仕事ない。 職場にいる「仕事できない人」にありがちな8つの特徴

仕事が頑張れない、頑張ろうと思えない…その原因と実践したいこと

仕事ない

仕事が見つからないおもな理由• 求人条件を絞りすぎている• 明確な希望や意志がない• 自分に自信がない• そもそも探していない ではそれぞれの理由とその対処法について、紹介します。 仕事が見つからない理由は求人条件を絞りすぎているから 仕事内容や条件を絞りすぎると選択肢がどんどん狭くなり、仕事がなかなか見つからない状態になってしまいます。 そもそも給料や勤務地など、すべての希望条件が合致する求人に出合うことはごくわずかです。 たとえば郊外に住んでいる場合「自宅近くで給料のよい職場」を探しても、都会のように高時給の会社を見つけることは難しくなります。 「自分にとって絶対に譲れない条件はなにか?」自分のライフスタイルや理想の仕事環境をあらためて考えてみましょう。 勤務先の条件について、次のように考えることもできます。 合わせて読みたい! 仕事が「見つからない」以前に「探していない」 「仕事が見つからない」以前に、「仕事を探す気力がない」という人も少なからずいるのではないでしょうか。 家族と同居している場合は「まだ決まらないの?」「毎日ダラダラできて羨ましいね」などと、嫌味を言われて毎日辛い思いをしている人もいるでしょう。 たしかに仕事探しには膨大なエネルギーが必要ですし、なかなか決まらないと精神的にも負担が大きくなってしまいます。 とはいっても、人並みに生活するにはある程度のお金が必要ですよね。 お金が底をついてしまう前に、少しずつでもよいので仕事探しを進めていきましょう。 じつは無職やニートの状態が続いている人でも、復帰しやすい仕事は世の中にたくさんあるんですよ。 仕事がなかなか見つからないときは「なぜ見つからないのか?」その原因を考えて、自分の気持ちと深く向き合ってみることが大切です。 自分の気持ちや今の状況をノートに書き出してみると、がむしゃらに仕事をしていた時期には気付けなかった「本当の自分の姿」が見えてくるかもしれません。 自分の気持ちが見えてきたら「本当に求めている条件」や「自分のやりたいこと」も明確になって、転職活動もスムーズに進められます。 履歴書の作成や面接に自信が持てない場合は、転職エージェントを利用して添削やアドバイスなどのサポートを受けてみるのもおすすめです。 今の辛い状況を少しでもよい方向に持っていけるように、まずは精神的な焦りや不安な気持ちを解消させましょう。

次の

職場にいる「仕事できない人」にありがちな8つの特徴

仕事ない

の感染拡大で市民生活への影響が日増しに深刻化する中、不安定な立場であるやフリーランスが苦しい状況に追い込まれている。 「年内は仕事がないかもしれない」「来月の家賃も払えるかどうか」。 緊急事態宣言の対象地域に含まれる福岡県内でも、切実な声が上がり始めている。 「緊急事態宣言後、仕事が完全になくなった。 貯金もないし死活問題です」。 イベントコンパニオンの女性(26)=福岡市中央区=は深いため息をつく。 仕事は主に商品のPR活動。 職場は人が集まる街頭や居酒屋、パチンコ店が多く、7日の緊急事態宣言以降は全てキャンセルになったという。 日給は約1万円。 月平均20日以上は出勤していたが、3月の勤務はたったの3日だった。 「感染拡大が終息しても自粛ムードが続けば、年内は仕事がないかもしれない」 北九州市の幼稚園でパートをする30代女性も3月以降、登園する子どもが減り、休業状態が続く。 週3日勤務で月給は約7万円。 休業手当は正規、非正規を問わず支給されるはずだが、「これまで有給休暇すらもらったことがない。 とても休業手当を請求できる雰囲気ではない」と諦める。 収入は子どもの習い事代に充てていたが、「生活を変えるしかない」と話した。 「深夜に7時間拘束されても、3千円しかもらえない日が多い」。 運転代行アルバイトの男性(54)は嘆いた。 勤務時間は午後8時~翌日午前3時。 給料は完全歩合制で、売り上げの35%が男性の取り分だ。 主な客は繁華街の飲酒客だったが、飲食店が相次いで休業し、依頼が激減。 今は友人宅などで「家飲み」した人からたまに呼ばれる程度だという。 「来月の家賃も払えるか分からない。 ワンストップで相談や貸し付けの申請ができる所を設けてほしい」と訴える。 個人加入できる労働組合「連合福岡ユニオン」(福岡市)によると、2月末から今月9日までに寄せられた新型コロナ関連の相談は31件。 うちフリーランスや非正規労働者からは20件で休業手当関連の内容が大半を占める。 正社員の在宅勤務が広がるにつれ、「派遣社員だけが感染リスクのある密集状況で働かされている」といった相談も増えているという。 寺山早苗書記長は「非正規労働者は口約束で雇用されているケースもあり、厳しい立場に追い込まれやすい。 困ったことがあれば、迷わず相談してほしい」と話す。 相談受け付けは午前10時~午後5時(土日祝日を除く)。 同ユニオン=092(273)2114。 (吉田真紀).

