ハイフ 種類。 今話題の「ハイフ」ってなぁに?ハイフ8種類の徹底比較!

今話題の「ハイフ」ってなぁに?ハイフ8種類の徹底比較!

ハイフ 種類

ハイフにもいろいろ種類があり、また出力も違います。 リフトアップ効果のあるものをハイフと呼ぶのですが、医師が施術するものは出力が高く効果もあります。 認定医師を取ってウリにしているのも、打つ部位や効果を熟知しているという事でしょう。 自分で出来る機械ですと、おそらく出力も弱く、効果は期待出来ないと思います。 前述しましたが、ハイフの種類によっても、どのくらいのペースで通うかは変わってきます。 あとは、自分がどの程度で気になって来るのか?もあるかと。 参考までに、ですが、サーマクールは半年ごとの施術が理想です。 ただし、出力も高め設定、正規のチップを使用して認定医師が施術した場合です。 料金は20万円ほどかかりますが、看護師が施術したり正規のチップでない場合はもっと安いです。 それと、かなり痛いですが、痛い程効果はありますので、なるべく頑張って強めの出力でお願いしてください。

次の

ハイフ(HIFU)とはどんな施術でしょうか?

ハイフ 種類

お客様のお顔とご希望に合った施術をご提案させていただきます HIFUのコースは通常の照射だけでなく、しっかり照射するプレミアムコース、より効果を継続させるタッチアップなどがありますので、ご希望やご予算に応じて選んでいただくことが出来ます。 お客様に最適な施術をご提案させていただきます。 たるみが気になるといっても脂肪によるもの、ホホのコケによって強調されていたり法令線やマリオネットラインで老けが強調されてしまっている方などいらっしゃいます。 たるみの施術に関しても HIFU以外に糸リフトやフェイスリフトなどもあります。 どのようにしたら若々しく見えるか、他の効果的な施術についてもトータルでアドバイスさせていただきます。 リスクを減らすように丁寧に施術を行います ハイフ( HIFU)をあてる層には重要な神経や血管が走行しています。 お顔の症例数が多く解剖に精通したドクター指導のもとで照射を行っていますので、安心して施術をお受けいただくことが出来ます。 また、効果がしっかりと出るようなプロトコールで、丁寧に照射するように致しております。 お安く施術を提供させていただいております 多くの方にハイフを手軽に受けていただくことが出来るように、また、継続していただいてたるみ予防効果を出していただくためにお安い価格で施術を行っております。 お安いからと言ってショット数を少なくしたり、照射を適当に行っていることはございません。 しっかりとハイフを照射し、重要な部位では深さを変えて重ね打ちをおこなうことで SMAS の全層でしっかりたるみを引き締め、効果を高めるようにしています。 ハイフ(HIFU)は照射するだけの施術で、痛みもほとんどなく、ダウンタイムもなくたるみ治療ができる理想の治療です。 リフトアップ効果が高い!即効性が高い!第3世代ハイフ(HIFU)です! 第1世代はウルセラ、ダブロ、第2世代はEVOと次々と新しいハイフ(HIFU)が登場しましたが、より進化した第3世代のハイフ、スマートソニックが登場しました! 先代ハイフのウルセラなどでは点で照射して熱収縮を起こしますが、第3世代のハイフ(スマートソニック)では円で照射をおこない、照射面積が大きくなり効果が高くなりました。 照射面積が大きくなると、SMASをしっかり収縮させてコラーゲン増生も増えて効果が高まるだけでなく、浅層の脂肪層にもしっかり熱収縮が起こり即時性効果が高くなります。 直後からの即時性効果と1~3ヶ月からの遅発性の効果で、リフトアップ・若返りの効果をより高く長く実感してもらえるようになります。 スマートソニック(第3世代ハイフ の特徴 円で照射することで効果UP! 