コロナ ウイルス アメリカ。 アメリカ国内の新型コロナウィルス感染者数の推移(州ごと)

アメリカ国内の新型コロナウィルス感染者数の推移(州ごと)

コロナ ウイルス アメリカ

こんにちは、日本で平凡なサラリーマンをしている二児のパパです。 片道2時間かけて電車通勤をしている私ですが、 新型コロナウイルスの感染に不安を感じながら日々過ごしています。 世界に目をやると感染者の増加は収まるどころではない状況。 下のグラフを見てわかる通り、とりわけ アメリカの感染拡大はバクハツ的に増えた印象。 日経新聞チャートで見る世界の感染状況 ある時、トツゼンに感染が感染を引き起こし 急激に感染者が増えていく。 アメリカの状況を見て日本にいる私たちも決して人ごとではないと感じます。 では、なぜこれほどまでにアメリカで新型コロナウイルスの感染拡大が広まったのか? 今回はその理由について調べて見ました。 世界中から人が集まる場所 アメリカが感染した理由の一つとして世界中から人が集まる特徴があること。 とりわけ多いのがニューヨーク。 (ニューヨークの平日平均利用数は約500万人) ニューヨーク州のクオモ知事は会見で、 「世界中から大勢の観光客が集まるというこの街の特性も感染拡大の要因になっているのではないか」と話している。 アメリカが 中国からの入国を規制したのが2月。 ヨーロッパからの入国を規制したのは3月半ば。 それまでは多くの人々が国外から入国していたのは事実です。 世界の訪問者数でフランス、スペインなどと並び常に 国外からの訪問者数が多いアメリカ。 新型コロナウイルスが感染拡大する条件の一つであると考えられる。 新型コロナウイルスに対する意識の低さ アメリカは、渡航制限やロックダウン(都市封鎖)などの積極的な取り組みを行っているように見えるが、アメリカ国民の感染に対する意識の低さがあったのではないか。 「ウイルスはフェイクだ」集団デモ 4月後半に起きた「ウイルスはフェイクだ」というデモ。 新型コロナウイルスの感染拡大防止のためのロックダウン(都市封鎖)が続くアメリカで、経済活動の再開を求め各地で人が集まりデモを起こしたのである。 アメリカの感染者数と死者数が世界でも飛び抜けて多いこの状況で、こういった「ウイルスはフェイク」じゃないのかという発想が出てくることや、 集団で集まってデモをすること自体が日本では考えられない。 アメリカ警察官による黒人男性殺害による抗議デモ 5月25日にミネアポリスの白人警察官によって地面に押さえつけられたのちに死亡した黒人男性の事件に抗議する形でアメリカで集団デモが行われた。 少なくともアメリカの140都市で行われている大規模なデモ。 世界でもずば抜けて新型コロナ感染者が多いアメリカだが、 感染リスクよりも人権運動を優先する国民性が象徴されている。 マスクをする習慣がない アメリカはマスクをする習慣が日本に比べるとほとんどない。 新型コロナウイルスが感染拡大した当初でもアメリカ人の中でマスクをする人は少なかった。 感染者が膨大に増えていった4月に入りようやく半数以上の人がマスクを着用するようになったが、それでも半数ほどである。 もともとアメリカ人はマスクの効果を信じていない人が大半。 マスクについて科学的な根拠を示した英文の論文などほとんどなく、アジア人がマスクの効果を信じて着けていると言う感覚でしかない。 