次の

仕事を辞めたいが「甘え」か「甘えじゃない」かを判断するポイント

仕事ない

責任逃れが上手い 使えない・仕事ができない上司は、責任逃れがとても上手いです。 むしろ「責任」からいかに回避しようかということしか頭ないのでは?と思ってしまうほどです。 成果がでないのも、「部下がやる気をださないから」何か大きなミスがあれば「自分が指示したわけではありません」など、自分の名誉に傷がつきそうな場面からは全力で逃げます。 ちょっと難しそうな案件など、自分が下手に携わって上層部に指摘されると嫌なので「君に任せるよ」といって、仕事ができそうな人に丸投げをして「そこはもっとこうしないとダメじゃないか」などと口だけ挟んできます。 それで失敗をしたら「したほうがいいんじゃない?とアドバイスはしたけど、やれとは言ってない」とか言い出します。 責任を押し付けられたた裏切られた気分になりますよね。 仕事に私情をはさんで人と接する 仕事に私情を挟んでくる上司って、馬鹿上司ですよね。 例えば、この子はかわいいから優しく指導しようとか、こいつは偉そうに意見をいってくるから仕事を沢山おしつけてやろう・・・・というように私情を挟んでくる上司も結構多いです。 100人いれば100通りの人格があるわけで、合う人・合わない人がいるのは当たり前のことです。 それでも、別け隔てなく接しなければいけない立場にあるはずなのに、私情を挟んでしまうというのは、あってはならないことです。 自分の好みで判断しているんだ・・・とわかった途端に信用がなくなりますよね。 とにかく偉そう 仕事ができない・しない上司は、「上司」だからといってとにかく偉そうにする傾向にあります。 「おい、お前あの件はどうなってるんだ」 「まだ終わってないのかよ、早くやれよ」 など、自分はさほど仕事をしないくせに偉そうにしてることが多いです。 「脳ある鷹は爪を隠す」なんていうことわざがありますが、本当に偉そうにしてもいいぐらい能力のある人ほど謙虚なんですよね。 つまり、偉そうにしているということは、ただの馬鹿上司であるということなのです! 部下を教育できない 仕事ができない・しない上司は「部下を教育する」という概念がありません。 そもそも、自分の仕事だけでいっぱいいっぱいで部下の状況まで把握できなかったりもします。 「上司」であるということは、その部署なりなんなりの上の立場に立つ人間なのですから、部下を教育するのはもちろん上司の勤めです。 部下が育たなければ、その組織はいずれ仕事ができない人で溢れて崩壊していってしまいます。 しかし、だいたいは自分このことでいっぱいいっぱいだったり、「めんどくさい」勝ってしまって「それくらい自分で考えてくれる?」「見て覚えて」などと言ってごまかしてしまいます。 部下は、こうやってきちんと教育してくれない中、手探りで仕事をしていかなければいけない環境に不満をもちます。 部下がしている仕事を把握していない 仕事ができない・しない上司は、仕事をしていないので部下が何をしているのか把握していません。 その組織全体で何をしなければいけないのか、その為に誰が何を担当して、どう動いてくれているのかということを本来であれば把握している必要があるはずなのですが、仕事ができない馬鹿上司は把握しきれていないのです。 これが把握でいていないと誰が何に困っているのかもわからないし、全体的にどうすればいいのかという指示を出すことができませんよね。 それどころか、頑張ってくれている部下の評価もしてあげることができません。 部下は頑張っても評価されないのでやる気を失ってしまうばかりです。 部下の質問に的確に答えられない 仕事ができない・しない上司は、部下の質問に対して的確に答えられないことが多々あります。 例えば、「これは、どういった資料を集めればいいんですか?」という質問に対して、「うーん、なんかこう、、適当に、、集めておいてよ」という、全く答えになっていない返答を返してきます。 