従来のハイフは点でSMAS層を焼いていましたが、スマートソニックでは円でSMAS層を焼くことで、より照射面積が広がり熱収縮効果を高め、リフトアップ効果を得ることができるようになりました。 多層の熱収縮によりすぐに効果! スマートソニックでは、3mm、4. 5mmで正確に狙った深さで照射をおこなうことができますが、深さを組み合わせて深みをもたせて熱照射し、かつ照射を円でおこなうことで、照射範囲をより効果的に広げることができ、SMAS層だけでなく皮下の脂肪層を熱収縮させて即効性の効果を出すことが可能になりました。 1回で2度効く! 最初は照射直後からの脂肪層の熱収縮による即効性のリフトアップ・小顔効果が起こり、1~3か月かけてコラーゲン増生による本来のリフトアップ効果が出ます。 施術直後から効果がバトンタッチしながら6~8ヶ月効果が持続します。 また、1ヶ月~1か月半後に60%程度で追加照射(タッチアップ)するとより効果を高め、1年ほど効果を安定させることが出来ます。 ダウンタイムはほぼありません! 周りの正常組織にはダメージを与えず、円状に点々と照射させることで、熱収縮した組織の正常組織に接している表面積を多く稼ぐことができ、創傷治癒も効率的におこりダメージの回復が早いです。 ハンドピースをあてるだけ! お顔にハンドピースをあてて外から照射するだけですので、皮膚を傷つけず、ダウンタイムのほとんどない、理想的なリフトアップ・たるみ引き締めレーザーです。 当日からのご予定も問題ありません! 整形というよりはエステ感覚で行っていただける施術になります。 腫れや赤みだけでなく痛みも少ない! 今までのレーザーでは、皮膚表層に作用して赤みや腫れが長引いたり、痛みが強く麻酔が必要なものがあったり、逆に、腫れや赤みが少ないものでは効果が弱かったりすることがありました。 スマートソニックでは皮下のSMAS層に作用することで皮膚にダメージはほとんどなく、点状の熱収縮部分の周囲は正常組織で囲まれているため回復が早く、赤みや腫れなどのダウンタイムもほとんどありません。 軽く赤みが出たとしても数時間で落ち着きます。 また、むくみが出たとしても1日で落ち着いてしまいます。 メイクもすぐ可能なので当日のご予定も問題ありません。 痛みは皮膚の表面で感じやすいですが、ハイフでは皮下の脂肪やSMASに作用するため強い痛みは少ないのです。 ただ、骨膜や筋膜などの膜組織も痛みを感じやすい組織のため、骨が近い部分などでは奥に響くような鈍痛を訴える方もいらっしゃいますが、我慢できる範囲のものです。 また、痛みが強い場合は出力や照射密度などの設定を変更して痛みに配慮して照射いたします。 たるみ治療だけでなく、小顔効果も! たるみ治療は小顔治療のひとつでもあります。 リフトアップをおこなえば、たるみ改善効果だけでなく小顔効果を出すことが可能です! ハイフはリフトアップだけでなく、たるみ予防効果があり、たるみが気になり始めたお若い方に有効な施術です。 フェイスラインを引き締めて顔を小さくしたい方、小顔を維持したい方、たるみを予防したい方には、ハイフは一石二鳥の施術です! 当院スタッフはみな施術を受けて大満足です。 スマートソニックの即効性、効果の高さ、手軽さに、スタッフ全員希望して施術を受けました 笑。 ダウンタイムが少なく効果的な治療というのはそれほど多くはありませんが、スマートソニックは日々美容に携わる美容のプロが受けて満足する施術ですので、リフトアップ・若返り・小顔効果を出したい皆さんにおすすめいたします! <院長体験の模様はこちら> HIFU(ハイフ)はどういう部位に効くの? ハイフはたるみを引き締めリフトアップ施術ですが、具体的にどのような部分に効果的なのでしょうか。 ハイフはたるみを改善させる施術ですが、たるみには皮膚のたるみと脂肪の厚みがあります。 ハイフで引き締めてリフトアップですることができるのは主に皮膚のたるみです。 