アルキメデスの大戦 映画 感想。 映画「アルキメデスの大戦」感想・レビュー(史実も踏まえてアルキメデスの大戦の魅力を探ってみた)

【アルキメデスの大戦】漫画原作映画のあらすじ感想と動画配信サイト情報

アルキメデスの大戦 映画 感想

映画「アルキメデスの大戦」あらすじ 日本と欧米の対立が激化の一途を辿っていた第二次世界大戦前の昭和8年…。 日本帝国海軍の上層部は超大型戦艦「大和」の建造計画に大きな期待を寄せていた。 そこに待ったをかけたのは、海軍少将・山本五十六。 山本はこれからの戦いに必要なのは航空母艦だと進言するが、世界に誇れる壮大さこそ必要だと考える上層部は、戦艦「大和」の建造を支持。 危機を感じた山本は、 天才数学者・櫂直(菅田将暉)を海軍に招き入れる。 櫂の数学的能力で、「戦艦大和」建設にかかる莫大な費用を試算し、その裏に隠された不正を暴くことで計画を打ち崩そうと考えたのだ。 「軍艦の増強に際限なく金が注がれ、やがて欧米との全面戦争へと発展してしまう。 そんなことはあってはならない!」と、櫂は日本の未来を守るため、海軍入隊を決意。 持ち前の度胸と頭脳、数学的能力を活かし、前途多難な試算を行っていく。 だがそこに、帝国海軍内の大きな壁が立ちはだかっていく・・・。 映画「アルキメデスの大戦」はつまらない作品? 消化不良感 遅まきながらアルキメデスの大戦を鑑賞したのだが、つまらない映画というわけじゃないが「ここが面白かった!」と語りたいほど面白い映画でもなくてなんだか消化不良感すごいw — まりお公 C97完売御礼 mariofa0708 確かに「 ここが面白かった!」っていうような作品ではなくて、映画を観終わった後にすごく思うものがある、そんな作品でしたね。 作品を通して何かを訴えかけてくるような映画でした。 (後ほど解説) 原作はつまらない アルキメデスの大戦観ました!監督の丁寧な仕事が光る傑作でした。 机上のバトルがこんなに面白いとは……。 原作は会議ばかりでつまらない印象でしたがこれからはちゃんと読もうと思います。 — ゆうぽ提督 甲甲甲甲丙乙 GamingYupopo 最初に説明した通り、原作はマンガなのでそれを実写化した映画となります。 私自身は原作を読んだことがないのでなんとも言えませんが、読んだ人によると映画の方が面白いとのことですね。 なんだか引き込まれる作品 「アルキメデスの大戦」を観てきた。 派手さはあまりなく、ラストもやるせないんだけどつまらないわけじゃない…なんだか引き込まれるいい映画だった。 菅田将暉さんが演じる主人公・櫂少佐が仮面ライダーWのフィリップっぽくてちょっとニヤニヤする場面もありましたね。 — DAMA(ダマ) dama1076 そう、この人の言いたいことがまさしくこの映画を表していると思います。 中でもラストのやるせなさっていうのが、 あえて視聴者に印象付けるための工夫なのでは?と考えています。 下手くそな脚本? 『アルキメデスの大戦』いや、全体通して、これ凄まじく下手くそな脚本だよね?面白がり所を菅田将暉に頼りすぎだし、せっかくのキャラもつまらないし。 でも、その全てをぶっとばす狂気じみた観客をぶち抜くメッセージ性が「今」だなあ。 『艦これ』とか『ガルパン』とか小学館『はたらく車』騒動とか。 確かにキャスト自体は豪華ですが、それ以上に惹きつけられたのは この作品のメッセージ性なんですよね。 映画としてはつまらないと感じる部分もありますが、訴えかけてきているものに気付けるかどうかがポイントだと思います。 映画館で観たかった作品 アルキメデスの大戦 ようやく見終わった訳ですがほんと映画館で見たかったよ。 — こぶたぬきつね Bitonism 私も動画配信サービスで観たんですが、最初のシーンはやはり映画館で観ておきたかったですね。 やはり最後は鳥肌もの アルキメデスの大戦見終わったー!やー……よかった、予想を超えてよかった……史実知ってるからどうなんの?と思ったけど最後は鳥肌だな — ふう@原稿するよ fuu17 なんかひっくり返されたような気分になりますよね。 言わば、「 え、そう終わるのか。 」って感じ。 あまりの人気で在庫切れ 戦艦好きの菅田将暉好きなのでアルキメデスの大戦レンタルしようと思ったら……全部貸し出し中だった😱 — 不沈艦雪風 zHrj7T5kfo8Cf1h 注目されていた作品ということもあって、ビデオレンタルショップでは全部貸し出し中で見れなかったという人が多いようですね。 歴史を知っている方はより一層楽しめる アルキメデスの大戦、本当は予告を初めて見た時から映画館で観たいと思っていたけど都合が合わず見れなかった。 ようやくネットで配信され始めたから視聴したけど、かなり面白かった。 最初から最後まで引きつけられたし、太平洋戦争の史実に基づいているから歴史を知っている人間にはより楽しめた。 — あさき Asaaaaaaki 歴史というか当時のことについて少しでも勉強したことがあれば、より一層楽しめると思います。 なので子供向きではないですね。 そういう映画を期待して観ると裏切られるかも。 映画「アルキメデスの大戦」はつまらない作品ではないので1度は観て欲しい 今回は 映画「アルキメデスの大戦」の感想と評価について書きました。 この作品は大げさにいうと、 最初の5分ほどと終盤部分に全てが凝縮されていると思います。 逆に言えば それだけで観る価値があるといっても過言ではない映画だと思っているので、まだ観れていないという方はレンタルしてみることをおすすめします! それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。