世界保健機関(WHO)の見解としては、 新型コロナウイルスは、 必ずしもマスク着用は感染予防にはならないが、 ウイルスに感染した人は、流行を広げないためにマスクをすべきだとしている。 「必ずしも感染予防にならない」という所がポイントで、これをどう受け取るか。 アメリカ人は感染予防になるか、ならないかわからないマスクを着けないという選択をした。 一方日本だと少しでも感染が防げる可能性があるのならマスクをするという行動の違いが起ったのである。 今回の新型コロナウイルスは飛沫感染による感染拡大が一つの要因とされており、マスク着用の有無が重要だったのではないか。 マスクの徹底がされなかったアメリカでは、感染が拡大した。 それも要因の一つだと考えられる。 宗教による集団礼拝 アメリカには多種多様な人種が住んでいるのが特徴。 その為、信仰する宗教もキリスト教、ユダヤ教、イスラム教、ヒンドゥー教など様々。 そこで問題となったのは、各宗教での集団礼拝だ。 アメリカで新型コロナウイルスの感染が広まってきた3月当初に、 ニューヨーク州郊外のニューロシェル市にある シナゴーグ(礼拝所)での集団感染が起こった。 シナゴーグはユダヤ教の信者が集まる場所で、マンハッタンの中心街にある セントラルシナゴーグは有名だ。 また、マンハッタンにあるイスラム教の礼拝所 「マスジド・マンハッタン」では毎週金曜日に 1,000人以上の人が集団礼拝をしていた。 3月半ば頃には、どの宗教の礼拝も集団で集まることをやめてオンラインでの発信に移行しているが、それまでに多くの感染が広まったのではないだろうか。 以上4つが私が調べた中で感染が広まった大きな要因と考えられる。 調べていく中で、他にもいくつかの要因を主張する動きがあったが、あまり確証の取れない情報のため、4つの理由の中からは除外した。 以下にその考察を記載しました。 感染拡大の要因として確証の取れない情報 「新型コロナウイルスの検査数が多い」主張 ニューヨーク州知事のクオモ知事が定例記者会見でこのように話した。 「我々は1人あたりの検査数を全米のほかのどの州より、そしてどの国よりも多く行っている。 もちろん日本のように極端に少ないわけではないが、どの国より多く検査をしているという主張は間違っているようだ。 「人口密度が高い」主張 人口密度が高いから感染拡大に繋がっているというニューヨーク州知事の主張。 これについては、 ニューヨーク市内の人口密度:1平方マイルあたり約2万7千人。 だが、アジアの都市の人口密度と比べると約半分くらいだ。 よって感染拡大の根拠としては低い。 まとめ 今回は、「なぜアメリカは新型コロナウイルスの感染が広がったのか?」について調べて見ました。 主な理由として考えられるのはこの4つ。 コロナウイルスは空中に長期間浮遊して仲間を増やすならともかく、人の細胞で増殖し、毒性のある期間があるならばウイルスのたまり場(どんどん拡散)の除去をすればどこかでとりあえず停止。 感染した人の感染源を早期に特定し、あるいは行動範囲を公表して地域的に注意を促していけば収束に向かうはずですが保健所もそうしていません。 マスクがあろうとなかろうと手や服などに付着して拡散するし、遺伝子の変化がどれだけ起こったものが現在感染者に見つかっているか欧米との比較も公表もありません。 とりあえず各国の偶然の成り行きです。 これを前提にして踏み込んだ検討をしていただけるとありがたいのですが。 興味ある課題を観察されているのでお願いしますの応援の言葉です。 よろしくお願いいたします。