ハイフで改善できる主な皮膚のたるみには以下のようなたるみがあります。 ・ホホ・フェイスラインのたるみ(jowl)、下膨れ ・ほうれい線(中顔面)のたるみ ・マリオネットライン それぞれについて解説します。 ホホ・フェイスラインのたるみ(jowl)、下膨れ フェイスライン上にたるみが集まってくるとjowlなどのふくらみが目立ってフェイスラインがぽっこりしたり、フェイスラインの厚みが強くなり丸顔や下膨れとなります。 参考 もとびのハイフ(HIFU)スマートソニックの特徴 きめ細かで効果的な照射 部位に応じて深さやパワーをコントロールし、痛みなどお客さまの状態に応じて出力や照射密度を調整します。 また、照射方向も工夫して、効率的にリフトアップしやすいように施術をおこないます。 全体の施術終了後にお顔全体に確認し、左右差の調整をおこなって仕上げ、お客様に合わせてきめ細かな丁寧な照射をおこなわせていただきます。 プレミアムコースでは、皮下やSMASの厚みに応じて複数の深さのハンドピースを組み合わせ、多層にわたって厚みを持たせてハイフを照射し、より効果を高めています。 当院ではお客様に合わせてよりしっかり効果が出るように丁寧に出力や調整をおこない、照射数もしっかりあてて効果を出しやすくしております。 より効果を高めたい方には、しっかりショット数を照射して、多層照射するプレミアムコースがおすすめです。 施術をお安く提供させていただいております。 当院ではみなさんになるべく負担が少なくハイフ(HIFU)の良さを体感していただきたいと考えており、価格を抑え提供させていただいております。 もちろん前述のように、安いだけでなく効果的な施術を行うようにその方に合わせて出力や照射方向、多層照射、左右差の調整などを行わせていただいております。 解剖に精通したドクターが監修 SMASを引き上げるフェイスリフトを多く経験し、解剖経験も多くお顔の解剖に精通した院長が監修しています。 大切な神経は当然避け、効果的にたるみを引き上げあられるようにプロトコールを設定して照射をおこなっております。 ハイフ(HIFU)とは HIFUとはHigh Intensity Focused Ultrasoundの略で、日本語で言うと高密度焦点式超音波です。 強力な音波を点で焦点させて音波密度を上げ、ターゲット組織を高温にします。 体を傷つけずに狙った体の中の組織に対してピンポイントで熱凝固させることができます。 HIFUは周囲を傷つけずにターゲットをやっつけることができるため、がん治療にも多く使われています。 従来のレーザーは浅い表皮や真皮をターゲットにしていて効果に限界がありましたが、ハイフでは支持組織であるSMASに直接作用してリフトアップさせるため、よりたるみのリフトアップ効果、若返り効果が高くなりました。 SMASとは? Superficial Musculer Aponeurotic Systemの略で、表情筋を含んだお顔全体に広がる線維性の筋膜のことです。 SMASは、お顔の土台のような厚みのある膜状の組織で、年齢と共に薄くなり緩んでたるんできます。 土台であるSMASの老化はお顔全体のたるみの原因となり、若返りには非常に重要です。 SMASを引き上げると、たるみを土台から引き上げることができ、効果的にホホやフェイスライン、首、額、目尻などのたるみをリフトアップすることができます。 当院のでは、耳の前の目立たない部分から切開してSMAS下を剥離し、SMASをしっかり引き上げて固定します。 土台のSMASを引き上げることで、ホホ部分のだけでなく、より下方のフェイスラインや首のたるみを引き上げることができ、効果的にたるみを改善することができます。 また、糸のリフト(など)では、コグ(とげ)のついた糸をSMAS層に通すことでホホやフェイスラインのたるみを効果的にリフトアップし、かつSMASを強化します。 