人参 リレー。 【人参とカボチャのポタージュ】

にんじん 人参 ニンジンの旬 出回り時期

人参 リレー

おうち時間が増えた昨今、SNSで話題になっている「料理リレー」。 バトンを受けとった料理家さんたちのレシピが次々に紹介され、その数は4000を超える勢いになっているんです。 発起人である、料理研究家の脇 雅世先生にこの企画に込めた思い、そしてこれからについてインタビューさせていただきました。 (脇先生の呼びかけの投稿より) 「料理でつながりたい」その思いを込めて企画を発案 「世界中が危機感であふれている毎日です。 今週末は外出自粛という事でおうちで過ごす時間が長くなりました。 こんな時に皆さんと料理でつながることができたらと思い『料理リレー』を試みたいと思います。 お家にある手軽な材料で簡単に作れる一品を紹介する。 そして次の料理家の友人2人に思いを込めてバトンをつないでいきます。 料理を生業とする私達から、ご覧いただいた皆さんがハッピーになることを願って」と、イーストもオーブンも使わないピザのレシピが公開されました。 「なにかできないかな?」の問いかけに次女の巴里さんが背中を押してくれた (左が次女で同じく料理研究家の加藤巴里さん) 巴里さんはワーキングホリデーでスペインのレストランで研修をしており、3月に一時帰国。 コロナ騒動の中、何とか帰国したものの、今度はスペインに戻れなくなり、気を落としていた時に、「何か出来ないかな?」と、当時SNSで流行っていた人参リレー(人参の絵を描いてリレーするもの)をヒントに、料理のリレーを思いついたのだそう。 同じく何か料理で力になりたいと思っていた脇先生の気持ちと意気統合し、そこからは瞬く間に話が進んだそうです。 世間ではテレワークに、外出自粛、そしてお子さんもいるなか3食作らねばとご飯作りに困っていると知り、料理家だからできることをとしたいと思い、スタートしました」と脇先生。 把握しているだけでも4000以上の投稿に バトンを受け取った料理家さんがこの思いに賛同し、つないでくれたバトン。 ご自身も想像だにしなかった広がりにびっくりしているそう。 「こんなにたくさんの方が参加してくださることになるとは予想しておらず、本当に嬉しい限りです。 日本だけでなくアメリカ、フランス、イギリス、カナダ、香港、台湾、等々に住む、食に関わる方があげてくださったり、今回いろんな先生とWEBでつながれたことも嬉しかった。 その料理家の皆さんが材料をご自身で準備して、レシピも公開してくださるという、まさにボランティアで成り立っていて、感謝の気持ちでいっぱいです」。 そのレシピの数は日々更新され、まだ全部は追い切れていないほどの量となり、3食つくるとして2年7か月分以上はありそうとのこと。 先日お孫さんが誕生したばかりの脇先生。 「私から娘へと紡いだ命はまた新しい肉体へと受け継がれ、同時期にちょうど料理リレーで皆さんとつながったことと重なりました。 」と感慨深いご様子の先生でした。 イーストが入らないのでいくら待っても膨らみませーん(笑)。 蓋をして弱火で1分30秒、全体が乾いたら裏返して具材をのせます。 緑は、ベランダのセリです。 ピザチーズ60gとオリーブ油少しをかけて蓋をして弱火で10分で完成です。 この具材の分量はピザ1枚分 ここでワンポイント! 生地をパリっとさせるには、一度片面を焼いたら裏返しましょう。 裏返してから、上に具材をのせるのがコツです。 最初の投稿を「ピザ」にしたのは、親子クッキングを意識したから 「きっかけは繰り上げて春休みになった子供を持つお母さんに向けて提案できたら、と。 いつもよりすでに長い春休みになっていて、子供たちと楽しく一緒に作れるものが良いなと思ったからです。 このピザはイーストもオーブンもいらない。 子供と一緒にコネコネできるものです。 トッピングはなんでもよく、その時はうちにあるものでつくってもらえたらなと」。 先生によると、人気のオンライン飲み会などで食べる「おつまみのヒント」にもなるかもしれませんね、とのこと。 お酒に合うトッピングでも是非トライしてみたいですね。 新たな挑戦! 「オンライン料理教室」を開設します 新しいことに意欲的に取り組む脇先生の、次の試みをご紹介。 5月15日より脇先生と加藤巴里先生によるオンライン料理教室が開講。 「非公開Facebookグループページ」を使った会員限定の家庭料理中心 基本料理〜できたらうれしい料理まで の料理を学べる教室です。 自宅にいる時間が長くなったこの時期に、料理力をアップできるチャンスになりそうですね。 取材・文/加藤文惠.

