葉酸 英語。 Yahoo fait désormais partie de Verizon Media

化學療法

葉酸 英語

葉酸代謝拮抗薬は抗ガン剤 葉酸の働きを阻害し、正常な細胞分裂を行わせなくする薬である「葉酸代謝拮抗薬」。 なぜそんな薬があるの?と思う人もいるでしょう。 葉酸代謝拮抗薬は、主に抗ガン剤のことをいいます。 ガン細胞は、絶えずDNA合成をし、増殖していきます。 そのスピードは人それぞれと言われていますが、ガン細胞は正常な細胞をどんどんむしばんで増殖を繰り返していくのです。 そんなガン細胞ですが、ガン細胞のみで増えていくわけではありません。 ガン細胞が増えるためにもDNAが必要なのです。 ガン細胞もDNA合成をし、増えていきます。 つまり、DNA合成ができなければガン細胞の増殖を防げるということです。 葉酸代謝拮抗薬は• 核酸と似た物質によって、ガン細胞に間違って取り込ませる• 葉酸の合成を阻害する この2つの働きによって、DNA合成を阻害していきます。 葉酸のDNA合成の流れをもう少し詳しく見ていきましょう。 葉酸代謝拮抗薬、ここで紹介するのは「ジヒドロ葉酸レダクターゼ阻害薬」です。 葉酸は腸で吸収され、核酸の合成に使用するために代謝されます。 葉酸に「葉酸レダクターゼ」という成分が作用し、葉酸は「ジヒドロ葉酸」になります。 「ジヒドロ葉酸」に「ジヒドロ葉酸レダクターゼ」が作用し、葉酸は「テトラヒドロ葉酸」になります。 本来なら、テトラヒドロ葉酸が核酸の合成に使われるわけですが、「ジヒドロ葉酸レダクターゼ阻害薬」は、ジヒドロ葉酸がテトラヒドロ葉酸になるために必要な「ジヒドロ葉酸レダクターゼ」を阻害するのです。 ジヒドロ葉酸レダクターゼが阻害されると、当然核酸を合成することはできません。 ジヒドロ葉酸レダクターゼ阻害薬として知られているのは、メトトレキサートという抗ガン剤です。 メトトレキサートは抗ガン剤ですが、リウマチの治療薬として用いられることもあります。 葉酸代謝拮抗薬の副作用を軽減するためには 葉酸代謝拮抗薬は、先ほど説明したとおり「葉酸がDNA合成をする」という一連の流れを断ち切ることで、ガン細胞の増殖を止めることのできる薬です。 しかし、葉酸のDNA合成は「ガン細胞のみ」に働くものではありません。 わたしたちの体は多くの細胞から作られており、その細胞のほとんどは日々細胞分裂を繰り返しているのです。 つまり、わたしたちが健康に過ごすためにも葉酸の働きは欠かせないわけです。 しかし葉酸代謝拮抗薬を服用している人は、葉酸の働きが阻害されるわけですから、当然正常な健康な細胞の細胞分裂も行えなくなってしまうのです。 そのため、葉酸代謝拮抗薬を服用していると「葉酸欠乏症」と同じような症状が出ることがあります。 これは、葉酸代謝拮抗薬の副作用ということになります。 ガン細胞の増殖を食い止めるためには仕方がないことではありますが、強い副作用が出るのは本当に辛いことです。 これは、どうすることもできないのでしょうか。 メトトレキサートのような葉酸代謝拮抗薬を服用している人には、その辛い副作用を少しでも軽減するため、ホリナートという薬が投与されます。 ホリナートは還元型の葉酸のことです。 ホリナートを投与することで、ガン細胞ではない正常な細胞を救援することができるので、葉酸代謝拮抗薬による辛い副作用を抑えることができるのです。 どのくらいの症状がどんな形で現れるのかは、正直薬を投与してみたいと分からないところも多いです。 葉酸代謝遺伝子多形とは? 葉酸代謝拮抗薬は、薬を使って半ば強引に葉酸の代謝を阻害しています。 しかし中には、葉酸代謝拮抗薬など使わなくても葉酸が代謝されない人もいます。 正確には、 葉酸の代謝がされにくい人ですね。 アルコールに強い人と弱い人がいるように、葉酸の代謝に関しても正常な人とそうでない人がいます。 両親からもらう遺伝子のうち、どちらかが正常ならば問題はありませんが、両方に異常がある場合、正常な葉酸代謝が行われなくなります。 だいたい、日本人の6人に1人は葉酸代謝遺伝子多形に該当するそうです。 葉酸代謝遺伝子多形の人は葉酸の代謝がうまく行われず、体内で使える葉酸の量が少ないということです。 このような人が妊娠をすると、赤ちゃんが神経管閉鎖障害などにかかるリスクが高まることが分かっています。 しかし、安心してください。 葉酸代謝遺伝子多形の人も、サプリメントなどで葉酸を摂ることで妊娠中のリスクなどを低下することができますよ。 遺伝子キットなどを使えば、自分の葉酸代謝が正常なのかどうかを調べることもできます。 気になる人、不安な人は1度調べてみるといいですね。 まとめ 葉酸代謝拮抗薬と、葉酸代謝遺伝子多形についてお話ししました。 葉酸にはDNAを合成するという重要な働きがあります。 葉酸代謝拮抗薬を服用していない人は、積極的に葉酸を摂って健康な細胞分裂を促していきましょう。

