足の指 痛み。 足の親指が痛い時は糖尿病なの?指先やあいだも痛みがある?

「足の指が痛い!」『原因』と『場所』から分類します

足の指 痛み

この部分を上下に指でつまむと激痛がある 【症状】示指(2指)付け根の痛み はじめは軽度のチクチクした痛みですが、何も処置せずに放っておくと、歩くたびに我慢できないほどのズキズキした痛みになってしまいます。 やがて2指の付け根の部分が腫れあがり熱を持ち、歩くほどに激痛になります。 そのような状態ではすでに疲労骨折を起こしていて、その部分の骨が太くなっていたり、中には2指が上部に浮き上がったように脱臼していることもあります。 初期の場合でも、2指の付け根を強くつまみ上げるとかなりの激痛があり、骨が太くなっているのが分かります。 はじめに痛みを感じて、病院でX線診断を受けても初期・中期の段階では画像に写らないことも多く、異常とは診断されないため、最終的に激しい痛みを発症するまで放置されてしまうのが特徴です。 【原因】示指(2指)付け根の痛み 2指の付け根部分を強く地面に打ち付けて歩行していることが原因です。 外反母趾・浮き指・扁平足など足裏のバランスが崩れていると、足指が踏ん張れないために指先が浮いたまま縮こまるので、繰り返し衝撃を受けた結果、指の付け根の軟骨が変形したり、疲労骨折で周囲の神経を刺激してしまうのです。 主に立ち仕事や外回りの仕事をする人に多く、他にも普段はあまり歩かない人が、急に固い靴で長時間歩きまわると起こることも多くあります。 また、この症状を発症する人の中には『ヘバーデン結節』や『リウマチ』を伴っていることもあるので注意が必要です。 ヘバーデン結節とは、手や足の指の第1関節が太くなったり、曲がったりする症状です。 これは特に60歳以上の女性に多く見られ、10人に1人の割合で見られますが、中には40代から兆候が見られる場合もあります。 通常は手にのみ起こるといわれていますが、実際は足・ひざ・腰・首にも起こります。 ヘバーデンはリウマチとは異なりますが、進行性なので足に出た場合は体重が乗り、進行が加速する場合が多いようです。 2指の変形は『ヘバーデン結節』の有無に関わらず、初期段階ではX線診断ではわからないため、直接2指を強くつまみ上げて痛みの有無を確認する必要があります。 X線で2指の部分が異常と診断された場合は、すでに後期段階になっていて、変形や疲労骨折が進行していることが考えられます。 【改善策】示指(2指)付け根の痛み 施術で治す場合 「」を4~6ヶ月すると変形や疲労骨折が修復されます。 人間には固定をすると「過剰仮骨の吸収と付加骨の添加」という自然治癒力のエネルギーが発揮され、根本的に治癒してきます。 自分で治す場合.