スマートソニックでは、上記のフェイスリフトや糸のリフトと違い、手術をすることなく、お顔にハンドピースをあてるだけでSMAS層を熱収縮させ、コラーゲン増生・組織再生効果によりSMASを引き上げ、強化します。 お顔の老化の原因、たるみとは、ハイフの役割 <お顔の老化の原因> お顔の老化はまず、「たるみ」、「しわ」、「シミ」などの三つに分けることができ、それぞれが同時に進行することでお顔が老けていきます。 参考 今回はハイフのお話ですので、「たるみ」の老化について考えてみます。 たるみは、線維芽細胞や幹細胞などのお顔の組織を再生させる細胞の機能低下や細胞数の減少によっておこります。 線維芽細胞の機能低下により、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸が減少し、皮膚に弾力がなくなり、組織が萎縮します。 ハリがなくなり、萎縮することで小じわやシワが深くなっていきます。 常に体の組織は代謝され生まれ変わっていますが、線維芽細胞や幹細胞などの減少・機能低下により組織再生量が減り、若い組織の弾力や量を保てなくなり、皮膚やSMAS、表情筋、支持靭帯などがゆるみお顔がたるんできます。 皮下脂肪や筋肉の萎縮、支持靭帯が緩むだけでなく、骨吸収もおこり土台から減ってさらにたるみます。 また、たるみが強くなるとほうれい線やゴルゴ線などのシワも相対的に深くなってしまいます。 このようにどんどんお顔が老けて見えるようになってしまうのです。 老化は生命の進化のためには不可避なものですのでが、やはり次世代だけでなく、自分も若々しく保っていたいものですよね。 ハイフの役割 スマートソニック ハイフ で改善できるのは主にたるみの部分です。 たるみは皮膚やSMAS、表情筋、支持靭帯などの萎縮やゆるみにより起こりますが、ハイフで皮下脂肪やSMAS層を熱収縮させ、コラーゲンを増生させることで緩んで伸びた組織を締め直し、リフトアップすることができます。 また、コラーゲンが内部から増生することで肌のキメやハリ、小じわや毛穴も改善させることができます。 スマートソニックの経過と効果の持続 スマートソニックでは、焦点が大きくしっかりしているため上述のように直後から効果を実感してもらうことができます。 施術中は内部に鈍痛が少し出ることがありますが、施術後は特に症状は何もないことがほとんどです。 ただ、施術後に筋肉痛のような痛みや、むくみが少し残る方もいらっしゃいます。 そのような場合でも症状は翌日には落ち着きます。 効果は、直後からの即効性の熱収縮効果の後にはコラーゲンが徐々に増生しはじめ、1~3か月で効果が最大となります。 照射組織のコラーゲンが増生し再生することでSMASや皮下組織が引き締まってリフトアップすると同時に、内部からコラーゲンが増えることでお顔やお肌に弾力やハリが出て若々しくなります。 引き締まったSMASはお顔全体をリフトアップするだけでなく、コラーゲンにより強化されるため、将来のたるみの進行を抑えることができ、老化の長期的な予防になります。 スマートソニックをしているとしていないとでは、5年後、10年後のお顔のたるみ方が全く違ってくることになりますので、たるみ予防としてたるみ始めの方、お若い方にもおすすめです。 効果の持続は6~8ヶ月とも言われています。 効果を長持ちさせたい方は、1ヶ月~1か月半後に追加照射(タッチアップ)をおこなうとより効果的で持続も1年と長くなります。 半年~1年ごとに繰り返すことで、SMASがより強化されてリフトアップ効果を維持することが可能になります。 たるみ治療の比較表 スマートソニック (ハイフ) ミントリフトミニ (糸リフト) フェイスリフト 傷 一切傷つきません 髪の中に針穴が1か所 耳の前から耳の後ろにかけて切開線 痛み 少ない(所々内部に鈍痛が出ることあり) 麻酔を注入する際に痛みあり 通常眠った状態で行うのでない。 