そもそも自分自身が業務についてきちんと理解しないまま指示を出しているんですよね。 なので、質問の答えになっていないということにも気がついていません。 質問されて「やべぇ、、わかんないけどわかんないって言えないからごまかそう」と思っているのです。 部下からすると、「なんて適当な人なんだ」と信用できなくなるし、がっかりしてしまいますよね。 自分の言っていることが正しいと思いこんでいる 仕事ができない上司のくせに、さも「自分が言っていることが一番正しい」みたいな物の言い方をする人って本当に腹立たしいですよね。 仕事もできない、周りを見れていないあなたが何を知っていて、何をわかっているのですか?と言いたくなってしまいます。 実際、「上司である」ということに酔って正論のようにつらつらと物事を語ってくる馬鹿上司って結構います。 「俺には経験があるからわかるよ」とでも言いたいのかもしれませんが、全然わかっていないのが現実です。 それでも部下が「はいはい」と聞いてくれているので、自分がわかっていないことに気がついていないのです。 かわいそうですよね。 部下の手柄を自分の手柄にする 「部下の手柄を自分の手柄にする」というのは、仕事ができない嫌な上司あるあるなのではないでしょうか?ドラマのワンシーンのようですが、実際にいるんです。 こういう嫌な上司が、、、、。 上手くいかなかったときや、ミスはすべて「自分は関係ない」で押し通すのに仕事が成功すると 「仕事をふったのは自分だ」 「自分がアドバイスしたから上手くいったんだ」 など、やんや言って自分の手柄にしようとしてきます。 作業中は無関心だったくせに成功しそうだとわかった瞬間口出しをしてきたり、結果がでると飛びついてくるなんてひどすぎます。 自分が無能だからこうやって、人の成功にあやかろうとしているんですよね・・・。 昔の人ほど「俺の物は俺のもの、お前の物は俺の物」みたいなジャイアン的思考の人が多いように感じます。 上司なのに仕事ができない理由 年功序列で上にあがってきただけだから 現代では、能力のある人が評価されてどんどん昇給していくという制度の会社がほとんどかと思いますが、昔はの能力関係なく年功序列で昇給していく会社がとても多かったです。 年功序列ということは、年齢を重ねたり勤続年数が長いほど職場での立場がどんどん偉くなっていくということです。 だから、仕事ができない無能上司でも「上司」になれたのです。 「年功序列」の制度が当たり前だったころの世代の人は、仕事ができるからとって昇格したわけではないので「上司なのに仕事ができない」というわけのわからない存在になってしまうことが多くなってしまいます。 媚びを売りまくって昇格しただけだから 上司の中には昇格することだけを目標に、一心不乱に上層部の人間に媚を売りまくって昇格したという人もいます。 そういう時代だったということもあるかもしれませんが、信頼されていれば仕事できなくても昇格できる場合があったのです。 上層部に気にいられて昇格しても、能力があるわけではないので確実に部下からは「仕事ができない」と思われて当然です。 仕事に対して無関心 仕事ができない上司は、そもそも仕事に対して「無関心」だったりします。 とにかく出社して、適当でも仕事をしていればお給料がもらえるならそれでいい・・・という感じ。 仕事にやりがいなんて求めていないので、仕事に熱心に取り組みません。 職場全体の業績なんて気にしないし、もちろん自分自身の仕事に対する評価なども気になりません。 周りの人がどんなに忙しそうにしてても無関心。 企業に務めるということは組織に所属するということですから、普通であれば少しでも業績アップのために貢献したいという気持が生まれるはずです。 それが全くないのでダラダラを仕事をして「早く定時にならないかな」なんて思いながら過ごしてしまうのでしょう。 