次の

なぜアメリカは新型コロナウイルスの感染が広がったのか?

コロナ ウイルス アメリカ

コロナウイルスによるアメリカの現状 3月22日(日)時点で、アメリカでは国内で25,000人以上のコロナウイルスの陽性反応を示す患者がいます。 ニューヨーク州や私の住むワシントン州はアメリカの中でも感染者が多い州になっています。 ワシントン州のスノーホーミッシュ郡というところは、アメリカで最初のコロナウイルス患者、またそれによる死者が出たところでもあり、私の住む街は現在でも緊張感が走っています。 最近になって、取得に面接が必要なアメリカへのビザ(学生ビザや就労ビザ)の発行停止が発表されました。 このような感染防止のための人民移動の抑制は、留学生に多大な影響を与えています。 コロナウイルスへの対応は州毎に違っているため、近々の渡航や留学を考えている方は自分が渡航予定の州の詳しい情報をしっかりと検索することをお勧めします。 ロサンゼルスのハードロックカフェ前も人がポツポツとしかいません。 コロナウイルスに対するアメリカ政府の対策 コロナウイルスの感染が広がってきた初期の段階(2月下旬頃まで)では、飲食店やアミューズメント施設に大きな影響は見られず、平常通りの経営状態でした。 しかし、3月に入り感染が広がり始め、人々の危機感が徐々に高まってきた頃から、レストラン、カフェ、バー、を含む 飲食店全てがテイクアウトのみに制限されました。 その頃から、人々の食材や紙類の買い溜めが始まりました。 ワシントンン州の首都シアトルにある、巨大アジアンスーパーマーケットのUwajimaya(宇和島屋)へ訪れた際には、油類や乾麺など物持ちの良いものはほぼ売り切れ状態でした。 他のスーパーマーケットでも、紙類やマスク、そして卵までもが売り切れ状態、日本の震災後のような空っぽのスーパーマーケットとなっていました。 空っぽなのはスーパーマーケットだけではなく、シアトル郊外も静けさが漂っています。 本来なら、毎日のように長蛇の列ができているスターバックス一号店も、並ばずに店内へ入れてしまう状態。 シアトルで有名なパブリックマーケットも本来なら人通りの絶えないような賑わった場所ですが、観光客すらほぼ見当たらないような状態になっていました。 アメリカの多くの地域でロックダウン状態 そして現在では多くの州で感染を防ぐために、 「ロックダウン」という対策法がとられています。 ロックダウンとは、食材の買い出しや最低限の運動以外の外出は禁止という命令です。 必須の外出以外で外出をした際、州によっては罰金を課せられる地域も出てきています。 これによって、多くの飲食店がクローズし、特にテイクアウトのみで経営していた飲食店は完全にクローズしてしまっている状態になっています。 ロックダウンされている地域もアメリカ全土ではなく、地域毎に異なった制限がかかっているので、詳しい情報は地域毎に収集する必要があります。 このような状態に対応して、食事配達サービスのウーバーイーツは送料を無償化に乗り切っています。 普段は店によって異なったデリバリー料金が取られますが、企業側が定めた地域であれば送料無料でのオーダーが可能になっています。 食材の買い溜めが始まっている現在では、非常に助かるサービスです。 人は誰もいません。 アメリカ大学のコロナウイルスへの対応 留学コラムを読んでいる多くの方々が気になるのは、アメリカの教育機関の現状だと思います。 私の在籍している大学では、コロナウイルスの患者が出始めた2月後半から、学校のほとんどのクラスがオンライン授業へ切り替えになりました。 オンライン授業とは、与えられた教材をインターネット環境のあるデバイスからアクセスして受ける形のものです。 もちろん、実際に授業を聞くという授業形態を好む学生が多い中で、このような状態へ急に変更になったことには多くの学生が困惑しています。 現時点では、最悪のケースを避けるため、多くの学校で夏までの全ての授業をオンライン授業へ変更するという対策が取られています。 また、授業だけではなく、 ジムや図書館などの全ての学校の施設は4月中旬頃まで完全に閉鎖が決まりました。 授業はオンラインで行われますが、学校施設が4月中旬以降に開かれるかどうか見通しは不明です。 学校内の学生寮は、普段ならたくさんの友達が寮外からも訪れ、いつも賑わっています。 しかし、コロナウイルスの影響で寮へのゲストの訪問も禁止になり、寮内も普段より静かになっているという状況です。 