次の

アルキメデスの大戦,菅田将暉,浜辺美波

アルキメデスの大戦 映画 感想

全長263m、排水量72,809トン(満水)、46cm主砲を搭載した史上最大級の戦艦「大和」。 この戦艦の攻撃能力は世界に類を見ないほど強大だがそれにも増して姿が美しい。 まるで海上に浮かぶ富士山だ。 今のお金にして4,000~5,000億円(あくまで推定)を投じ、日本の技術の粋を集めて建造された。 ところが就役から3年半後の1945年(昭和20年)4月7日、鹿児島県沖の坊ノ岬近くで、たいした戦果も挙げられずに撃沈される。 このドラマは三田紀房のマンガ「アルキメデスの大戦」の実写化だ。 史実や実在のモデルを基にした壮大なフィクションだからこそリアリティがある。 冒頭、5分半の「大和」がアメリカ戦闘機の集中攻撃を浴びて沈没してゆくCGを見るだけでも価値がある。 10本の魚雷と空から降り注ぐ爆弾によって横転し、船体の爆発によって真っ二つに折れ、3,000名の乗組員とともに海底に消えてゆく。 わずか2時間足らずでこの怪物が消えてゆく。 不沈戦艦と呼ばれ「日本人の心の支え」であったものがあまりにあっけなく崩れてゆく。 時代は大艦巨砲主義から航空主兵主義に移って行く。 山崎貴監督はこの「大和」が沈むことによって「無謀な戦争を止めるきっかけを我々に与えた」と考えている。 そして、「大和」は日本国に代わって犠牲になる為に建造されたと言う強烈なメッセージを伝えたかったようだ。 山崎は大和近くの駆逐艦に乗っていた人から聞いた話にショックを受けている。 撃墜されたアメリカ軍パイロットを救助艇が助けて飛び立ってゆく光景を目の前で見たそうだ。 この時、日本は勝てないと心底感じたと・・・。 ドラマは9年前に遡る。 1933年(昭和8年)戦艦大和建造計画が持ち上がる。 海軍大臣 大角岑生(小林克也)、造船中将 平山忠道(田中泯)、海軍少将 嶋田繁太郎(橋爪功)を中心とする建造推進派。 海軍中将 永野修身(國村隼)、海軍少将 山本五十六(舘ひろし)中心とする反対派が激突する。 山本五十六は大艦巨砲主義は古臭い、これからは航空主兵主義に移行すべきと主張する。 そして戦艦よりも航空母艦を創るべしと激論を戦わせる。 戦艦大和建造費があまりに安いのに疑念を抱いた山本五十六は帝国大学出身の天才数学者・櫂直(かいただし:菅田将暉)をスカウトして少佐とし、戦艦大和の本当の建造費を算出させる。 戦艦大和の情報は最高機密に属し、全くその全容がつかめない。 果たして櫂直はどのようにして戦艦大和の真の建造費を割り出し、見積もり差額との不正を暴いて、建造をストップさせることが出来るのか。 その後のストーリーとネタバレ 戦艦大和の情報は最高機密に属しているから誰にも入手できない。 困った櫂直は現存する最高の戦艦「長門」(1920年竣工当時世界最大・最強の戦艦:全長225m、基準排水量39,120トン)をベースにしようと考える。 櫂は長門の艦長・宇野大佐(小日向文世)を上層部のコネで訪ねる。 「長門」に乗り込んだ櫂は付き人の田中少尉(柄本佑)とメジャーを使って必死に艦を計測する。 さらに「長門」の設計図を秘密裏にメモに書き写す。 この情報をもとに櫂は幻の大和の設計図を自分なりに書いてみる。 設計図を書くにあたって10冊ほどの専門書を数日でマスターする。 そばにいた田中少尉は100年に一人の天才数学者と言われる櫂の実力を目の当たりにして腰を抜かしそうになる。 誰も見たことのない大和の設計図を櫂は自己流で書いてしまった。 これをもとにして製造コストを算出するのだが材料費・加工費・人件費が分からなければ話にならない。 