自分は仕事ができると思い込んでいる 仕事ができない上司の中には、「自分は仕事できる」という心理で、仕事に取り組んでいる人もいます。 「仕事ができている」と思っているということは、もちろん「改善すべきところはない」と思っているので、永遠に改善されず仕事ができないままなのです。 自分の仕事のペースが遅くても気がついていないし、周りが見えていないのである意味非常に「楽観的」であるといえるでしょう。 自分のことしか考えていない 仕事ができない人は、とにかく自己中心的です。 周りが見えている人は、慎重に仕事に取り組むし、何かミスが合った場合に訂正する時間も考えて提出物は期限より早めに提出したりします。 作業においても、早く終わらせられることであればさっさと終わらせて他の人のフォローに回ろうと考えるでしょう。 仕事ができない上司は、「自分の仕事」しか見ていないので、「ペースが遅くても終わればいいんでしょ」という感覚でミスをして他の人にフォローしてもらうことになってもお構いなしです。 会社という組織に所属していて、さらに上司という立場なのに「自分のことしか考えていない」はアウトですよね。 仕事しない・できない上司の対処法 とりあえず、おだてておく 仕事ができない・しない上司ほど、偉そうに物事を語ってきたり、偉そうに指示をだしてきたりとイラッとしてしまうことも多いですよね。 しかし、無駄に反抗してしまうとめんどくさいことになりかねません・・・。 とりあえず、めんどくさいので波風を立てないように接しておいて後は放っておくのが一番のように思います。 ああだこうだ騒がれると仕事に支障がでてしまうので、黙っててもらいましょう。 無視する・相手にしない 仕事ができない・しない上司の言っていることなんて使用できないと思うので、無視する・相手にしないというのも手でしょう。 「またなんか言ってるよ・・・はいはい」と思っておけばいいのです。 結局仕事ができない無能な上司なんて、いてもいなくても仕事ができちゃうんですよね。 いないものとして考えて仕事をしていたほうが、無駄なストレスを感じずにすみます。 部下だけで仕事を進めてしまいましょう! 無能な上司には「報連相」だけしっかりとしておけば問題ありません。 「〜をしておこうと思いますがよろしいですか?」と指示を引き出す 上述したように、仕事ができない・しない上司は、全体を見て的確な指示がだせないので、「どうすればいいですか?」などと質問をしたところで「そんな事自分で考えろ!」で終了してしまいます。 自分ですべきことを考えて行動できるのが確かにベストなのはわかりますが、「これでいいのか・・・」など不安なときってありますよね。 この聞き方だと無能な上司でも「良い・悪い」で判断して返事をすればいいだけなので、的はずれな返答が返ってくる心配もありません。 さらに、後から「言われてもいないのに勝手にやった」と言われるのを防ぐこともできるのでトラブルの防止になります。 ダメ元で思っていることをぶつけてみる あまりにも上司が無能な馬鹿上司すぎて困っている・・・日々ストレスでハゲそうだ・・・。 というくらい悩んでいるのであれば、思い切ってダメ元で思っていることをぶつけてみるのも良いかもしれません。 仕事ができない上司の中には自分が「仕事ができない」ということに気がついていない場合もありますし、部下にそう思われているなんて思ってもいないという人もいます。 また、「手をぬいても部下は自分に文句が言えないだろう」と高をくくっているから、仕事をしないということもあるでしょう。 どちらにせよ、一度ガツン!と言ってやってはどうでしょうか。 喧嘩腰ではなく、「尊敬している上司だからこそ、変わってほしいと思っています」みたいな角が立たない言い方をしてみるといいでしょう。 すんなり聞き入れてくれる上司ばかりではないと思いますが、もしかしたら効果があるかもしれませんよ。 