ただし、ホホのコケがある方は通常のコースで大丈夫です。 ホホ・フェイスライン ¥73,000 ホホ・フェイスライン・アゴ下 ¥94,000 ¥80,000(モニター) 顔全体・アゴ下 ¥118,000¥104,000(モニター) より効果を高めたい方は 2か月以内に60%追加照射(タッチアップ)をおすすめします。 ハイフ(HIFU)プレミアム タッチアップ ホホ・フェイスライン ¥53,000 ホホ・フェイスライン・アゴ下 ¥68,000 顔全体・アゴ下 ¥78,000 BNLS neoと同時施術で効果的 脂肪のたるみを薄くするBNLS neo! たるみには皮膚のたるみと脂肪のたるみがあります。 スマートソニック(ハイフ)で皮膚・SMASのたるみを引き上げ、BNLS neoで脂肪のたるみを薄くすることで、組み合わせ効果によりたるみ改善と小顔効果をさらに高めることができます。 共にダウンタイムが少ない治療ですのでおすすめです。 参考 エレクトロポレーションとのセット スマートソニック(ハイフ)では見た目に腫れなどダメージはなくても皮下の脂肪層やSMASは点状にダメージを受けています。 傷を鎮静させて回復を促進させるには、エレクトロポレーションで術後に冷却・鎮静させると回復も早く、効果も安定して出やすくなります。 また、エレクトロポレーションで成長因子などを導入することによりさらにお肌にハリを出しやすくして、美肌効果も高めることができます。 レーザー系の施術後にはエレクトロポレーションは推奨されており、スマートソニック(ハイフ)にもエレクトロポレーションは相性が良く、施術後におすすめです。 メイクも施術直後から可能ですので、当日のご予定でも問題ありません。 Q:実際痛くないですか? A:痛みはそれほど強くないことが多いです。 奥に鈍痛のような痛みが出ることがありますが、我慢できる範囲です。 つらいようであれば申し付けていただければ出力を調整させていただきます。 Q:たるみが気になりますが自分に合う治療かどうか不安です。 A:ダウンタイムの長い施術ではありませんので、たるみを気にされている方みなさまにおすすめの施術です。 たるみが多い方にも少ない方にも効果的で、たるみ予防効果もありますので治療を受けて損はありません。 小顔効果もありますので、小顔にしたい方にもおすすめです。 ただし、たるみには皮膚のたるみと脂肪のたるみがありますので、脂肪のたるみ・厚みが強い方では、BNLSや脂肪吸引を組み合わせたほうが効果的な場合もあります。 ご自身にどんな施術が適しているかわからなければ無料カウンセリングの際にアドバイスさせていただきます。 Q:たるみだけでなくシワも気になりますが同じ日にヒアルロン酸はできますか? A:スマートソニック(ハイフ)を行った直後にヒアルロン酸やボトックス、BNLSなどのプチ整形は可能ですので、同日に問題なく施術可能です。 Q:マッサージはしても大丈夫ですか? A:得に痛みがなければマッサージしていただいて構いません。 痛みがあるようであれば落ち着くまで無理にしない方が良いかと思います。 Q:糸のリフトが入っていますがハイフを受けても大丈夫ですか? A:糸のリフトが入っている場合は糸が傷ついたり、切断されたりして効果が落ちる可能性がありますので場合によってはお勧めできないことがあります。 ただし、吸収糸の場合は糸が吸収された後では問題なくハイフの施術は可能です。 また、糸のリフトの効果が落ちるリスクをご理解していただければハイフを受けていただくことは可能です。

次の

ハイフの副作用、デメリットの現状

ハイフ 種類