櫂はかつて家庭教師をしていた尾崎財閥の令嬢・尾崎鏡子(浜辺美波)の協力を仰ぐ。 恋人の鏡子によって尾崎造船から独立した大里造船社長・大里清(笑福亭鶴瓶)を紹介される。 そして大里から多くの貴重な情報を入手し、鋼材の重量から建造コストを算出する数式を作り上げる。 戦艦大和建造推進派と航空主兵主義派との最終会議が始まる。 この席で櫂は自分の作った数式を披露し、鋼材の重量から戦艦製造のコストを算出してみせる。 戦艦大和の建造費は会議では9,800万円(当時のお金で)とされた。 これに対し櫂の試算では1億4,000万円以上かかることになる。 おかしいと突き上げるが、造船中将 平山忠道はこれは敵の目をくらます戦法だと意にかえさない。 ところが平山は櫂の作った戦艦大和の設計図を見てびっくりする。 そこには平山が作ったものよりも理論的に正しい設計図があった。 平山は自分の設計した大和が大波に弱いことを知る。 彼はこの会議から負けを宣言し引き下がる。 暫くして櫂は平山から部屋に呼ばれる。 彼の部屋には戦艦大和の模型があった。 そして平山から戦艦大和を作るのを手伝ってほしいと懇願される。 彼は自分の思いをさらけ出す。 「このまま戦争を続ければ日本は滅亡してしまう」「そうさせないためには大和に犠牲になってもらう」「この巨艦大和が沈めば日本は目が覚め戦争を止めざるを得ない」・・・平山はそうつぶやく。 戦艦大和は1941年12月16日に就役する。 艦には就役前の11月25日、山本五十六連合艦隊司令長官が視察に訪れる。 そこには櫂中佐の姿もあった。 櫂は下船し、振り返って戦艦大和を見る。 その瞳から涙が流れる。 レビュー 大和型戦艦は3隻建造予定されていた(大和、武蔵、信濃)。 1号艦は「大和」、2号艦は「武蔵」が就役していた。 ところが1944年(昭和19年)10月24日フィリピン海の一部シブヤン海で「武蔵」が撃沈される。 アメリカ戦闘機の度重なる攻撃で9時間後沈没する。 そして「大和」も1945年(昭和20年)4月7日、鹿児島県沖の坊ノ岬近くでわずか2時間で撃沈される。 戦艦「武蔵」 武蔵の沈没に慌てた海軍は3号艦を空母に設計変更し「信濃」としたが空襲を避ける為、未完成のまま横須賀から呉へ回航される途中に米潜水艦の攻撃によって沈没させられる。 そしてその後、最後の浮沈戦艦「大和」も沈没する。 大艦巨砲主義によって46センチ砲が搭載されたが動かない標的であっても数%程度の命中率であった。 したがって動く対象物であれは0.1%以下と言われている。 戦闘機の方が目標に近づき魚雷や爆弾を投下させることが出来るのでその差は歴然だ。 空母「信濃」 もし、日本がもっと早く航空主兵主義に移行しておればどうなったか分からない。 しかし、そうなれば戦争が止めどもなく続くことが考えられる。 山崎貴監督の「大和」が沈むことによって「無謀な戦争を止めるきっかけを我々に与えた」との強いメッセージは胸を打つ。 この物語はフィクションだが戦争の無謀さを考えさせるうえで良い作品だと思う。 人気記事• 282件のビュー• 207件のビュー• 116件のビュー• 91件のビュー• 83件のビュー• 58件のビュー• 57件のビュー• 57件のビュー• 47件のビュー• 39件のビュー• 30件のビュー• 27件のビュー• 25件のビュー• 24件のビュー• 22件のビュー• 20件のビュー• 18件のビュー• 17件のビュー• 16件のビュー• 14件のビュー• 13件のビュー• 12件のビュー• 12件のビュー• 11件のビュー• 11件のビュー• 10件のビュー• 10件のビュー• 10件のビュー• 9件のビュー• 9件のビュー.