学生への影響 まず私が最初に不安に思ったことは、全ての授業がオンラインで提供されることになると、「学生ビザのルールに反してしまうのでは?」という部分です。 学生ビザのルールでは留学生に対して、1学期毎に取れるオンラインクラスの数を制限しています。 しかし、今回のコロナウイルスの影響によるオンラインクラスは、学校側でルール違反として扱われない対応になるようです。 また、近日アメリカへ在籍している学生の一時帰国が増えています。 次学期の授業が全てオンライン授業になったため、国外からの授業が取れることが可能になったためです。 しかし、毎日毎日急速に変化するコロナウイルスの状況と規制により、 一旦国を出てしまうとしばらく戻って来られなくなってしまう可能性も十分にあり得ます。 現在の状況で日本へ一時帰国することを考えている際は、慎重な判断をするようにしましょう。 学校はオンラインクラスに切り替わり、学校内は空っぽの状態。 アメリカ留学を予定していた人々への影響 冒頭でも話した通り、現在学生ビザの新規発行が無期限で停止されてしまっている状態です。 また、次にいつ、それらが再開されるのか分からない状態です。 それにより、アメリカ留学を予定していた方は、留学を延期しなければいけない状況下にいる方も多いと思います。 現在では、まだ日本からアメリカへの渡航禁止命令は出されていませんが、いつ出されてもおかしくないという状況です。 すでに留学することが決定していて、あとは渡航だけだったという方は、入学予定の大学へ直接連絡を取ることをお勧めします。 学校や州によって、規制や対応の仕方が違うため確実な情報収集を心がけましょう。 コロナウイルスによる人種差別 アメリカへの留学や、渡航を考えている多くの人にとって気になることは、コロナウイルスによって起こる人種差別でしょう。 以前には、アジア出身の留学生が人種差別主義者の人に暴行されるなどというニュースも流れていました。 悲しい事実ですが、コロナウイルスが世界へ広まり始めた初期段階では、私も人種差別を感じる瞬間がありました。 教室や、レストラン、電車などに乗った際に、不自然な視線を感じることも多々ありました。 また、道を歩いていると「出ていけ!」と叫ばれたこともありました。 しかし、CDC(アメリカ疾患予防センター)からのアナウンスで、「コロナウイルスは中国やアジア圏を差別するようなものではなく、世界的に大流行しているものである。 」と断言しているように、だんだんとその 差別的な風潮は消えつつある状態です。 もちろん完全に消え去っているとは言い切れません。 もし外へ出歩いている際に、人種差別的な扱いをされても、無駄に抵抗せず無視することをお勧めします。 下手に反応してしまうと、より悪い状況に巻き込まれる可能性もあります。 街中が静まり返るアメリカ アメリカではロックダウンされる街が日に日に増え、街中が静かになっている状態です。 スーパーマーケットからも食材や紙類はなくなり、ほとんどのお店もクローズ状態。 新しい学期はオンラインでの授業がベースとなることによって、アメリカに必ずしもいなくても良いという状況です。 現状、アメリカ国内で勉強している学生は、気軽に日本に帰国したりするのは気を付けた方が良いでしょう。 留学中の生徒も、留学予定の生徒も必ず学校の提供している情報に目を通し、慎重に行動を検討することをお勧めします。 コロナウイルスの世界中での広がり方があまりにも急速なために、どの地域でも日々規制状況が変化し続けている状況です。 常に最新、かつ正確な情報を手に入れることを心がけましょう。 ワーキングホリデー(1280)• 2カ国留学(1351)• 社会人留学(1374)• 大学生留学(1355)• シニア留学(1000)• 親子留学・ジュニア留学(659)• お稽古・資格取得(98)• パスポート・ビザ(149)• マンツーマン授業(151)• 英語学習(494)• TOEIC(98)• 学校紹介(230)• 格安留学(322)• 節約留学(424)• キャリアアップ(462)• アルバイト(226)• 海外就職(187)• 就職活動(166)• 帰国後(211)• インターンシップ(90)• ボランティア(40)• アクティビティ(216)• 英語プラスアルファ(502)• 留学豆知識(1366)• 携帯・インターネット(165)• オススメ情報(1165)• トラブル(301).