ウルフィットとは?韓国製のハイフ! 画像引用元: ウルフィットは、顔・身体の痩身効果が期待できる韓国製のハイフです。 医師免許を持っていない美容サロンでも導入可能なハイフになります。 スプレーモーションテクノロジーでより早く、より広範囲に超音波エネルギーを照射できる最先端マシーン 引用元: もともとウルフィットは韓国の美容サロンで使われており、日本で開催されているビューティ見本市(Beautyworld Japan)にも出展されたこともあるので知っている方も多いかもしれません。 ウルフィットの特徴を知る前に…ハイフとは? ウルフィットの特徴を知る前にハイフとはどんな痩身マシンなのかおさらいしておきましょう。 ハイフとは? ハイフとは、超音波痩身機の一種で「高密度焦点式超音波」と呼ばれています。 ハイフは元々はガン治療で使われていた技術を美容痩身に応用し、余分な皮下脂肪だけに作用するよう調整した機器のこと。 脂肪や筋膜などの皮下組織に働きかけ、発生した熱で脂肪細胞などを分解することができます。 ハイフのメカニズム 画像引用元: ハイフは、皮下0. 45~1. 3cmの深部1点に超音波を集中し、そのエネルギーで熱源を発生させます。 虫眼鏡で太陽の光を1点に集中させると、紙を焦がすことができるのと同じ仕組みです。 1点に集中して脂肪細胞を分解させることで、脂肪細胞の絶対数が減っていきます。 ダウン期間がなく、気軽に施術いただけるのも大きなポイントです。 身体への効果 太りにくい身体作りが可能、継続して痩せることが可能、セルライトの解消、部分痩せが可能etc 顔だけでなく身体の気になる部分への施術も可能で、即効性・持続性を感じることができるため多くのお客様にご満足いただくことができます。 ウルフィットと他社ハイフとの違い、3つの特徴 画像引用元: 従来の痩身マシンは脂肪ではなく、表皮に超音波と熱が焦点されていました。 つまり、表皮に熱が分散され、エネルギーは深部へ効果的に伝わらず、肌に負担がかかっていました。 Ulfitは例えれば、太陽の光をレンズに集めて一点だけを高温にする原理です。 ではその他ハイフとの大きな違いは何なのでしょうか? 特徴1:スプレーモーショーン式で超音波エネルギーを体内へ浸透 画像引用元: Ulfitのボディ用ハンドピースは、超音波エネルギーを広い焦点領域に均等に、そして素早く届けます。 引用元: ウルフィットのボディ用ハンドピースは世界初テクノロジー【 スプレーモーション式 】を採用しており、 スプレーのように超音波エネルギーを点射。 スプレーモーション式イメージ画像 画像引用元: スプレーモーション式とはウルフィット独自の点射構造の名称。 スプレーのように隙間なく体内へ浸透させる事で短い時間で最大限効果を発揮できるよう工夫されているのが特徴です。 正確に速く伝われる超音波エネルギーは最小限の痛みでの最大結果を目指すことができます。 一般的にサロン用ハイフは安全性からVタイプを採用している機器が多く、ウルフィット独自の方式ではありません。 特徴3:痛みコントロールモードを搭載 画像引用元: ハイフは施術中は皮膚の奥でポップコーンがはじけるような、体験したこのない痛みがあります。 (中略)皮膚が薄いところのほうが傷みがでやすいです。 (中略) 出力をあげると、痛みも増しますが、効果も期待できます。 引用元: ハイフは出力を上げると効果が出やすいですが、痛みが伴う可能性もあります。 ウルフィットは痛み軽減モードを搭載しており、皮膚の薄い箇所やお客様に合わせて施術を行うことが可能です。 ウルフィットの効果・口コミ 画像引用元: 、 ウルフィットの口コミ 一回だけの施術で、あんなに効果が出るのは驚きました! 引用元: ウルフィット1回で小顔になりびっくりしました!悩みだったほうれい線も薄くなり肌もモチモチ生まれ変わったようになりました。 引用元: ウルフィット、直ぐに目に見えて効果があり感動しました。 引用元: 通常のハイフで得られる効果と同様、1回の施術で即効性・持続性を感じることができます。 それでは施術頻度はどれくらいなのでしょうか? ウルフィットの施術頻度は2週間に1回 フェイシャルの場合は、2~3週間に1回のペースで、3~4回続けます。 