次の

足の指が腫れる原因一覧!症状別に9つのポイントをチェックしよう

足の指 痛み

足裏の薬指・中指のつけ根の痛み ~ モートン病(モートン神経腫)~ 靴選びとインソール(中敷き) 今回は足裏の薬指と中指のつけ根に感じるビリっと痛みの代表的な症状「モートン病(または末梢神経炎)」について、モートン病の靴選び、インソール(中敷き)についてまとめました。 足の裏の指のつけ根が痛くなったり、体重をかけたときに足の指に電気が走ったように「ビリっ」と痛みが出たり、足の薬指と中指が痺れて麻痺したような感覚になったりします。 足の指の神経が骨や地面によって圧迫をうけたトラブルなので、人によって表現が様々です。 「足の中指と薬指が痺れている、感覚がない」 「ヒールを履くと足の指つけ根が痛くなる」 「歩くたびに足の指や付け根がビリっとする」 「体重を足にかけたときにビリッと電気が走るような痛みがある」 「足の指がモヤモヤする、ジンジンする」 「足の指の付け根がズキっとする」 「足の裏全体が痛い」 などなど… 足の裏の神経は手などに比べて鈍感なため、実際にどこが痛いのかよくわからない、という人もいます。 もちろん上のすべてモートン病というわけではありませんが、 ・足全体が痛いわけではなく特定の足指、特に第3、4趾(中指・薬指)の付け根に痛みがある。 押すと少し痛い。 ・足裏に角質や魚の目がないのに足指の付け根が痛い ・足の親指から小指まで、手の平でギュッと掴んでみると痛みがでる という場合は、モートン病あるいはその手前の段階の神経の炎症を起こしている可能性があると言われています。 正確には神経が腫れて神経腫となるとモートン病と呼ばれるのですが、ほとんどの人がそこまでではなく炎症を起こしている段階といえます。 特に足の指の中指・薬指の間の神経は2つの神経が交差して太いので刺激を受けやすく、しびれたり痛みが出る可能性が一番高い場所になります。 自分ではどこの足ゆびの痛みかわからないことも多いのですが、足の指のつけ根を押していくと痛みの箇所を特定することができます。 ちなみにモートン病の靴選びは 1.ヒール系の靴は避ける(痛い場所に過重がかかりすぎる) 2.幅の狭いものは避ける 3. という点に気を付けると良いと思います。 このモートン病用というのが重要で、モートン病の場合、通常の横アーチ(中足骨)のアーチサポートがついているインソールでは痛みがとれないことが多いです。 当店に来られるお客様で、市販のインソールや、オーダーインソール(中敷き)を作っても痛みがとれなかったという方のほとんどが、この通常のアーチサポートのインソールだったというケースです。 当店ではモートン病の調整を数パターン用意していますが、痛みの度合いや場所、靴の種類によって使い分けています。 また、どうしたも仕事上ヒール系の靴を履かざるを得ないという場合、ヒール系の靴はインソールを入れるときつくなることが多いので、直接靴の中底に調整を加えて痛みを出にくくする加工もできます。 足先に体重をかけすぎる歩き方、ヒールを履く、などは横アーチが落ちる原因になりやすいので注意が必要です。 普段から足指を動かせる位置で立てているかチェックしてください。 また、タオル掴みなどの足裏のトレーニングも横アーチの形成の一助となるので、ぜひ試してみてください。 その人の痛みの出方や、履きたい靴によって何に気を付けたら良いか、また調整の仕方が変わります。 実際に足を見させてもらうことで具体的なアドバイスができると思いますので、詳しくは店舗までご相談ください。 医師の診断を優先してください。

次の

足の指が痛い!痛む部位や症状別に足の指が痛む原因疾患について解説!

足の指 痛み

糖尿病により血糖値の高い状態が続くと、全身の血管はダメージを受け、静かに合併症が進行していきます。 その合併症のなかでもっともよく起こるのが、「痛み」をはじめとした感覚異常を引き起こす神経障害です *1。 糖尿病患者さんの全員がこういった合併症を発症するわけではありませんが、血糖コントロールが不良で高血糖が続いていたり、糖尿病を発症して何年も経っている場合、また、糖尿病のほかに高血圧や脂質異常といった生活習慣病がある場合や、喫煙や飲酒によっても、神経障害などの合併症を起こすリスクは高くなります *2。 反対に、血糖コントロールをうまく行うことができれば、神経障害の発症や進行を抑えられることもわかっています *2。 *1 厚生労働省:平成14年度糖尿病実態調査報告 *2 日本糖尿病学会編:科学的根拠に基づく糖尿病診療ガイドライン2010, pp. 103-114 糖尿病性神経障害に伴う疼痛は、足の先や足の裏の「痛み」や「しびれ」などの不快感からはじまります *1。 手の指の症状は、初期には無症状のことが多く、進行すると感覚異常があらわれます *1。 これらの痛みや感覚異常は、特に足に強く感じられることが多く、日常生活に支障を来すほどの強い痛みになることもあります *2。 これらの痛みの症状に加え、痛みに伴う冷えやしびれ感があらわれたりしますが、長い時間が経つと痛いという感覚が消失する場合もあります *1。 3ヵ月以上持続することが多く、場合によっては治療に時間のかかる慢性の痛みとなりますので *2、適切な治療により、初期の段階から症状を緩和させることが重要です。 *1 安田 斎:Diabetes Frontier, 2009, 20(1), 34 *2 髙橋良当:Diabetes Frontier, 2009, 20(1), 74.

次の