次の

人参(にんじん)

人参 リレー

おうち時間が増えた昨今、SNSで話題になっている「料理リレー」。 バトンを受けとった料理家さんたちのレシピが次々に紹介され、その数は4000を超える勢いになっているんです。 発起人である、料理研究家の脇 雅世先生にこの企画に込めた思い、そしてこれからについてインタビューさせていただきました。 (脇先生の呼びかけの投稿より) 「料理でつながりたい」その思いを込めて企画を発案 「世界中が危機感であふれている毎日です。 今週末は外出自粛という事でおうちで過ごす時間が長くなりました。 こんな時に皆さんと料理でつながることができたらと思い『料理リレー』を試みたいと思います。 お家にある手軽な材料で簡単に作れる一品を紹介する。 そして次の料理家の友人2人に思いを込めてバトンをつないでいきます。 料理を生業とする私達から、ご覧いただいた皆さんがハッピーになることを願って」と、イーストもオーブンも使わないピザのレシピが公開されました。 「なにかできないかな?」の問いかけに次女の巴里さんが背中を押してくれた (左が次女で同じく料理研究家の加藤巴里さん) 巴里さんはワーキングホリデーでスペインのレストランで研修をしており、3月に一時帰国。 コロナ騒動の中、何とか帰国したものの、今度はスペインに戻れなくなり、気を落としていた時に、「何か出来ないかな?」と、当時SNSで流行っていた人参リレー(人参の絵を描いてリレーするもの)をヒントに、料理のリレーを思いついたのだそう。 同じく何か料理で力になりたいと思っていた脇先生の気持ちと意気統合し、そこからは瞬く間に話が進んだそうです。 世間ではテレワークに、外出自粛、そしてお子さんもいるなか3食作らねばとご飯作りに困っていると知り、料理家だからできることをとしたいと思い、スタートしました」と脇先生。 把握しているだけでも4000以上の投稿に バトンを受け取った料理家さんがこの思いに賛同し、つないでくれたバトン。 ご自身も想像だにしなかった広がりにびっくりしているそう。 「こんなにたくさんの方が参加してくださることになるとは予想しておらず、本当に嬉しい限りです。 日本だけでなくアメリカ、フランス、イギリス、カナダ、香港、台湾、等々に住む、食に関わる方があげてくださったり、今回いろんな先生とWEBでつながれたことも嬉しかった。 その料理家の皆さんが材料をご自身で準備して、レシピも公開してくださるという、まさにボランティアで成り立っていて、感謝の気持ちでいっぱいです」。 そのレシピの数は日々更新され、まだ全部は追い切れていないほどの量となり、3食つくるとして2年7か月分以上はありそうとのこと。 先日お孫さんが誕生したばかりの脇先生。 「私から娘へと紡いだ命はまた新しい肉体へと受け継がれ、同時期にちょうど料理リレーで皆さんとつながったことと重なりました。 」と感慨深いご様子の先生でした。 イーストが入らないのでいくら待っても膨らみませーん(笑)。 蓋をして弱火で1分30秒、全体が乾いたら裏返して具材をのせます。 緑は、ベランダのセリです。 ピザチーズ60gとオリーブ油少しをかけて蓋をして弱火で10分で完成です。 この具材の分量はピザ1枚分 ここでワンポイント! 生地をパリっとさせるには、一度片面を焼いたら裏返しましょう。 裏返してから、上に具材をのせるのがコツです。 最初の投稿を「ピザ」にしたのは、親子クッキングを意識したから 「きっかけは繰り上げて春休みになった子供を持つお母さんに向けて提案できたら、と。 いつもよりすでに長い春休みになっていて、子供たちと楽しく一緒に作れるものが良いなと思ったからです。 このピザはイーストもオーブンもいらない。 子供と一緒にコネコネできるものです。 トッピングはなんでもよく、その時はうちにあるものでつくってもらえたらなと」。 先生によると、人気のオンライン飲み会などで食べる「おつまみのヒント」にもなるかもしれませんね、とのこと。 お酒に合うトッピングでも是非トライしてみたいですね。 新たな挑戦! 「オンライン料理教室」を開設します 新しいことに意欲的に取り組む脇先生の、次の試みをご紹介。 5月15日より脇先生と加藤巴里先生によるオンライン料理教室が開講。 「非公開Facebookグループページ」を使った会員限定の家庭料理中心 基本料理〜できたらうれしい料理まで の料理を学べる教室です。 自宅にいる時間が長くなったこの時期に、料理力をアップできるチャンスになりそうですね。 取材・文/加藤文惠.