そのあとは月に1回、定期的に施術します。 引用元: 身体や深い部分は、2週間に1回のペースで、1か月ほど続けます。 そのあとは月に1回、施術します。 引用元: 顔、身体によって施術頻度は異なりますがどちらも2週間に1回続けるのが理想的と言われています。 次にウルフィットの導入コストを含めたコストパフォーマンスを検証していきましょう。 ウルフィット導入価格、コストパフォーマンスは? 当社調べによると ウルフィットの本体価格は350万円 でした。 一般的にウルフィットを導入しているサロンの施術料金は範囲によって異なりますが15,000〜32,000円です。 1回の施術料金を中間値23,500円とした場合 約149回の施術で350万円の導入コストを回収することが出来そうです。 これはあくまでも目安であり、ハイフを導入しているライバル店の施術料金を考慮すること、カートリッジ価格を考慮することがとても重要です。 カートリッジの種類、価格、交換頻度は? 画像引用元: ウルフィットのカートリッジはフェイシャル3種類、ボディ3種類の計6種類あります。 購入時は4種類のカートリッジが付属で付いてくるようです。 5mm 23ショット 10,000ショット 23万円 フェイシャル用 3. 0mm 23ショット 10,000ショット 23万円 フェイシャル用 4. 5mm 16ショット 10,000ショット 25万円 ボディ用 6. 0mm、9. 0mmカートリッジは、オプションで追加購入が必要です。 交換時期については、フェイシャル用は1万ショット、ボディ用は3万ショットすると交換が必要になります。 交換頻度は、ボディ(お腹)1回の施術で4,800ショットとした場合およそ6回使用すると交換の目安となります。 他社ハイフ のカートリッジは本体導入時に1度購入すると、半永久的に使用することができるため、こういったハイフと比較するとウルフィットはランニングコストがかかるマシンと言えそうです。 ウルフィット使用時の注意点 ハイフの打ち間違いは大変恐ろしい結果となりますので、十分に気をつけて施術していただきたいと思います。 引用元: ハイフは顔のデリケートな部位である目や喉などは施術出来ません。 また、 ウルフィットの15mmのカートリッジは点射深度が深いため、顔の施術を行ってしまった場合、神経損傷や火傷などの恐れ もあります。 フェイシャル用はシングルパルス方式を採用しており、ボディ用Vタイプより強い出力になっているので施術に注意が必要です。 販売メーカーからしっかり研修を受けられるか、事前に問い合わせて確認しておきましょう。 ウルフィットの基本スペック 正式名称 「Ulfit ウルフィット 」 ライン式 顔用 モーション式 ボディ用 エネルギータイプ 超音波 パワー 0. 1-3. 0 J 0. 2kg 面積 360 D X 460 W X 150 H mm カートリッジ種類 F7-1. 5 mm 23万円,1プッシュ23ショット F7-3. 0 mm 23万,1プッシュ23ショット F4-4. 5 mm B2-13. 0 mm 25万円,1プッシュ16ショット 本体価格 350万円 まとめ• ウルフィットは医師免許を持っていない美容サロンでも導入可能な韓国製ハイフ• 特徴1:スプレーモーショーン式で超音波エネルギーを体内へ浸透• 特徴3:痛みコントロールモードを搭載• 本体価格は350万円、コスト回収までに約149回の施術が必要• カートリッジは6種類、価格23万円〜。 およそ6回の施術で交換が必要• ウルフィットは顔へ使用する際は使用カートリッジに注意が必要! ウルフィットはハイフ特有の即効性に優れたマシンですが、本体価格は350万円とエステ用ハイフの中では高額です。 また、カートリッジ交換費用がかかるため導入の際には十分検討しましょう。

次の