次の

Yahoo fait désormais partie de Verizon Media

葉酸 英語

葉酸は「C19H19N7O6」という化学式になります。 表記するときは、数字は右下に小さく書く カルシウムや鉄分などと比べると、かなりややこしく覚えるのが大変な感じですね。 葉酸は、ビタミンMやビタミンB9、プテロイルグルタミン酸などと呼ばれることもあります。 カルシウムや鉄分ほど有名ではなく、知らない人もいる葉酸ですが、葉酸はDNAの生成や合成に欠かせない役割を持っているのです。 プテリジン、パラアミノ安息香酸、グルタミン酸が結合した構造担っています。 葉酸は1941年に、乳酸菌の増殖因子としてホウレン草の葉から発見されました。 ホウレン草の「葉」から見つかったので、「葉酸」と呼ばれるようになったのです。 葉酸は、緑黄色野菜や果物などに多く含まれることが分かっています。 葉酸の働きで重要な「DNAの生成や合成」 先ほど少しお話ししましたが、葉酸にはどのような働きがあるのでしょうか。 葉酸の働きの中でもっとも重要だとされているのが、 「DNAの生成や合成」です。 なにやら難しい話ですね。 細胞分裂をするためには、DNAが欠かせません。 私たちの皮膚や髪の毛などの細胞は、日々分裂して生まれ変わっているのです。 健康を保つためにも、細胞分裂は欠かせません。 つまり、私たちが健康に生きていくためには、葉酸が必要不可欠だということなのです。 このDNAの合成や細胞分裂に関しては、おなかの中の赤ちゃんにも関係しています。 赤ちゃんがおなかのなかで育つためには、細胞分裂を繰り返す必要があります。 受精卵からヒトの形になるまでおなかの中で成長していくわけですから、それこそ何万回と細胞分裂を繰り返しているのです。 妊娠中に葉酸が多く必要だと言われるのは、このためなんですね。 葉酸が足りないと細胞分裂がしっかりと行われなくなることがあり、その結果として神経閉鎖障害などの先天性の障害を負うリスクが高まってしまうのです。 葉酸をしっかりと摂っていれば、このような先天性の障害のリスクを減らすことができます。 また、葉酸には血中のホモシステインの値を下げる働きもあります。 ホモシステイン値が高くなると、動脈硬化になるリスクや認知症になるリスクが高まったり、妊娠中なら流産のリスクが高まってしまいます。 このことから、葉酸は「健康に欠かせない」と言われているわけです。 しかし、先ほどの推奨量はあくまでも「成人男女」の数値です。 妊娠中はこの2倍の量の葉酸が必要だとされています。 葉酸は水溶性のビタミンなので、大量に摂取しても不要な分は尿として排出されます。 食品から摂る葉酸は吸収率も低いため、普通に食事をしている分には「葉酸の過剰摂取」になることはほぼないとみていいでしょう。 しかし、妊娠中などにサプリメントから葉酸を摂っているという人は、過剰摂取には気を付けてください。 サプリメントの葉酸はモノグルタミン酸型葉酸といって、体内で吸収されやすい形にすでに加工されています。 モノグルタミン酸型葉酸の「化学合成」と「天然由来」 葉酸サプリメントにも種類がありますが、同じモノグルタミン酸型葉酸でも 「化学合成」のものと 「天然由来」のものとがあります。 石油など食品以外のものから作られた葉酸は、当然身体に負担をかけてしまいます。 これは、あなた自身だけでなく妊娠中ならおなかの赤ちゃんにも悪影響を及ぼしますので注意が必要です。 食品だけで妊娠中に必要な葉酸量をすべて補うのは難しいので、サプリメントを飲むことはいいことです。 ただ、サプリメントの選び方には気を付けましょうという話です。 まとめ 天然由来の葉酸サプリメントにし、食品由来から抽出されたの葉酸サプリであることはもちろん、栄養価を損なわない製造方法、添加物が少ないものを選ぶようにしましょう。 葉酸は単品では働きを十分に活かすことはできないので、葉酸を活性化してくれる栄養素を一緒に摂ることが大切です。 サプリメントから葉酸を摂るのなら、ビタミンB12やビタミンCが配合されたものを選ぶといいと思います。