次の

にんじん 人参 ニンジンの旬 出回り時期

人参 リレー

ニンジンは移植できないので、種は畑に直播きします。 ニンジンの種は発芽率が低く、低温/高温、乾燥した環境では発芽しにくい特徴があります。 そのため、 種まきから発芽までは特に注意が必要。 集団で種まきすると発芽率がよくなるので、にして後で間引きます。 また、発芽には水分が必要なので、 雨が降った翌日にまくのが理想です。 乾いているときはたっぷり水をまいてから種をまきます。 雨が降らず乾燥が続きそうなときは、発芽するまで毎日、朝か夕方の涼しい時間帯に水やりをしてやりましょう。 条間20〜30cmでまき溝を切り、種を1cmおきに条播き。 覆土は薄めにし、 しっかりと鎮圧します。 (覆土が薄すぎると種が乾燥しやすいので、 種が隠れる5mmほどの覆土が目安。 ) 種まきから10日前後経っても発芽しなければ、種をまき直した方が良いかと思います。 ニンジンの種は小さく毛も生えているので種まきしにくいのですが、シードテープ(シーダーテープ)だと、まき溝にテープを埋めるだけなので簡単です。 シードテープは水溶性のテープに等間隔に種が包み込まれたもので、水をかけることで溶けて種のみになります。 うちでも試しましたが、発芽率も悪くなく、大量に栽培するときには重宝します。 連作障害 ニンジンは連作障害が出にくいため、同じ場所での連作が可能です。 また、コンパニオンプランツとして「」を混植すると、お互いの害虫(ニンジンのと、エダマメのカメムシ)を予防する働きがあります。 尚、ニンジンと「インゲン」を一緒に植えると、どちらも「」の被害を増大させるため、注意が必要です。 種まきから3ヶ月半ほど、葉が茂ってくる頃が収穫期になります。 根元を少し掘って太さを確認し、根が太ってきたものから収穫。 品種にもよりますが、地上部に出ている根の直径が4〜5cmくらいで収穫します。 収穫する際は、茎の下の方を持って真っ直ぐ上に引き抜きます。 確認のために掘った土は、そのままにしておくとニンジンが緑化してしまうため、収穫しない時は土を掛けておきましょう。 また、成長し過ぎたニンジンは実割れ()を起こすため、採り遅れないように注意。 11月中旬以降に収穫サイズに育ったニンジンは実割れの心配がないため、ゆっくり収穫することができます。 越冬収穫するには 霜が降りだすと葉が枯れて成長が止まります。 しかし、根は気温の影響を受けにくく耐寒性があるので、ニンジンが隠れるように土を掛けておけば、春までそのままで置いておくことも可能です。 側根が等間隔に並んでいるものが美味しい 発生しやすい病害虫 ニンジンに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。 病気 うどんこ病 葉の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。 原因ウイルスをアブラムシが媒介します。 害虫 キアゲハ 体長5cmほどと大きく、黒と黄緑の縞模様にオレンジ色の斑点が特徴のイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

次の