝撃作だ。 この漫画は、1997年の現代と、 彼らの小学生時代である1970年の回想を行き来する形で物語が進んでいく。 未来への夢ばかりがあふれていたあの頃、 あの頃夢見ていた大人たちに、俺たちはなれなかった。 今、俺は一体、何をやっているんだろう———。 主人公の抱くこの想いに、読者は読んでてめちゃくちゃ胸を締め付けられる。 主人公と同世代の人は、 「この気持ちは俺たちの世代じゃないとわかんないだろう。 他の世代の人はこの漫画を読んでて楽しいのか」 と思うかもしれないが、 年生まれの高校生が、2001年に読んでも、痛いほど胸が締め付けられた。 この幼少期の無邪気な自分に対する罪悪感と切なさは、 生まれがいつで、今何歳かは、きっと関係ないんだろうな。 この漫画は、ゾンビや幽霊が出てくるわけじゃない。 急に殺人鬼が物陰から出てきたり、見開きで怪物が襲ってくるわけじゃない。 なのに、怖い。 どことなく流れる得体の知れない不気味さが、めっちゃ怖い。 この漫画のラスボスは「ともだち」っていうの教祖なんだけど、 この「ともだち」がめっちゃ怖い。 そもそも「ともだち」って何!?意味わかんない。 顔もわからない、名前もわからない、誰かもわからない、 何を考えているのかもわからない、何をしようとしているのかもわからない。 彼の取り巻きの異様な一体感や狂信も不気味だし、 信者たちの異様な行動もめっちゃ不気味。 こういった「わからないものの怖さ」を描かせたら、 は本当に一級品だ。 このクソ暑い中ちょっとでも涼しくなりたかったら、 ぜひこの漫画を読むことをお勧めするよ。 できれば暗い夜に、部屋で1人で、12巻まで、ね? まとめ まとめると、 誰もが持つ子供時代の懐かしさと切なさ、 そして得体の知れないものの持つ怖さを不気味さをスパイスにして、 張り巡らされた伏線と 衝撃的な展開、その面白さを極限まで突き詰めた漫画。 ってところか。 結びに この漫画、12巻~13巻くらいまでの面白さは間違いなく保証する。 但し、その後、その謎を解明してしまうか、 謎は謎のままにしておくか、 その判断は貴方に委ねます。 そして、その結果には、当方は一切責任を負いませんよ? あしからず。 ~バティ漫画ランキング(少年時代編)第5位『』~.

次の