次の

【6月14日更新】新型コロナウイルス アメリカ入国制限と対象国の最新情報

コロナ ウイルス アメリカ

This illustration, created at the Centers for Disease Control and Prevention CDC , reveals ultrastructural morphology exhibited by coronaviruses. Note the spikes that adorn the outer surface of the virus, which impart the look of a corona surrounding the virion, when viewed electron microscopically. A novel coronavirus, named Severe Acute Respiratory Syndrome coronavirus 2 SARS-CoV-2 , was identified as the cause of an outbreak of respiratory illness first detected in Wuhan, China in 2019. The illness caused by this virus has been named coronavirus disease 2019 COVID-19. ここではワシントン州の情報を中心に、アメリカの主なニュースを掲載しています。 感染者累計 25,538人(前日比367増) 入院者累計 3,845人(前日比28人増) 死者累計 1,213人(前日比9人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」は、毎日更新されています。 6月12日集計: 検査数 117,097人(前日比2,081増) 感染者 8,700人(前日比56人増) 入院者 1,518(前日比1人増) 死者 574人(前日比3人増) 陽性率 7. 州最大の都市ポートランドが位置するマルトノマ郡が申請した経済活動再開計画フェーズ1への申請も1週間保留されています。 によると、オレゴン州では5月10日から6月3日の間に1日に70人以上の感染者が確認されたのはわずか1日でしたが、11日には新たに178人の感染が確認され、1日に確認された感染者数ではパンデミック以来最多となりました。 感染者累計 25,171人(前日比392増) 入院者累計 3,817人(前日比45人増) 死者累計 1,204人(前日比10人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」は、毎日更新されています。 6月11日集計: 検査数 115,016人(前日比2,263増) 感染者 8,644人(前日比60人増) 入院者 1,517(前日比5人増) 死者 571人(前日比0人増) 陽性率 7. 州政府による4つのフェーズでの経済活動再開計画に基づき、引き続き感染拡大の抑制に努めながら、州内39郡がそれぞれ経済活動の再開を徐々に進めています。 6月12日時点で、スカマニア郡とアソーティン郡がフェーズ3に、シェラン郡とダグラス郡がフェーズ1. 5に移行しました。 6月12日時点の各郡の状況についてまとめました。 感染者累計 24,779人(前日比137増) 入院者累計 3,772人(前日比26人増) 死者累計 1,194人(前日比4人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」は、毎日更新されています。 6月10日集計: 検査数 112,753人(前日比1,462増) 感染者 8,584人(前日比25人増) 入院者 1,512(前日比7人増) 死者 571人(前日比1人増) 陽性率 7. K—12の公立および私立学校に限定した再開計画の詳細は今日発表された120人以上の教育者・保護者・生徒・地域団体の120人以上で構成されるワークグループによる提案 『Reopening Washington Schools 2020』に詳しく説明されています。 同病院によると、この女性は現在、集中治療室(ICU)で術後の回復中ですが、手術前に2カ月にわたり生命維持措置で心肺機能を保っていた状態で、両肺移植をしなければ助からなかっただろうとのことです。 が発表した6月6日までの1週間の新規失業保険申請者数は154万2,000人となり、前週から35万5,000人減少しました。 失業保険を2週間以上継続して受給している人は前週から33万9,000人減少して2,092万9,000人となりました。 感染者累計 24,642人(前日比288増) 入院者累計 3,773人(前日比26人増) 死者累計 1,190人(前日比14人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」は、毎日更新されています。 6月9日集計: 検査数 111,291人(前日比1,478増) 感染者 8,559人(前日比23人増) 入院者 1,505(前日比6人増) 死者 570人(前日比0人増) 陽性率 7. 州政府による4つのフェーズでの経済活動再開計画に基づき、引き続き感染拡大の抑制に努めながら、州内39郡がそれぞれ経済活動の再開を徐々に進めていくことになります。 6月9日時点の各郡の状況についてまとめました。 感染者累計 24,354人(前日比313増) 入院者累計 3,747人(前日比48人増) 死者累計 1,176人(前日比15人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」は、毎日更新されています。 6月8日集計: 検査数 109,813人(前日比1,182増) 感染者 8,536人(前日比29人増) 入院者 1,499(前日比10人増) 死者 570人(前日比3人増) 陽性率 7. 感染者累計 24,041人(前日比312人増) 入院者累計 3,699人(前日比30人増) 死者累計 1,161人(前日比2人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」は、毎日更新されています。 6月7日集計: 検査数 108,631人(前日比2,427増) 感染者 8,507人(前日比42人増) 入院者 1,489(前日比5人増) 死者 567人(前日比1人増) 陽性率 7. 感染者が449人と今月に入って最大の増加となりました。 感染者累計 23,729人(前日比287人増) 入院者累計 3,669人(前日比17人増) 死者累計 1,159人(前日比6人増) 死亡率 4. シアトル・キング郡公衆衛生局「」は、毎日更新されています。 6月6日集計: 検査数 106,204人(前日比1,153増) 感染者 8,465人(前日比43人増) 入院者 1,484(前日比1人増) 死者 566人(前日比0人増) 陽性率 8.

次の