上司に近い存在の人に相談する 仕事ができない上司について悩んでいて、なおかつ本人には直接言う勇気がない・・・!という場合は、上司に近い存在の人や、上司より上の上層部の人間に相談するしかないでしょう。 上司が仲良くしている同僚や、上司がお世話になっているとよく口にしている上司の上司などに悩んでいる旨を伝え、自分からは言えないので・・・と注意をしてもらうようにお願いをしましょう。 自分より上の人間に注意をされれば、さすがの上司も改善しなければと思うはずです。 自分が出世して上司を追い越す! とにかく仕事に精をだしまくって結果を出しまくり、出世をして仕事ができない上司よりも上の立場まで昇格してギャフンと言わせてやるのもいいでしょう。 尊敬できない上司の元で働くのは、本当に辛いことだと思います。 でも、それでモチベーションが上がらないからといって手を抜きまくっていたら、仕事ができない無能な上司とやってることが同じになってしまいます。 無能な上司の部下になってしまったという事実を受け止めて、反面教師にして努力を積み重ねるしかありません! あなたが結果を出しても、手柄を横取りしてくるかもしれません。 でも、それでも見ていてくれている人は必ずいます!!!!必ず評価してもらえる日がくるので「何糞〜!」と思いながら努力して、無能な上司を追い越してやりましょう。 転職する もう、どうしてもどうしても仕事ができない上司の存在がストレスだ・・・というときは、思い切って転職をしてみるのもいいかもしれません。 仕事を頑張ろうという姿勢を前向きにもっているのは、とても素晴らしいことです。 しかし、無理をしすぎてしまうと精神的も肉体的にも負担がかかりすぎてしまう場合もあります。 もう辛くて辛くて死にたい・・・などそこまで追い詰められてしまっているなら、いっそのこと環境を変えてみるべきでしょう。 できるだけそうなる前に、相談をしてみたり解決できるよに行動できることが望ましいのですが、「そんな気力にもなれない」というときだってありますよね。 この世には沢山の職業が存在するので、必ずどこかで尊敬できる上司に巡り会えるはずです! 転職も一つ手段として視野に入れておきましょう。 1人で訴えていると、「性格の不一致でしょ」くらいに思われて耳を傾けてもらえないこともありますが、複数人となると信憑性も増しますし「これは大事だ・・・!」ということで上層部も動いてくれるかもしれません。 「辞めさせる」というよりは、それで危機感を感じれば、自主的に辞職をしてくれる可能性があります。 だって、普通だったら大人数で「仕事ができない・しない上司だ」なんて訴えられたら、気まずくてその職場にいられないですよね・・・。 社長に報告する 企業のトップと言えば、やはり「社長」ですよね。 「社長」というトップの人間に相談してみるのが一番効くかもしれません。 例えば、パワハラまがいのことをされた・・・などであれボイスレコーダーに録音をし、証拠として提出しましょう。 社長からの評価が下がってしまうことが一番恐れていることだと思いますし、それこそ「この会社にはいられないな」と感じ辞職を選択する可能性があります。 まとめ いかがでしたか? 仕事ができない上司・しない上司というのは全国どこにでもいるものです。 イライラしてしまいますし、尊敬できない上司の元で働いているなんて虚しくなってしまいますよね。 転職をして環境を変えるのも、もちろん手なのですが、仕事が好きだから辞めたくないという人もいるでしょう。 せっかくやりがいを感じられていて職場を捨ててしまうのは非常にもったいないです。 他人を変えるのは難しですが、自分を変えることができるはずです! 思いっきり仕事を頑張って仕事ができない上司を見下す立場になってみてはどうでしょうか。 そして、いつか自分に部下ができたときに、「仕事ができない・しないダメ上司」と思われないように、反面教師にしましょう!.

次の