次の

葉酸 を 英語

葉酸 英語

關於另一種常見的癌症藥物療法,請見「 」。 化學療法(英語: Chemotherapy),簡稱 化療( Chemo),是用特殊的來治療,為目前治療及某些自身性疾病的主要手段之一,不過在治療中,普遍會為患者帶來明顯的及等,為患者帶來不適感。 化療是指應用藥物治療癌症。 這些可殺滅腫瘤細胞的藥物有時被稱為細胞毒藥物。 許多化療藥物是天然的,比如植物,其他則是人工合成的。 目前已有超過50種化療藥物,常用的有: ( 英語 : )、、、、等。 這些藥物經常以不同的強度聯合應用。 化療是一種全身性治療手段。 對原發灶、轉移灶和亞臨床轉移灶均有治療作用,但是化療治療腫瘤時,不僅會殺傷腫瘤細胞,也可能將正常細胞和免疫(抵抗)細胞一同殺滅,所以化療是一種「兩害相權取其輕」的治療手段。 六種化療藥物,從中間順時針數分別是、、 ( 英語 : )、、、 治療策略 [ ] 常用的 ( 英語 : )組合 癌症類型 藥物 縮寫 (Cyclophosphamide)、(methotrexate)、(5-fluorouracil) CMF (Doxorubicin)、環磷醯胺(cyclophosphamide) AC ( 英語 : )(Mustine)、(vincristine)、 ( 英語 : )(procarbazine)、(prednisolone) MOPP 阿黴素(Doxorubicin)、(bleomycin)、(vinblastine)、 ( 英語 : )(dacarbazine) ABVD Cyclophosphamide、阿黴素(Doxorubicin)、長春新鹼(vincristine)、潑尼松龍(prednisolone) CHOP 博來黴素(bleomycin)、(etoposide)、(cisplatin) BEP ( 英語 : )(Epirubicin)、順鉑(cisplatin)、(5-fluorouracil) ECF 泛艾黴素(Epirubicin)、順鉑(cisplatin)、 ( 英語 : )(capecitabine) ECX (Methotrexate)、長春新鹼(vincristine)、阿黴素(doxorubicin)、順鉑(cisplatin) MVAC (Cyclophosphamide)、阿黴素(doxorubicin)、(vincristine) CAV (5-fluorouracil)、 ( 英語 : )(folinic acid)、(oxaliplatin) FOLFOX 目前有許多化學療法相關的治療策略。 化學療法的目的可能是治癒疾病,也可能是延長病患壽命或是。 誘導化療(Induction chemotherapy)是用化療藥物第一線的治療方式,這種化療目的是為了治癒癌症。 鞏固性化學治療(Consolidation chemotherapy)是在癌症症狀緩解後進行,為的是延長整體無病時間,提高生存率。 鞏固性化學治療會和之前的誘導化療使用相同的藥物。 增強性化學治療(Intensification chemotherapy)和鞏固性化學治療一様,但會使用和之前誘導化療時不同的藥物進行治療。 ( 英語 : )(Combination chemotherapy)是在病患身上同時使用幾種化療藥物進行治療,這些藥物的原理及副作用都不同,最大的好處是減小隻使用一種藥物時會出現的抗藥性,而且藥物使用的劑量也會比較低,降低毒性。 ( 英語 : )化療(Neoadjuvant chemotherapy)是在進行其他局部治療方式(例如手術)之前先進行的化療,其目的是在使腫瘤縮小。 若是癌症有高度的微轉移風險,也會進行前導性化療。 ( 英語 : )(Adjuvant chemotherapy)是在放療或是手術後進行,若是治療後癌細胞存在的證據並不充份,但癌症復發率又高,就會進行輔助型化療。 輔助型化療也可以殺死擴散到身體其他部位的癌細胞。 因此可以用輔助型化療來治療癌細胞的 ( 英語 : ),也減少這些傳播細胞造成的復發率。 術前後化學治療(Perioperative Chemotherapy):在手術前後皆進行化學治療• 維持性化療(Maintenance chemotherapy)是為了讓癌症緩解的效果可以持續,之後重覆進行的低劑量化療• 救援性化療(Salvage chemotherapy)或姑息性化療(Palliative chemotherapy)的目的不在治癒癌症,而是在減少腫瘤負荷以及延長預期壽命,一般而言,這類的化療方案毒性可能會有比較理想的毒性特徵。 所有 ( 英語 : )的前提都是病患可以承受治療過程當中不適及副作用。 一般會先評估病患的 ( 英語 : ),來確認病患是否可以進行化療,以及化療的劑量是否要降低。 因為在每一次的療程中,腫瘤中只會有部份細胞死亡( ( 英語 : )),因此需重覆進行數次療程,讓腫瘤可以繼續縮小。 目前的化療方案是定期的藥物治療,而其頻率以及用藥持續的時間會受到藥物對病患的毒性所限制。 參見 [ ]• Corrie PG, Pippa G. Cytotoxic chemotherapy: clinical aspects. Medicine. 2008, 36 1 : 24—28. 55-59• Wood, pp. 17-18• Perry, p. Epstein RJ. Maintenance therapy to suppress micrometastasis: the new challenge for adjuvant cancer treatment. Clinical Cancer Research. Aug 2005, 11 15 : 5337—41. Skeel RT. Handbook of Cancer Chemotherapy paperback 6th. 2003. Chabner B, Longo DL. Cancer Chemotherapy and Biotherapy: Principles and Practice 4th. 2005. 外部連結 [ ]•

次の