次の

アルキメデスの大戦,菅田将暉,浜辺美波

アルキメデスの大戦 映画 感想

大和のほうでも爆撃機を攻撃しますが、撃墜した機から脱出したパイロットは、米軍の戦闘機に回収されています。 やがて大和は攻撃に耐えかねて、傾いて沈みます。 ひっくり返った艦(ふね)は、モクモクと煙を吐きながら沈没しました…。 〔この時 3000名余りの 乗組員の命が失われた その12年前〕 昭和8年、日本は激動の時代の中で、大きく揺れていました。 世界恐慌で疲弊した国力の回復を目論んだ日本は、この前年、満州国建国を宣言します。 同じく中国進出を目論む欧米列強との対立を深めた日本は、この年、国際連盟を脱退しました。 日本は世界の中で、孤立を深めていたのです…。 〔海軍第一航空戦隊 旗艦 赤城〕 発艦を見る山本五十六海軍少尉は、これからの戦争は航空機での戦闘が主流になると考えていました。 巨大戦艦は不要で、航空機を多数搭載し、海上基地の役割を果たす航空母艦こそが、必要だと考えます。 山本は藤岡喜男造船少将に命じ、新しい航空母艦の模型を作らせていました。 模型を見ながらも、嶋田繁太郎海軍少尉の反対にあうだろうと、山本は考えます。 海軍においては海での戦闘を重視するために、巨大戦艦にあこがれを持つのです。 しかし山本は、これから日本がまた大戦をするだろうと考えていました。 日露戦争で勝利を収めた日本国は、大戦に臆しない機運を持っています。 その時に備えて、航空母艦を建造したいと山本は考えます。 〔海軍省〕 少しでも味方を増やしたい山本は、藤岡とともに、海軍省の永野修身海軍大将をひきこみます。 いっぽうの嶋田陣営は、平山忠道造船中将がついていました。 〔第一回新造艦検討会議〕 日本海軍は戦艦〝金剛〟にかわる戦艦を作るための、会議をおこないます。 航空母艦を提案する山本に対し、予想どおり、嶋田は戦艦を提案しました。 山本も嶋田も模型を示して主張をし、どちらも譲りません。 巨大戦艦にするか、航空母艦にするかの結論は、半月後に持ち越されました。 料亭に席を移した山本、藤岡、永野は、嶋田と平山の案を却下する方法がないか、相談します。 会議の際に、ひとつ気になったことがありました。 山本側が提案した航空母艦〝藤岡案〟は、建造費が8900万円かかります。 それに対し、嶋田側が提案する巨大戦艦は、航空母艦よりも大きなものなのに、建造費の見積もりが9300万円と、大差ない金額を提示していました。 これはいずれも現在の1600億円、1700億円です。 「虚偽の数字を出している」ことが証明されれば、でたらめを糾弾すれば、平山案を退けられると考えた山本は、巨大戦艦の見積もりが計算できればいいと思います。 問題は、たった2週間でその計算をするのは、難しいということでした。 山本は、近いうちにまた大戦が起きると考えていました。 戦争を断ち切るためにも、巨大戦艦を作る計画を白紙にするべきだと、山本は思っています。 山本たちが打ち合わせをする料亭の別の部屋で、櫂直という若者が、芸者を集めてメジャーで計測をしていました。 芸者を部屋に呼べず腹を立てた山本たちは、櫂の部屋に行き、櫂と話をします。 櫂は帝国大学の数学科に所属する、大学生でした。 尾崎財閥の令嬢・鏡子の家庭教師をしながら、書生で帝国大学に通っていました。 ところが鏡子と心を通わせたために、櫂は大学を退学し、家庭教師の仕事も干されます。 落胆した櫂は日本を見限り、アメリカへ渡航するつもりです。

次の